「ニュース」カテゴリーアーカイブ

ブラックマジックデザイン各種アプリケーションアップロードされました。

私が使っているアプリケーション3つもアップデートされました。

メーカーHPからの転載

Blackmagic Camera 7.9 アップデート

今回のソフトウェアアップデートは、新製品Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K G2のサポートを追加。また、Pocket Cinema Camera 4K、6K、6K Proモデルの新しいユーザーインターフェース、フォーカスアシストの強度調整スライダーを追加。レンズおよびオートフォーカスの性能も向上。さらに、Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kの全モデルに、Blackmagic Design Zoom DemandおよびFocus Demandのサポートを追加。

このアップデートで、随分使いやすさが増したように思えます。

BlackmagicCamera7.9の新機能

  • Blackmagic Design Pocket Cinema Camera6KG2のサポートが追加されました。

以下のモデルには新機能があります。

Pocket Cinema Camera 4K、6K、6K Pro

  • 新しい更新されたユーザーインターフェイスが追加されました。
  • スライダーによるフォーカスアシスト強度調整のサポートが追加されました。
  • このリリース以降のソフトウェアアップデート後に保持されるカスタムプリセットとLUTのサポートが追加されました。
  • レンズとオートフォーカスのパフォーマンスが向上しました。

Pocket Cinema Camera 6K、6K G2、6K Pro

  • BlackmagicDesignのズームとフォーカスの要求のサポートが追加されました。

BlackmagicRAW2.5の新機能

  • Blackmagic Design Pocket Cinema Camera6KG2のサポートが追加されました。

DaVinci Resolve Studio 18ベータ5アップデート

このソフトウェアアップデートは、Blackmagic Pocket Cinema Camera6KG2のサポートを追加します。

このアップデートでは、AIとカメラジャイロスコープのメタデータを使用してBlackmagic Pocket Cinema Cameraクリップを安定させる機能も追加され、カットページ上のツールとのトリムエディターの相互作用が改善され、ネストされたタイムラインのオーディオ再生が向上し、オーディオレベル調整を行う際のレイテンシーが減少します。DaVinci Resolve 18 Beta 5は、Resolve FXサーフェストラッカーを使用する際のFusionページの安定性を向上させ、オンラインアップロード用のプログレスバーを追加します。

ATEMスイッチャー8.7.1 アップデート

今回のソフトウェアアップデートは、ATEM Mini Pro、ATEM Mini Pro ISO、ATEM Advanced Panelの製造上の改善をサポート。

DaVinci Resolve Studio 17.4.2 アップデート公開されました。

DaVinci Resolve Studio 17.4.2 アップデート

今回のアップデートでは、Fusionタイトルおよびエフェクトの再生パフォーマンスを改善。

また、Power Window調整時、地域設定の変更時、古いドライバーのWindowsコンピューターで作業する際のシステムの安定性が向上。

また、WindowsシステムにおけるH.264のレンダリング、VST3プラグインで作業する際やProTools用に書き出す際のパフォーマンスも向上したそうです。

ようやくWindowsでのパフォーマンスがアップされましたね。
良かったよかった。

メーカーHPより転載

DaVinci Resolve17.4.2の新機能

  • Fusionのタイトルとエフェクトの再生パフォーマンスが向上しました。
  • Windowsでオフラインで表示されるH.264クリップの一部に関する問題に対処しました。
  • 作成された日付への変更が保存されない問題に対処しました。
  • 編集ページにインストールされたトランジションの表示の問題に対処しました。
  • クラッシュしたVST3プラグインの起動時の再スキャンに対処しました。
  • 特定のシステム言語でVST3プラグインをスキャンする問題に対処しました。
  • 起動時にライセンスのないオーディオプラグインを再スキャンする問題に対処しました。
  • VST3プラグインによる動的遅延補正の問題に対処しました。
  • インスペクターで誤ってキャッシュされたVST3プラグイン名に対処しました。
  • 一部のプラグインアライアンスVST3プラグインが機能しない問題に対処しました。
  • ロックされたFairlightプラグインウィンドウの位置を保持する問題に対処しました。
  • FairlightページのトラックにEQアイコンが表示される問題に対処しました。
  • Fairlightページに表示されるBチェーングループの問題に対処しました。
  • Fairlightページの旗の色の選択を更新する際の問題に対処しました。
  • Linuxでのマルチチャネルオーディオ出力の問題に対処しました。
  • ドルビーアトモスマスターをインポートした後のプロジェクト保存の問題に対処しました。
  • ハンドル付きのProToolsへのエクスポートの問題に対処しました。
  • 属性を貼り付けた後にパワーウィンドウを移動する際の問題に対処しました。
  • 複数のレイヤーを合成する際の3Dキーヤーの問題に対処しました。
  • ResolveFXハレーションプラグインのグローに関する問題に対処しました。
  • ResolveFXフェイスリファインメントでパワーウィンドウを使用して問題に対処しました。
  • RCMのCanonシネマ色域の問題に対処しました。
  • 一部のFusionタイトルのテキストの配置に関する問題に対処しました。
  • 一部のOpenCLWindowsシステムでのパフォーマンスの低下の問題に対処しました。
  • 最新のREDSDKのサポート。
  • SonyRawクリップの解像度が正しく表示されない問題に対処しました。
  • 一部のMXFファイルをWindowsネットワークストレージにレンダリングする際の問題に対処しました。
  • easyDCPコンポジション名ジェネレーターの問題に対処しました。
  • メディア管理のオーディオクリップとビデオクリップの同期に関する問題に対処しました。
  • アドバンストパネルでパワーウィンドウを回転させたときのクラッシュに対処しました。
  • 異なるロケールを使用する一部のシステムでの起動時のクラッシュに対処しました。
  • Windows上の古いIntelグラフィックスドライバーでの起動時のクラッシュに対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve Studio 17.3.2 アップデート公開

DaVinci Resolve Studio 17.3.2 アップデート公開されました。

今回のソフトウェアアップデートは、Blackmagic RAW 2.2をサポート、カラーワーパーツール使用時の安定性が向上、広色域カラースペースにおけるハイライトのレンダリングを改善。
また、Fairlightのクリップ名に関する機能の改善に加え、EQ・オートメーション調整のロードの信頼性、全体的なパフォーマンスおよび安定性も向上されたそうです。

詳細はメーカーHPからの転載

DaVinci Resolve 17Studioについて
DaVinci Resolve17.3.2の新機能
Blackmagic RAW SDK2.2のサポート。
カラーワーパー使用時の不安定性の問題に対処しました。
DaVinci WideGamutを使用する際の誤ったHDRハイライトに対処しました。
Fairlightタイムラインで記録されたクリップの命名の問題に対処しました。
リンクされたトラックでのキャッシュされたオーディオエフェクトの誤ったリロードに対処しました。
Fairlightで欠落しているEQおよびその他の自動化の問題に対処しました。
特定のAMDドライバーの誤ったFairlightSpaceview表示に対処しました。
Fusionトラッカー修飾子を使用した後の潜在的なフリーズに対処しました。
小さな画像でのFusion平面変換の問題に対処しました。
Appleシリコンシステムでのレンダリングのアップロードに関する問題に対処しました。
Appleシリコンシステムの従来のスタビライザーの問題に対処しました。
AppleシリコンシステムでのLUT生成に関する問題に対処しました。
特定のXAVCクリップをデコードする際のフレームの順序が狂っています。
不正な形式のCLFLUTのインポートに関する問題に対処しました。
一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve Studio 17.3.1 アップデート公開

今回のソフトウェアアップデートは、複数のソースオーディオファイルを組み合わせてインターリーブオーディオとして書き出す機能を追加、WindowsシステムでのYouTubeおよびVimeoへのサインインが向上、タブレット使用時の中クリックの挙動が改善。さらにDaVinci Resolve 17.3.1アップデートでは、メモリにスチルを追加する際の安定性が向上し、Appleシリコン搭載のシステムでのApple ProRes 4444処理が改善したそうです。

このところ、AppleのM1チップに対する、向上項目が多いですね。
そろそろ、MACにするべきか?

メーカーサイトからの転載

Blackmagic Fusion Studio17.3.1の新機能

  • CoordTransformを使用して一部のカンプをロードする際のクラッシュに対処しました。
  • メニューからログを有効にするときのクラッシュに対処しました。
  • メタデータのコピーでリグレッションに対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

最小システム要件

  • Mac 10.14.6 Mojave
  • ウィンドウズ10
  • Linux CentOS 7.3
  • 8GBのシステムメモリ。パフォーマンスを向上させるための16GB以上。
  • Metal、OpenCL 1.2、またはCUDA10をサポートする2GB以上のVRAMを搭載したGPU。
  • GPUメーカーが推奨する最新のグラフィックスドライバー。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



The Davinci Resolve Starter Guide に、うっかり手を出してしまいました。^^;

今朝、何気なくYouTubeを見ていると、とても興味深い動画が表示され
見ていると、思わず凄いと思う内容でした。
私は英語が出来ないので、なんとなく雰囲気で見ているのですが
こんな凄いソフトが入っているのなら、ぜひ購入したいと思い手を出してしまいました。

この動画を見て、そう思いました。

このソフトや、素材が入って5000円位なら絶対ありやと思ってしまったのです。
(朝や夜の寝ぼけた時に、物を買うものではないです。)

これを見ると、とても良い買い物に見えました。

(決して詐欺サイトではないのですが)

こんな感じで、表示が出たので、名前とメールアドレスを入れて
購入ページへと進みました。
そして、そそくさと購入。

日本語翻訳されているので、日本語になっています。

そして送られてきたアドレスを開くと、こんな感じ???
私は、てっきり素材販売サイトだと勘違いしていました。

よくよく見てみると、学習サイトでした^^;
多少の素材は付いているものの、英語で勉強は無理。
購入時にプラス素材を2000円位で購入しました。
(安価だということで)
そしたら、55ドルで、もっと良い素材を提供できると言ってきました。^^;
ヤバいです。
通販でよくあるパターン。
流石にそれはスルーしました。
結局は7000円位で購入したことに.

中身を見て見ると、下記のような内容になっています。
これは極初心者には、勉強になる内容です。
(ただし英語ですが)

支払った後に、気がついたので解約したかったのですが
素材など全部ダウンロードした後だったので、泣く泣く良しとしました。

SFX素材は、ありきたりのもので、欲しいとも思えません。

良かったといえば、YouTubeでよく出てくるマークや鈴の音などだけかな。(私にとってはですが)
お勧めできるものではなかったです。

最後に一番残念だったのは、私が一番驚いたソフトが入っていなかった事。

これは、ネットで使えるソフトでした。あれーーー(T_T)です。
ソフトの名はRunway
https://runwayml.com/

動画内の人物を切り抜くソフトなのですが、フォトショップでも、あんなに簡単には切り抜けないので、本当に驚きました。

これを使うにはサブスクリプション契約が必要です。
そんなに高い物でもなく(こういうソフトの中では)お試しも可能です。

このソフトが入っているのであれば、最高に良かったのですけどね。

結局は、ズブの素人用素材を購入しただけとなりました。

皆様、物を購入するときは、翌々考えて購入しましょう。

今回は、反省談でした。