CANON XC10での撮影テクニックを考える。LESSON5(オーディオシーン/カスタム)

今回のテクニックはオーディオシーンの中のカスタム設定です。

以前、本機を購入した時にTascam DR-70Dとサウンド対決をしたことがありました。
その様子はこちらです。

しかし、このテストではオーディオシーンの音楽を選んだ事によってTascam DR-70Dに惜敗したように書いてしまいましたが、サウンドシーンには沢山のカスタムサウンドがあるということを最近知りました。

そこで、カスタムされた音を聴き比べてみようと言うことでサウンドテストをしてみました。

テストの様子は動画で御覧ください。

1.内蔵マイク指向性をノーマルにして内蔵マイク周波数特性もノーマルのサウンド
IMG_2279 のコピー
IMG_2273 のコピー

2.内蔵マイク指向性をノーマルにして内蔵マイク周波数特性を低域強調したサウンド
IMG_2274 のコピー

3.内蔵マイク指向性をノーマルにして内蔵マイク周波数特性を低域カットしたサウンド
IMG_2275 のコピー

4.内蔵マイク指向性をノーマルにして内蔵マイク周波数特性を中域強調したサウンド

IMG_2276 のコピー

5.内蔵マイク指向性をノーマルにして内蔵マイク周波数特性を低高域強調したサウンド

IMG_2277 のコピー

6.内蔵マイク指向性をワイドにして内蔵マイク周波数特性をノーマルにしたサウンド

IMG_2280 のコピー
IMG_2273 のコピー7.内蔵マイク指向性をワイドにして内蔵マイク周波数特性を低域強調したサウンド
IMG_2274 のコピー

8.内蔵マイク指向性をワイドにして内蔵マイク周波数特性を低域カットしたサウンド

IMG_2275 のコピー

9.内蔵マイク指向性をワイドにして内蔵マイク周波数特性を中域強調したサウンド
IMG_2276 のコピー

10.内蔵マイク指向性をワイドにして内蔵マイク周波数特性を低高域強調したサウンド

IMG_2277 のコピー

これらのテストをしてみました。

結果的には、内蔵マイク指向性をノーマルかワイドにして内蔵マイク周波数特性を低高域強調したサウンドが、アコースティックギターには会うような気がしました。

この方法を行うには、ファンクションメニューでサウンドシーンを呼び出してカスタムにし、メニューで編集を行います。

IMG_2281 のコピーIMG_2282 のコピー
これらの特性をプリセットしたものが、オーディオシーンだと考えられます。

オーディオシーンは、解りやすいようで分かりにくい気もします。
最初から、カスタムで好みの音を作ったほうが良いのかなとも思いました。

CANON XC10での撮影テクニックを考える。LESSON2(EXPロック)

Canon XC10を購入してもうすぐひと月になろうとしています。
そこで、色々困ったことを解決しようと考えたテクニックも出来ました。
それを、皆様にお伝えしようというコーナーです。
私ならこうするという意見もお聞きできればとおもいます。
気軽にコメント頂ければ幸いです。

さて、2回目はEXPロックについてのテクニックです。

ビデオの撮影をしていて、突然の反射光や太陽が雲に隠れたり出たりすることなどの影響を受けて、明るくなったり暗くなったりしてしまうことがあります。
撮影の時は、ずっとモニターを見ていないのでその変化に気が付かず後から再生してみると、なんだこれはと思うことも多々あります。

まあ、最初から露出計などで測るか、最初決めた露出をマニュアルにして変化しないようにするのも方法なのでしょうが、場面場面でEXPロックを使うことで、より良い結果が出るようです。

ちなみにデジイチで写真を撮るときは、スポット測光などでAEロックして一番欲しい露出を変化させないようにする撮影と、このEXPロックは似ていますね。

Canon XC10のEXPロックのやりかたは、*をタッチして
01

Mをタッチして露出の調整をします。

02
ノーマルかハイを選びます。03

もう一つの方法は、*をタッチし、画面の合わせたい部分にタッチしてもっと調整したいときはMをタッチしてジョイスティックで露出をへんかさせます。
またハイライト露出では、ハイライトを側光してそれ以上白色が飛ばないようにする方法もあります。

ESPロックを使って、自分の思ったような露出で撮れるようにならなければと、反省しきりです。

ちなみに、このやり方は、AオートモードMマニュアルモード SCNモードで使うことはできません。