DaVinci Resolve Studio 17.4.5 アップデート公開

久しぶりに、DaVinci Resolve の更新を見てみると、公開されていたのを気づかない時があったようです。

最近は、インスタグラムにハマってしまって、YouTubeも映写人も忘れていました。^^;

動画編集自体、あまりやらなくなっていました。

今回、ダウンロードして思ったのですが、ダウンロードに随分時間がかかるようになりましたね。

それだけ、人気が出たのでしょうね。

最初始めた頃は、全然使えないソフトだと思っていました。
バージョン10、位からカメラと連携出来るようになってきたのかな?

今や17ですからね。

月日が経つのも早いものです。

日本語マニュアルも出来たそうで、自分でマニュアルを日本語化していた頃が懐かしいです。


さて、今回のアップデートでは、オーディオトラックがネスト化されたタイムラインの分解を改善、Apple M1 MaxでBlackmagic RAW 12Kファイルのデコードが20%高速化。

また、Sony Veniceで撮影された6K/8Kクリップのデコードをサポート、3Dテキストおよびテキスト+フォントのテキスト処理が向上。さらに、リアルタイム処理されたAAFファイルや異なるフレームレートが混在するAAFファイルの読み込みを改善。

もう、私に関係する内容が無いようって感じですが
パフォーマンスを上げるためにダウンロードしてインストしてみました。

きっと、使える人には凄く使いやすくなったことでしょう。
まあ、私にとっても使いやすくはなっているのですが
オーバースペックにも感じています。

メーカーHPからの転載

DaVinci Resolve 17Studioについて

DaVinci Resolve17.4.5の新機能

  • オーディオ、プラグイン、自動化のためのネストされたタイムライン分解の改善。
  • Sony Venice2からの6Kおよび8Kクリップのデコードのサポート。
  • Appleシリコンでのより高速な12KBlackmagicRAWデコードおよび再生。
  • DaVinciYRGBプロジェクトで出力色空間を設定する機能。
  • DaVinciYRGBプロジェクトのドルビービジョントーンマッピングに対応しました。
  • シネマビューアを使用した後のレイアウトと更新の問題に対処しました。
  • Mac OSMontereyでText +フォントが欠落している問題に対処しました。
  • 特定のTrueTypeフォントから3Dテキストを押し出す際の問題に対処しました。
  • AAFをインポートする際のリタイムと混合フレームレートの問題に対処しました。
  • データバーンインで追加の出力をレンダリングする問題に対処しました。
  • インポートされたDolbyVision 2.9XMLメタデータから適用されないアドレス指定されたトリム。
  • Appleシリコン上の一部のレンダリングされたクリップのProRes422アーティファクトに対処しました。
  • Appleシリコンの一部の長いGOP形式の再生グリッチに対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

    もう、よくわからない内容が沢山並んでいます。^^;

    ちなみに、これで作った動画はインスタにあります。

フォローしていただけると有り難いです。

それでは、ダビンチライフを楽しんでくださいね。❤

 

 
https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion

tuka3desu

YouTubeを活用して夢を実現しようと頑張ってます。

Share
Published by
tuka3desu

This website uses cookies.

%%footer%%