DaVinci Resolve Studio 18ベータ6アップデート

DaVinci Resolve Studio 18ベータ6アップデート

今回のソフトウェアアップデートは、Blackmagic RAW 2.6およびARRI Alexa 35カメラのフッテージのサポートを追加。

また、ジャイロの強度調整、スタビライズしたクリップのエイリアス挙動を改善。

キャッシュしたクリップの再生安定性およびエラスティックウェーブ・リタイム処理の性能も向上。

期待したほどジャイロがイマイチな気がしたので、強度調整が出来るようになったのでしょうかね。

メーカーHPからの転載

DaVinciResolve18について

無料のDaVinciResolve18には、DaVinci Resolve Studio 18と同じ高品質の処理がすべて含まれており、無制限の解像度のメディアファイルを処理できます。ただし、プロジェクトのマスタリングと出力はUltraHD解像度以下に制限されます。DaVinci Resolve 18は、WindowsとLinuxでは単一の処理GPUのみをサポートし、最新のMacProでは2つのGPUのみをサポートします。

複数のGPU、4K出力、モーションブラー効果、時間的および空間的ノイズリダクション、インターレース解除、HDRツール、カメラトラッカー、複数のResolve FX、3D立体視ツール、リモートレンダリングのサポートなどの機能が必要な場合は、DaVinciResolveにアップグレードしてください。スタジオ18。

施設の成長に合わせてアップグレードし、より高度な作業を行うことをお勧めします。

プロジェクトライブラリ管理に関する重要な情報

DaVinci Resolve 18には、DaVinciResolve17.4.6以前のバージョンからのプロジェクトライブラリのアップグレードが必要です。アップグレードを実行する前に、既存の(ディスクベースおよびPostgreSQLベースの)プロジェクトライブラリをバックアップすることを強くお勧めします。

DaVinciResolve18の新機能

*でマークされた機能は進行中であり、最終リリースの前に変更される可能性があります。

主な機能

  • クラウドベースのプロジェクトライブラリをホストおよび管理するBlackmagicCloud。
  • BlackmagicIDを使用してインターネット上で安全にコラボレーションします。
  • 同期されたマーカーとコメントを使用してプレゼンテーションをアップロードして確認します。*
  • ファイルを自動的に再リンクするインテリジェントパスマッピングのサポート。
  • ネットワークワークフローのプロジェクトライブラリのパフォーマンスが大幅に向上しました。
  • 特に大規模なプロジェクトで作業する場合のプロジェクトパフォーマンスの向上。
  • ウォッチフォルダ内にプロキシを自動作成するための新しいプロキシジェネレータアプリ。
  • プロキシまたはカメラのオリジナルのどちらを優先するかを選択する機能。
  • サブフォルダ内のプロキシファイルは、メディアプールに自動的に割り当てられます。

メディアと編集

  • 編集ページでのシェイプ、アイリス、ワイプトランジションの反転のサポート。
  • 以下を含む新しい字幕の改善:
    • 時限テキストTTML、XML、および埋め込みMXF/IMF字幕のサポート。
    • メディアストレージから字幕を表示およびインポートする機能。
    • メディアプールからの字幕クリップの再リンクのサポート。
    • トラックごとに複数の同時キャプションを使用した字幕リージョンのサポート。
    • 個々のプリセット、テキストの位置を設定し、リージョン間で直感的に編集します。
    • タイムラインのコンテキストメニューからリージョンを追加、名前変更、管理します。
    • 複数の字幕トラックをTTMLとしてインポート、エクスポート、および埋め込む機能。
  • ビューアに最大25の同時マルチカム角度を表示するためのサポート。
  • [インデックスの編集]にクリップの長さが表示されるようになりました。
  • トリミングされたクリップ範囲の外側のキーフレームをナビゲートする機能。
  • ホットキーを使用してリタイムキーフレームをナビゲートする機能。
  • 無効なタイムライン用のスマートビンフィルター。
  • 所定の位置にレンダリングしてFusionアクションで開くには、ショートカットを割り当てることができます。
  • フュージョンコンポジションのリセットが複数のクリップ選択で機能するようになりました。

  • マジックマスクの新しいオブジェクトマスク機能。
  • 調整クリップとFusionジェネレーターは、カラーマネジメントをバイパスできます。
  • リモートグレーディングセッションでのクリップグループの同期のサポート。
  • 高度なミニパネルから双方向トラッキングをトリガーする機能。
  • 高度なミニパネルでのマットフィネスと3D修飾子のサポート。
  • ドルビービジョンは、高度なパネルでのクリッピングのサポートを強調しています。
  • 高度なパネルからのカラー出力のバイパスのサポート。
  • 高度なパネルからの自動接続されたキーアウトを備えたキーミキサーを追加します。
  • BlackmagicGen5カメラフォーマットのACESサポート。
  • HDRVivid標準のサポート。
  • ACES1.3ではデフォルトで有効になっている参照色域圧縮。

FXを解決する

  • 新しいResolveFXDepth Mapは、Studioで3D深度ベースのキーを生成します。
  • 新しいResolveFXFastNoise。
  • 新しいResolveFXDespill。
  • Studioでワープしたサーフェスを追跡するための新しいResolveFXサーフェストラッカー。
  • 新しいウルトラモードでResolveFXBeautyを改善しました。
  • Resolve FXEdgeDetectionのエッジ強度とフィルター制御が改善されました。
  • ResolveFXTransformの2番目の入力から合成するオプション。
  • FXレンズ反射を解決するための新しいボケプリセット。
  • ResolveFX色収差の緑紫制御。
  • [FXレンズフレアとラジアルおよびズームブラーを解決する]のサイズ認識オプション。

フェアライト

  • プロジェクト設定で固定バスプロジェクトをFlexBusに変換する機能。
  • トラックインデックスを介してミキサー内のトラックとバスを自由に注文する機能。
  • タイムラインでカスタムミリ秒またはサブフレーム間隔を微調整する機能。
  • タイムストレッチオーディオの品質が向上しました。
  • バイノーラルモニタリングを含む、ドルビーアトモスの没入型ミキシングの改善。
  • LinuxおよびAppleシリコン用のドルビーアトモスプロダクションのネイティブサポート。
  • 自動化を可能にし、パラメーターを公開するための独立したコントロール。
  • VCA制御下の自動トラックの動作が改善されました。
  • 設定可能な減衰、ピークホールド、表示モードを備えた改良されたメーター。
  • Ctrlキーを押しながらAltキーを押しながらクリックして、ゲインと弾性波のキーフレームを削除する機能。
  • タイムラインのクリップをダブルクリックして名前を変更する機能。
  • トラックごとのレベルでレコードクリップ名のプレフィックスを設定する機能。
  • リンクされたグループの名前を変更するときに、基になるトラックの名前を変更するためのサポート。
  • 改善されたQコントロールとマウスホイール入力を備えたイコライザー。
  • 強化されたメータリング、ゲイン表示、およびイネーブルコントロールを備えたダイナミクス。
  • FlexBusのドライミックス、ソフトニー、メータリングが改善されたダイナミクス。
  • ミキサーの設定を置き換えてコピーすることでプラグイン管理を改善しました。
  • イコライザーとダイナミクス用の新しい組み込みプリセット。
  • Shiftキーを押しながらクリップをダブルクリックして、編集の選択範囲を広げます。
  • 範囲選択にオーディオゲインを適用するためのサポート。
  • クロスフェード下での波形表示精度の向上。
  • ミックスをバウンスして追跡するときに、発信時間のメタデータが保持されるようになりました。
  • Fairlightデスクトップコンソールでユニティからトリミングするオプション。
  • FairlightデスクトップコンソールでのVCAとバススピルのサポート。
  • LinuxシステムでのFairlightデスクトップコンソールの使用のサポート。
  • コンソールでのFlexBusのスタジオモニタリングサポート。
  • タイムラインの読み込み時にスピーカーをミュートするFairlightコンソールオプション。
  • Fairlightオーディオインターフェースを介したタイムコード追跡のサポート。
  • Fairlightデスクトップコンソールでのユーザービューのサポート。
  • オーディオエディタパネルでのオーディオエフェクトのマッピングが改善されました。
  • オーディオエディタパネルでalt+soloを使用してsolosafeを呼び出す機能。
  • タイムラインメニューでの新しいクリアミュートアクションのサポート。
  • トラックミキサーコントロールを有効にすると、ウィンドウがすでに開いている場合にフォーカスが移動します。
  • グリッドモードとリストモードは、パッチ、バス、およびVCAの割り当てに対して保持されます。

融合

  • 複数のツールのインスペクターでのマルチボタンモードの選択。
  • スクリプト用のすべての最新および将来のPython3バージョンのサポート。
  • Text+カラーピッカーを使用する場合のライブプレビューのサポート。
  • 複数の新しいコンポジションブレンドモード。
  • マスクとストローク用の新しい式アニメーションのカスタムポリモディファイヤ。
  • よりスムーズなストロークでより高速なGPUアクセラレーションペイントツール。
  • 追加のぼかし、グロー、サイズコントロールを備えたより高速な複製ツール。
  • フェードオンとテキストリップルのタイトルパフォーマンスが向上しました。
  • 暗視、グリッチ、テレビ、その他の効果のパフォーマンスが向上しました。

コーデック

  • カスタムプリセットを使用したインターネットアカウントへのビデオアップロードのサポート。
  • モノラルおよびステレオMP3オーディオのエンコードのサポート。
  • クイックエクスポートおよび配信ページの新しいHyperDeckエクスポートプリセット。
  • タイムライン効果を使用して個々のクリップをレンダリングする機能。
  • QuickTimeレンダリングにBlackmagicRAWメタデータを埋め込む機能。
  • 利用可能な場合、カスタム品質およびプロファイルメディア管理オプション。
  • ドルビービジョン互換のH.265クリップのレンダリングのサポート。
  • CMYK形式のTIFFファイルのデコードのサポート。
  • JPEG静止画の記録日時メタデータのサポート。
  • IO EncodePluginSDKでのアルファチャネルのサポート。
  • REDSDK8.2.2のサポート。
  • 新しい1440pYouTubeプリセット。
  • ラウンドトリップのACES色域圧縮をオーバーライドするレンダリングオプション。
  • Main10は、MacのデフォルトのH.265エンコーディングプロファイルになりました。

全般的

  • StudioのWindowsおよびLinuxでの10ビットビューアのサポート。
  • StudioのWindowsおよびLinuxのリモートモニタリングにビデオ出力をストリーミングします。
  • M1およびM1ProでのDaVinciNeuralEngineに対するAppleNeuralEngineのサポート。
  • DaVinciResolveでの韓国語ローカリゼーションのサポート。
  • PostgreSQL13がProjectServerにバンドルされました。
  • コラボレーションチャットのデスクトップ通知のサポート。
  • MacでFinderタグをクリップキーワードとしてインポートするユーザー設定。
  • Final Cut Prov1.10XMLのインポートとエクスポートのサポート。
  • タイムラインのDropboxコメントとマーカー同期のリンクを解除する機能。
  • 再生とレンダリングにより、Macシステムがスリープ状態にならないようになりました。
  • コラボレーションとクラウドでのシステムごとのプロジェクト作業パスのサポート。
  • コラボレーションとクラウドでのシステムごとのレンダリングキャッシュモードのサポート。
  • 現在のプロジェクト設定をデフォルトとして設定するためのサポート。
  • Fusionコンポジションを作成するためのスクリプトAPIサポート。
  • プロジェクトアーカイブをエクスポートするためのスクリプトAPIサポート。
  • タイムライン開始タイムコードを取得および設定するためのスクリプトAPIサポート。
  • 古いメディアビンを検出して更新するためのスクリプトAPIサポート。
  • Camerarawサイドカーファイルを更新するためのスクリプトAPIサポート。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

ファイルを自動的に再リンクするインテリジェントパスマッピング

DaVinci Resolve 18には、クラウドベースのプロジェクトライブラリを使用して、ユーザーとマシン間のパスを自動的にマッピングおよび管理する機能があります。この機能は、プロジェクト設定でデフォルトで有効になっています。

最初のユーザーがプロジェクトにメディアを追加すると、追加のユーザーまたはマシンはすべて、メディアの共有コピーへの再リンクを実行するだけで済みます。DaVinci Resolveは、メディアが他のユーザーのためにオフラインにならないように、これらのパスを自動的にマップします。

ユーザーは、ユーザーとマシン間の共有ロケーションを手動で管理することもできます。これを行うために、最初のユーザーは共有メディアの場所をプロジェクト設定に追加します。これは、DropboxやGoogleドライブなどのサービスを使用する共有クラウドフォルダーである可能性があります。追加のユーザーはすべて、フッテージを再リンクするか、プロジェクト設定を開いてローカルパスをそのメディアの場所に設定することができます。

ウォッチフォルダにプロキシを自動作成する新しいProxyGeneratorアプリ

DaVinci Resolve 18には、新しいProxyGeneratorアプリが含まれています。

1つまたは複数の監視フォルダーをProxyGeneratorに割り当てることができます。Proxy Generatorアプリは、Proxyサブフォルダーで選択したコーデックを使用してQuickTimeプロキシをスキャンして自動的に生成します。

メディアをDaVinciResolveにインポートすると、これらのサブフォルダーで見つかったプロキシは自動的にリンクされ、メディアプールのプロキシとして割り当てられます。これは、メディアをメディアプールにインポートした後にプロキシが生成された場合でも発生します。

プロキシ処理の改善

DaVinci Resolve 18を使用すると、ユーザーはプロキシを優先したり、カメラのオリジナルを優先したりできます。再生メニューで選択した設定に応じて、プロキシとオリジナルの両方が使用可能な場合は、選択したクリップタイプが優先されます。

デプスキーイングとグレーディングのためにFXデプスマップを解決します

Resolve FX Depth Mapは、DaVinci Neural Engineを使用して深度アルファチャネルを生成します。これにより、背景を分離し、特定の深度でオブジェクトを分離し、霧、ポートレートモード、その他の距離効果を作成できます。

カラーページのエフェクトライブラリから、デプスマップをノードに適用し、デプスマッププレビューを有効にして結果を表示し、制限を調整し、特定の深度を分離し、結果をフィネスすることができます。

プレビューを無効にし、OFXアルファを有効にして、後続のノードでアルファ出力を使用することもできます。

反った表面を追跡するためのFX表面トラッカーを解決する

DaVinciResolveStudioの新しいResolveFXSurface Trackerは、柔軟で変形可能な移動面にテクスチャまたはエフェクトを適用します。適用するテクスチャに透明度がある場合は、プラグインをコレクタノードに適用するのではなく、FXノードとしてドラッグする必要があります。

  • [境界]タブでは、テクスチャを適用する領域を選択/作成できます。複雑なサーフェスを定義するために、境界と穴を追加できます。
  • メッシュタブを使用すると、追跡するサーフェス上にメッシュを確立できます。これは、追跡の開始点として機能します。
  • トラックタブは、分析が実行される場所です。動きの速いオブジェクトの動作範囲とメッシュの剛性を調整できます。
  • [結果]タブでは、コンテンツをワープまたは合成するためにワープされたサーフェスをどのように使用するかを制御できます。

新しいウルトラビューティーモードでResolveFXBeautyを改善しました。

ウルトラビューティーモードは、Resolve FX Beautyのデフォルト設定になり、より強力なフィルタリングとより自然な結果が可能になりました。このより強力な効果は、オブジェクトの表面を滑らかにしたり、圧縮アーティファクトを滑らかにしたりするのにも役立ちます。

固定バスプロジェクトをFlexBusに変換する

Fairlightのプロジェクト設定で[固定バスマッピングコントロールの使用]のチェックを外すことで、古い固定バスプロジェクトをFlexBusプロジェクトに変換できます。

このアクションは、プロジェクトのタイムラインをFlexBusに永続的に変換し、元に戻すことはできません。

トラックインデックスからトラックとバスを注文する

トラックとバスをドラッグアンドドロップして、トラックインデックスの順序を自由に変更できるようになりました。この順序は、メーター、ミキサー、フェーダーパネルに反映されます。

単一のスクロール可能なビュー、または調整可能な分割点で示される固定セクションの分割ビューから選択できます。

メーターの減衰、ピークホールド、および表示モードの構成。

Fairlightメーターは、FlexBusプロジェクトでVUレベルとピークレベルを組み合わせたデジタルVUモードになりました。

プロジェクト設定から、フェアライトの下で、IEC 60268-18、デジタルVUを選択するか、独自のカスタムレベル、スケール、および減衰を定義できます。

ミキサーでのプラグイン管理の改善

パン、EQ、ダイナミクス、サードパーティのプラグインの設定をミキサーのトラックとバスの間でコピーできるようになりました。

これは、複数の方法で呼び出すことができます。

  • プラグインダイアログまたはパン、EQ、ダイナミクスのミキサーグラフのコンテキストメニュー。
  • ホットキーShift+Control+CおよびShift+Control + V(MacOSではShift+コマンド)。
  • フルチャンネル設定用のミキサーストリップヘッダーコンテキストメニュー。

改善されたPython3サポート

スクリプト用にインストールされたPythonバージョンの自動検出が更新され、Python 3.3から3.10(および将来のバージョン)のデフォルトのインストールがチェックされるようになりました。

設定されている場合、PYTHONHOME環境変数(または、両方がインストールされている場合は明示的なPYTHON3HOMEとPYTHON2HOME)が考慮されます。DaVinciResolveとFusionStudioで使用されるバージョンを明示的にオーバーライドするには、ベースフォルダーを指すようにFUSION_Python3_Home(以前のFUSION_Python36_Home)を設定できます。

式アニメーションのカスタムポリモディファイヤ

カスタムポリモディファイヤを使用して、Fusionマスクとストロークをすばやく作成およびアニメートできるようになりました。

一般的な式に加えて、カスタムポリゴンは次の関数と変数をサポートしています。

  • (px、py)ソースポリゴンの現在のポイント。
  • ポリゴン上のポイントの変位を表示します。
  • 現在のポイントのインデックス(ゼロベース)のindexとnum、およびポイントの総数。
  • getx(disp)、gety(disp)は、特定の変位からポリライン値にアクセスします。
    • 変位と時間のgetx_at(disp、time)、gety_at(disp、time)。
    • 追加の入力には、get2、get3のバリエーションを使用します。
  • get [rgba] [bdwm](x、y)を使用して、オプションの黒/複製/ラップ/ミラーリングされた結果で画像チャネルにアクセスします。

StudioのWindowsおよびLinuxでの10ビットビューアのサポート。

[設定]の[一般]で、DaVinciResolveStudioでWindowsおよびLinuxのビューアで10ビット精度を有効にできるようになりました。有能なNvidiaまたはAMDグラフィックカード、最新のドライバー、および10ビット対応のディスプレイが必要になります。

StudioのWindowsおよびLinuxのリモートモニタリングにビデオ出力をストリーミングします。

DaVinci Resolve Studioは、ビデオモニタリング出力をリモートのBlackmagicDesignビデオモニタリングデバイスにストリーミングする機能をサポートするようになりました。これには以下が必要です。

  • Nvidiaグラフィックカードを搭載したWindowsおよびLinuxStudioシステム。
  • BlackmagicDesignモニタリングデバイスを搭載したRemoteStudioクライアント。
  • WindowsおよびLinuxクライアントには、Nvidiaグラフィックカードが必要です。

ストリーミングサーバーでは、[一般]の[DavinciResolvePreferences]でリモートストリーミング接続を許可できます。デフォルトでは、TCPポート16410がストリーミング接続に使用されます。

クライアントで、MacのアプリケーションフォルダーまたはWindowsのスタートメニューからDaVinci Resolveフォルダーに移動し、DaVinciRemoteMonitoringアプリケーションを実行します。サーバーマシンのIPアドレスを設定します。クライアントマシンでDeckLinkまたはUltraStudioカードを構成し、開始を押します。

これで、ストリーミングサーバーは着信接続プロンプトを受け入れ、その監視出力のリモートクライアントへのストリーミングを開始できます。

現在、リモートストリーミングは、視聴者のカット、編集、カラーリング、配信を反映しています。ステレオオーディオをストリーミングし、クライアント側にオーバーレイやスコープを表示しません。Mac OSクライアントは、8ビット4:2:0ビデオ形式に制限されています。

 

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion

tuka3desu

YouTubeを活用して夢を実現しようと頑張ってます。

Share
Published by
tuka3desu

This website uses cookies.

%%footer%%