DaVinci Resolve 17.0 パブリックベータ2が公開されました。

DaVinci Resolve 17.0 パブリックベータ2が公開されました。
17.1パブリックベータ1からのアップデートなので、随分バグが減ったのではないでしょうか?

メーカーHPからの転載

このアップデートでは、Windowsシステムのネットワーク・ドライブからインストールする際の信頼性を向上、英語以外の言語設定のシステムにおけるブラックで表示されるグレードのローディングを改善、カラーワーパーを使用する際にカラーピッカーの挙動の精度が向上。
Fusionでは、オプティカルフロートラッキング、デュアルスクリーンでのノードのペースト、コーナー配置、シェイプのレンダリング、時間的ノイズ除去が改善。DaVinci Resolve 17.0パブリックベータ2では、50以上の全体的な性能と安定性も向上されたそうです。

いつの間にかシネマサイズになってました。
気がつくのが遅いですね。
ベータ版になって、落ちることが多くなりました。
コレは毎回のことで、安定して使われたい方は、17.0は使われないほうが良いと思います。
今回のアップデートで、落ちることがすくなるなることを願っています。
いつまで、このPCで対応できるのかが心配ですが、バージョンが上がるたびに、その心配が減っていく気がします。



Leave a Reply
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。