バラまつりの映像をDaVinci Resolve 12.5で編集しました。

 

今日は、海の中道海浜公園でバラまつりが始まったとのことで親孝行も兼ねて行ってきました。
朝一番で行ってきたのですが、途中雨が降ったのには驚きました。
いつもなら薔薇の写真を撮って来るのですが、母と一緒だったので動画のみとしました。

この映像では、今まで試した事を実践で使ってみました。
最初のシーンでは、被写体を回りこんでの撮影でしたが、相も変わらず上下動があります。バラ園ではとても綺麗な薔薇を見ることが出来ました。
後ろ下がりの撮影のほうが上下動無く撮れるということは後ろ下がりの方が足運びが良いのでしょうね。

犬の撮影はローアングル、そして三脚に取り付けてドローン風の映像も作ってみました。
そして、1/4撮影やタイムラプスは良い感じで撮れました。

ただタイムラプスは、偶然やってしまった失敗でした。
私の撮影は、毎回早く動かし過ぎなのでスローモーションの方が綺麗に見えるようですね。
それから、母の代わりにカートに乗ったので、スムーズな映像が撮れた場面も有ります。

2時間近く撮影したので編集が大変でした。
それも慣れないDaVinci Resolve 12.5でしたので時間がとてもかかりました。

このソフトは使えば使うほど凄さがわかります。
Canon Logのカラーグレーディングは最高に相性が良いようです。

スチルはRAWで撮って現像していましたが、Canon Logのカラーグレーディングはイマイチ気に入らなかったのです。しかし、DaVinci Resolve 12.5は凄いと感じます。
前回も書いたように、直感的にできるので説明書も読まずに使うことが出来ます。

普通のソフトではカラーグレーディングすると凄く時間がかかりますが、DaVinci Resolve 12.5は、とてもスムーズで気持ちよく作業が出来ます。
やはり専用ソフトとして培ってきた技術でしょうね。
Canon Logを初めて使われる方には是非オススメしたいですね。

 



朗報!!Canon業務用映像機器6機種のファームウエアを無償提供

Canonが2016年4月14日に業務用映像機器6機種のファームウエアを無償提供することを発表しました。

内容は下記のとおりです。
CanonのHPから転載

キヤノンは、デジタルシネマカメラ、業務用ビデオカメラ、多目的カメラの合計6機種を対象に、さまざまな機能を向上させるファームウエアの無償提供を、2016年6月より順次行います※2

  • EOS C300 Mark II
  • EOS C100 Mark II
  • XC10
  • XF305 / XF300
  • ME20F-SH

おもな特長

ハリウッド映画から報道まで幅広いプロの映像制作現場から好評を得ているCINEMA EOS SYSTEMのデジタルシネマカメラ2機種(EOS C300 Mark II、EOS C100 Mark II)と業務用ビデオカメラ3機種(XC10、XF305、XF300)、多目的カメラ(ME20F-SH)の合計6機種を対象に、基本機能を向上させるファームウエアを無償提供します。 EFシネマレンズが「デュアルピクセルCMOS AF」に対応するほか、広いダイナミックレンジを持つキヤノン独自のLogガンマ「Canon Log 3」を搭載するなど、カメラの潜在能力を最大限に引き出すことでユーザーの高度なニーズに応えていきます。

EFシネマレンズ装着時の機能が向上(EOS C300 Mark II、EOS C100 Mark II)

従来のEFレンズに加え、新たにEFシネマレンズ「CN7×17 KAS S / E1※3」と“CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS S”(2016年10月下旬発売予定)の装着時でも、「デュアルピクセルCMOS AF」による動画撮影に適した滑らかなAF動作と高い追従性を実現します。また、両レンズに加え単焦点のEFシネマレンズの装着時では、マニュアルフォーカスの際にピント位置が被写体に対し手前にある(前ピン)か、奥にある(後ピン)かを表示し、高精度なピント合わせをサポートする「デュアルピクセルフォーカスガイド」※4を使用できます。

  • ※3レンズ側も別途ファームの更新を行う必要があります。
    詳しくはキヤノンマーケティングジャパン イメージングソリューション営業部 03-3740-3304へお問い合せください。
  • ※4「EOS C300 Mark II」のみ。

キヤノン独自のLogガンマ「Canon Log 3」を新規搭載(EOS C300 Mark II)

従来の「Canon Log」、「Canon Log 2」に加え、「Canon Log 3」を搭載します。ハイビジョン映像の標準色域規格である「ITU-R BT.709」に近い特性を持ち、画作りがしやすい「Canon Log」の長所を引き継ぎながら、1600%の広いダイナミックレンジを実現します。これにより、映像制作の意図に応じて最適なLogガンマを選択できます。

AFの高速化やMP4での記録などユーザーの撮影ニーズに応える機能を追加(XC10)

AF速度を最大約2倍に高速化します。また、記録モードを従来のMXFに加え、データ容量が軽く取り扱いが容易なMP4との選択が可能になります。

私はXC10ユーザーなので上記の事柄が変わります。

AF速度は確かに遅いですが、自然なピント合わせには良い感じなので、切り替えができるようになると有り難いです。
記録モードにMP4が選択できるようになるのは本当に有り難いです。
一般的なソフトでも使えるようになるからです。
普通に撮って見る映像ならMP4で十分、
MXFのようなソフトを選ぶフォーマットは使いづらいと思っていましたので私にとっては朗報です。
できればCanonLog2も搭載して欲しかったなぁ。(^O^)

ただ、6月から順次更新で7月くらいになるらしい。^^;



福岡空港でCanon XC10のサンプルビデオを撮影してきました。

前回、間違って10倍速で撮影してしまったので、リベンジにやって来ました。

福岡空港はとても飛行機撮影が容易な場所でもあります。

最初の映像は、フェンスが高いためにバイクの上に立ち片手はフェンスを持って片手で撮影したため、揺れてしまいます。

次は、子どもたちが遊ぶ所へ飛行機が降りてくる映像です。

これは三脚を使って撮りました。

できたらもう少し低い位置から撮れば、よくある人の上を飛行機がギリギリに降りてくるような写真になるのですけどね。

高速道路を走る飛行機も、手持ちのほうが撮りやすいようですね。

今日は、雲や空の雰囲気が良くて気持ちのよい撮影となりました。

Wide DRで撮影しているので、もう少し彩度上げてコントラストを上げると、くっきりした映像にはなると思いますが、フイルムルックでこちらのほうが好みなので、そのままUPしました。

CANON XC10での撮影テクニックを考える。LESSON5(オーディオシーン/カスタム)

今回のテクニックはオーディオシーンの中のカスタム設定です。

以前、本機を購入した時にTascam DR-70Dとサウンド対決をしたことがありました。
その様子はこちらです。

しかし、このテストではオーディオシーンの音楽を選んだ事によってTascam DR-70Dに惜敗したように書いてしまいましたが、サウンドシーンには沢山のカスタムサウンドがあるということを最近知りました。

そこで、カスタムされた音を聴き比べてみようと言うことでサウンドテストをしてみました。

テストの様子は動画で御覧ください。

1.内蔵マイク指向性をノーマルにして内蔵マイク周波数特性もノーマルのサウンド
IMG_2279 のコピー
IMG_2273 のコピー

2.内蔵マイク指向性をノーマルにして内蔵マイク周波数特性を低域強調したサウンド
IMG_2274 のコピー

3.内蔵マイク指向性をノーマルにして内蔵マイク周波数特性を低域カットしたサウンド
IMG_2275 のコピー

4.内蔵マイク指向性をノーマルにして内蔵マイク周波数特性を中域強調したサウンド

IMG_2276 のコピー

5.内蔵マイク指向性をノーマルにして内蔵マイク周波数特性を低高域強調したサウンド

IMG_2277 のコピー

6.内蔵マイク指向性をワイドにして内蔵マイク周波数特性をノーマルにしたサウンド

IMG_2280 のコピー
IMG_2273 のコピー7.内蔵マイク指向性をワイドにして内蔵マイク周波数特性を低域強調したサウンド
IMG_2274 のコピー

8.内蔵マイク指向性をワイドにして内蔵マイク周波数特性を低域カットしたサウンド

IMG_2275 のコピー

9.内蔵マイク指向性をワイドにして内蔵マイク周波数特性を中域強調したサウンド
IMG_2276 のコピー

10.内蔵マイク指向性をワイドにして内蔵マイク周波数特性を低高域強調したサウンド

IMG_2277 のコピー

これらのテストをしてみました。

結果的には、内蔵マイク指向性をノーマルかワイドにして内蔵マイク周波数特性を低高域強調したサウンドが、アコースティックギターには会うような気がしました。

この方法を行うには、ファンクションメニューでサウンドシーンを呼び出してカスタムにし、メニューで編集を行います。

IMG_2281 のコピーIMG_2282 のコピー
これらの特性をプリセットしたものが、オーディオシーンだと考えられます。

オーディオシーンは、解りやすいようで分かりにくい気もします。
最初から、カスタムで好みの音を作ったほうが良いのかなとも思いました。

福岡祇園山笠 集団山見せ2015を見てきました。

福岡祇園山笠 集団山見せ2015を見てきました。

朝、台風の影響で雨が振り、この時間も雲の動きはとても早く、何時雨が落ちてきてもおかしくない状態でした。

仕事をサボって、福岡市市役所前の舞台が見える場所に陣取り撮影してきました。

場所取りをしていると、天神中央公園の一段高くなった所がベストポイントだと思い場所取りをし、その場に居合わせた方に「ここにいつも来ますか?」と尋ねると、ここは見やすくて良いですよと教えてくれました。

先日の追い山馴らしでは、一脚で撮影してブレブレだったので、今回は三脚を持ち込み万全な体制を取りました。

それでも、撮影を阻む一般市民がいて、その場所に割り込んでくる人もいるのですよね。仕方ないかぁ。

集団山見せでのカメラのセッティングは、シャッタースピード優先で手ぶれ防止機能はOFF EOSのピクチャースタイルに当たる、ルックではCanon Log サウンドシーンは雑音を打ち消すノイズカットそして4K305Mbpsで撮影しましたが、今回はシャッタースピード優先 手ブレ防止機能ON EOSのピクチャースタイルに当たる、ルックではEOSに似た絵を撮影できるEOS.std サウンドシーンはスタンダード、4K305MbpsだけではなくHD50Mbps使用しました。

これは最初、いきなりフイルムの残量が足りないと表示されたので、慌ててHD50Mbpsに切り替えて撮影を再開しました。
メディアを消去するのをわすれていました。
その為、一番山は祝いめでたの始まりとなったわけです。

そして、4K305Mbpsでは28分しか撮影時間が取れないため、途中からHD50Mbpsでの撮影に切り替えました。

結果、編集時にの時間短縮となりました。

カラーグレーディングは必要ないし、補助に使う録音機も持っては行きましたが電池切れという悲しい出来事も有り、使用しませんでしたので音声の編集もいらず、HD画像も含まれているので、あまり気を使わず編集いたしました。

それでも、編集ソフトはEDIUS Pro8を使うので、途中で落ちること数回。
エンコードに2時間かかるため、その途中に寝落ちし、気がついたら午前1時半、無事エンコードが終わっていました。

少しだけチェックし、早速YouTubeへUP 追い山馴らしの映像よりHD素材が多いためか早めにUP終了。

しかし、YouTube側でのエンコードに時間がかかりそうなので、サボった仕事をやることに。(*_*;

とりあえず、エンコしている間にサボった仕事をやります。

それと、カスタムサムネイルを作ります。photo0_03540609_0この場面は、冒頭の祝めでたを歌っているシーンです。
博多といえば、祝めでたですよね。

YouTubeエンコは、素材の時間が長い分、長時間かかります。
追い山馴らしの映像でも、4Kが出力されるようになるために半日くらいかかりました。

今日の映像はHD素材が含まれているので4Kにはならないと思いますが、それでも半分は4K素材なので同じくらい時間がかかるかもしれないですね。
朝起きた時の楽しみとして、仕事に主力を移し、今日のブログ更新と変えさせていただきます。

ひとつ、大きな反省点を忘れていました。
三脚を使ったのに、手ブレ防止機能をONにしてしまったために、変な揺れを生み出したことでした。
三脚使用時には手ブレ防止機能はOFFにするようにしなければ。

YouTubeでは4Kになっていました。
結果オーライです。

 

映写人オリジナル作品「博多祇園山笠追い山馴らし2015」を発表

本日映写人オリジナル作品「博多祇園山笠追い山馴らし2015」を発表いたしました。

台風のために雨がふるかと思いきや、神様の助けもあって無事見ることが出来ました。

今回、Canon XC10にて4KCanon Logで撮影したデータとTascamDR-70Dで録音したハイレゾ音源データをEDIUS Pro8にて編集しYouTubeへUPいたしました。

IMG_3180 のコピー

途中、TascamDR-70Dの録音ボタンを押し忘れてCanon XC10のみの音の場面も有りますので聴き比べて下さい。

やはり、カメラで録音した音と録音機で録音した音を混合したほうが広がりがある気がします。
サラウンドでは無いですが、雰囲気はサラウンドのような感じになり、とても臨場感のある作品となりました。
やはり、カメラ単体での音では寂しい物があります。
今日はじめてTascamDR-70Dを実践で使いましたが、設定をMIXにしないで2チャンネルをパラで録り、編集でくっつけて広がりを出しています。
筐体を触りながらの撮影では有りましたが、摩擦音もなく内蔵マイクで良い音が録れました。
購入した甲斐がありましたね。

そしてとても役に立ったのが、自作ファーウィンドスクリーンです。
台風のため風も強かったのですが、風の音が聞こえません。
まあ、周りの音も大きいから気にならなかったのかもしれませんが合格だと思いました。
photo0_03244019

編集ではいろいろ問題が発生し、最後レンダリングで失敗し3回やりなおしました。

1回に1時間半なので、日をまたごすこととなりました。
この点は残念です。

この中の一回は、寝ながらの作業で、誤ってPCを止めてしまったようです。(_;

現在はこのブログを書きながら見張っています。
ちょうど1/5くらいですが、まだ残り1時間半と出ています。
すでに24分が経過中。
無事にレンダリングできるのか?
外は台風のため雨風が酷いです。

PCは長時間のレンダリングのため熱を持ち温風機とかし、冷房を入れる羽目となりました。
この長時間に耐えられるグラボで良かった。

quadro_k2200_011

だだいま、他の作業をしながら見張ってますが、40分が経過。
まだ、残り時間1時間と10分を提示しております。
作業は37%といったところです。

追い山馴らし2015を見て良かった場面は、上川端通の動く飾り山笠が白煙を履く場面でしたね。
2箇所で撮影したのですが、口から白煙を吐いてとても雄壮でした。
普通の山とは違い、倍近い重さが有り、担ぎ手も多いのですが重さに耐え切れず止まることがしばしばありシャッターチャンスも増えました。

明治時代は、あの大きさのものが主流だったらしいので、今より凄かったでしょうね。
当時は電線を棒でよけながら山をかいたそうです。
今回、何より良かったのは、雨がふらなかったことと水をかぶらずにすんだこと。
この撮影では、何度も水をかけられたことがあって、対策のためビニールをカメラにかけて撮影していました。
雨の心配もありましたからね。
まあ、小雨も降ったことで役には立ちましたが途中ビニール片が見えてしまったのは大きな失敗でもありました。

そして、三脚ではなく一脚で立ち位置も不安定な場所だった為に画面が揺れたのが残念。
4K映像でカメラが振れるのは厳禁ですからね。
その辺は素人撮影なので、お許し下さい。

さて、PCは作業時間が50分を経過し作業も丁度半分。
残り55分を提示しております。

私が、4Kハイレゾ撮影をやりたいと思ってから、随分と日も経ちようやく今日それが実現したわけですが、実際にやってみないとわからないことが沢山ありました。

一つ心配していた新フォーマットの編集ですが、EDIUS Pro8の体験版が対応していて良かったです。

これが無かったら、何も出来ないでモニターでだけの使用となったでしょう。
ソフトがあってくれたので編集もできYouTubeへの投稿も可能となりました。
残り17日、使い倒したいと思います。
その次は、アドビのプレミア体験が待っています。
ようやくEDIUSにも慣れ、作品らしくなってきた所で期日が来てしまい違うソフトに移るわけですが、これが結構大変なんですよね。
私としては、Vegas Proかパワーディレクターがこのファイルに対応してくれれば有難いのですが、SONYや一般向けのサイバーリンクでは対応がされないか遅れるでしょうね。
その後のことは、その時に考えることとして、今できる事をやっていこうと再確認しました。

さて、PCの作業の進行度合いは1時間を過ぎ、残り47分を提示
作業自体は60%弱を終えたようです。

このカメラを購入するにあたって、やりたいテストを色々と書き出していましたが、仕事と天候に阻まれ、なかなか進みません。

花火とシャボン玉の撮影も、やれないままです。
そんな中、YouTubeでは、色々実験が行われていますね。
その映像も、紹介していきたいですね。

まあ、専門的なことは私には出来ないので、他の人にやってもらい、私は素人らしい実験をやっていきたいです。

このブログを書いていると、PCに負担がかかって作業効率が落ちるので、終わるまで静観します。

おっと地震です、凄く長い時間揺れています。
大した揺れではなかったですが、震源地は何処だろう。
大分県が5弱でした。
福岡は3震度でした。
東北は毎日のようにこんな感じなのでしょうね。
外では台風の余波で雨戸に叩きつける雨音がします。
大分は雨で地盤が緩んでいるので、被害がなければよいですね。

そうしているうちにレンダリング終わりました。2時間弱かかりましたよ。(_;

さて、チェックしたらYouTubeにUPします。

こうしてみると、地震のように揺れていますね。
切ったはずの所が随分残っています。
編集途中で何度もソフトが落ちたせいですね。
メカニカルシャッター仕様で、ローリングシャッターに強いと書かれていましたが、やはりこんにゃくのような揺れ方ですね。
これは仕方のないことなのかなぁ。
もういいです、このままUPします。

UP自体は、あっという間に終わるのですが、YouTube側でのエンコードが同じくらい時間がかかるかもしれないですね。

映像の時間が長いからか5-6分のUP時間がかかっています。

終わりました。
YouTubeがわのエンコードが延々と行われると思います。
それでは、カスタム画像の制作に移ります。

東長寺前の白煙を吐いている山笠を写真にしたいと思います。

こんなん、出来ました。

photo0_03495728安物のレンズフィルターを使っているせいか、アンバーにふられているようなきがします。
ちゃんとホワイトバランスとってから撮影に臨まなければと反省しきりです。

おっと、外の風がすごくなってきましたので、このへんで終了したいと思います。

朝には、YouTube側もエンコードが無事に済んでくれると有難いのですけどね。

そのまま放置して寝ます。

あらら、3時半です。
2時間ほど寝れるかな。

それでは映像がUPされていることを願いながら、おやすみなさい。

映写人オリジナル作品「浄土へ・・・」を発表

今日近所の蓮池で蓮の花を撮影したのですが、今年はとても出来が悪い。
花の数がとても少ない上に、形も悪い。
もう、終わりの時期なのか?
例年は、もっと沢山花が咲いていて形も大きい気がした。

さて、今回の作品は、蓮の花と言うことで極楽浄土をイメージしていました。
蓮の葉の上で転がる水滴は、お釈迦様の手のひらで右往左往している私のようです。

水面に落ちた花びらが私を浄土に乗せて行ってくれる船にみたててみました。
極楽浄土と言えば、蓮の花や綺麗な花々。
お世辞にも綺麗な花ではなかったので、夢に出てくる雰囲気を出すためにハイキーに編集しました。ズームもEDIUSで行ったものです。
編集時にはかなり素材が荒れましたが、出来上がりを見ると、以外にも荒れていないようです。あれだけ無理な編集をして素材が破綻しないのが凄いと感じました。
故意的に粒子を荒くしてフイルムルックを狙いましたが、狙いは外れました。
とても作品と呼べるものではないですが、どんな素材でも編集次第で作品になると信じ、練習のためにも多くの作品を作っていきたいと考えています。