映写人のコンテンツでゲーム実況やってみるか。

ここのところ、動画より静止画のコラージュにハマってしまって、まるっきり動画を忘れた状態になっています。
仕事が減り、今までやりたくても出来なかったことが出来る時間も増えたので、この際ゲーム実況でもやってみっかと思っています。

作年購入したATEM miniですが、最近Proなるものが出てきて、存在価値が減ってしまいました。
まあ、実際殆ど使ってなかったんですけどね。
あれが、全部ワイヤレスなら本当に使いやすいのでしょうけれど、コードの取り回しが大変だったので、やらなくなりました。^^;
それでは勿体ないと考えを変え、暇つぶしに初めたゲームの実況でも遊びでやるかと考えるようになりました。

そこで、まずFacebook Liveで練習してみることにしたのですが問題続出。
元々使わなくなった原因が、大型テレビをモニターにする予定だったのに使えなかったこと。
ATEMに音声を確認するジャックが無いこと。
HDMIを繋げられる普通のモニターを持っていないこと
FacebookLiveの映像が汚い事などが大きな原因でした。

それを解決するために、モニターはカメラ用の7インチモニターを使うこと。
大型テレビはゲーム用のモニターにすること
そして、ゲームの様子はビデオカメラで撮影しPCに取り込む事でした。

しかし、ここで問題は、ゲームの様子をビデオカメラで撮影することで画質が頗る悪いこと。
これを解決するには、ATEMに直接FireTVをキャプチャーさせることでした。
が、それも失敗でした。
著作権の関係上、直接キャプチャーできないように作ってありました。

ネットで何か方法が無いかと調べてみると、ありました。
Splitterを使うことで、キャプチャーできると書いてありました。

早速ネットで購入することに。
ここでも失敗を犯します。

紹介されていたSplitterを購入すればよかったのですが、少しでも安価で4K画質が使えるものを購入してしまいました。
これはただの、分岐用の装置でした。

仕方がないので、もう一度紹介されていた機種を購入して、使えるようになった次第です。

前に書きましたが、Facebook Liveは直接UPすると画質が悪い。
そこでOBS Studioと言うソフトを使って、一度キャプチャーしたものを録画しながら配信すると、とても綺麗な映像をストリーミングできるようになりました。
FacebookLiveの様子は、こちらでご覧頂けます。

これで一応の、対策は出来たのでYouTubeLiveでのゲーム配信に挑戦しようと決断したわけです。

結局、大画面テレビと7インチモニター ATEMmini 手元を写すためのビデオカメラ ゲーム機(FireTV)とマイクを用意して接続しゲーム配信します。

別にLiveでは無く収録で編集してからでも良いのですが、最近編集するのが辛くなっているのでLiveなら流しっぱでも良いかと考えています。
そういいながら、FacebookLiveでは収録が楽だと感じました。
何より話が下手くそだし、変なこと言ってしまうので、後々後悔しています。

それでも、この時期挑戦がスローガンなので、挑戦します。
ちなみにゲームは殆どやったことが無かったのですが、今年に入り時間が余るようになってからハマってしまいました。
それも車のゲーム(アスファルト8)のみなんですが、とにかく楽しい。
少しでも楽しさが、出せたら良いなと思っています。

もし、お時間あったら見てくださいね。
まだ、始めてませんけど^^;

それから、配信はTuka3desuTVではなく映写人です。
映写人のコンテンツが何も無いので、ゲーム実況チャンネル目指そうかな。(駄目ですよね)
とりあえず頑張ります。

出来れば、4月25日土曜日の夜からでも初められたらと思っています。


Leave a Reply
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。