1/4スピード映像 不思議な感覚 Canon XC10+Beholder DS1 をUPしました。

前回に引き続き1/4スピード映像です。
今回は、花と鳥を撮影してみました。

毎回広角側での撮影なのですが、今回は望遠でも撮影してみましたよ。
Beholder DS1がちゃんとスタビライズしてくれています。

被写体が動くと、それに合わせて動かすのは、意外に難しいですが
スローモーションにすることで、そんなに違和感なく撮影することが出来ました。

しかし、スローモーションって空気感が出ると言うかボケがでるからか頭に違和感が湧くのでしょうね。

とても不思議な感じになります。

 

TDR Beholder DS1 + Canon 7D EF-S10-18mm Test をUPしました。

今日は、TDR Beholder DS1 にDSLRを取り付けてテストしてみました。

まず、SETUPは難しかったです。

水平を取るためのセッティングが、なかなか思い通りにいかず結局は水平になったところで止めました。
本来は何処でも止まらないといけないのに、うまくいかなかったです。
カメラ自体のバランスが悪いのですかね。
まあ、さほど支障は無かった気がします。

最初のテストは、追っかけ撮影でした。

カメラを下にした吊り下げでの撮影でした。

画面を調整できないのでノールックの撮影でしたが超広角レンズを使ったので少しだけ上向きにして撮ってみました。

初めての割には上手く行ったと思います。

やはり追っかけは撮りやすいですね。

走ることと人に気が行くことで多少ぶれても気になりません。

次に撮影したのは、花のえいぞうです。

これも吊り下げで撮っています。

これは動かし方に熟練の業がいるようです。

どうしてもフラフラと撮ってしまって被写体が止まっているだけに違和感を感じます。

アナログに比べると、並行を気にすることが無いだけ気楽に撮れる感じです。

なんでも練習が必要ですね。

UPした後に、テロップが10ー17mmになっていることに気がつきました。
ごめんなさい。