DaVinci Resolve Studio 16.1パブリックベータ3公開されました。

DaVinci Resolve Studio 16.1パブリックベータ3公開

今回のソフトウェアアップデートでは、カットページの編集およびスナップの挙動を改善。
タイムラインルーラーを再設計し、波形描画の精度も向上。
インターフェースも改良され、上のタイムラインで小さな編集を簡単に確認可能。
さらに、変更されていないDNx非圧縮クリップのレンダー速度が劇的に向上し、ResolveFXの光線およびグロープラグインに加算合成オプションを追加。
サウンドライブラリの検索機能も強化され、サンプルレートが異なるクリップを再生する際の問題にも対処。
DaVinci Resolve Studioには、AVC Intra 50、100、200エンコードのサポートも追加。

とても使いやすくなったカットページ

グロー加算が追加されたということで波の光を誇張してみました。

音声タブ(Farlightタブ)も見た目に使いやすくなった気がします。

タイムラインでは波形が見やすくなったそうです。


DaVinci Resolve Studio 16.1パブリックベータ3で編集してみたサンプル映像です。

同日にBlackmagic RAW 1.5アップデートも公開されました。


Leave a Reply
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。