DaVinci Resolve 16.2.3 アップデート公開されました。

メーカーHP転載

今回のソフトウェアアップデートは、Apple Metalを使用時のCanon EOS-1D X Mark IIIおよびEOS R5のクリップのパフォーマンスを改善。

ARRIRAWの再生パフォーマンスが向上し、ARRI MXFクリップ使用時のACES IDTが改善。

また、オーディオのトリミングが改善。

Fairlightインデックスの表示で生じていた問題およびクローンされたオーディオクリップのレイヤリングにおける問題も修正され、リンクされたオーディオトラック上をトラックが正確に動くようになる。

DaVinci Resolve 16.2.3アップデートでは、Fusion Text+のシェーディング、グラデーション、Fusionプレビューなども改善したそうです。

DaVinci Resolve 16.2.3の新機能

  • v4からv2.9トリムを生成するドルビービジョン4.1 CMアルゴリズムのサポート。
  • v4プロジェクトからドルビービジョンv2.9 XMLをエクスポートするオプション。
  • RED SDK 7.3.2のサポート。
  • Canon EOS-1D X Mark IIIおよびEOS R5クリップのより高速なメタルデコード。
  • 一部のARRIRAWクリップの誤った再生に対処しました。
  • 一部のARRI MXFクリップのACES IDTの問題に対処しました。
  • 編集可能なメディアプールフィールドのフォーカスとテキスト入力の問題に対処しました。
  • トリムモードでオーディオ拡張編集を波打つ問題に対処しました。
  • Fairlightページのトラックおよび編集インデックスに関する表示の問題に対処しました。
  • オーディオクリップを複製する際のレイヤー化された編集の問題に対処しました。
  • リンクされたオーディオトラック上でトラックを移動する際の不正な動作に対処しました。
  • 画像のシェーディングを使用する場合のText +の不正なマスキングに対処しました。
  • インスペクターでグラデーションポイントを削除する際の不正な動作に対処しました。
  • 空のFusionプレビューに関する複数の問題に対処しました。
  • FusionページのコンプでビューアLUTが永続化する問題に対処しました。
  • ビューアでのオフライン参照ワイプのサイズ変更に関する問題に対処しました。
  • 複数のパフォーマンスと安定性の改善。

最近は、道下編集を全然やってないので、パット見全然変わってないように思えましたが、きっと随分変わっているのでしょう。
ただただ、使いやすく動きも早くなったと感じるばかりです。


Leave a Reply
Translate »