Bmpcc4K マニュアル DaVinci Resolveの使用 クリップの編集

クリップの編集

メディアプール内のクリップを使用して、[編集]タブをクリックして編集ページを開きます。今すぐあなたの編集を開始することができます!

1まず、新しいタイムラインを作成する必要があります。メディアプール内の空き領域を右クリックして、[タイムライン]> [新規タイムラインを作成]を選択します。
ダイアログボックスが表示されたら、タイムラインに名前を付けて「作成」ボタンをクリックします。
クリップの編集を開始するには、新しいタイムラインを作成する必要があります。タイムラインはすべての編集が行われる段階です

2メディアプール内のクリップをダブルクリックして、ソースビューアでクリップを開きます。クリップに必要な開始フレームが見つかるまで、マウスポインタを使用して、ソースビューアの下の再生ヘッドを左右にスクラブします。
インポイントを ‘I’キーボードショートカットでマークします。
‘O’キーボードショートカットを使用してエンドフレームについても同じ操作を行います。

3タイムラインに移動し、タイムラインの再生ヘッドをクリップを挿入する位置に配置します。

4クリップをタイムラインに挿入するには、ソースビューアの内側をクリックし、マウスポインタをタイムラインビューアの右側にドラッグします。
編集オプションのリストが表示されます。挿入を選択します。

クリップは、選択した編集タイプを使用してタイムラインに配置されます。
DaVinci Resolveマニュアルでは、各編集タイプの説明とその使用方法を見つけることができます。

編集にクリップを追加するより速い方法は、メディアプールからそれらをドラッグしてタイムラインに直接ドロップすることで、インポイントとアウトポイントを調整し、クリップを配置し、異なるプラグインエフェクトやタイトルなどを試すことができます。
この特定のワークフローは、タイムラインをアーティストのパレットとして使用するようなものです。

「編集」ページ。 タイムラインエディタを使用して、クリップのトリム、順序の変更、移動、トランジションの追加を行うことができます