Insta360ONE Xとinsta360EVOどちらを選んだら良いのでしょう?

両方共使ったことが無いので、YouTube動画から推測することしか出来ませんが、私は同価格帯ならinsta360EVOの方がお得感ありそうな気がします。

私が持っているInsta360Oneを購入したときは、ステレオカメラのほうが使い道ありそうだと思いました。
ただInsta360OneXが出て、画像が良くなると、これもありかと考えましたが、VRと言うことで考えるとハイブリッドのinsta360EVOが良い気がしたのです。

VR映像を見ていると、長くは見ていられないと感じます。
それでも、初めて見たときは、すごく感動しました。

insta360EVO

この実写映像を見ると、GoProなんかと比べると、色が浅いですよね。
私としては、こちらのほうが好みです。
あとから調整するほうが自分の好みにできますからね。

ただ、筐体を見ると、壊れやすそうな気がしてなりません。
他のメーカーはワンクリックでステレオカメラになるものも出ています。
取っ手もついて便利そう。
なんか、とりあえず作ってみた感が否めないですね。

Insta360Oneを購入してから直ぐにXが出てきたときには、ガッカリしてしまいました。

そのご間もなく、このカメラが出る情報を聞いていたので、Xを買うのは控えました。
街歩きするには、この手のカメラはすごく便利で、本当は後ろを撮っていれば、良い映像が撮れていたのにとか言う心配が無く、全部を撮っているので、あとから欲しい絵を抽出すれば良い点が本当に有り難い。

 

このカメラが出たことで、ステレオと360度 両方撮れるのは、やっぱり便利だと思いますね。
なんか、いつの間に出た感があって、売気無いのか?って思いましたが
もしかしたら、Ⅱも考えられている気がして、今が買いどきではない気もします。
このところ、cjiも色々と同じようなカメラを作って来ているので、cji待ちと言うのも良いかもしれないですね。
今すぐに買うものでは無いと、自分では思っています。

 

スペック
製品仕様
レンズ口径:F2.2
写真解像度:6080*3040 (18 MP)
動画解像度:5760*2880@30fps,3840*1920@50fps,3840*1920@30fps,3008*1504@100fps
写真フォーマット:insp、jpeg (アプリ経由で変換できる)、dng (RAW)(PC/Mac端末のみ対応する )
動画フォーマット: insv、mp4 (アプリ経由で変換できる)、LOG(PC/Mac端末のみ対応する )
動画コーディング: H264
動画ビットレート:最大 100Mbps
ジャイロスコープ:6 軸ジャイロスコープ
対応機種:iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XR, iPhone X, iPhone 8/8 Plus, iPhone 7/7 Plus, iPhone 6s/6s Plus, iPhone SE, iPad Pro, iPad
写真&動画仕様
写真モード:標準、タイマー、インターバル、HDR、RAW
動画モード:標準、タイムラプス、HDR、Log
EV 値:-4EV~+4EV
露出モード:自動、手動(シャッター速度 1/4000s-55s、ISO 感度 100-3200)、シャッター速度優先 (1/4000s-1/4s、写真限定)、ISO 感度優先 (100-3200、写真限定)
ホワイトバランス:自動、曇り、太陽光、蛍光灯、白熱電球
デザイン
カラー:ブラック
重量:113g
サイズ:広げる:98.4mm×49mm×26.27mm;折りたたむ:50.3mm×49mm×52.54mm
ストレージ&接続
Bluetooth: BLE4.0
Wi-Fi:5G (最大 20 メートル範囲)
MicroSDカード:UHS-I V30 の転送速度、exFAT (FAT64) フォーマットが必要; 最大 128GB まで対応する
バッテリー
バッテリー容量:1200mAh(5V 2A)
充電方法:Micro USB
充電時間:90 分
持続時間:65 分
動作環境:動作温度:-10℃~40℃(14℉~104℉);保存温度:-20℃~40℃(-4℉~104℉)

解像度が高いのは嬉しいですね。

ちなみにInsta360OneXの動画です。

 

皆様も色々ご覧になって、ご購入くださいね。


Leave a Reply
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。