質問にお答え致します。再生する時間の長さや速度の調整法

前回UPした動画にご質問を頂きました。

初めて質問いただいたので、お答えしたのですが、結構的はずれなことを言ったようなので、今回は動画でお答えしました。

私は、声を出して話をすると、言葉が出てこないことが多々あって、YouTube向きでは無いと思っています。

ただそれを、克服したいと頑張っていますが、やっぱり頓珍漢な事を言っているので、文字でカバーしています。

イキナリ脱線いたしましたが、ご質問は「再生する時間の長さや速度も調整できるのでしょうか?」という質問でした。

私は、YouTubuでは、タイムラインで調整してくださいと説明しましたが、実際はFusionでやるのが簡単で早かったのです。

そこで、動画で説明させていただきました。

スプラインを利用することで簡単に、ご質問の解決になるのではと思います。

ぜひご利用ください。

これからは、ご質問を頂いたことを調べて動画で説明しようと考えています。

令和元年にYouTube情報交換サイトにしようとしていますので、こういう事も大事なのではと思っております。

 


DaVinci Resolve 16 パブリックベータ3公開

ブラックマジックデザインのホームページにはDaVinci Resolve 16 パブリックベータ2となっていますが3です。

今回のソフトウェアアップデートは、ユーザーからのフィードバックに基づき、何百もの機能および安定性を改善。
DaVinci Resolve 16 パブリックベータ3は、フォントレンダリング、オーディオの弾性波アラインメント、外部オーディオアプリケーション用のタイムコード出力、AMDハードウェアでのH264/H.265エンコード、スマートビンなどの機能を改善。
H.264、H.265、MJPEG、ARX、AVCHD、DNxHR 444のコーデックサポートを向上。

 

多くの機能が改善されているようです。
実際に使ってみると、落ちることが減った気がします。

 

詳細を日本語化すると以下のように書かれています。

 

DaVinci Resolve 16の新機能
*の付いた機能は進行中です。
^でマークされた機能には、以下でさらに説明があります。

主な新機能
全く新しいカットページの追加
DaVinci Resolveエディタキーボードのサポート
非常に高速なFusion処理による複数のパフォーマンスの向上
コラボレーションワークフローの改善 – DaVinci Resolve Studio
DaVinci Resolve StudioのDaVinciニューラルエンジンを搭載したスピードワープモーション推定
同じプロジェクト内のタイムラインレベルの解像度、フレームレート、拡大縮小および監視設定
YouTubeとVimeoに直接アップロードする
全ページからすばやく返品するためのクイックエクスポート
さまざまなタイムラインクリップの上にフィルタ、エフェクト、グレードを適用するための調整クリップ
メディアのインポート、直接アップロード、マーカーとコメントの同期をサポートするFrame.io統合 – DaVinci Resolve Studio
大幅に改善されたGPUによりリアルタイムスコープが高速化
ドルビーアトモス、オーロ3D、MPEG-H、SMPTE ST 2098を含む初期の没入型3Dオーディオサポート – DaVinci Resolve Studio
Blackmagic DesignサポートWebサイトからDaVinci Resolveで使用できる無料のフォーリーサウンドエフェクトライブラリ
カット
タイムライン上の任意の場所をすばやくナビゲートまたは編集する機能を備えたデュアルタイムライン
ソースモードのテープを使用して複数のメディアクリップを一連のショットとしてプレビューする機能
フレーム精度のトリミングを可能にするためのビューアの専用ツールトリム
適応プレビュー速度を備えた高速レビューモードで映像を素早くレビュー
編集点への再生ヘッド近接度での知的行動に基づく編集
専用の編集ボタンとトランジションボタン
変換、音声、テキスト、効果などのコンテキスト固有のアクション用のコンパクトビューアコントロール
すべてのDaVinci Resolveトランジション、エフェクト、Fusionタイトルテンプレートにアクセスして編集する機能
複数のメディアプールのソートと表示モード – 新しいフィルムストリップモードとサムネイル付きの新しいリストモードを含む
動画をエクスポートおよび共有するためのクイックエクスポートオプションへの簡単なアクセス
演奏
コンテンツを変更せずにクリップをより高速にレンダリングするためのビデオの本質を維持するためのユーザー選択
エフェクトライブラリのタイトルテンプレートによる再生パフォーマンスの向上^
Fusionの再生パフォーマンスが向上しました
Fusion compsを使ったクリップのキャッシングパフォーマンスの向上
Fusionエフェクトを使ったクリップの3Dエンジンパフォーマンスの向上
キャッシュされたエフェクトでFusionクリップを再生するときのパフォーマンスが向上しました
GPU高速化スコープのサポートによるパフォーマンスの向上
DaVinci Resolve StudioのDaVinci Neural Engineを使用したスーパースケールアルゴリズムのパフォーマンス向上
単一のNVIDIA GPUを搭載したLinuxシステムでの再生パフォーマンスの向上
コラボレーション
コラボレーションプロジェクト用のシステムごとのレンダリングキャッシュ – DaVinci Resolve Studio ^
コラボレーションプロジェクトのカラーページでマーカーを作成および変更する機能 – DaVinci Resolve Studio
コラボレーションプロジェクトのためにカラーページからメタデータクリップとフラグを修正する能力 – DaVinci Resolve Studio
コラボレーションプロジェクト用のカラーページからカラークリップを表示および変更する機能 – DaVinci Resolve Studio
コラボレーションプロジェクトを読み取り専用モードでロードする機能 – DaVinci Resolve Studio
コラボレーションプロジェクトでのドルビービジョンとHDR10 +のサポート – DaVinci Resolve Studio
Frame.io統合サポートメディア、直接アップロード、マーカーとコメントの同期 – DaVinci Resolve Studio ^
コラボレーションシステムの出力および監視設定を上書きする機能 – DaVinci Resolve Studio ^
非コラボレーションプロジェクトを現在使用しているユーザーのIPアドレスを確認する機能
表示またはフラグと特定の色のオプション
色でマーカーと旗を削除する能力
編集します
DaVinciニューラルエンジンを搭載したスピードワープモーション推定 – DaVinci Resolve Studio ^
同じプロジェクトのタイムラインレベルの解像度、フレームレート、スケーリング、モニタリング設定^
タイムラインクリップの範囲の上にフィルタ、エフェクト、グレードを適用するための調整クリップ
DaVinciニューラルエンジンを搭載した人々を検出および分類するためのビデオクリップの分析機能 – DaVinci Resolve Studio ^
タイトルとアクションのためのカスタムの安全な場所^
任意のメディアプールまたはタイムラインをオフラインの参照クリップとして割り当てる機能
クリップ属性ダイアログのビデオの向きの角度
カーブエディタでの位置キーフレームの出し入れ
タイムラインカーブでOpenFXプラグインのキーフレームを表示および編集する機能
インスペクタからのビデオクリップを安定させる
[属性の貼り付け]ダイアログからの色補正プロパティの貼り付けのサポート
編集ページビューアとメディアページビューアでスクラブするときのオーディオ動作が改善されました
Alt / Optキーを使ってタイトルのスナップを一時的に有効/無効にする
2-upおよび4-upディスプレイでは、利用可能なすべてのビューア領域が自動的に使用されます
選択したclに対するブレード操作

/div>


Bmpcc4K マニュアル VFXと合成の追加 あなたのオーディオをミックスする

あなたのオーディオをミックスする

編集ページでのオーディオのミキシング

プロジェクトを編集して色を修正したら、オーディオをミックスすることができます。
DaVinci Resolveには、プロジェクトのオーディオを編集、ミキシング、マスタリングするための便利な機能が「編集」ページに直接用意されています。より高度なオーディオツールを必要とするプロジェクトの場合、Fairlightのページでは、完全なオーディオポストプロダクション環境を提供しています。
既に編集ページに精通していて、Fairlightに直接移動したい場合は、このセクションを飛ばして次のページに移動してください。

オーディオトラックを追加する

編集ページで作業していて、多数の効果音と音楽を含む基本的なサウンド編集をミックスしたい場合は、必要なときに簡単にオーディオトラックを追加できます。
これは、サウンドを構築し、オーディオ要素をダイアログ、サウンドエフェクト、音楽などの個々のトラックに分けるときに役立ちます。

編集ページにオーディオトラックを追加するには:

タイムライン上のオーディオトラックの名前の横にあるを右クリックし、 ‘トラックを追加’を選択し、 ‘モノ’、 ‘ステレオ’、 ‘5.1’などのオプションから選択します。
これによりトラックがトラックリストの最下部に追加されます。
または、[トラックを追加]を選択し、新しいトラックまたは複数のトラックを配置する位置を選択します。

新しいオーディオトラックがタイムラインに表示されます。

ヒント 作成したトラックのタイプを変更するには、トラックの名前の横にあるを右クリックし、[トラックタイプを変更する]を選択して、ステレオ、モノ、5.1などの必要なオーディオトラックのタイプを選択します。

タイムラインでのオーディオレベルの調整

タイムラインの各オーディオクリップには音量オーバーレイが付いています。
このオーバーレイを使用すると、クリップのレベルをポインタで上下にドラッグするだけでクリップのレベルを設定できます。
このオーバーレイは、インスペクタの音量パラメータに対応しています。

クリップオーバーレイをドラッグしてクリップレベルを調整する

より高度なオーディオツールを必要とするプロジェクトの場合、Fairlightのページでは、完全なオーディオポストプロダクション環境を提供しています。

フェアライトページ

DaVinci Resolveの「Fairlight」ページでは、プロジェクトのオーディオを調整します。
シングルモニタモードでは、このページでは、ミキサーとカスタムモニタリングコントロールを拡張して、プロジェクトのオーディオトラックを最適化して、レベルを評価して調整しやすくし、スムーズで調和の取れたミックスを作成します。
あなたの目の前にある膨大な数の機能に圧倒されてはいけません。あなたのプロジェクトに最適なオーディオ品質を提供するのに役立ちます。

このガイドでは、Fairlightページの機能の基本的な概要を説明しますが、各機能のすべての詳細については、DaVinci Resolveマニュアルを参照してください。 DaVinci Resolveマニュアルには、各ツールの目的の詳細が記載されており、簡単な手順でそれらを使用する方法が説明されています。

オーディオタイムライン

トラックヘッダー

各トラックの左側には、トラック番号、トラック名、トラックカラー、オーディオチャンネル、フェーダー値、オーディオメーターを表示するヘッダーエリアがあります。トラックヘッダーには、トラックのロックとロック解除のためのさまざまなコントロールと、ソロとミュートのコントロールが含まれています。
これらのコントロールは、トラックを整理しておくのに役立ち、個々のトラックを1つずつプレビューすることができます。

トラック

フェアライトページの各トラックは、レーンに分割されています。
レーンは、クリップオーディオの個々のチャンネルを編集およびミキシングするために表示します。
編集ページはこれらの個々のオーディオチャンネルを隠し、タイムライン上の1つのクリップだけを表示し、膨大な数のトラックを管理することなくマルチチャンネルソースを簡単に編集することができます。

トラックA1のトラックヘッダは、モノラルオーディオのための単一のレーンを有するモノトラックを示し、A2トラックヘッダは、ステレオオーディオを収容するための2つのレーンを有するステレオトラックを示す

バスとは何ですか?

バスは本質的に、複数のオーディオトラックをタイムラインからルーティングできるデスティネーションチャンネルであるため、単一のチャンネルストリップで制御できる単一の信号にミックスされています。

メインバス

「メインバス」は通常、プログラムの主な出力であり、作成する新しいプロジェクトはすべて、デフォルトですべてのトラックがルーティングされる単一の「メインバス」から始まります。
「メインバス」は、タイムラインのすべてのトラックを1つの信号にまとめたもので、個々のトラックのレベルを調整した後、オーディオミックス全体のレベルを調整できます。

サブバス

「サブバス」を使用すると、対話、音楽、エフェクトなどの同じカテゴリに属する​​複数のオーディオトラックを組み合わせて、そのカテゴリのすべてを単一のオーディオ信号として混合することができます。
たとえば、5つのダイアログトラックがある場合、5つのダイアログトラックのすべての出力を「サブミックスバス」にルーティングして、すべてのダイアログのレベルを1つのコントロールセットと混在させることができます。
このサブミックスは別々にレンダリングするか、レンダリングのためにメインバスに送信することができます。

 

ミキサー

タイムラインの各オーディオトラックは、ミキサーの個々のチャンネルストリップに対応しています。
デフォルトでは、右側に「M1」というラベルの「メインバス」のストリップが1つあります。
追加のチャンネルストリップが右手側に表示され、あなたが作成する追加の「メイン」と「サブミックスバス」ごとにコントロールのセットが表示されます。

グラフィカルコントロールを使用すると、トラックチャンネルを出力チャンネルに割り当てたり、EQやダイナミクスを調整したり、レベルを設定したり、オートメーションを録音したり、ステレオやサラウンド音声をパンしたり、トラックをミュートしたりソロにすることができます。

オーディオミキサー、タイムラインのトラックに対応するチャンネルストリップ

イコライザーを使用してオーディオを強化する

プロジェクト内のオーディオクリップのオーディオレベルを調整した後、オーディオはさらに精巧になる必要があります。場合によっては、ダイアログボックス、音楽、およびサウンドエフェクトがオーディオスペクトル上で同じ周波数で競合しているため、オーディオが忙しく不明瞭になることがあります。
これは、各トラックが占めるオーディオスペクトラムの部分を指定できるようにするため、EQを使用することができます。また、イコライザーを使用して、低音、ハム、風の騒音、ヒスノイズを含む特定の周波数のレベルを分離して減らしたり、サウンドの全体的な質を向上させて楽しいものにすることができますを聞くこと。

DaVinci Resolveは、各クリップまたはトラックレベルにクリップレベルで適用してトラック全体に影響を与えるEQフィルタを提供します。
タイムラインの各オーディオクリップにはインスペクタパネルの4バンドイコライザがあり、各トラックにはミキサーパネルに6バンドのパラメトリックイコライザがあります。
さまざまな周波数範囲をブーストまたは減衰させるためのグラフィカルおよび数値コントロール、およびさまざまなフィルタタイプを使用して、EQカーブの形状を定義できます。4バンドのイコライザーはタイムラインのすべてのクリップに適用できます

アウターバンドを使用すると、ハイシェルフ、ローシェルフ、ハイパス、ローパスフィルターを使ってバンドフィルターを調整できます。パスフィルタは、特定の周波数の上または下のすべての周波数に影響します。
これらの周波数は、信号から完全に除去されます。
例えば、ハイパスフィルタは、低周波数をカットしながら高周波数がフィルタを通過することを可能にする。
カットオフ周波数外の周波数は、徐々に下向きの傾斜カーブでカットされます。

シェルフフィルタはあまり積極的ではなく、信号のトップエンドまたはローエンドの全体をシェイプしたい場合に便利です。シェルフ・フィルターは、高いシェルフまたは低いシェルフを使用するかどうかに応じて、ターゲット周波数と周波数の上下を均等にブーストまたはカットします。

ミドルセットのバンドコントロールを使用すると、さまざまなイコライズ調整を行うことができ、ローシェルフ、ベル、ノッチ、およびハイシェルフのフィルタリングオプション間で切り替えることができます。

Bell

Bellフィルターは、ベルカーブの特定の中心点の周りの周波数をブーストまたはカットします。
名前が示すように、カーブの形はベルのようなものです。

Notch

Notchフィルタを使用すると、非常に狭い範囲の周波数を特別にターゲットにすることができます。
たとえば、50〜60Hzでメインハムを除去します。

Lo-Shelf

Lo-Shelfフィルタは、ローエンドでターゲット周波数をブーストまたはカットし、その下のすべての周波数をカットします

Hi-Shelf

Hi-Shelf・フィルターはハイエンドのターゲット周波数を上げたり上げたりします

個々のクリップにEQを追加するには:

1 EQフィルタを追加するタイムラインのクリップを選択します。

2インスペクタをクリックし、「クリップイコライザ」有効化ボタンをクリックします。

トラックにEQを追加するには:

1ミキサー内のトラックのEQセクションをダブルクリックして、そのトラックのイコライザーを開きます。

2調整するバンドのドロップダウンメニューからバンドフィルタタイプを選択します。

EQカーブを示すミキサーパネルのEQセクションがトラック1に適用されています

すべてのトラックに適用できる6バンドパラメトリックイコライザー

EQをクリップまたはトラックに追加すると、各バンドのEQを調整できます。
コントロールは、選択されているバンドフィルタータイプによって異なる場合があります。

バンド・フィルターのEQを調節するには:

1調整したいバンドのドロップダウンメニューからバンドフィルタータイプを選択します。

2「周波数」の値を調整して、EQ調整の中心周波数を選択します。

3「ゲイン」の値を調整して、そのバンドが管理する周波数をブーストまたは減衰させます。

4 ‘Q factor’値を使用して、影響を受ける周波数の幅を調整します。

リセットボタンを使用して、EQウィンドウ内のすべてのコントロールをデフォルトにリセットします。

Fairlightには、各オーディオトラックの品質を向上させるために使用できる多くのコントロールがあります。
さらにトラックを追加したり、バスを整理して整理したり、ディレイやリバーブなどのエフェクトを追加して、一般的にオーディオミックスを完成させることができます。

Bmpcc4K マニュアル VFXと合成の追加 プラグインの使用

プラグインの使用

セカンダリ補正を行う際には、ResolveFXまたはOpenFXプラグインを追加して、「カラー」ページ、または「編集」ページのクリップ上の想像的なトランジションとエフェクトを使用して、素早く興味深いルックスとエフェクトを作成することもできます。
ResolveFXはDaVinci Resolveとともにインストールされ、OFXプラグインはサードパーティのサプライヤから購入してダウンロードできます。

OFXプラグインのセットをインストールしたら、「ノードエディタ」の右側にあるOpenFXインスペクタを開いて、カラーページでそれらのプラグインまたはResolveFXプラグインにアクセスできます。
新しいシリアルノードを作成したら、「OpenFX」ボタンをクリックしてFXライブラリを開き、プラグインをドラッグアンドドロップします

新しいノードに追加します。
プラグインに編集可能な設定がある場合は、隣接する[設定]パネルでプラグインを調整できます。

‘edit’ページでは、 ‘Effectsライブラリ’の ‘OpenFX’パネルを開き、選択したプラグインをタイムライン上のクリップの上のビデオクリップまたはトラックにドラッグすることで、プラグインフィルタ、ジェネレータおよびトランジションをクリップに追加できます

OFXプラグインは、想像力豊かで興味深い外観を作成するためのすばやく簡単な方法です

Bmpcc4K マニュアル VFXと合成の追加 パワーウィンドウの追加

パワーウィンドウの追加

パワーウィンドウは、クリップの特定の領域を分離するのに使用できる非常に効果的なセカンダリ補正ツールです。
これらの領域は静的である必要はなく、カメラのパン、チルトまたは回転、および領域自体の動きとともに移動するように追跡することができます。

パワーウィンドウを使用してHSL修飾子のセカンダリ調整の影響を受けたくない領域をマスクする

たとえば、周囲の人に影響を与えずに、その人だけに色とコントラストを変更させるために、ある人のウィンドウを追跡することができます。
このような修正を加えることで、あなたが見たいと思っている領域で視聴者の注意を引くことができます。

クリップにパワーウィンドウを追加するには:

 1新しいシリアルノードを追加します。

2 ‘ウィンドウ’パレットを開き、シェイプアイコンをクリックしてウィンドウシェイプを選択します。
選択したウィンドウシェイプがノードに表示されます。

3図形の周りの青い点をクリックしてドラッグして、図形のサイズを変更します。
赤い点は、エッジの柔らかさを調整します。
中心点をクリックして、分離したい領域に移動すると、図形を配置できます。
中心に接続されたポイントを使用してウィンドウを回転させます。

これで、必要な領域だけで画像に色補正を行うことができます。

パワーウィンドウを使用すると、画像の特定の部分に二次的な修正を加えることができます

Bmpcc4K マニュアル VFXと合成の追加 スコープの使用

スコープの使用

  ほとんどのカラーリストは、自分のプログラムに必要な感情や見た目に焦点を当て、創造的な色の選択を行い、その後単にモニターを使ってその外観を実現します。
日常的なオブジェクトや、さまざまな種類の光がそれらと相互作用して、イメージでできることや少しの練習方法についてのアイデアを生み出すことができます。パレードの範囲は、ハイライト、ミッドトーンとシャドウを最適化するのに役立ちます

「リフト」、「ガンマ」、「ゲイン」、「オフセット」カラーホイールを使用すると、クリップの色調と色調バランスを完全に制御できます。 各色調領域のすべての色を均一に調整するには、カラーホイールの下にあるダイヤルを前後にドラッグします

色のグレードを変えるもう1つの方法は、内蔵のスコープを使用してショットのバランスをとることです。
「スコープ」ボタンをクリックすると、単一のビデオスコープを開くことができます。
これは、パレットツールバーの右から2番目です。
波形、パレード、ベクトルスコープ、ヒストグラムの表示を選択できます。
これらのスコープを使用すると、色調のバランスを監視したり、ビデオのレベルをチェックしたりして黒を潰したり、ハイライトをクリッピングすることができます。

「カラーホイール」パレットには、一般に最初の調整を構成する「リフト」、「ガンマ」、「ゲイン」コントロールが含まれています。
以前に色補正の経験があった場合は、他のアプリケーションで見たような色調整やコントラスト調整のコントロールに似ているはずです。
マウスを使用して各色をより正確に制御するには、カラーホイールを「プライマリバー」に変更して、リフト、ガンマ、およびゲインコントロールの各色と輝度チャンネルを個別に調整できるようにします。カラーホイールの右上にあるドロップダウンメニューから「プライマリバー」を選択するだけです。

1リフト」を調整する

カラータイムラインでクリップを選択した状態で、最初のカラーホイールの下にある「リフト」ダイヤルをクリックします。それを前後にスライドさせ、画像にどのような影響を与えるかを観察します。画像の暗い部分の明るさが増減します。暗い部分を最もよく見たい場所に設定します。エレベーターをあまりにも小さくすると、黒のディテールが失われ、パレードの範囲を使用してこれを避けることができます。波形上の黒の最適な位置は、パレード範囲の一番下の線です。

2「ゲイン」を調整する

「ゲイン」ダイヤルをクリックし、前後にスライドさせます。これは、クリップの最も明るい部分であるハイライトを調整します。ハイライトはパレードスコープの波形の上部に表示されます。明るく点灯したショットの場合、波形スコープの最上部ラインのすぐ下に配置するのが最適です。ハイライトが波形スコープの一番上のラインよりも上になるとクリップされ、画像の最も明るい領域の詳細が失われます。

3 「ガンマ」を調整する

カラーホイールの下の「ガンマ」ダイヤルをクリックし、前後にスライドさせます。ガンマを上げると、画像の明るさが増します。ガンマを調整すると、波形の中央部分も移動することに注意してください。これは、クリップの中間色を表します。中間トーンの最適な位置は、一般的に波形範囲で50〜70%です。しかし、これは、作成しているルックとクリップのライティング条件に基づいて主観的になる可能性があります。

また、カーブパレットを使用して原色補正を行うこともできます。 クリックするだけで、カーブグラフの対角線上にコントロールポイントを作成し、上下にドラッグして、画像のトーン性のさまざまな領域でマスターRGBコントラストを調整します。 調整する最適なポイントは、曲線の下3分の1、中央、上3分の1です。

DaVinci Resolveでは、さらに多くの基本的な色補正方法があります。 それらをすべて使用する方法については、DaVinci Resolveのマニュアルを参照してください。

カーブパレットは、元の色補正を行うために使用できる別のツールです。または、パワーウィンドウを使用しているときにクリップの特定の領域を拡張できます

Bmpcc4K マニュアル VFXと合成の追加 カラークリップの修正

カラークリップの修正

一連のクリップを編集してVFXを追加したら、色補正を開始できます。
これは、一貫した外観を維持できるようにシーケンスの編集が完了した後に始まりますが、DaVinci Resolveの楽しみの一部は、編集、フュージョン、カラーページ間を移動して微調整を行い、新しいクリエイティブの選択肢を発見することができます。

「カラー」ページを使用すると、クリップの外観を完全に制御できます

まず、「カラー」タブをクリックして「カラー」ページを開きます。

カラーホイール、カーブパレット、一般的な色補正ツール、およびプレビューとノードウィンドウが表示されます。 あなたの目の前にある膨大な数の機能に圧倒されてはいけません。
彼らはあなたが最も驚くような写真を手に入れるのに役立ちます。
DaVinci Resolveのマニュアルには、そのツールがどんなものなのか、それに簡単な手順でそれらを使用する方法が表示されます。
専門家がハイエンドの色補正機能で使用するのと同じテクニックを学びます。

一般的に、まずクリップ内のシャドウ、中間色、ハイライトを最適化することをお勧めします。
つまり、「リフト」、「ガンマ」、「ゲイン」の設定を調整します。
これは、あなたの映画の「見た目」のグレーディングを始めることができる、きれいでバランスの取れた出発点で、あなたの写真を最も明るく、最高に見せるのに役立ちます。

Bmpcc4K マニュアル DaVinci Resolveの使用 クリップの読み込み

クリップの読み込み

クリップの編集を開始するには、まずそれらをメディアプールにインポートする必要があります:

1 DaVinci Resolveを起動します。 DaVinci Resolveを初めて開いた場合は、プロジェクトマネージャが表示されるまで待ちます。
次に、 ‘new project’をクリックし、プロジェクトのタイトルを入力して ‘create’をクリックします。あなたの新しいプロジェクトが開きます。

2左上に「メディアストレージ」ブラウザが表示された「メディア」ページが表示されます。メディアページにいない場合は、下部にある[メディア]タブをクリックします。 「メディアストレージ」ブラウザには、クリップをドラッグしてメディアプールにドロップするリンク先のメディアフォルダがすべて表示されます。

3クリップフォルダがライブラリに表示されない場合は、追加する必要があります。これは、 ‘メディアストレージ’ブラウザエリア内を右クリックし、[新しい場所を追加]をクリックしてから、ドライブまたはフォルダパスを選択して[開く]をクリックすることで簡単に実行できます。

4「メディアストレージ」ブラウザで、新しく追加したクリップフォルダをクリックします。今すぐあなたのストレージフォルダからあなたのクリップをドラッグし、下のメディアプールにドロップしてください。プロジェクトの設定がクリップの設定と異なる場合は、プロジェクトの設定をクリップに合わせて変更するか、設定をそのままにしてください。すばやく開始するには、[変更]をクリックします。プロジェクトの設定がクリップと一致しました。

クリップを読み込むには、「メディアストレージ」ブラウザからクリップをドラッグしてメディアプールにドロップします。デスクトップからファイルをドラッグアンドドロップすることもできます

Bmpcc4K マニュアル DaVinci Resolveの使用

DaVinci Resolveの使用

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kでの撮影は、映画やテレビのコンテンツを作成するプロセスの一部に過ぎず、メディアのバックアップや管理、最終的なマスターファイルの編集、色補正、エンコーディングのプロセスも重要です。ポケットシネマカメラ4KにはmacOSとWindows用のDaVinci Resolve Studioのバージョンが含まれているので、撮影とポストプロダクションのための完全なソリューションがあります!

注記Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kを使用して撮影したクリップを正確に色処理するには、DaVinci Resolveの最新バージョンを使用することをお勧めします。たとえば、バージョン15以降では、すべてのPocket Cinema Camera 4Kに正確な色が提供されます。

CFast、SDカードまたはUSB-Cフラッシュディスクをコンピュータに接続した後、DaVinci Resolveの ‘clone’ツールを ‘media’ページで使用して、実行中のバックアップを作成することができます。これは、どのタイプのメディアでも損傷を受けたり、フォルトが発生したりする可能性があるため、バックアップを作成すると、ショットが失われることはありません。 DaVinci Resolveを使用してメディアをバックアップしたら、DaVinciメディアプールにクリップを追加し、編集、色補正、およびDaVinci Resolveを終了することなく制作を完了できます。

DaVinci Resolveは、大部分の大ヒット映画で使用されているツールと同じツールなので、ハイエンドのデジタルフィルムに組み込まれた非常に高度な技術を備えているため、NLEソフトウェアの単純なツールよりもはるかに優れています。 DaVinci Resolveを使用して作業を編集し、色を修正するとき、このテクノロジの利点が得られます。

ここには、カメラファイルでDaVinci Resolveを使い始める方法に関する情報が含まれています。 もちろん、DaVinci Resolveは非常に高度で、ユーザーインターフェイスを最初に見たときにすぐに見るよりも多くの機能が含まれています。 DaVinci Resolveの使用方法の詳細については、DaVinci ResolveソフトウェアディスクのDaVinci Resolve取扱説明書pdfファイルを確認するか、オンラインで多くのトレーニングコースとチュートリアルビデオをご利用ください。

BMPCC4Kが航空便でやってきた。

昨晩システムファイブ御中より発送メールが来ましたが、今朝10時前に航空便で届きました。
ずっと欲しがっていたことをツイッターで聞いていらっしゃったので気がきじゃ無かったのでしょうね。

ダンボールを開封するとこんな感じでクッションと書類が入っていました。

クッションとお手紙を外すとお宝が出てきました。

とても感じの良い箱です。

 

本体は以外にあっさり入っています。
袋に入ってるかと思ってました。
カメラ用のソフトとダビンチリゾルブ15STUDIOが入ってます
世界中で使えるようにコンセントとアダプターが入っています。
電池も入ってますよ。
勿論日本ではこちらを使います。
早速液晶ガードフイルムを貼りましたが空気だらけになってしまいました。
剥がすのも怖いのでしばらくこのままにしておきます。
レンズはフイルムカメラ時代のシグマ90mm マクロレンズを使いました。
このレンズはデジタルカメラでは使えません。
完全に使えないわけではなく開放でしか使えません。
ですが、写りがとても好きなので、今回使ってみたいと思っていました。
絞りの使えないレンズマンとアダプターなので丁度良かったです。

とりあえず招き猫を被写体に撮ってダビンチリゾルブで編集してみました。
ProResHQはウインドウズで開くことが出来ません。
ソフトにファイルを挿入して初めて見ることが出来ます。

こんな動画を作っている時に、届け物が届きました。
それはなんとViltrox EF-M2オートフォーカスレンズマウントアダプターも届いたのです。
良いことは重なるものです。
これで一応、手持ちのレンズ全部使えることとなりました。
こんな綺麗な箱に入ってきました。
10月20日に夜に無料配送で注文したものが24日の昼に届くなんてTOMTOPも高速配送ですね。

これが取り付けたところです。
私がメインのレンズにしようと思っているシグマの17-50mmF2.8です。
安価ですがスピードブースター的なものでf2.0で使えます。
倍率も✗0.71ですので、広角側が34mmだったとすると24mm程度になるのでとても使いやすいです。
色々取り付けて見たりしているうちに電池が無くなりそうなので交換することにしました。
すると、電池が出てこなくなりました。^^;
まさか互換電池を使ったことで拒否反応がでているのでは?
両面テープを使ってみたり瞬間接着剤でボルトを取り付けて外そうとしたりしましたがビクともしません。
仕方がないので荒業でラジオペンチの片方を突っ込んでみると、やっと出てきました。
これだけに3時間位かかっていたのでホッとしました。
それからは、他の互換電池を入れても大丈夫になりました。
引っかかりどころが悪かったのでしょうね。
今日は、とても良い事と良くないことが重なってありました。
良くないことは、電池が取れなかったことと、液晶の保護シールが上手く貼れなかったこと。
やっぱり早くガラス製品が出てきてほしいと思いました。
私が考えるに、現物が出てなかったので寸法で切ったのでは無いかと思います。
まさかサイズが合わない時は自分で切らないといけないとは思ってもみませんでした。
今日は疲れたので、このへんで終わります。

DaVinci Resolve 15.1.1が公開されました。

本日、DaVinci Resolve 15.1.1アップデートが公開されました。
今回のアップデートでは、コンテクストメニューにスルー編集の結合を追加。
また、レンダリング時に出力ファイル名を設定するためのスクリプトAPIを追加、再生パフォーマンスを改善。
さらに、グループグレーディング、出力サイズ調整、ステレオスコピック3D、Blackmagic RAWのホワイトバランス、ResolveFXのキーフレームなど、ユーザー報告に基づく問題点を修正。
全体的なパフォーマンスと安定性も向上したそうです。
DaVinci Resolve 15.1.1の無償ダウンロードと有償版ダウンロードはこちらhttp://bmd.link/jp/su3bXa
私の実感としては515.1から、随分再生が良くなった気がします。
私は、DeckLink Mini Monitor 4Kを装着したからだと思っていましたが、ソフトのアップロードによるものだと知りました。
全体的なパフォーマンスが安定したおかげなんでしょうね。
だいぶ使いやすくなった気がします。

 

DaVinci Resolveを初歩から勉強したい方必見

以前にも紹介したサイトですが、DaVinci Resolveを初歩から勉強したい方は是非ここをご覧ください。

 

こちらのサイトでは、チュートリアルではなくDaVinci Resolveの取扱説明書を日本語にしたものを掲載されています。

DaVinci Resolveの取扱説明書は英語版しかないので、日本語で読みたい方はこちらをぜひご覧ください。

それから、YouTubeのブラックマジックデザインJapanチャンネルでは、DaVinci Resolveチュートリアルも日本語で沢山公開されていますので御覧ください。

【DaVinci Resolve 15】7.8 ResolveFX/レトロな映像を再現する(フィルムダメージ)

 

 

DaVinci Resolve 15 が製品版となりました。

DaVinci Resolve 15 Studioが製品版になりましたよ。

このソフトウェアアップデートは、DaVinci Resolve 15 Studioのフルバージョンをインストール。

同バージョンは、FusionのVFXおよびモーショングラフィックを完全に統合し、多数のFairlightオーディオツールおよび300種類以上の新機能および改善を追加。

同バージョンの使用にはDaVinci Resolveライセンスドングル、またはソフトウェア・アクティベーションコードが必要。

DaVinci Resolve 15になって、このソフトだけで完パケまで行けるということで随分凄いソフトとなったわけですが、それに対してPCもかなり性能が良くないと動かすのがきつくなってきました。
今後は、軽くすることに重点を置いてほしいですが、プロの道具ですのでその辺はPCスペックを上げることを要求されるのでしょう。
私は、このバージョンを使いこなせるようになるようになりたいです。
そのためにブラックマジックはチュートリアルビデオを公開しています。
既に初歩ではなく、仕事でも使えそうなチュートリアルビデオです。
参考にされてはいかがでしょう。

映像製作者向けサイト(VOOK)紹介

もう既に知っていらっしゃる方も多いとは思いますが、映像制作者向けサイトVOOKを紹介します。

VOOKは映像制作者向の集いの場所のようなサイトです。
VOOK NOTE(映像制作のノート)
VOOK PORT(審査制のポートフォリオ共有サービス)などがあります。

こちらの売りは、映像制作者が教えるチュートリアルです。
ブラックマジックデザインは元より、Adobeやファイナル・カットプロのチュートリアルから、撮影に関する事柄他色々な豆知識が散りばめてあります。

一番オススメするのは、ブラックマジックデザインが公式で同社ソフトウェアの使い方を教えていることです。
これは、カラーグレーディングの本が出版されて知ったことなのですが、早くからサイトには参加していながら全然気が付きませんでした。

VOOKにログインするためには、ユーザーになるか、SNSアカウントでログインすることも出来ます。
ちなみにツイッター フェイスブック グーグルアカウントで参加できますよ。

参加することで、興味のある事柄をクリップしたり、審査はありますがポートフォリオを作成することも出来ます。

DaVinciやFusionを使ったことが無い方にも、今さら聞けないチュートリアルがあります。

ちなみにお知らせですが

VOOKでは、5/18(金) 19:30~ 【Blackmagic Design公式】DaVinci Resolve 15のQ&Aセッションを開催します!

DaVinci Resolve 15を使っていて、使い方や教えてほしいことが有る方は参加して見られては如何でしょう。

 

DaVinci Resolve 15マニュアルを日本語化しているサイト紹介。

DaVinci Resolve 15マニュアルを日本語化しているサイト紹介します。

当ページもFusionマニュアルを日本語化しておりましたが、DaVinci Resolve 15マニュアルを日本語化しているサイトが有りました。

MotionWorks.JP

流石に、本職とあって日本語化されたマニュアルも理解しやすいです。
こちらの管理人様は、Feicebookでも

DaVinci Resolve User Group Japan (DRUG-J)

 と言うサイトを公開されています。
こちらで勉強させてもらおうと、参加させていただきました。
本職の方が集まるサイトだけあって、質問や答えが、かなり専門的で私には解りかねる事柄が沢山ありますが、とても興味が沸く事例が色々と出てきています。

DaVinci Resolveに興味が有る方は、どうぞ一度御覧ください。