DaVinci Resolve 16.3ベータ2とBlackmagic RAW 2.0ベータ3がアップデートされました。


DaVinci Resolve 16.3ベータ2とBlackmagic RAW 2.0ベータ3がアップデートされました。

メーカーHPより転載

DaVinci Resolve16.3について

無料のDaVinciResolve 16.3には、DaVinci Resolve 16.3 Studioと同じ高品質の処理がすべて含まれており、無制限の解像度のメディアファイルを処理できます。ただし、プロジェクトのマスタリングと出力はUltraHD解像度以下に制限されます。DaVinci Resolve 16.3は、WindowsとLinuxでは単一の処理GPUのみをサポートし、最新のMacProでは2つのGPUのみをサポートします。

複数のGPU、4K出力、モーションブラー効果、時間的および空間的ノイズリダクション、インターレース解除、HDRツール、カメラトラッカー、複数のResolve FX、3D立体視ツール、リモートレンダリング、外部データベースサーバーなどの機能が必要な場合複数のユーザーが同じプロジェクトで同時に作業できるコラボレーションツールについては、DaVinci Resolve 16.3Studioにアップグレードしてください。

施設が成長し、より高度な作業を行うときに、アップグレードすることを決定してください。

DaVinci Resolve 16.3 Beta3の新機能

  • Blackmagic RAW SDK2.0ベータ版のサポート。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

 

Blackmagic RAW 2.0

このソフトウェアパッケージは、最新のBlackmagicRAWソフトウェアをコンピューターにインストールします。利用可能な機能の詳細な説明については、Blackmagic RAWSDKのドキュメントを参照してください。

Blackmagic RAW 2.0 Public Beta3の新機能

  • LinuxでのBlackmagicRAW2.0のサポートが追加されました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。


Leave a Reply
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。