「Blackmagic Design」タグアーカイブ

BMPCC4KでForza250のイメージを撮ってみた。

愛車Forza250のプチカスタム紹介をしようと、BMPCC4Kを持ち出して撮影に行きました。

取って置きの場所での撮影でしたが、BMPCC4Kを使うのが、あまりにも久しぶりで、使い方を忘れてしまいました。^^;

まあ、何とか思い出しながら撮りましたが、色々撮り忘れている場面があったので、今回紹介はやめて、イメージ動画だけを作りました。

最後の場面は、撮り忘れた場面でInsta360GO2で撮ったものです。

同じ場所で撮りたかった。

今回使ったレンズは、LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060
SIRUI 35mm f1.8 1.33X

パナライカは簡単なんですが、SIRUIがやっぱり難しいです。
夜のほうが、効果覿面なんですけどね。

スチール写真はiPad Proで撮影しました。


福岡タワーのてっぺんは、霧で隠れてますね。

慣らし運転が終わったら、しっかり説明動画を撮りたいと思っています。



DaVinci Resolve Studio 17.2.1 アップデートが公開されました。

DaVinci Resolve Studio 17.2.1 アップデート

メーカーHPからの転載

今回のソフトウェアアップデートでは、ネットワークストレージデバイスを使用する際の再生パフォーマンス、およびカラーパネルを使用する際のHDRパレットの応答性を改善。
また、長尺のタイムラインにおけるオーディオ再生の信頼性、ノーマライズした32-bitオーディオの波形表示の正確性、WindowsシステムにおけるMKVクリップの再生も改善。

詳細はこちらから

DaVinci Resolve 17.2.1の新機能

  • ネットワーク ストレージ デバイスでの再生パフォーマンスが向上しました。
  • ビデオ監視デバイス使用時の起動パフォーマンスが向上しました。
  • Fusion テンプレートをスキャンするときの起動パフォーマンスが向上しました。
  • コントロール パネルを使用して HDR プロパティを変更するときのラグに対処しました。
  • 正規化された 32 ビット オーディオのクリップされた波形の問題に対処しました。
  • ラウドネスの正規化動作が正しくない問題に対処しました。
  • FlexBus プロジェクトでの 192 KHz でのオーディオの録音に関する問題に対処しました。
  • Windows で MKV クリップを再生するときのオーディオの途切れに対処しました。
  • ラウンド トリップ ワークフローの AAF 内の誤ったリンクされたオーディオ名に対処しました。
  • 大きなタイムラインを再生するときの一時的なオーディオ ドロップアウトに対処しました。
  • DRT タイムラインをインポートするときのメディアの再リンクに関する問題に対処しました。
  • 再起動間で MIDI I/O 設定が保持される問題に対処しました。
  • 虹彩と形状の遷移の方向を反転する問題に対処しました。
  • プロジェクトのリロード時に複合クリップのリモート グレードが失われる問題に対処しました。
  • 一部の画像シーケンスでの誤った Fusion ローダーの動作に対処しました。
  • Fusion ビューアの LUT での誤ったプレビュー結果に対処しました。
  • drfx バンドルでの LUT ファイルのロードに関する問題に対処しました。
  • テンプレートの新しいコンテンツの更新に関する問題に対処しました。
  • アプリケーションの再起動間で UI レイアウトが保持される問題に対処しました。
  • 字幕サイドカー ファイルを新しいフォルダーにエクスポートする際の問題に対処しました。
  • コラボレーションでインアウト範囲を無視するレンダリング ジョブの問題に対処しました。
  • メディア管理で Arri Raw MXF クリップをトリミングする問題に対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

    ダビンチで、音を扱うのが難しいと思っているので、少しでも使いやすくなっているのは、とても有難いバージョンアップだと思いました。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve Studio 17.2 アップデートを公開されました。

DaVinci Resolve もいよいよ、メジャー入した感がありますね。ダウロードしてソフトを開くと上記の画面が出てきます。

詳細をクリックすると、上記のサイトへ移動しDaVinci Resolve 17の魅力を寸分無く説明してくれます。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/whatsnew

DaVinci Resolve Studio 17.2 アップデート(メーカーHPより転載)

今回のソフトウェアアップデートでは、起動時間が短縮され、デフォルトの保存設定をライブ保存に変更。
また、Fairlightタイムラインでクロスフェードを直接適用・管理できる機能や、Fairlightミキサーでトラック処理の順をコントロールできる機能をサポート。
さらに、Fusionテンプレートバンドルのサポートも追加され、WindowsマシンにおけるAV1クリップのデコードおよび全プラットフォームにおけるMKVクリップのデコードもサポート
。また、タイムラインの個別のクリップの名前変更や、オーディオのみのレンダリングを行う際のハンドル設定にも対応したそうです。
詳しくは、こちらから

私がとやかく、ここに書くよりも上記サイトをご覧頂いたほうが、時間の節約にもなるし、内容がわかりやすいと思います。

ようやく、自他ともにメジャー入りを果たしたので、こういうサイトを作って宣伝を強めているのでは無いですかね。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



Blackmagic Camera 7.3 アップデートが公開されました。

Blackmagic Camera 7.3 アップデート

今回のソフトウェアアップデートは、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K、6K、6K Proモデルに、内蔵LCDキャリブレーション、アップグレードしたRGBヒストグラム、カラーチャンネルのクリップインジケーター、フォルスカラーのガイドディスプレイを追加。

また、XLRマイク入力経由のタイムコードのサポートを追加、オートフォーカスおよびアクティブ方式のレンズコントロールを改善。

さらにBlackmagic Camera 7.3アップデートは、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kおよび6Kモデルに、第5世代カラーサイエンス、LCDスクリーンの減光機能、Blackmagic RAW Q1およびQ3固定クオリティでの収録機能を追加。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kに、Blackmagic RAW収録機能を追加されました。

詳細(メーカーHP転載)

BlackmagicCameraUtilityについて

Blackmagic Camera Setupへようこそ!

このインストーラーはBlackmagicCameraSetupソフトウェアをシステムに追加するので、ソフトウェアをアップデートしてBlackmagicCameraを管理することができます。また、Blackmagic RAW Player、Blackmagic RAW Speed Test、Blackmagic RAW SDK、BlackmagicRAWプラグインもインストールします。

Blackmagic CamerasをCamera4.0以降からアップデートする場合、プリセットとLUTはこのアップデート中に削除されるため、カードにエクスポートすることをお勧めします。

Blackmagic CameraSetup7.3の新機能

以下のモデルには新機能があります。

Pocket Cinema Camera 4K、6K、6K Pro

  • 輝度ヒストグラムをRGBヒストグラムにアップグレードします。
  • カラーチャンネルクリッピングインジケーターを追加します。
  • 偽色ガイド表示を追加します。
  • LCD画面のキャリブレーション設定を追加します。
  • オートフォーカスとアクティブレンズ制御を改善します。
  • フォーカスピーキングの視認性を向上させます。
  • LUTとプリセットのインポートに関する問題を修正します。

Pocket Cinema Camera4Kおよび6K

  • 第5世代のカラーサイエンスのサポートを追加します。
  • 省電力のためのLCD画面調光のサポートを追加します。
  • Q1およびQ3BlackmagicRAWレコーディングオプションを追加します。

URSAStudioビューファインダー

  • 画像のずれを引き起こす可能性のあるバグを修正します。

BlackmagicRAW2.0の新機能

  • Blackmagic URSA MiniPro12Kのサポートを追加します。
  • デュアルカード記録のサポートを追加します。
  • Blackmagic Generation 5 ColorScienceのアップデート。
  • DaVinci WideGamutおよびDaVinciIntermediateガンマのサポートを追加します。
  • Blackmagic VideoAssistによってキャプチャされたNikonZ6IIおよびZ7II BlackmagicRAWクリップのサポートを追加します。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

こん今回インストラーが変わっていましたね。

表示で変わった所は、左下にカラーチャンネルクリッピングインジケーターが出ているところ。
下記のピクセル再マッピングやLCDのホワイトバランスキャリブレーション、モーションセンサーキャリブレーションが増えたようです。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve Studio 17.1.1アップデート公開されました。

DaVinci Resolve Studio 17.1.1アップデート

今回のソフトウェアアップデートでは、Apple M1プロセッサー搭載のMacでH.264 10-bitフォーマットのハードウェアアクセラレーションによるデコードをサポート、古いデータベースバックアップ復元の信頼性が向上、様々な再生状況におけるオーディオパフォーマンスが改善。さらに、Panasonic Lumix S1Hカメラを使用してBlackmagic Video Assist 12G HDRで収録されたBlackmagic RAWクリップがサポートされ、ResolveFXブランキングフィルの機能性が改善し、スクリプトAPIを強化。DNxHRクリップのレンダリングで、メタデータのフォーマットの精度が向上。
メーカーHPからの転載

17.1.1と言う軽微なアップデートでしたが、思いの外インストールのアップデータは、ウインドウズランタイムの更新も多かったですね。
コンピュータを再起動させるような更新は珍しいですね。

いつの間に付いたか気が付きませんでしたが、テープ出力も出来るようになったのですね。
まあ、一般の方で使われる方はいないと思います。

知らないうちに、お腹いっぱいの機能が増えて
私が始めた頃の、使えないダビンチとは全く変わってしまいました。
変わり方が早すぎて、覚えられないのが残念。

 

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion