「Blackmagic Design」タグアーカイブ

DaVinci Resolve Studio 17.4.2 アップデート公開されました。

DaVinci Resolve Studio 17.4.2 アップデート

今回のアップデートでは、Fusionタイトルおよびエフェクトの再生パフォーマンスを改善。

また、Power Window調整時、地域設定の変更時、古いドライバーのWindowsコンピューターで作業する際のシステムの安定性が向上。

また、WindowsシステムにおけるH.264のレンダリング、VST3プラグインで作業する際やProTools用に書き出す際のパフォーマンスも向上したそうです。

ようやくWindowsでのパフォーマンスがアップされましたね。
良かったよかった。

メーカーHPより転載

DaVinci Resolve17.4.2の新機能

  • Fusionのタイトルとエフェクトの再生パフォーマンスが向上しました。
  • Windowsでオフラインで表示されるH.264クリップの一部に関する問題に対処しました。
  • 作成された日付への変更が保存されない問題に対処しました。
  • 編集ページにインストールされたトランジションの表示の問題に対処しました。
  • クラッシュしたVST3プラグインの起動時の再スキャンに対処しました。
  • 特定のシステム言語でVST3プラグインをスキャンする問題に対処しました。
  • 起動時にライセンスのないオーディオプラグインを再スキャンする問題に対処しました。
  • VST3プラグインによる動的遅延補正の問題に対処しました。
  • インスペクターで誤ってキャッシュされたVST3プラグイン名に対処しました。
  • 一部のプラグインアライアンスVST3プラグインが機能しない問題に対処しました。
  • ロックされたFairlightプラグインウィンドウの位置を保持する問題に対処しました。
  • FairlightページのトラックにEQアイコンが表示される問題に対処しました。
  • Fairlightページに表示されるBチェーングループの問題に対処しました。
  • Fairlightページの旗の色の選択を更新する際の問題に対処しました。
  • Linuxでのマルチチャネルオーディオ出力の問題に対処しました。
  • ドルビーアトモスマスターをインポートした後のプロジェクト保存の問題に対処しました。
  • ハンドル付きのProToolsへのエクスポートの問題に対処しました。
  • 属性を貼り付けた後にパワーウィンドウを移動する際の問題に対処しました。
  • 複数のレイヤーを合成する際の3Dキーヤーの問題に対処しました。
  • ResolveFXハレーションプラグインのグローに関する問題に対処しました。
  • ResolveFXフェイスリファインメントでパワーウィンドウを使用して問題に対処しました。
  • RCMのCanonシネマ色域の問題に対処しました。
  • 一部のFusionタイトルのテキストの配置に関する問題に対処しました。
  • 一部のOpenCLWindowsシステムでのパフォーマンスの低下の問題に対処しました。
  • 最新のREDSDKのサポート。
  • SonyRawクリップの解像度が正しく表示されない問題に対処しました。
  • 一部のMXFファイルをWindowsネットワークストレージにレンダリングする際の問題に対処しました。
  • easyDCPコンポジション名ジェネレーターの問題に対処しました。
  • メディア管理のオーディオクリップとビデオクリップの同期に関する問題に対処しました。
  • アドバンストパネルでパワーウィンドウを回転させたときのクラッシュに対処しました。
  • 異なるロケールを使用する一部のシステムでの起動時のクラッシュに対処しました。
  • Windows上の古いIntelグラフィックスドライバーでの起動時のクラッシュに対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve Studio 17.4 アップデート公開

DaVinci Resolve Studio 17.4 アップデート公開

私が見た限り、結構かゆいところに手が届くようになってきている気がします。
ソフトインストール後、新機能の紹介など出て親切な感じも醸し出しています。

詳細をクリックするとメーカーHPに行くのですが
英語表記なので、私には難しいかな。

続けるをクリックすると

この表示が出ます。

私が一番気になったのは、字幕の調整がしやすくなったこと

これは本郷に有り難いです。

他にも多くの機能が備わりました。
全然覚えられませんが、下記をご覧いただき
使える物をご利用ください。

アップルのM1チップに力を入れている感じもありますね。
こうなってくるとMacも使ってみたい気もします。

メーカーHP転載

今回のソフトウェアアップデートでは、M1 Pro/M1 Maxチップ搭載のApple MacBook Proモデルをサポートしたほか、テキスト+ツールに言語&レイアウトを追加するなど字幕機能も向上。さらに、非対称トリムおよび自動カラーマネージメントの強化、新しいResolveFX、Steinberg VST3オーディオプラグインのサポート、YouTubeビデオチャプターの書き出しなど、多くの機能を追加

無償バージョンの新機能に加え、DaVinci Resolve Studioには、Dropbox Replayの統合、DaVinci Resolve Speed Editorでマルチカムアングルを切り替えられる機能、ACES 1.3のサポート(色域圧縮を含む)も追加。さらに、ResolveFXにフィルムハレーションが新たに追加され、Windows Intelシステムのデコード&エンコードも高速化。

DaVinci Resolve 17Studioについて

DaVinci Resolve17.4の新機能

主な機能

  • Apple M1ProおよびM1MaxでハードウェアアクセラレーションされたAppleProRes。
  • MacOSMontereyでのDaVinciニューラルエンジンのパフォーマンスが向上しました。
  • サポートされているMacBookProでのネイティブHDRビューアと120Hzの再生。
  • ネイティブDropboxおよびDropboxReplayとレンダープリセットの統合。
  • マーカー、コメント、注釈をDropboxおよびDropboxReplayと同期します。
  • タイムラインマーカーをYouTubeビデオまたはQuickTimeチャプターとしてエクスポートします。
  • さらに多くのオーディオエフェクトにアクセスできるSteinbergVST3のサポート。
  • SDRおよびHDR選択による簡素化された自動カラーマネジメント設定。
  • 改善された3Dキーヤーとマットフィネスコントロール。
  • フィルムハレーションとカスタムミキサーを含む新しいResolveFX。
  • 結合されたグリフ、右から左へのテキスト、および垂直レイアウトのText +サポート。
  • 字幕は、背景のサイズを自動的に変更し、親のタイムラインに分解できます。

Apple M1ProおよびM1Max

  • Apple M1ProおよびM1MaxでハードウェアアクセラレーションされたAppleProRes。
  • MacOSMontereyでのDaVinciニューラルエンジンのパフォーマンスが向上しました。
  • よりスムーズな120HzUIとM1ProおよびM1Max MacBookProでの再生。
  • M1ProおよびM1Max MacBookProのネイティブHDRビューア。
  • MacOSのネイティブフルスクリーンモード。

ドロップボックス

  • DaVinciResolveプリファレンス内のDropboxログイン。
  • ドロップボックスとドロップボックスリプレイのプリセットをバックグラウンドアップロードでレンダリングします。
  • コメントと注釈をStudioのDropboxReplayと同期します。
  • StudioのDropboxとマーカーとコメントを同期します。

編集

  • 字幕とキャプションの背景は、テキストコンテンツに合わせて自動サイズ変更されるようになりました。
  • ネストされたタイムラインの字幕トラックは、メインタイムラインに分解されるようになりました。
  • 新しい字幕キャプションを追加すると、テキスト領域に自動的にフォーカスされるようになりました。
  • シンプルなタイトルとサブタイトルは、AppleSiliconシステムの方が高速です。
  • タイムラインの位置曲線の入出力機能が改善されました。
  • インプレースレンダリング操作の効果とグレードを含めるオプション。
  • スピードエディタを使用して、編集ページでマルチカム角度を切り替えます。
  • タイムラインギャップの選択をマークする機能。
  • Fairlightページで作成された非対称オーディオトランジションを編集します。
  • cmd / ctrlを使用して、ビデオとオーディオのトランジションを非対称にトリミングします。
  • Shift +マウスドラッグを使用して、オーディオクリップのゲインを微調整します。
  • オーディオクリップへのリタイム属性の貼り付けのサポート。
  • オーディオ同期を最初のタイムコード一致に制限するオプション。
  • インスペクタで各モードにカーソルを合わせて、複合モードをプレビューします。
  • インスペクターでクリップごとのインターレース解除品質を設定する機能。
  • 新しいスクエアアイリストランジション。
  • 形状遷移のカスタムアスペクト比制御のサポート。
  • ビューアのFusionツールのオーバーレイが改善されました。
  • インスペクターでのFusionエフェクトとText +の元に戻すサポートが改善されました。
  • エフェクトテンプレートのフォルダベースの編成のサポート。
  • 前/次のタイムラインタブに移動するための新しいカスタマイズ可能なキーアクション。
  • ミドルクリックでタイムラインタブを閉じる機能。
  • カットビューアのエフェクトパネルからジェネレータとタイトルをプレビューします。

  • カラーマネジメントプロジェクトの自動モードのサポート。
  • ACES 1.3、色域圧縮、および新しいCSC変換のサポート。
  • 新しいモード、より優れた選択/ストロークロジック、ライブフィードバックを備えた新しい3Dキーヤー。
  • 更新されたマットフィネスコントロールを備えた改良されたHSLおよびルマキーヤー。
  • トラッカーとマジックマスクのシングルアクションで前後を追跡します。
  • ノードのツールチップに、LUTとエフェクトタイプが存在することが示されるようになりました。
  • 新しいリンクをレイヤーミキサーとキーミキサーにドラッグすると、ノード入力が自動的に作成されます。
  • キーリンク上でカラーノードをドラッグすると、キーからRGBへの接続が作成されます。
  • 切り替えを高速化するために、個別のプライマリツールアイコンとセカンダリツールアイコンを追加しました。
  • ドルビービジョン分析またはトリムを使用したタイムラインクリップのクリップフィルター。
  • 無効にされたクリップは、タイムラインに灰色で表示されるようになりました。
  • カメラLUTおよびCDLをARRIMXFProResクリップに適用するためのサポート。
  • プリンタの点灯状態は、アプリケーションを再起動しても持続するようになりました。
  • タイムラインのマーカーに移動すると、マーカーの中央に自動スクロールするようになりました。

FXを解決する

  • フィルムハレーションは、スタジオでフィルムストックの反射と散布をエミュレートします。
  • エフェクトとグレードをより細かく制御して組み合わせるカスタムミキサー。
  • 編集とFusionの3D、HSL、Lumaキーヤーが改善されました。
  • 既存のキーヤーのノイズ処理とキーの改良が改善されました。
  • ソースとターゲットを整列する機能を備えたパッチリプレースメントが改善されました。
  • インタラクティブなプレビューとグレインフリーズオプションを備えたフィルムグレイン。

フェアライト

  • MacOSおよびWindowsでのSteinbergVST3オーディオエフェクトのサポート。
  • ミキサーでエフェクトを並べ替えたり、移動したり、複製したりする機能。
  • 部分的なフェードのあるクリップ範囲のコピーのサポート。
  • 片面オーディオトランジションがフェードとして表示されるようになりました。
  • Linuxでのマルチチャンネルオーディオ出力のサポート。
  • 波形表示は、トラックの高さが低く、ズームレベルが低い場合に表示されます。
  • タイムラインのキーフレーム選択をShiftキーを押しながらクリックしてcmdキーを押しながらクリックする機能。
  • 前または次のタイムラインマーカーに移動すると、マーカーが選択されるようになりました。
  • Fairlightミキサーのデフォルトの処理順序が改善されました。
  • 自動化曲線は、自動化が存在しない場合の現在の値を表示します。
  • 編集選択モードで編集カーソルが点滅します。
  • クリップインデックスの列の順序と検索動作が改善されました。
  • エディターキーボードとスピードエディターによるジョギング、スクロール、シャトルの改善。
  • Fairlight FXメーターは、サイズ変更可能なディスプレイと改良されたチャンネルラベルを備えています。
  • Blackmagicモニタリングデバイスを使用する際のオーディオパフォーマンスが向上しました。

融合

  • 結合されたグリフと右から左への言語レイアウトのText +サポート。
  • 改善された垂直Text +レイアウト、垂直グリフ、回転、および線の方向。
  • テキスト+文字のグループ化、間隔、下線、および境界線が改善されました。
  • Text +は、サポートされているフォントの文字ごとのスタイルセットをサポートしています。
  • Text +の古いスタイルの数値を含むOpenType機能のサポート。
  • キャラクターのスタイリングとアニメーションのための複数のText +の改善。
  • カーソルを合わせると、エフェクトパネルにツールの説明が表示され、ツールウィンドウが追加されます。
  • グリッドワープのデフォルトのトラッカー検索とパターンサイズが改善されました。
  • トラッカーオプションの新しい検索領域スケールスライダー。

コーデックとファイルI / O

  • YouTubeレンダリングプリセットのエンコード設定が改善されました。
  • タイムラインマーカーの色をYouTubeビデオチャプターとしてエクスポートするオプション。
  • タイムラインマーカーの色をQuickTimeチャプターマーカーとしてエクスポートするオプション。
  • QuickTimeおよびMP4クリップでのopusオーディオのデコードのサポート。
  • AppleSiliconでハードウェアアクセラレーションされたPanasonic8KAVCデコード。
  • ARRIARXクリップのデコード速度が向上しました。
  • ハードウェアアクセラレーションされたH.265は、Windowsの無料バージョンでエンコードします。
  • H.264は、StudioでサポートされているNvidiaシステムでプロファイルオプションをエンコードします。
  • H.264 / H.265は、サポートされているWindowsIntelシステムのビットレート制御をエンコードします。
  • Studioを使用したWindowsIntelシステムでのハードウェアアクセラレーションの高速化。
  • ZIP1圧縮を使用したEXRのレンダリングのサポート。
  • DCP / IMF構成の命名オプションにカスタム言語を追加する機能。
  • DCPの命名に承認されたオペレーター/評価/地域リストを使用する機能。
  • IOエンコードプラグインSDKでのマーカーのサポート。
  • SonyXAVCイントラクリップの再エンコードをバイパスする機能。
  • サードパーティのXMLワークフローのコメントメタデータの保持が改善されました。
  • ツールチップを使用したレンダリングジョブ名の表示が改善されました。

全般的

  • オーディオアイコンを右クリックして、メディアの音量、色、配信ページを調整します。
  • メディアストレージのシーケンシャル画像形式を静止画またはクリップとして自動識別します。
  • 名前を付けて保存を呼び出すときに、既存のプロジェクトを上書きするように求めます。
  • 使用情報ツールチップを使用したPostgreSQLデータベースのロックされたプロジェクトインジケーター。
  • プロジェクトマネージャーからPostgreSQLデータベースのクローンを作成する機能。
  • プロジェクトマネージャーからPostgreSQLアクセスキーをエクスポートする機能。
  • AAFをインポートするときに現在のタイムラインにインポートするオプション。
  • ビデオクリップのインスペクタープロパティにアクセスするためのスクリプトAPIサポート。
  • タイムライン上の再生ヘッドの位置を設定するためのスクリプトAPIサポート。
  • ビデオクリップのカラーバージョンを取得するためのスクリプトAPIサポート。
  • レンダリングジョブAPIにアップロードステータスを反映するためのスクリプトAPIサポート。
  • レンダリングジョブでネットワーク最適化を設定するためのスクリプトAPIサポート。
  • MacOSでのH.264マルチパスエンコードオプションのスクリプトAPIサポート。
  • MediaInノードにクエリを実行する際のスクリプトプロパティセットが改善されました。
  • Vimeoログインの問題に対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

 

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



BMPCC4KでForza250のイメージを撮ってみた。

愛車Forza250のプチカスタム紹介をしようと、BMPCC4Kを持ち出して撮影に行きました。

取って置きの場所での撮影でしたが、BMPCC4Kを使うのが、あまりにも久しぶりで、使い方を忘れてしまいました。^^;

まあ、何とか思い出しながら撮りましたが、色々撮り忘れている場面があったので、今回紹介はやめて、イメージ動画だけを作りました。

最後の場面は、撮り忘れた場面でInsta360GO2で撮ったものです。

同じ場所で撮りたかった。

今回使ったレンズは、LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060
SIRUI 35mm f1.8 1.33X

パナライカは簡単なんですが、SIRUIがやっぱり難しいです。
夜のほうが、効果覿面なんですけどね。

スチール写真はiPad Proで撮影しました。


福岡タワーのてっぺんは、霧で隠れてますね。

慣らし運転が終わったら、しっかり説明動画を撮りたいと思っています。



DaVinci Resolve Studio 17.2.1 アップデートが公開されました。

DaVinci Resolve Studio 17.2.1 アップデート

メーカーHPからの転載

今回のソフトウェアアップデートでは、ネットワークストレージデバイスを使用する際の再生パフォーマンス、およびカラーパネルを使用する際のHDRパレットの応答性を改善。
また、長尺のタイムラインにおけるオーディオ再生の信頼性、ノーマライズした32-bitオーディオの波形表示の正確性、WindowsシステムにおけるMKVクリップの再生も改善。

詳細はこちらから

DaVinci Resolve 17.2.1の新機能

  • ネットワーク ストレージ デバイスでの再生パフォーマンスが向上しました。
  • ビデオ監視デバイス使用時の起動パフォーマンスが向上しました。
  • Fusion テンプレートをスキャンするときの起動パフォーマンスが向上しました。
  • コントロール パネルを使用して HDR プロパティを変更するときのラグに対処しました。
  • 正規化された 32 ビット オーディオのクリップされた波形の問題に対処しました。
  • ラウドネスの正規化動作が正しくない問題に対処しました。
  • FlexBus プロジェクトでの 192 KHz でのオーディオの録音に関する問題に対処しました。
  • Windows で MKV クリップを再生するときのオーディオの途切れに対処しました。
  • ラウンド トリップ ワークフローの AAF 内の誤ったリンクされたオーディオ名に対処しました。
  • 大きなタイムラインを再生するときの一時的なオーディオ ドロップアウトに対処しました。
  • DRT タイムラインをインポートするときのメディアの再リンクに関する問題に対処しました。
  • 再起動間で MIDI I/O 設定が保持される問題に対処しました。
  • 虹彩と形状の遷移の方向を反転する問題に対処しました。
  • プロジェクトのリロード時に複合クリップのリモート グレードが失われる問題に対処しました。
  • 一部の画像シーケンスでの誤った Fusion ローダーの動作に対処しました。
  • Fusion ビューアの LUT での誤ったプレビュー結果に対処しました。
  • drfx バンドルでの LUT ファイルのロードに関する問題に対処しました。
  • テンプレートの新しいコンテンツの更新に関する問題に対処しました。
  • アプリケーションの再起動間で UI レイアウトが保持される問題に対処しました。
  • 字幕サイドカー ファイルを新しいフォルダーにエクスポートする際の問題に対処しました。
  • コラボレーションでインアウト範囲を無視するレンダリング ジョブの問題に対処しました。
  • メディア管理で Arri Raw MXF クリップをトリミングする問題に対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

    ダビンチで、音を扱うのが難しいと思っているので、少しでも使いやすくなっているのは、とても有難いバージョンアップだと思いました。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve Studio 17.2 アップデートを公開されました。

DaVinci Resolve もいよいよ、メジャー入した感がありますね。ダウロードしてソフトを開くと上記の画面が出てきます。

詳細をクリックすると、上記のサイトへ移動しDaVinci Resolve 17の魅力を寸分無く説明してくれます。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/whatsnew

DaVinci Resolve Studio 17.2 アップデート(メーカーHPより転載)

今回のソフトウェアアップデートでは、起動時間が短縮され、デフォルトの保存設定をライブ保存に変更。
また、Fairlightタイムラインでクロスフェードを直接適用・管理できる機能や、Fairlightミキサーでトラック処理の順をコントロールできる機能をサポート。
さらに、Fusionテンプレートバンドルのサポートも追加され、WindowsマシンにおけるAV1クリップのデコードおよび全プラットフォームにおけるMKVクリップのデコードもサポート
。また、タイムラインの個別のクリップの名前変更や、オーディオのみのレンダリングを行う際のハンドル設定にも対応したそうです。
詳しくは、こちらから

私がとやかく、ここに書くよりも上記サイトをご覧頂いたほうが、時間の節約にもなるし、内容がわかりやすいと思います。

ようやく、自他ともにメジャー入りを果たしたので、こういうサイトを作って宣伝を強めているのでは無いですかね。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion