博多祇園山笠 飾り山と子供山笠をUPしました。


今日は、博多山笠の飾り山を見に行ったのですが、たまたま子供山笠を行っていたので見学してきました。
子供の頃から、山のぼせになるよう鍛えられていますね。
雨が降ったためか川端商店街のアーケードには、とても多くの人がいて歩くのも大変なくらいでした。

飾り山だけ4Kで撮影し、他の映像はファームアップしたカメラテストでMP4を使っての撮影です。
4Kで撮影することが多くなっているせいか、MP4で撮影すると、なんかボケているような気がしてなりません。
ただ、映画のような雰囲気になったのは嬉しいかも。
絞りも絞り込んでいたはずなんですけどね、AFの設定をせずに使ったので、いつもとは違う感じの映像になったのかもしれませんね。
今、AF設定を見てみるとミドルになっていました。
そのせいかもしれません。

ファームアップした為に、今までのカメラセッティングが初期化されてしまっていて、メディアをフォーマットしようと思ったら、初期化のメニューが無くなっていて驚きました。次の項目に移動していたのを気づかなかったのです。
そして、アサインしたメニューも消えていたので、とても使いづらくなっていました。
使う前にチェックすることが大事ですね。

子供山笠には女学生のカメラマンも沢山いて驚きました。
学校での授業の一環なのでしょうか?
お母さん方はスマホでの撮影が多いようですね。
簡単に綺麗に撮れるから有難いですよね。
しかし、山笠の撮影には水をかけられることが多く、今日は雨も降ったり止んだりだったのでXC10壊れるのではと心配しました。
何と言っても水やホコリに弱いとされるカメラなので困ります。
スタビを使いながらカメラにタオルを被せてもスタビが正常に動いたのは驚きでした。
でも、人にぶつかったりするとイヤイヤしてあっち向いてしまいます。要注意です。

撮影から帰ってから取り敢えずダイジェスト版をTuka3desuTVにUPして、その後、映写人用の映像を作成し、レンダリングしながら、このブログを書いています。

なかなか終わりません。
時間が長いですからね。
YouTubeへも、どれくらいの時間でUPできるのかなぁ。
ダイジェスト版は、MP4データだったのでCyberLinkPowerDirectorで編集しましたが、映写人用は4K映像が混じっているのでAPで編集しました。
最近はResolveでカラーグレーディングしているので、APでは余り綺麗にならないのですよね。PGでやらないとダメなのでしょうね。
もう少しすると、レンダリングがおわります。
YouTubeへUPでき次第リンクして、このブログを完成させます。
ダイジェスト版はこちら。

CANON XC10 メモリーカードキット 業務用4Kデジタルビデオカメラ

価格:239,235円
(2016/7/3 23:57時点)
感想(0件)

福岡祇園山笠 集団山見せ2015を見てきました。

福岡祇園山笠 集団山見せ2015を見てきました。

朝、台風の影響で雨が振り、この時間も雲の動きはとても早く、何時雨が落ちてきてもおかしくない状態でした。

仕事をサボって、福岡市市役所前の舞台が見える場所に陣取り撮影してきました。

場所取りをしていると、天神中央公園の一段高くなった所がベストポイントだと思い場所取りをし、その場に居合わせた方に「ここにいつも来ますか?」と尋ねると、ここは見やすくて良いですよと教えてくれました。

先日の追い山馴らしでは、一脚で撮影してブレブレだったので、今回は三脚を持ち込み万全な体制を取りました。

それでも、撮影を阻む一般市民がいて、その場所に割り込んでくる人もいるのですよね。仕方ないかぁ。

集団山見せでのカメラのセッティングは、シャッタースピード優先で手ぶれ防止機能はOFF EOSのピクチャースタイルに当たる、ルックではCanon Log サウンドシーンは雑音を打ち消すノイズカットそして4K305Mbpsで撮影しましたが、今回はシャッタースピード優先 手ブレ防止機能ON EOSのピクチャースタイルに当たる、ルックではEOSに似た絵を撮影できるEOS.std サウンドシーンはスタンダード、4K305MbpsだけではなくHD50Mbps使用しました。

これは最初、いきなりフイルムの残量が足りないと表示されたので、慌ててHD50Mbpsに切り替えて撮影を再開しました。
メディアを消去するのをわすれていました。
その為、一番山は祝いめでたの始まりとなったわけです。

そして、4K305Mbpsでは28分しか撮影時間が取れないため、途中からHD50Mbpsでの撮影に切り替えました。

結果、編集時にの時間短縮となりました。

カラーグレーディングは必要ないし、補助に使う録音機も持っては行きましたが電池切れという悲しい出来事も有り、使用しませんでしたので音声の編集もいらず、HD画像も含まれているので、あまり気を使わず編集いたしました。

それでも、編集ソフトはEDIUS Pro8を使うので、途中で落ちること数回。
エンコードに2時間かかるため、その途中に寝落ちし、気がついたら午前1時半、無事エンコードが終わっていました。

少しだけチェックし、早速YouTubeへUP 追い山馴らしの映像よりHD素材が多いためか早めにUP終了。

しかし、YouTube側でのエンコードに時間がかかりそうなので、サボった仕事をやることに。(*_*;

とりあえず、エンコしている間にサボった仕事をやります。

それと、カスタムサムネイルを作ります。photo0_03540609_0この場面は、冒頭の祝めでたを歌っているシーンです。
博多といえば、祝めでたですよね。

YouTubeエンコは、素材の時間が長い分、長時間かかります。
追い山馴らしの映像でも、4Kが出力されるようになるために半日くらいかかりました。

今日の映像はHD素材が含まれているので4Kにはならないと思いますが、それでも半分は4K素材なので同じくらい時間がかかるかもしれないですね。
朝起きた時の楽しみとして、仕事に主力を移し、今日のブログ更新と変えさせていただきます。

ひとつ、大きな反省点を忘れていました。
三脚を使ったのに、手ブレ防止機能をONにしてしまったために、変な揺れを生み出したことでした。
三脚使用時には手ブレ防止機能はOFFにするようにしなければ。

YouTubeでは4Kになっていました。
結果オーライです。