ATEMminiを使って、フェイスブックにてライブ試験放送をやってみた結果。

 

YouTubuで一度、使い方を見ただけで、どこまで出来るものかやってみました。

昨日、モニターとの相性が悪くモニターできないで困りましたが、モニターを変えることで解決することが出来ました。
しかし、今度は音声をモニターすることが出来ずに困りました。
モニターにイヤホンジャックが付いてるものであれば問題ないと思いますが、PCでモニターすることが出来ずに録画したものを再生するまで自分の声を聞くことが出来ずに困りました。
きっとやり方があるのでしょうね。

今回カメラ3台とPC、ピンマイクとギターアンプ出力からの音でした。

ライブ始まる前に、ミキサーで音の高さ調整をしたのですが、実際に音が聞こえないと不安ですね。
結局、ギターの音がバリバリに割れてました。
もう少しちゃんと設定してからじゃないと配信は無理です。

今まで一度もライブ配信やったことが無い人がやることですから、流石にYouTubuでの配信は怖くて出来ずに、友人たちだけに見てもられるようフェイスブックにての配信としました。
まあ、何も知らないでやった割には合格だったのかもしれません。

今回感じたことは、ラインの取り回しが大変な事。
カメラ2台とPC位なら簡単に使えると思いますが、カメラ3-4台となると、ラインの長さが必要となります。
今まで、短いラインしか使ってこなかったので、スイッチャー使うなら長いラインも必要となりあますね。

なんとかPCで音のモニタリングを出来るように勉強していこうと思います。