Bmpcc4K マニュアル タッチスクリーンコントロール LCDモニターのオプション 再生メニュー

再生メニュー

再生メニューにアクセスするには、「再生」コントロールボタンをタップします。

以前に録画したクリップは、カメラのコントロールボタンまたはLCDタッチスクリーンで制御できます。

LCDタッチスクリーンを使用するときは、「再生」を1回タップして再生を開始し、再び一時停止します。

順方向ボタンと逆方向ボタンを使用して、クリップの開始または終了をスキップします。

「進む」をタップすると、次のクリップに移動します。 逆方向ボタンを1回押すと現在のクリップの先頭に移動し、2回押すと前のクリップの先頭に戻ります。

クリップの再生は、ループアイコンをアクティブにすることによってループすることもできます。

リバース、プレイ、フォワード、ループのアイコン

 

シャトルするには、転送ボタンまたは逆送りボタンを押したままにします。 これは、保持しているトランスポートキーに応じて、順方向または逆方向のいずれかで、通常の倍速で映像を再生します。

シャトルが完了したら、もう一度トランスポートキーをタップしてシャトルレートを変更できます。 同じ方向にトランスポートキーをタップするたびに、シャトルレートが倍になります。 最大シャトルレートは通常の16倍です。 x16の速度でもう一度トランスポートキーをタップすると、x2のスピードに戻ります。 反対方向をタップするたびに、シャトル速度はx2の速度に達するまで半分になります。 「再生」ボタンをタップすると、通常の再生に戻ることができます。

シャトル速度インジケータには、早送りまたは巻き戻しの映像の速度と方向が表示されます

 

再生モードで「録画」コントロールボタンをタップすると、カメラは「スタンバイ」モードに戻り、録画準備が整います。

ヒントビデオを再生中にステータステキストを非表示にするには、タッチスクリーンを上下にスワイプします。 再生モードでスレートを入力して、メタデータ内の現在のクリップの「良いテイク」をマークします。 詳細については、「メタデータの入力」セクションを参照してください。