映写人オリジナル作品「しゃぼんだま」を発表

シャボン玉の映像に、色々とエフェクトを加えてYouTubeにUPいたしました。
今回は、普通にシャボン玉の映像を撮影しようとしたのですが、100均のしゃぼんだまのせいか宙に浮いている時間がとても短いので、時間エフェクトで半分の時間にしてスロー再生にしています。

色調には暖かめのものを選びカラーグレーディングし、少しだけぼかしをかけて、昔シャボン玉を飛ばしたイメージを作ってみました。

曲は音楽研究所の物を利用させて頂きました。
初音ミクが歌うしゃぼんだまです。

4K映像にぼかしを入れたり色を脱いたり、勿体無い気もしますが色々と勉強をしています。
もっと優雅に飛ぶシャボン玉が欲しいです。(*_*;

4Kで撮影する花火テストのはずが、百円均一の花火は大丈夫かテストになってしまいました。

4Kで花火を撮影すると、どれだけ綺麗に映るかをテストするために百円均一で花火を購入しました。
早速テストしようと火を着けると、「あれ?火がつかない」
ようやく火が着いたかと思うと足の上に火花が落ちてあっちっち。
煙がすごくて、庭から部屋中火薬の匂いが立ち込めました。
これじゃ、カメラテストというよりも花火の着火テストです。

今どきの子供は、花火の持ち方も知らないそうです。
親の世代が花火をやったことが無いそうで、子供にもやらせないとか?
一番の原因は、花火をやる所が無いと言うことですね。
実際私も近所迷惑になると思い、全部に火を着けることをしませんでした。
それでも、やったうちの1/3が火も着かないとなると、なんでこうなるのですよね。

花火もやる人が減っているのも分かる気がしました。

映写人オリジナル作品「ゆらぎ」を発表

Canon XC10で撮影した映像を、ショートフイルム風作品に仕上げました。
私が4K素材として一番に思い浮かんだのは水の表情でした。
川・池・海・水たまりなどで、水の動きをなまめかしく切り取るのが一番4K映像で解りやすい素材だと思いました。

風に揺れる池の水紋・鯉が泳ぐ水紋・鴨が泳ぐ水紋、ただ水面なのに色々な表情を見せてくれます。

不思議なことにHDと4Kではその見え方が違ってくるのです。

そしてCanonXC10で撮影した映像はシャッタースピードによって同じ素材でも違う表情をみせます。

ちなみに最初の鯉の映像は同じ場所で撮影しているのにスローシャッターにすることで鯉の動きや水面に映る光の表情が全然違うのです。
その違いを確認して下さい。

撮影する人間としては、自分の操作で映像に味を付けられるのは至福のときのように思えます。

是非、作品「ゆらぎ」を御覧ください。

Canon XC10 のシャッタースピードを可変してみた。

滝の写真を撮る時に、シャッタースピードを遅くして水の流れの表現を変えたりしますが、撮影中にシャッタースピードを遅くしていき、写真のように変化するかをテストしてみました。

ちゃんと、変化しますね。
素晴らしいです。

YouTubeにUP中にエラーが有り映像へのアドレスが変更となりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

Canon XC10をFlycam C5に乗せてTESTしてみました。

IMG_1502
Canon XC10の購入を考えた時から、このテストがしてみたかったのですが、今まで使ってきた中で以外にスピードには弱いことに気が付き、カメラスタビライザーに乗せてのテストは後回しにすることにしていました。

色々テストする中で本日タイミングが良かったので、乗せてテストしてみました。

まず、Flycam C5側の調整ですが、思ったよりも凄く軽くCanon EOS7Dで調整してたものより、オモリを4枚はずし手持ちでも行けそうなくらいの感じになりました。

そして、ドローンでも簡単にバランス撮れるようにと重量配分が計算されていて、驚くほど簡単にバランス取る事が出来ました。

実際の映像は、私のオペレーションベタで上下運動を感じますが、バランス的にはEOS7Dに比べると断然楽に取り回しすることが出来ました。

これだったらFlycamo Nanoでも持てそうな気もします。

ちなみに庭の映像はこちらです。

この映像をレンダリングするのに1時間20分程かかりました。

moniter

グラボはVIDIA Quadro K2200 EQK2200-4GERを使っています。
最後になって、モニター画面をキャプチャーしたものですが、開始早々はCPUはほぼ100%メモリは9Gを超えていました。
どうしてもHDとくらべてしまうので遅いと感じますが、今までの環境でこの作業は成り立たなかったと思います。
グラボについてはこちらで詳しく説明しております。

グラフィックボード編

作業の仕方も考えないと、この状況では4K作品を作るなんてことはサラサラ考えられないかもしれないですね。

Canon XC10で撮影した4K Canon Logデータをカラーグレーディングしてみました。

ようやく、EDIUSの使い方も少しづつですが習得し、Canon Log 4Kデータをカラーグレーディング出来るまでになりました。
解りやすいように、映像途中でカラーグレーディングしていないものと、したものを順に映し出されるようにしました。

最後の方はカラーグレーディングしたものをUPしています。
一箇所だけ、誤ってカラーグレーディングしたものと、していないものも入っています。

撮影はじめは燕も小さく親に餌を貰っていましたが、1周間も経たないうちに空へ飛び立ちました。
私より全然上達が早いです。(_;

今回、Canon LOG4Kデータをソフトで直接カラーグレーディングしてみたのですが、とても気持ち良いです。
デジイチで撮っている花の写真は、毎回Rawで撮ったものを一枚一枚調整しながら現像しているので、その感覚がビデオで出来るのは痛快でした。
あの、ぼーっとした絵が、カッチとした絵になるのですから。
今回は、わかりやすいようにカチッとした映像に仕上げましたが、もちろん映画のようなフワッとした映像にすることも可能です。
一番感動したのは、白飛びや暗部の潰れが少ないこと。
そして何より、4Kでの高精細な映像には、私が望んでいたものが手に入ったという喜びでした。

まだまだ、ソフトを使い切れていないのと、4Kデータを使う難しさ。
私のPCでは、ここまで作るのに何度もエラーがでて、かなり大変でした。

いまのHD映像を編集するようにサクサクできるようになるまでは、時間とお金が必要になるようです。
そろそろ、スタビライザーに乗せた映像も撮ってみたくなってきました。

きょう、試しにFlycam C5に乗せてみると、カメラが軽いのとバランスが良いお陰で、オモリを2個外すことが出来、軽量化とバランス取り時間の短縮に繋がったようです。
まだ、ちゃんと設定していないので持ち出すわけにも行きませんが、雨が止んだら外に出て撮影してみたいですね。

Canon XC10のSlow & Fastモーションなどを試してみました。

只今YouTube側でエンコード中の映像です。
もしかしたら失敗するかもしれません。
全然動かないですから。

結局エラーが出てしまったようです。
次はWMVでUPしてみます。
今回は、YouTubeへのアップロードテストにもなっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は、ピクチャースタイルをルックにして、色々な素材を撮ってみました。
最初は、サウンドシーンをノイズにして撮影してみました。
どうなんでしょう、逆にウルサク感じてしまうのは私だけでしょうか?

動きの早いものを撮影すると、カメラから直接モニターだと綺麗に見ることが出来ますが、ビデオ編集ソフトを通すだけで、動きがぎこちなくなってしまいます。これは、HDが出たばかりの時も随分苦労しました。
結局は、見る側の問題なのでしょうね。

photo0_02054600

チョウチョの映像は、ピントが合わないのではと心配しましたが以外に合っているのに驚きました。

IMG_1486

最後の2つはSlow & Fastモーションを試してみました。ちなみに10☓です。
画質は4Kの305Mbps です。
普通に撮影して、タイムラプスになるのは楽でよいですが、私の性格上タイムラプスはもうやらないと思います。
待っている時間がとても退屈です。
そして今日は寒かった。

今回は、AVIの最高画質にしてYouTubeにUPしてみましたが、やはり時間がかかりますね。

こればかりはしかたがないことでしょう。少しでも綺麗な映像をUPしようとるすと、こうなってしまいます。
しかし、YouTube側で圧縮された時、どうなるかが心配でも有ります。
随分時間がかかりそうなので、このブログを書いている所です。

只今、YouTube側でエンコード中ですが、全然進んでないようです。
エラーが出るかも。
失敗したら、WMVでUPしてみよう。

このファイルにすると、速い映像は全部スロー再生になってしまうようですね。困りモノです。

そこで、H.264でUPしてみることに。
この圧縮だと、行けるかなとおもったのですが?
なかなか、YouTubeの処理が進みません。

これも、AVIと同じ道をたどるのかなぁ。
駄目かと思いきや、うまくいきましたね。
とても良い感じです。

それではと、F4vでもUPしてみました。

これも、YouTubeの処理がすすみません。

しかしながら、これも成功したようですね。

ようやく良い結果が出ました。

皆さん、H.264やF4vがYouTubeへのアップロード形式としては適しているようです。

Canon XC10のオーディオシーン(音楽)とTasucam DR-70Dで録音して聴き比べました。

SnapShot

昨日、CanonXC10のオーディオシーン(森と野鳥)を使って録画した音がとても綺麗だったのを聞いて、TascamDR-70Dを購入してしまったのは失敗だったかなと思ってしまいました。
そこで、聴き比べることにしました。
まずは音楽対決です。

今回は生ギターの音で比べてみました。

なれない編集ソフトのため、文字を入れるのも億劫で入れていないですが、音が小さいほうがCanonXC10の音で、太いほうがTascamDR-70Dの音です。
交互に入れて、合わせた音を次に入れています。

後ほど、文字を入れて判りやすくしたいと考えています。

これを聞くと、CanonXC10のサウンドシーン(音楽)は、とても硬い音になりますね。

IMG_3171 のコピー

ピアノなんかだったら良いのでしょうか?
随分低音を削った感じに聞こえます。

対してTascamDR-70Dは、とても自然な感じがしました。
これはやはり、買ったかいがあったかな。

TascamDR-70Dのマイクは、無指向性なんですよ。
普通なら指向性マイクに角度を付けてステレオ感を出すのですが、TascamDR-70Dのマイクは無指向性でミキサーのパンで120度
左右のバランスをとってありました。このパンの角度を変えることで自分好みのステレオ感にすることも可能のようですね。

今回のテストでは、生ギター対決だったので、バンドやオーケストラだとまた違ったかもしれないですね。

さて、CanonXC10のサウンドシーンはこういう感じのものがあります。
まずスタンダード

IMG_3172 のコピー

次に音楽

IMG_3171 のコピー

3つ目はフェスティバル

IMG_3174 のコピー

次にスピーチ ミーティング 森と野鳥 ノイズカット カスタムと続きます。

IMG_3176 のコピー

この撮影で感じたことは、自撮は難しいと言うこと。
操作面が後になるため、どう写っているか、録音レベルも見ることが出来ません。

これは、どちらともWi-Fiでないと辛いと感じました。
まあ、自分が撮影者なら全然問題無いのですけどね。
IMG_3180 のコピー

ちなみに、この撮影をするために弾いたギターは1年ぶりくらいなので指が痛くて、ちゃんと押さえるのがきつかったです。
とりあえず、音を比べるためのものです。

このような感じで、いろいろなシチュエーションで比べていきたいと思います。

IMG_3165 のコピー\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

 

後日談 平成27年7月23日

本機を使っている間に、サウンドシーンにカスタムがあることが判明。
そのテストをした映像がこちらです。

この中での、内蔵マイク指向性のワイドと内蔵マイク周波数特性の低高域強調を使った音だと、もう少し良い戦いになるのではと感じました。

いずれ、テストしてみたいと思います。

本日Canon XC10無事に到着いたしました。

本日待望のCanon XC10無事に到着いたしました。
早速、開封ビデオを撮影しYouTubeへ公開しました。

さて、ファーストインプレッションですが色々と問題が発生しました。
まず一番驚いたのが、メディアを認識しないこと。
今までのカメラなら、カードを入れるだけでフォーマットされ認識されたのにいきなり、このカードは記録できませんと表示されます。

今回購入していたSDカードが256GBだったために、やはり認識しないのかと勝手に解釈してしまいました。
しかし、CFast2.0カードも認識できないと出たので、これはカメラでフォーマットするしか無いと気が付きました。
早速初期化してみると、ちゃんと記録できるようになりました。かなり焦りました。
初期不良かとも考えましたが、ここは説明書にも出ていませんでした。
きっと、基本的な事なのでしょうね。

 

次に問題は、先日購入したバッテリーパックが偽物と判明したこと。
ロゴまで書いてあるので間違いないと思っていましたが、カメラはこの電池を嫌いました。(_;
後日談ですが、メディアも偽物でした。容量が8GBでした。

まだ、テスト撮影していないので、何とも言えませんがとりあえず、サイトからソフトをダウンロードしてインストールする必要があるようです。

がんばります。

その後、Canon XF Utility for XF-AVCをダウンロードしてインストールし起動してから専用カードリーダーにメディアを差し込みましたが全然認識せず絵が出てきません。次から次に壁にぶち当たります。

カメラとモニターをHDMIケーブルでつなぎ見てみると、とても綺麗に撮れています。被写界深度もいい感じです。

いつもながら、Canonの専用ソフトには好感が持てません。
そう思っているから、上手く使えないのか?相性が悪いのか?
今度、放送機器展でその辺をちゃんと習ってこなければ。(_;

こんなはずじゃなかったのに。

今日カメラのキタムラから小包が届きました。
大きな包の割には軽いなぁと第一印象。
今回のカメラはこんなに軽いのだと思っていました。

私はいそいそと開封動画撮影の為カメラと三脚を設置し
REC ON カッターを使ってダンボールの蓋を開封しました。
中にはカメラのキタムラの広告などが入っていて
サービス券も無しかーなんて思いながらエアーパッキンを外すと絵が違う。
????????????????????????????
そんな動画を御覧ください。

これは、エアーマスク。
最近、眼精疲労で苦痛を感じているので注文していた品です。
私はE-bestに注文したつもりでいました。(恥

そうです、昨日来た発送のお知らせは、このエアーマスクでした。
何故このタイミングでカメラのキタムラから送ってくるだろう。

そして、何故XC10の発送お知らせが来ないのだろう。

あの悪夢が蘇りました。

注文して数週間経った頃、プロショプではかなり良い条件で発売され始めました。
そこで心配になり、カメラのキタムラにメールして、その辺のフォローはあるのかと尋ねると
一切無いとの事、いかにも、ちゃんと調べないで注文するほうが悪いと言わんばかりの対応。
それでも、ずっとスチルカメラでお世話になっていたのでキャンセルすること無く早く手に届くようお願いした次第です。

しかし、それは無残にも打ち砕かれそうな雰囲気があります。
一応メールで到着日を問い合わせしましたが返信がありません。
あぁあぁ 感嘆のため息が出るばかりです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
19:35にカメラのキタムラから返信が届きました。
カメラのキタムラは、明日26日入荷だそうです。
やはり、プロショップの方が入荷は早かったですね。
今週中に到着することを祈るばかりです。

Canon XC10いよいよ明日発売日です。

Canon XC10いよいよ明日発売日です。

本日発送のお知らせが届きました。
平成27年6月25日が発売日とのアナウンスがあったので
2日遅れて届くと思いきや、明日届くそうです。パチパチ。
いや~待ちました。
このカメラが発表された翌日に予約しましたから。
待ちすぎて色々不満も溜まってきた所だったのでとても嬉しいです。
今日、眠れるかなぁ。
カメラ買うのに、こんなに興奮したのは初めてです。
まあ、業務用ビデオカメラにずっと憧れていましたからね。
大きなカメラなら買うことも無かったと思いますが、カメラとビデオのHYBRIDなので
清水の舞台と言うよりも、スカイツリーからバンジージャンプするくらいの気持ちで購入しました。
明日がとても楽しみでも有り不安でもあります。4K動画をどうやって編集したら良いのだろう。
H.264でそのまま編集できたら有難いのだけれど。
まあ、来てから悩みましょう。

CANON XC10商品説明会の様子です。

SYSTEM5動画チャンネルにてCanon XC10の説明会が行われた様子の映像が公開されました。

XC10の到着が待たれます。

大誤算 CANON XC10

xc10
今回初めて、発売前に購入を決め予約したCANON XC10ですが
ここに来て、価格が下がり始めています。

普通、発売される前は殆ど同じくらいの価格だと思っていたのは大誤算でした。

まだ発売もされていない予約のみの商品でも、予約した段階の価格設定だと販売店からは言われています。

流石に今回はハヤマリました。

予約は、発売前々日でも問題なかったのに、購入する気持ちを萎えさせないため予約してしまったのが間違いでしたね。

もし、これで商品の到着が遅れるような事でもあったら、イラッとしそうです。

こういうものは、価格が落ち着いてから購入するのが一番ですね。
良い勉強になりました。

早く届かないかな。
発売まで、後一月半。

新規コンテンツCanon  XC10の特集ページを開設いたします。

xc10

 

新規コンテンツCanon XC10の特集ページを開設いたします。
Canon XC10は、6月中旬に販売予定です。
それまでに、色々な実験企画などを考えていきたいと考えております。

まずはプロローグを書いてみました。
http://eishya-jin.link/canon-xc10%E7%89%B9%E9%9B%86/

 

キヤノン 4K ビデオカメラ XC10 《6月中旬発売予定》

キヤノン 4K ビデオカメラ XC10 《6月中旬発売予定》
価格:237,600円(税込、送料込)