レーシングシュミレーター用PCって凄いんですね。

いつもPCを購入するときは、動画編集用にするかゲーミングPCにするか迷うのだけれど
個人的には、動画編集用のPCが最強だと思っているのです。
しかしながら、ゲーミングPC って安価で以外に高性能だとも思っていて
PCにお金をかけられない自分としては、ゲーミングPCで代用するのが一番だと感じています。

そんな中、最近レーシングゲームのライブ配信もやっているということで
本格的なシュミレーターと言うものにも興味が湧いてきて、ピカーさんのチャンネルを拝見しています。
ここでは何百万もするシュミレーターが出てくるのですが、どんなPCが良いか解説されていました。

久々の、こんな動画見つけたですが、PCを作るシュミレーションまで見ることが出来ました。
以前、動画の中で見たPCは水平対向エンジンのような水冷で左右にグラボを配したむき出しのPCで
また見たいと探しましたが見つけることが出来ずに、この動画を発見しました。

かなり詳しく解説してあって、動画編集用のPCを作るのにも参考になると思って紹介した次第です。

PCもお金かけたら、何百万円の世界ですが、すぐに新しい技術が開発されて、価格がぐぐっと下がりますよね。
それを考えると20万から30万程度のPCが一番手頃のような気がしています。
それでも高いと言えば高いのですけどね。

つぎ、購入するときの事を考えて勉強したいと思いました。
できれば、量子コンピュータなんぞがコンパクトPC位になれば
バーチャルか現実か区別の世界を体験できるようになるのでしょうね。

この世界も、バーチャルだと言う人もいますから
実は、別世界でコントローラー使って今の世界で生きているのかもしれません。
余談でした。

 


Leave a Reply
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。