DaVinci Resolve 15.3 について

DaVinci Resolve 15.3の新機能

•Blackmagic Design URSA Mini Pro G2カメラのサポート
•最新のBlackmagic RAW SDK 1.3のサポート
•クリップボリューム、パンデータ、トラックボリューム、オートメーションなど、AAF書き出しでのオーディオメタデータのサポートの向上
•編集タイムラインでクリップを選択するときのパフォーマンスが向上
•WindowsでWacomタブレットを使用したときの応答性が向上
•編集ページでの再生動作が改善されました
•高フレームレートEXRクリップのタイムコードサポートの向上
WindowsでのAACオーディオの処理の改善
•一般的なパフォーマンスと安定性の向上

今回のアップデートでの目玉は、最新のBlackmagic RAW SDK 1.3のサポートですよね。
これによってBMPCC4Kで余りメディアを気にする必要が無くなりました。
PCでの作業も軽くなり、作業性が良くなるのではと期待しています。
私自身は、Wacomタブレットの応答性が向上したことは本当にありがたく、使いづらいと持っていただけに嬉しかったです。

また、一般的なパフォーマンスが上がってくれるのは助かります。

このソフトを使うにあたってのPCメモリーは32G以上がお勧めということで将来的には64GBにする必要も出てきているのかと思います。
これは、Fusionを使うに当たってメモリー容量を多く使う必要があるということらしいです。

ダウンロードはこちらから。