DaVinci Resolve 12.5.3を使って、CanonLog4K素材を編集YouTubeにUPしてみた。

DaVinci Resolve 12.5.3を使って、CanonLog4K素材を編集YouTubeにUPしてみました。

日本語のメニューも増え、一段と使いやすくなっています。

編集したデータでは余りノイズを感じませんでしたが、YouTubeにUPすることでザラつきが酷くなったようです。
このへん、もう少し考えて編集する必要があるようです。
やはり、光が回っていない素材を扱うのは難しいですね。
ちなみに、有償版ではノイズリダクション機能が付いています。

こちらの映像の場合、少しハイキーで撮影した為、暗くしたいところがそうも行かない感じでした。
スピード変更なども簡単なのが、このソフトの良さですね。
またBlackmagic Design Japanのチュートリアルビデオのお陰で、使い方がわからず使えなかった機能も使えるようになり
いままで、他のソフトと併用して使っていましたが、DaVinci Resolve とFusionの組み合わせで、とりあえず、やりたいことは出来るようになりました。
4KCanonLog素材をリニア編集して4KでYouTubeにもUP出来るようになって、より使いやすくなりました。
難を言えば、音声がWAVだけしか使えないのか?Mp3は認識しません。
以前は出来ていたはずがSonyハンディカムとのマルチカメラでは、ハンディカムの音声が使えませんでした。
これはHD素材を4Kのタイムラインに乗せたせいかもしれません。
まあ、CanonXC10の方が良い音なので、使えなくても問題はありませんでしたが、このへんはこれからのバージョンアップに期待します。
そこは、新しい企業を買収したようですので、音に関しても詰めてくることでしょうね。

 

BlackmagicDesign DaVinci Resolve 12.5 Studio DV/RESSTUD(対応OS:WIN&MAC) 取り寄せ商品

価格:119,663円
(2016/10/22 13:53時点)
感想(0件)

久しぶりに福岡市植物園にバラの花の写真と映像を撮りに行ってきました。

毎年、フェイスブックでの朝の挨拶花写真を撮るために福岡市植物園に行きます。

今朝は雨が降って花に水玉が残っているだろうと行ってみましたが、時間的に水滴は蒸発していました^^;
雨が上がるのは早すぎましたね。

来週から薔薇まつりがあるそうですが、半分は満開近くなっていました。
どのみち、来週は行けないので調度良かったです。

出来れば三脚持ち込みのほうが4K動画は綺麗なのですが、薔薇が咲いているかどうかもわからなかったので、手持ちで撮影しております。
写真なら手持ちで十分な天気ですからね。

動画では、最初NDフィルターをかけ忘れて変な映像になってしまいましたが、薔薇の映像ころには綺麗になりますので、薔薇の映像まで我慢してください。

Canon XC10を使っての感想ですが、接写ではオートフォーカスが合いにくいので、マニュアルで操作するのですが、ピントが電磁なので思いのようにダイレクト感が無く、なかなか合わないのが残念かな。
そのために3番を押すとAFになるようにしているので、目標物を見つけると3番ボタンを押して、微調整をマニュアルで合わせる設定にしています。
ピントの山がつかみにくいことがあります。
今回はゼブラを使ったので余計に見にくかったかな。
そういう時には拡大を使えば良いのですが、ボタン全部をほかの機能にアサインしているので使いづらかった。
途中で破ればよかったのにね。
そんなこんなで、ピンぼけの写真もありますが、どうぞ宜しくお願いします。