Blackmagic Camera 6.9.6 アップデート公開

メーカーHP転載

今回のソフトウェアアップデートは、Blackmagic CameraおよびStudio Fiberが対象。
オーディオ出力チャンネルの選択を改善、サイドトーン調整機能およびインターコム1と2でファンタム電源を有効にできる機能を追加。
また、Blackmagic Camera 6.9.6アップデートはダウンコンバート12GプログラムリターンでのLevel AとLevel Bの切り替え機能および2値リファレンスにロックする機能を追加。
HDRパフォーマンスが改善し、SMPTEファイバーのリファレンスタイミングの正確性および安定性を向上。
さらに、Blackmagic Pocket Cinema Cameraシリーズで一部のBluetoothコマンドに反応しない問題を修正だそうです。

 

このソフトウェアパッケージを使用すると、Blackmagic Cameraを最新のソフトウェアリリースに更新して、新機能、バグ修正、その他の機能強化を行うことができます。

ソフトウェアインストーラーはデスクトップビデオやUltraScopeアプリケーションをインストールしなくなり、Blackmagic Designウェブサイト(https://www.blackmagicdesign.com/support)から個別にダウンロードする必要があります 

Blackmagic Cinema CameraまたはProduction Camera 4KでThunderbolt経由でUltraScopeを使用するには、Blackmagic UltraScopeソフトウェアをダウンロードしてインストールします。サポートされているカメラでMedia Expressを使用する場合は、Blackmagic Desktop Videoソフトウェアをダウンロードしてインストールします。

ソフトウェアの更新を実行する前に、デバイスが主電源に接続されていることを確認してください。Blackmagic Camera Fibre Converterを更新するには、更新中にSMPTEファイバーではなくURSA 12V電源を使用して、ユニットがカメラから給電されていることを確認する必要があります。

Blackmagic Camera Battery Gripを取り付ける前に、カメラを更新してください。

カメラ4.0以降からBlackmagic Camerasをアップデートする場合、プリセットとLUTはこのアップデート中に削除されるため、カードにエクスポートすることをお勧めします。

Blackmagic Camera Setup 6.9.6の新機能

SMPTEファイバーコンバーターの新機能。

  • インターコム1および2にサイドトーン調整を追加します。
  • インターコム1および2でファントム電源を有効にする機能を追加します。
  • ダウンコンバートされた12Gプログラムのリターン用にレベルAおよびBオプションを追加します。
  • 2値参照にロックする機能を追加します。
  • HDRペイロードIDのパススルーを追加しました。
  • 12G SDI信号からのアイリス制御の改善。
  • 基準タイミングの精度と安定性が向上しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

Pocket Cinema Camera 4Kおよび6Kの新機能

  • 一部のBluetoothコマンドが応答しない問題を修正しました。

6.9.6の他のカメラモデルの新機能はありません。

Blackmagic RAW 2.0 Public Beta 2の新機能

  • Blackmagic URSA Mini Pro 12Kのサポートが追加されました。
  • デュアルカード録音のサポートが追加されました。
  • Blackmagic Color Science Gen 5に更新されました。
  • URSA Mini Pro G1のISOサポートが追加されました。
  • WindowsでBlackmagic RAW 2.0のサポートが追加されました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。


Leave a Reply
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。