Blackmagic Camera 6.1のアップデートが公開されました。

Viltroxスピードブースターを使用している方は更新後にアイリスの表示が消え絞りが使えなくなる症状が出てしまう可能性もあります。Viltroxのファームウエアバージョンをダウングレードすることで解決しました。

このバージョンでは、ピクセルの再マッピング機能および2:1モニタリングのフレームガイドをBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kに追加、メディアフォーマットのインターフェースを改善、オーディオモニタリングを向上。さらに内蔵マイクからのよりクリーンな収録、よりスピーディな自動フォーカス、バッテリー寿命も改善されたそうです。

ダウンロードは下記から

https://t.co/bF0qI0tQD0 https://t.co/SXz2BkgtF2

 

ダウンロードしたらPCにインストールします。
カメラとPCをUSBケーブルで繋げます
Blackmagic Desain Setupを起動します。

アップデートが終わると下記の表示が出ます。
前回のアップデートの時は、カメラのアップデートの仕方がわからずアップデートしないままでした。
今回アップデートしたことでSAMSUNG T5とのリンクが確実になり心配しなくてすみます。
気がつくのが遅かったですが結果オーライです。
メニュー表示も変わっているところがありますね。
オーディオもイマイチ収録が良くなかったのが改善されたようです。
その点については使ってみてからレポートします。

BMPCC4Kユーザーへ

Pocket Cinema Camera 4Kの新機能

カメラのピクセルリマッピングのサポートを追加しました。
2:1モニタリングフレームガイドを追加しました。
改善されたメディアフォーマットのユーザーインターフェース。
オーディオモニタリングの待ち時間パフォーマンスが向上しました。
オートフォーカス性能を改善しました。
カメラ内蔵マイクのSN比性能が改善されました。
バッテリー寿命を改善するための電力効率の向上。
3.5mmオーディオ入力選択インターフェースを改善しました。
AV同期性能を改善しました。
Blackmagic Camera Setupユーティリティに接続したときにカメラの日時が更新されない問題を修正しました。
3.5mmオーディオ入力レベルが予想より6dB低くなる問題を修正しました。
Lumix 20mm f / 1.7レンズのオートフォーカスの問題を修正しました。
カメラの電源を入れる前に接続したときに一部のUSB-C外付けSSDが検出されなかった問題を修正しました。
一部のバッテリーが予想より早く電源が切れることがある問題を修正しました。
電池残量表示が正しく表示されない問題を修正しました。
特定のUSBポートに接続したときにカメラがホストコンピュータによって検出されない問題を修正しました。
ユーザーマニュアルのダイナミックレンジとISOチャートを更新しました。
メーカーサイトの日本語訳です。