「DaVinci Resolve」タグアーカイブ

DaVinci Resolve Studio 18.5パブリックベータ2公開

このソフトウェアは、DaVinci Resolve Studio 18.5 パブリック ベータ 2 をインストールします。

これにより、ベータ 1 リリース機能が改善されます。

これには、AAC オーディオをエンコードする際の品質の向上、一部の Windows および AMD システムでの H.264 および H.265 クリップのデコード時の一貫性の向上、同期の信頼性の向上が含まれます。 Blackmagic プレゼンテーション マーカー。

Fusion のパブリック ベータ 2 には、Universal Scene Descriptor ビューアーに追加のシェーディング オプションが含まれており、uCamera を操作する際の可視性オプションをより適切に制御できます。

詳細
これはブラックマジックHPに公開された文章を日本語化したものです。

DaVinci Resolve 18.5 の新機能

*印の機能については、以下に説明があります。

主な機能

  • 複数のカット ページの改善。
  • Blackmagic Cloud プレゼンテーションのサポート。
  • Studio のオーディオからの DaVinci Neural Engine ベースの字幕。
  • DaVinci Neural Engine を利用した Studio でのテキストベースの編集。
  • Fusion での Universal Scene Description ベースのワークフローのサポート。
  • 複数のレイヤーを合成および管理するための新しい Fusion マルチマージ ツール。
  • 複数のリモート監視の改善。
  • タイムラインごとの高速バックアップのサポート。
  • タイムラインごとのカラー管理を解決します。
  • Fairlight での編集およびミックス グループのサポート。
  • Studio での AI ベースのオーディオ分類のサポート。

カット

  • 複数のタイムライン表示の改善。
    • カット タイムラインでの字幕のサポート。
    • トラック ヘッダーのアイコンをクリックして、トラックを拡大します。
    • クリップ名とインジケーターを表示するオプション。
    • スマート インジケータと編集点の表示が改善されました。
    • 編集された同期クリップの非同期インジケーター。
  • 複数のタイムライン アクションの改善。
    • タイムライン オーディオからキャプションを自動的に検出して作成します。
    • カット タイムラインで DaVinci Neural Engine のシーン カットを実行します。
    • オーディオ、ビデオ、字幕トラックを追加します。
    • 隣接するクリップを分割して結合します。
    • メイントラックのリップル編集を切り替えるリップルオプション。
    • マーカーを追加し、デフォルトのマーカーの色を設定します。
  • 新しい編集アクション。
    • オーディオのローリングまたはトリミングによる分割編集を作成する機能。
    • リップルをバイパスしてメイン トラックにギャップを追加するには、Alt または Option トリムを使用します。
    • 編集クリップの開始または終了を再生ヘッドまでトリミングおよび拡張します。
    • ずれている同期クリップを再同期します。
  • 表示オプションと編集アクションにすばやくアクセスできるように、ツールバーが再編成されました。
  • スムーズ カットを右クリックして、ツールバーのお気に入りのトランジションにアクセスします。
  • 他のページと統一されたページ トラック番号をカットします。
  • 現在のフレームをメディアから静止画としてエクスポートし、ビューアをカットして編集します。
  • カットと編集での新しいモーション グラフィック エフェクト テンプレートとトランジション。

メディア

  • Studio での AI ベースの音声分類のサポート。*
  • タイムラインごとの高速バックアップのサポート。*
  • 追加の自動スマート ビンのサポート。
  • OpenTimelineIO 形式を使用してタイムラインをインポートおよびエクスポートします。
  • 新しい 2 倍の強化されたスーパー スケール アルゴリズム。*
  • インスペクタからメディアのスーパー スケール設定を設定する機能。*
  • マーカー サブクリップのメタデータ パネルのサポート*
  • 複数のクリップのインアウト範囲をクリアする機能。
  • 複数のタイムライン選択の開始タイムコードを変更する機能。
  • メディア ストレージのお気に入りを並べ替える機能。
  • ソース ビューアーで最近のメディア履歴を消去する機能。
  • クリップ属性でのカスタム ピクセル アスペクト比のサポート。
  • タイムコードのないクリップのプロキシ リンクが改善されました。

編集

  • Studio のオーディオからの DaVinci Neural Engine ベースの字幕。*
  • Studio での DaVinci Neural Engine によるテキストベースの編集*
  • キーボード ショートカットを使用してキーフレームを追加および削除する機能。
  • 編集タイムラインでの再生中にキーフレームを変更する機能。
  • 現在のフレームをメディアから静止画としてエクスポートし、ビューアをカットして編集します。
  • ビデオ トラックをドラッグして、トラック インデックスで並べ替える機能。
  • タイムラインから選択した複数のクリップを安定させる機能。
  • リタイム カーブは、デフォルトでスピード カーブを呼び出すようになりました。
  • フラット化されたマルチカムからのグレードは、マルチカム アングルにコピーされます。*
  • プロジェクト全体でレンダー キャッシュを管理する機能。*
  • 不足している VFX Connect クリップを手動で再リンクする機能。
  • カット、編集、Fairlight で再生ヘッドの下にあるすべてのクリップを選択する機能。
  • タイムライン ビュー オプションとボリューム コントロールのキー ショートカットを設定する機能。
  • システムがリアルタイムで再生できない場合でも、ビデオの更新がスムーズになります。*
  • 字幕インスペクタでのキャプション プレビューのテキスト ラッピングが改善されました。
  • タイムコード表示ウィンドウに、タイムコード エントリのプレビューが表示されるようになりました。
  • 編集インデックスのエクスポート アクションは、編集インデックス オプションの一部になりました。

合成

  • Universal Scene Descriptor (USD) ファイルのインポートのサポート。*
  • 米ドル資産を管理するための米ドル ツールセットの導入。
  • Storm を含む USD Hydra ベースのレンダラーのサポート。
  • 複数のレイヤーを合成するための新しいマルチマージ ツール。*
  • Studio でのネイティブ AI ベースの深度マップ ツールのサポート。
  • GPU アクセラレーションによるクリーン プレート。
  • GPU アクセラレーション アナグリフ。
  • Fusion スプリッター ツールを使用すると、レンダリングが最大 3 倍速くなります。
  • Fusion ページでクリップと MediaIns のメディア プールを検索します。
  • Fusion セーバーでの OpenEXR DWA 圧縮のサポート。
  • Fusion の CineonLog ツールでの BMD Film Gen 5 のサポート。
  • 個々の形状ツールのプレビューのサポート。
  • Fusion 変換のトーン マッピングを無効にするプロジェクト設定オプション。

カラー

  • タイムラインごとに色管理を解決します。*
  • マジック マスクでのマット フィネス ポスト フィルター コントロールのサポート。
  • 各クリップの Camera RAW 変更を元に戻す機能。
  • コレクター ノードでコンポジット モードを設定する機能。
  • ビューアでのマーカー オーバーレイと注釈のサポート。*
  • 不足している LUT をビューアー オーバーレイとして表示する機能のサポート*
  • 不足している LUT を LUT マネージャーから管理する機能。*
  • ギャラリーで静止画、LUT、PowerGrade アルバムを並べ替える機能。
  • 生成された LUT に空間 Resolve FX DCTL エフェクトが含まれるようになりました。
  • マルチ ユーザー プロジェクトのギャラリー静止画の自動バックグラウンド リフレッシュ。
  • HDR グレーディング中のハイライト モードの動作が改善されました。*
  • クリップ間で Vivid HDR トリム メタデータをコピー アンド ペーストする機能。
  • HDR フッテージをグレーディングする際のパフォーマンスが向上しました。
  • Apple シリコンで最大 2 倍高速な空間ノイズ リダクション。
  • マジック マスクの追跡とキャッシュ管理が改善されました。
  • DaVinci Resolve Mini パネルでの Dolby Vision コントロールのサポート。
  • DaVinci Resolve Mini パネルでのカラー ワーパー コントロールのサポート。
  • 外部マット ノード ラベルのデフォルトがマット ファイル名になりました。
  • 共有ノードへの変換時にノード ラベルが保持されるようになりました。
  • Leica L Log カラーマネジメントのサポート。
  • 色空間とガンマのオプションがベンダー別に整理されました。

FXを解決する

  • AI ベースの Resolve FX Relight を使用して Studio に仮想照明を追加します。*
  • Resolve FX Glow の Invert Effect オプションを使用すると、暗いグロー効果が得られます。
  • Resolve FX Flicker Addition 分析をアルファチャンネルとしてエクスポートするオプション。
  • Resolve FX Color Transform でカラースペースを入れ替える機能。
  • Resolve FX Depth マップ分析でのブランキングの処理が改善されました。
  • パッチ エッジでのパッチ置換の結果が改善されました。
  • Resolve FX Glow と Light Rays の明るい領域の回復コントロール。
  • Resolve FXグレーディングノードの自動入出力管理*
  • Resolve FX をドラッグすると、カラー グレーディング ノードとして適用されるようになりました。
  • Alt またはオプションで Resolve FX をドラッグして、FX ノードを作成します。
  • OFX アルファ混合状態のスマートな初期化のサポート。
  • ワーパーとサーフェス トラッカーの比率を維持するために、Alt またはオプションで選択範囲のサイズを変更します。
  • Nvidia システムでは、ビューティー、ウォーター カラー、スタイライズが最大 2 倍高速化されます。
  • Nvidia システムで最大 1.5 倍高速なレンズぼかしと開口回折。

フェアライト

  • Fairlight での編集グループとミックス グループのサポート。*
  • Elastic Wave のタイム ストレッチに、ボイス固有のオプションが追加されました。*
  • ネスティング VCA のサポート。*
  • Studio での Dolby Atmos のサポートが強化されました。*
  • Studio for Linux でのボイス アイソレーションのサポート。
  • Linux のダイアログ レベラーのサポート。
  • ミュートまたはソロのトラックとモニターのメーター プレビューが改善されました。
  • ミキサーで選択したトラックにスクロールするためのキー ショートカットを設定する機能。
  • トラック ソロは、プロジェクト セッション間で保持されるようになりました。
  • バスをパンする機能。
  • カット、編集、Fairlight で再生ヘッドの下にあるすべてのクリップを選択する機能。
  • トラック インデックスからトラックおよびバス モニター ソースを指定する機能。
  • Studio での複数の音声分離の改善。
  • サードパーティの Rewire 統合を可能にする Fairlight FX Monitor Control。
  • Soundminer などのアプリケーションからストリーミングおよびスポットする機能。
  • 0.1 dB 分解能のオートメーション レベル トリミング用のシフト モディファイア アクション。

全般的

  • Blackmagic Cloud プレゼンテーションのサポート。
  • サインインして、DaVinci Resolve から直接 TikTok に動画をアップロードします。*
  • Studio* でのリモート監視の改善
    • Mac OS からのリモート監視のサポート。
    • より多くのフォーマットをサポートするように改善された Mac OS クライアント。
    • iPad および iPhone で監視する新しい iOS クライアント。
    • Blackmagic ID を使用したクライアント接続のサポート。
    • 複数のクライアントへのストリーミングのサポート。
    • コンピューター ディスプレイでのストリーム表示のサポート。
    • HDR ストリームの監視のサポート。
  • Studio で新しいバージョンを Dropbox Replay にアップロードする機能。
  • DaVinci Resolve用のRocky Linux 8.6ベースのインストール環境。*
  • [再生] を複数回押すと、詳細パネルからの再生が速くなります。
  • DRT エクスポートに、グループと共有ノードが含まれるようになりました。
  • DRA プロジェクト アーカイブに VFX Connect メディアが含まれるようになりました。
  • 最適化された Blackmagic Cloud プロジェクト ライブラリ接続。*
  • 新しい垂直解像度のタイムラインとプロジェクトは、デフォルトでクロップ付きのフル フレームになります。
  • プロジェクト設定のデフォルトのモーション推定モードの速度ワープ オプション。
  • 安定化、シーン カット、およびその他の進行状況ダイアログは、分析速度を示します。
  • 編集ページとカラー ページのクイック エクスポート アイコン。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

スクリプティングと API

  • DRT および DRB ファイルをインポートおよびエクスポートするスクリプト API のサポート。
  • データ書き込みプリセットをロードするスクリプト API のサポート。
  • ノード ラベルを取得するスクリプト API のサポート。
  • ARRI CDL と LUT をクリップに適用するスクリプト API のサポート。
  • クリップ有効状態のクエリと設定のためのスクリプト API サポート。
  • 選択したコーデックでサポートされているコンテナーがエンコード API にリストされるようになりました。
  • エンコード API でデータとビデオの範囲を指定する機能。

コーデックのサポート

  • Blackmagic RAW SDK 3.0 のサポート。
  • JPEG および PNG イメージ シーケンスのレンダリングのサポート。
  • アニメーション GIF クリップのレンダリングのサポート。
  • Linux での AC3 オーディオのデコードのサポート。
  • LogC3 ARRI クリップを LogC4 としてデコードする機能。
  • Sony XAVC クリップの raw コントロールのサポート。
  • MKV チャプターをメディア マーカーとしてインポートする機能。
  • タイムライン マーカーを MKV チャプターとしてエクスポートする機能。
  • サポートされている Nvidia カードの Resolve でのハードウェア アクセラレーションによる VP9 デコード。
  • Sony XAVC 420 8 ビット クリップのエンコード速度が最大 50% 高速化。
  • MKV および WEBM クリップからの AV1 のデコードのサポート。
  • FFV1 フォーマットのエンコードとデコードのサポート。
  • MKV クリップの ProRes、AV1、H.264、H.265、MP3、AAC のエンコード サポート*。
  • ZIP 形式の EXR をレンダリングするときのカスタム圧縮レベル。
  • AMD システムでの AV1 のハードウェア アクセラレーション エンコードのサポート。
  • サポートされている AMD システムで複数のハードウェア エンコーダーを使用する機能。
  • 最大 30% 高速な Apple ProRes ハードウェア アクセラレーション エンコード。
  • Apple シリコンで ProRes クリップをレンダリングするときのディスク使用量の見積もりが改善されました。
  • クイック エクスポート レンダリングに、アクティブなサブタイトルとデータ バーンインが含まれるようになりました。

インストール前の注意事項

DaVinci Resolve 18.5 では、プロジェクト ライブラリが DaVinci Resolve 18.1.4 と互換性を保つように努めています。これにより、18.1.4 でプロジェクト ライブラリにアクセスできますが、18.5 で作成または開いた個々のプロジェクトは、18.1.4 ではアクセスできなくなります。

18.5 でプロジェクトを開く前に、プロジェクト ライブラリ全体のバックアップと、プロジェクトの個々のプロジェクトのバックアップをお勧めします。

Mac OS の最小システム要件

  • macOS 12 モントレー
  • 8 GB のシステム メモリ。Fusion 使用時は 16 GB
  • Blackmagic Design デスクトップ ビデオ バージョン 12.0 以降
  • 少なくとも 2 GB の VRAM を搭載した統合 GPU またはディスクリート GPU。
  • Metal または OpenCL 1.2 をサポートする GPU。

Windows の最小システム要件

  • Windows 10 クリエーターズ アップデート。
  • 16 GB のシステム メモリ。Fusion 使用時は 32 GB
  • Blackmagic Design デスクトップ ビデオ 10.4.1 以降
  • 少なくとも 2 GB の VRAM を搭載した統合 GPU またはディスクリート GPU
  • OpenCL 1.2 または CUDA 11 をサポートする GPU
  • NVIDIA/AMD/Intel GPU ドライバーのバージョン – GPU の要件に応じて

Linux の最小システム要件

  • Rocky Linux 8.6 または CentOS 7.3
  • 32 GB のシステム メモリ
  • Blackmagic Design デスクトップ ビデオ 10.4.1 以降
  • 少なくとも 2 GB の VRAM を搭載したディスクリート GPU
  • OpenCL 1.2 または CUDA 11 をサポートする GPU
  • NVIDIA/AMD ドライバーのバージョン – GPU の要件に応じて

説明

Studio でのメディア プール クリップの DaVinci Neural Engine ベースのオーディオ分類のサポート。

メディア プールのクリップを右クリックして [オーディオ分類] サブメニューにアクセスし、オーディオ メタデータ ペインでオーディオ分類カテゴリ (ダイアログ、エフェクト、音楽) とエフェクト サブカテゴリを自動的に割り当てます。

分類を使用すると、ソース ファイルを試聴して特定する必要がないため、なじみのない素材をレビューするときに、編集の選択がはるかに速くなります。分析された台詞、音楽、エフェクト用に新しい「コレクション」ビンが提供され、分類されたサウンドにすばやくアクセスできます。

タイムラインごとの高速バックアップのサポート。

変更されたタイムラインは、ローカル、ネットワーク、およびクラウド プロジェクト ライブラリの共同プロジェクトと非共同プロジェクトの両方で自動的にローカルにバックアップできるようになりました。ユーザーは、プロジェクトのバックアップと同様に、タイムラインごとのバックアップを有効にすることができます。タイムライン バックアップは、[プロジェクトの保存と読み込み] の [ユーザー設定] から有効にすることができます。有効にすると、指定した間隔でタイムライン バックアップが作成され、選択した場所にエクスポートされます。ユーザーは、メディア プールのタイムラインのコンテキスト メニューから、バックアップされた状態を表示および復元できます。

新しい 2x 拡張スーパー スケール アルゴリズム。

DaVinci Neural Engine を搭載したスーパー スケールには、非常に高品質の 2 倍出力を備えた新しい 2 倍拡張モードがあります。新しいモードには、ノイズリダクションとシャープネスを調整するためのスライダーもあります。ユーザーは、クリップ属性またはインスペクターから「2x 拡張」モードを選択できます。

ビデオ インスペクタからメディアのスーパー スケール設定を設定する機能。

クリップ属性に加えて、インスペクタのビデオ タブからメディアのスーパー スケール設定にアクセスできます。

メディア プール内のマーカー サブクリップのメタデータ パネル サポート。

メタデータ パネルが、メディア プールのマーカー サブクリップに対して機能するようになりました。メディア プールでマーカー サブクリップを選択して、メディア メタデータ パネルで名前、メモ、キーワード、および色を編集します。

Studio のオーディオからの DaVinci Neural Engine ベースの字幕。

英語のタイムライン オーディオを分析して、テキスト キャプションを新しい字幕トラックに自動的に転記および生成できるようになりました。この機能は、タイムラインの編集時に自動キャプションを使用してタイムライン メニューからアクセスできます。

DaVinci Neural Engine を利用した Studio でのテキストベースの編集。

ユーザーは、メディア プールで 1 つまたは複数のクリップを選択するか、メディア プール ヘッダーの [音声の転写] ボタンをクリックするか、クリップのコンテキスト メニューから選択できます。このアクションは音声を書き起こし、書き起こしダイアログを開きます。ダイアログで、ユーザーはテキストを選択し、マーカーを追加し、一致するメディアをタイムラインに挿入および編集できます。

フラット化されたマルチカムからの勾配がアングルにコピーされます。

マルチカム クリップをフラット化すると、マルチカムに適用されたカラー グレードが下にあるアングルに自動的に適用され、カラー グレードとエフェクトの変更が維持されます。

プロジェクト全体でレンダー キャッシュを管理する機能。

すべてのプロジェクト ライブラリのさまざまなプロジェクトのサイズを簡単に確認し、キャッシュ データを管理するのに役立つ、新しいレンダー キャッシュ管理ウィンドウがあります。このキャッシュ マネージャには、[レンダリング キャッシュの削除] の [再生] メニューからアクセスできます。

システムがリアルタイムで再生できない場合でも、ビデオの更新がよりスムーズになります。

編集タイムラインの再生エンジンは、特に集中的なクリップや低電力のシステムを処理する際に大幅に改善されました。以前は、システム処理が不十分な場合、非常に途切れ途切れのビデオ更新が見られました。ビデオの更新はよりスムーズになり、音声はリアルタイムのままです。

Fusion での USD ベースのワークフローのサポート。

Universal Scene Descriptor USD フレームワークは、共通のコラボレーション形式で 3D シーン情報をやり取り、記述、保存、および解釈するための一連のオープン スタンダードです。また、標準プラグイン、レンダラー (独自の組み込みの Storm GPU レンダラーを含む)、およびその他のフレームワーク ホスト/クライアント インターフェイスも定義します。

DaVinci Resolve と Fusion は、ジオメトリ、照明、カメラ、マテリアル、アニメーションを含む USD (.usdc、.usdz、.usda) 3D 情報をインポートできます。USD ツールの新しいコレクションが Fusion に追加され、ユーザーはこれらの USD ファイルを操作、再ライティング、およびレンダリングできるようになりました。Fusion の新しい USD ツールセットには、次のものが含まれます。

  • uLoader
  • uMerge
  • uTransform
  • uシリンダーライト
  • uディスクライト
  • uディスタントライト
  • uドームライト
  • uRectangle ライト
  • uスフィアライト
  • uイメージプレーン
  • uShape
  • カメラ
  • uRendering

複数のレイヤーを合成および管理するための新しいマルチマージ ツール。

マルチマージを使用すると、複数のフォアグラウンド ソースを合成されたレイヤー スタックとして接続および管理できます。インスペクターから、レイヤーのカスタマイズ、レイヤーの可視性の切り替え、レイヤーの名前の変更を行うことができます。各前景レイヤーには独自のコントロールがあるため、位置、サイズ、適用モードなどの個々のプロパティを変更できます。ユーザーは、レイヤーを右クリックしてマルチマージを分割することもできます (選択範囲の上のレイヤーで新しいマルチマージを作成します)。また、接続されたツールに移動するオプションもあります。

タイムラインごとのカラー管理を解決します。

カスタム設定を使用するタイムラインでは、タイムラインごとにカラー管理設定をオーバーライドできるようになりました。これにより、タイムラインごとに独立したタイムラインと出力カラー スペースを設定し、その他のカラー マネジメント プロパティを設定できます。既存のカスタム タイムラインはすべて、プロジェクトのカラー マネジメント設定に自動的に初期化されます。

ビューアでのマーカー オーバーレイと注釈のサポート。

カラー ビューアは、タイムラインとクリップ マーカーのオーバーレイと注釈をサポートするようになりました。3 ドット オプション メニュー メニューから、マーカー オーバーレイを有効にします。ビューアから注釈モードを選択すると、注釈ツールがツールバーに表示されます。マーカーなしでフレームに注釈を描画すると、新しいタイムライン マーカーが作成されます。

不足している LUT をビューアー オーバーレイとして表示するためのサポート。

不足している LUT を持つクリップは、不足している LUT 警告ダイアログを表示しなくなりました。代わりに、1 つの LUT が欠落している場合、または複数の LUT が欠落している場合、ビューアーは画面の右下に LUT の名前を示すオーバーレイを表示します。これにより、不足している LUT を中断することなくすばやくプレビューできます。不足している複数の LUT は、LUT ギャラリーの [不足している LUT] タブで表示および管理できます。

不足している LUT を LUT マネージャーから管理する機能。

特定のタイムラインとプロジェクトで 1 つまたは複数の LUT が見つからない場合、LUT ギャラリーに新しい「不足している LUT」タブが表示されます。これにより、見つからない LUT のリストを表示して、それに応じて管理できるようになります。

HDR グレーディング中のハイライト モードの動作が改善されました。

HDR ツールを使用してグレーディングするときの、カラー ページのハイライト モードの動作が改善されました。ハイライト モードは、キーヤーとアルファを最後に使用した HDR ゾーンと組み合わせるようになりました。

AI ベースの Resolve FX Relight を使用して Studio に仮想照明を追加します。

新しい DaVinci Neural Engine を搭載した Relight により、撮影後に仮想光源をシーンに配置できます。

ユーザーは Relight ノードを追加して、シーン サーフェス マップを生成し、仮想光源を定義できます。光源は、指向性、点光源、またはスポットライトで、色、表面の柔らかさ、および鏡面性の制御を調整できます。ライトの強度情報は、アルファ チャンネルに配置され、Resolve の既存のグレーディング ツールで使用できます。

複数の光源を追加する場合、ユーザーは最初の Relight ノードでサーフェス マップを生成し、結果を出力し、キー出力から追加の Relight 光源の入力を接続できます。または、ユーザーはマット入力を使用できます。ユーザーは、キャッシュされたサーフェス マップを使用しながら各光源を自由に操作できるため、リアルタイム パフォーマンスが向上します。

Resolve FX グレーディング ノードの自動入出力管理。

カラー グレーディング ノードに適用された Resolve FX プラグインは、プラグインによって必要かつ生成された入力と出力を自動的に設定するようになりました。これにより、これらのプラグインを独立した FX ノードとしてドラッグする必要がなくなります。さらに、ノード グラフ領域の空の領域にドラッグされた Resolve FX プラグインは、エフェクトが適用されたカラー グレーディング ノードを作成するようになりました。FX ノードを作成するには、オプションでプラグインをノード グラフ エリアにドラッグします。

Fairlight での編集およびミックス グループのサポート。

編集グループとミックス グループを使用すると、関連するトラックまたはミキサー チャンネルをグループにまとめて、すべてのグループ メンバーでミックス オートメーションまたは編集操作を実行できるようになりました。グループは入れ子にする (大きなグループの中に小さなグループを入れる) か、一時的に中断することができ、個々のトラック、トラックの小さなグループ、大きなグループにフォーカスをすばやく切り替えることができます。編集タイムラインでは、グループ化された複数のトラックにわたって一度にオートメーションを描画または編集できます。編集、ミックス オートメーション、録音可能、ソロまたはミュートなど、グループ化する属性を選択します。

Elastic Wave のタイム ストレッチに、音声固有のオプションが追加されました。

クリップにエラスティック ウェーブを適用するときに、新しい音声中心のピッチ シフト オプションを選択できます。リタイムするクリップを右クリックし、Elastic Wave、Voice を選択します。既存の「汎用」アルゴリズムは、音声のないクリップに対して引き続き選択できます。

ネスティング VCA のサポート。

VCA をミキサーから他の VCA に割り当てることができるようになりました。

Studio での Dolby Atmos のサポートが強化されました。

Dolby Atmos モニタリングの場合、この更新により、9.1.6 および 5.1.4 形式が追加され、パーソナライズされた HRTF バイノーラル レンダリングがサポートされます。その他の追加機能には、Atmos 再レンダリング機能、5.1 ベースのリアルタイム ラウドネス メータリング、96Khz マスター ファイルのサポートが含まれます。

Soundminer などのアプリケーションからストリーミングおよびスポットする機能。

ユーザーは、Soundminer などの外部音響効果データベース アプリケーションを使用して、選択範囲または音響効果クリップ全体を定義し、それらを Fairlight タイムラインに配置できます。メディアは専用のビンに入れられます。

ユーザーのオーディオ設定を使用して Resolve または外部アプリケーションの両方を個別にモニタリングできますが、代わりに Soundminer AU モニター プラグイン (Mac) または Rewire を使用して、Fairlight の完全なリアルタイム ミックス モニタリングとエフェクト付きルーティングを行うこともできます。

サインインして、DaVinci Resolve から直接 TikTok に動画をアップロードします。

ユーザーは動画を直接 TikTok にアップロードできるようになりました。DaVinci Resolve のシステム環境設定の [インターネット アカウント] タブから TikTok にサインインします。サインインすると、TikTok 配信ページとクイック エクスポート プリセットを使用して直接アップロードできます。

Studio でのリモート監視の改善

DaVinci Resolve Studio 18.5 には、リモート モニタリング用の多くの拡張機能と機能が搭載されています。

ユーザーは、Blackmagic ID とセッション コードを使用して、リモート モニタリング接続を開始できるようになりました。セッションを開始するために、IP アドレスやポート転送を扱う必要がなくなりました。ユーザーは無料の Blackmagic ID にサインアップし、ログインしてこの機能を使用できます。

リモート モニタリング セッションを開始するには、Workspace メニューで Remote Monitoring を選択し、Blackmagic ID アカウントでログインし、コーデックとビットレートを選択して、Start Session を選択します。セッション コードをクライアントと共有して、接続を開始します。セッション ウィンドウから接続が受け入れられると、クライアントはビデオ出力ストリームを表示できるようになります。

DaVinci Resolve Studio は、複数のリモート モニタリング クライアントへの同時ストリーミングをサポートしています。使用される帯域幅は、クライアント接続の数によって異なります。不十分な帯域幅は、すべてのクライアントの再生品質に影響します。

クライアントは、DaVinci Resolve Studio がインストールされた Mac、Windows、または Linux システムのコンピューター ディスプレイで、DaVinci Remote Monitor アプリのネイティブ ウィンドウを使用してストリームを監視できます。

Mac 上の DaVinci Resolve Studio で、モニタリング セッションを開始して実行できるようになりました。Windows および Linux システムでは、監視セッションを開始または表示するために、互換性のある NVIDIA GPU とサポート ドライバーが引き続き必要です。Mac、Windows、および Linux 上のリモート モニタリング アプリには、同じマシン上に DaVinci Resolve Studio のライセンス アクティベーション バージョンが必要です。

この機能を使用するには、DaVinci Resolve Studio で選択したコーデックとプロファイルがクライアント マシンでサポートされている必要があります。

DaVinci Resolve Studio 18.5 の最終リリースに伴い、iPhone および iPad 用の DaVinci Remote Monitor アプリが導入され、デバイスをリモート モニタリング クライアントとして使用できるようになります。

リモートモニタリングは WebRTC を使用して、DaVinci Resolve Studio と複数のクライアント間の接続を開始します。ただし、一部の非常に制限されたネットワーク設定では、セッションの開始が依然としてブロックされる可能性があり、VPN が必要になる場合があります。最高のパフォーマンスを得るには、有線接続をお勧めします。

DaVinci Resolve 用の Rocky Linux 8.6 ベースのインストール環境。

標準化された Linux 環境を探しているユーザーは、DaVinci Resolve Linux インストーラーの Linux インストール手順の注記に示されているように、新しい Linux ISO をダウンロードできます。

最適化された Blackmagic Cloud プロジェクト ライブラリ接続。

DaVinci Resolve 18.5 では、Blackmagic Cloud プロジェクト ライブラリに接続する際のパフォーマンスが向上しています。[設定] > [一般] から、[プロジェクト ライブラリのクラウド データ トラフィックを最適化] オプションを選択し、アプリケーションを再起動します。

MKV コンテナーでの ProRes、AV1、H.264、H.265、MP3、AAC のエンコード サポート。

MKV ファイルをレンダリングする場合、サポートされているシステムのユーザーは、さまざまなビデオおよびオーディオ形式にアクセスできるようになりました。フォーマットのサポートを確認するには、DaVinci Resolve コーデック サポート ドキュメントを参照してください。



https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve Studio 18ベータ6アップデート

DaVinci Resolve Studio 18ベータ6アップデート

今回のソフトウェアアップデートは、Blackmagic RAW 2.6およびARRI Alexa 35カメラのフッテージのサポートを追加。

また、ジャイロの強度調整、スタビライズしたクリップのエイリアス挙動を改善。

キャッシュしたクリップの再生安定性およびエラスティックウェーブ・リタイム処理の性能も向上。

期待したほどジャイロがイマイチな気がしたので、強度調整が出来るようになったのでしょうかね。

メーカーHPからの転載

DaVinciResolve18について

無料のDaVinciResolve18には、DaVinci Resolve Studio 18と同じ高品質の処理がすべて含まれており、無制限の解像度のメディアファイルを処理できます。ただし、プロジェクトのマスタリングと出力はUltraHD解像度以下に制限されます。DaVinci Resolve 18は、WindowsとLinuxでは単一の処理GPUのみをサポートし、最新のMacProでは2つのGPUのみをサポートします。

複数のGPU、4K出力、モーションブラー効果、時間的および空間的ノイズリダクション、インターレース解除、HDRツール、カメラトラッカー、複数のResolve FX、3D立体視ツール、リモートレンダリングのサポートなどの機能が必要な場合は、DaVinciResolveにアップグレードしてください。スタジオ18。

施設の成長に合わせてアップグレードし、より高度な作業を行うことをお勧めします。

プロジェクトライブラリ管理に関する重要な情報

DaVinci Resolve 18には、DaVinciResolve17.4.6以前のバージョンからのプロジェクトライブラリのアップグレードが必要です。アップグレードを実行する前に、既存の(ディスクベースおよびPostgreSQLベースの)プロジェクトライブラリをバックアップすることを強くお勧めします。

DaVinciResolve18の新機能

*でマークされた機能は進行中であり、最終リリースの前に変更される可能性があります。

主な機能

  • クラウドベースのプロジェクトライブラリをホストおよび管理するBlackmagicCloud。
  • BlackmagicIDを使用してインターネット上で安全にコラボレーションします。
  • 同期されたマーカーとコメントを使用してプレゼンテーションをアップロードして確認します。*
  • ファイルを自動的に再リンクするインテリジェントパスマッピングのサポート。
  • ネットワークワークフローのプロジェクトライブラリのパフォーマンスが大幅に向上しました。
  • 特に大規模なプロジェクトで作業する場合のプロジェクトパフォーマンスの向上。
  • ウォッチフォルダ内にプロキシを自動作成するための新しいプロキシジェネレータアプリ。
  • プロキシまたはカメラのオリジナルのどちらを優先するかを選択する機能。
  • サブフォルダ内のプロキシファイルは、メディアプールに自動的に割り当てられます。

メディアと編集

  • 編集ページでのシェイプ、アイリス、ワイプトランジションの反転のサポート。
  • 以下を含む新しい字幕の改善:
    • 時限テキストTTML、XML、および埋め込みMXF/IMF字幕のサポート。
    • メディアストレージから字幕を表示およびインポートする機能。
    • メディアプールからの字幕クリップの再リンクのサポート。
    • トラックごとに複数の同時キャプションを使用した字幕リージョンのサポート。
    • 個々のプリセット、テキストの位置を設定し、リージョン間で直感的に編集します。
    • タイムラインのコンテキストメニューからリージョンを追加、名前変更、管理します。
    • 複数の字幕トラックをTTMLとしてインポート、エクスポート、および埋め込む機能。
  • ビューアに最大25の同時マルチカム角度を表示するためのサポート。
  • [インデックスの編集]にクリップの長さが表示されるようになりました。
  • トリミングされたクリップ範囲の外側のキーフレームをナビゲートする機能。
  • ホットキーを使用してリタイムキーフレームをナビゲートする機能。
  • 無効なタイムライン用のスマートビンフィルター。
  • 所定の位置にレンダリングしてFusionアクションで開くには、ショートカットを割り当てることができます。
  • フュージョンコンポジションのリセットが複数のクリップ選択で機能するようになりました。

  • マジックマスクの新しいオブジェクトマスク機能。
  • 調整クリップとFusionジェネレーターは、カラーマネジメントをバイパスできます。
  • リモートグレーディングセッションでのクリップグループの同期のサポート。
  • 高度なミニパネルから双方向トラッキングをトリガーする機能。
  • 高度なミニパネルでのマットフィネスと3D修飾子のサポート。
  • ドルビービジョンは、高度なパネルでのクリッピングのサポートを強調しています。
  • 高度なパネルからのカラー出力のバイパスのサポート。
  • 高度なパネルからの自動接続されたキーアウトを備えたキーミキサーを追加します。
  • BlackmagicGen5カメラフォーマットのACESサポート。
  • HDRVivid標準のサポート。
  • ACES1.3ではデフォルトで有効になっている参照色域圧縮。

FXを解決する

  • 新しいResolveFXDepth Mapは、Studioで3D深度ベースのキーを生成します。
  • 新しいResolveFXFastNoise。
  • 新しいResolveFXDespill。
  • Studioでワープしたサーフェスを追跡するための新しいResolveFXサーフェストラッカー。
  • 新しいウルトラモードでResolveFXBeautyを改善しました。
  • Resolve FXEdgeDetectionのエッジ強度とフィルター制御が改善されました。
  • ResolveFXTransformの2番目の入力から合成するオプション。
  • FXレンズ反射を解決するための新しいボケプリセット。
  • ResolveFX色収差の緑紫制御。
  • [FXレンズフレアとラジアルおよびズームブラーを解決する]のサイズ認識オプション。

フェアライト

  • プロジェクト設定で固定バスプロジェクトをFlexBusに変換する機能。
  • トラックインデックスを介してミキサー内のトラックとバスを自由に注文する機能。
  • タイムラインでカスタムミリ秒またはサブフレーム間隔を微調整する機能。
  • タイムストレッチオーディオの品質が向上しました。
  • バイノーラルモニタリングを含む、ドルビーアトモスの没入型ミキシングの改善。
  • LinuxおよびAppleシリコン用のドルビーアトモスプロダクションのネイティブサポート。
  • 自動化を可能にし、パラメーターを公開するための独立したコントロール。
  • VCA制御下の自動トラックの動作が改善されました。
  • 設定可能な減衰、ピークホールド、表示モードを備えた改良されたメーター。
  • Ctrlキーを押しながらAltキーを押しながらクリックして、ゲインと弾性波のキーフレームを削除する機能。
  • タイムラインのクリップをダブルクリックして名前を変更する機能。
  • トラックごとのレベルでレコードクリップ名のプレフィックスを設定する機能。
  • リンクされたグループの名前を変更するときに、基になるトラックの名前を変更するためのサポート。
  • 改善されたQコントロールとマウスホイール入力を備えたイコライザー。
  • 強化されたメータリング、ゲイン表示、およびイネーブルコントロールを備えたダイナミクス。
  • FlexBusのドライミックス、ソフトニー、メータリングが改善されたダイナミクス。
  • ミキサーの設定を置き換えてコピーすることでプラグイン管理を改善しました。
  • イコライザーとダイナミクス用の新しい組み込みプリセット。
  • Shiftキーを押しながらクリップをダブルクリックして、編集の選択範囲を広げます。
  • 範囲選択にオーディオゲインを適用するためのサポート。
  • クロスフェード下での波形表示精度の向上。
  • ミックスをバウンスして追跡するときに、発信時間のメタデータが保持されるようになりました。
  • Fairlightデスクトップコンソールでユニティからトリミングするオプション。
  • FairlightデスクトップコンソールでのVCAとバススピルのサポート。
  • LinuxシステムでのFairlightデスクトップコンソールの使用のサポート。
  • コンソールでのFlexBusのスタジオモニタリングサポート。
  • タイムラインの読み込み時にスピーカーをミュートするFairlightコンソールオプション。
  • Fairlightオーディオインターフェースを介したタイムコード追跡のサポート。
  • Fairlightデスクトップコンソールでのユーザービューのサポート。
  • オーディオエディタパネルでのオーディオエフェクトのマッピングが改善されました。
  • オーディオエディタパネルでalt+soloを使用してsolosafeを呼び出す機能。
  • タイムラインメニューでの新しいクリアミュートアクションのサポート。
  • トラックミキサーコントロールを有効にすると、ウィンドウがすでに開いている場合にフォーカスが移動します。
  • グリッドモードとリストモードは、パッチ、バス、およびVCAの割り当てに対して保持されます。

融合

  • 複数のツールのインスペクターでのマルチボタンモードの選択。
  • スクリプト用のすべての最新および将来のPython3バージョンのサポート。
  • Text+カラーピッカーを使用する場合のライブプレビューのサポート。
  • 複数の新しいコンポジションブレンドモード。
  • マスクとストローク用の新しい式アニメーションのカスタムポリモディファイヤ。
  • よりスムーズなストロークでより高速なGPUアクセラレーションペイントツール。
  • 追加のぼかし、グロー、サイズコントロールを備えたより高速な複製ツール。
  • フェードオンとテキストリップルのタイトルパフォーマンスが向上しました。
  • 暗視、グリッチ、テレビ、その他の効果のパフォーマンスが向上しました。

コーデック

  • カスタムプリセットを使用したインターネットアカウントへのビデオアップロードのサポート。
  • モノラルおよびステレオMP3オーディオのエンコードのサポート。
  • クイックエクスポートおよび配信ページの新しいHyperDeckエクスポートプリセット。
  • タイムライン効果を使用して個々のクリップをレンダリングする機能。
  • QuickTimeレンダリングにBlackmagicRAWメタデータを埋め込む機能。
  • 利用可能な場合、カスタム品質およびプロファイルメディア管理オプション。
  • ドルビービジョン互換のH.265クリップのレンダリングのサポート。
  • CMYK形式のTIFFファイルのデコードのサポート。
  • JPEG静止画の記録日時メタデータのサポート。
  • IO EncodePluginSDKでのアルファチャネルのサポート。
  • REDSDK8.2.2のサポート。
  • 新しい1440pYouTubeプリセット。
  • ラウンドトリップのACES色域圧縮をオーバーライドするレンダリングオプション。
  • Main10は、MacのデフォルトのH.265エンコーディングプロファイルになりました。

全般的

  • StudioのWindowsおよびLinuxでの10ビットビューアのサポート。
  • StudioのWindowsおよびLinuxのリモートモニタリングにビデオ出力をストリーミングします。
  • M1およびM1ProでのDaVinciNeuralEngineに対するAppleNeuralEngineのサポート。
  • DaVinciResolveでの韓国語ローカリゼーションのサポート。
  • PostgreSQL13がProjectServerにバンドルされました。
  • コラボレーションチャットのデスクトップ通知のサポート。
  • MacでFinderタグをクリップキーワードとしてインポートするユーザー設定。
  • Final Cut Prov1.10XMLのインポートとエクスポートのサポート。
  • タイムラインのDropboxコメントとマーカー同期のリンクを解除する機能。
  • 再生とレンダリングにより、Macシステムがスリープ状態にならないようになりました。
  • コラボレーションとクラウドでのシステムごとのプロジェクト作業パスのサポート。
  • コラボレーションとクラウドでのシステムごとのレンダリングキャッシュモードのサポート。
  • 現在のプロジェクト設定をデフォルトとして設定するためのサポート。
  • Fusionコンポジションを作成するためのスクリプトAPIサポート。
  • プロジェクトアーカイブをエクスポートするためのスクリプトAPIサポート。
  • タイムライン開始タイムコードを取得および設定するためのスクリプトAPIサポート。
  • 古いメディアビンを検出して更新するためのスクリプトAPIサポート。
  • Camerarawサイドカーファイルを更新するためのスクリプトAPIサポート。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

ファイルを自動的に再リンクするインテリジェントパスマッピング

DaVinci Resolve 18には、クラウドベースのプロジェクトライブラリを使用して、ユーザーとマシン間のパスを自動的にマッピングおよび管理する機能があります。この機能は、プロジェクト設定でデフォルトで有効になっています。

最初のユーザーがプロジェクトにメディアを追加すると、追加のユーザーまたはマシンはすべて、メディアの共有コピーへの再リンクを実行するだけで済みます。DaVinci Resolveは、メディアが他のユーザーのためにオフラインにならないように、これらのパスを自動的にマップします。

ユーザーは、ユーザーとマシン間の共有ロケーションを手動で管理することもできます。これを行うために、最初のユーザーは共有メディアの場所をプロジェクト設定に追加します。これは、DropboxやGoogleドライブなどのサービスを使用する共有クラウドフォルダーである可能性があります。追加のユーザーはすべて、フッテージを再リンクするか、プロジェクト設定を開いてローカルパスをそのメディアの場所に設定することができます。

ウォッチフォルダにプロキシを自動作成する新しいProxyGeneratorアプリ

DaVinci Resolve 18には、新しいProxyGeneratorアプリが含まれています。

1つまたは複数の監視フォルダーをProxyGeneratorに割り当てることができます。Proxy Generatorアプリは、Proxyサブフォルダーで選択したコーデックを使用してQuickTimeプロキシをスキャンして自動的に生成します。

メディアをDaVinciResolveにインポートすると、これらのサブフォルダーで見つかったプロキシは自動的にリンクされ、メディアプールのプロキシとして割り当てられます。これは、メディアをメディアプールにインポートした後にプロキシが生成された場合でも発生します。

プロキシ処理の改善

DaVinci Resolve 18を使用すると、ユーザーはプロキシを優先したり、カメラのオリジナルを優先したりできます。再生メニューで選択した設定に応じて、プロキシとオリジナルの両方が使用可能な場合は、選択したクリップタイプが優先されます。

デプスキーイングとグレーディングのためにFXデプスマップを解決します

Resolve FX Depth Mapは、DaVinci Neural Engineを使用して深度アルファチャネルを生成します。これにより、背景を分離し、特定の深度でオブジェクトを分離し、霧、ポートレートモード、その他の距離効果を作成できます。

カラーページのエフェクトライブラリから、デプスマップをノードに適用し、デプスマッププレビューを有効にして結果を表示し、制限を調整し、特定の深度を分離し、結果をフィネスすることができます。

プレビューを無効にし、OFXアルファを有効にして、後続のノードでアルファ出力を使用することもできます。

反った表面を追跡するためのFX表面トラッカーを解決する

DaVinciResolveStudioの新しいResolveFXSurface Trackerは、柔軟で変形可能な移動面にテクスチャまたはエフェクトを適用します。適用するテクスチャに透明度がある場合は、プラグインをコレクタノードに適用するのではなく、FXノードとしてドラッグする必要があります。

  • [境界]タブでは、テクスチャを適用する領域を選択/作成できます。複雑なサーフェスを定義するために、境界と穴を追加できます。
  • メッシュタブを使用すると、追跡するサーフェス上にメッシュを確立できます。これは、追跡の開始点として機能します。
  • トラックタブは、分析が実行される場所です。動きの速いオブジェクトの動作範囲とメッシュの剛性を調整できます。
  • [結果]タブでは、コンテンツをワープまたは合成するためにワープされたサーフェスをどのように使用するかを制御できます。

新しいウルトラビューティーモードでResolveFXBeautyを改善しました。

ウルトラビューティーモードは、Resolve FX Beautyのデフォルト設定になり、より強力なフィルタリングとより自然な結果が可能になりました。このより強力な効果は、オブジェクトの表面を滑らかにしたり、圧縮アーティファクトを滑らかにしたりするのにも役立ちます。

固定バスプロジェクトをFlexBusに変換する

Fairlightのプロジェクト設定で[固定バスマッピングコントロールの使用]のチェックを外すことで、古い固定バスプロジェクトをFlexBusプロジェクトに変換できます。

このアクションは、プロジェクトのタイムラインをFlexBusに永続的に変換し、元に戻すことはできません。

トラックインデックスからトラックとバスを注文する

トラックとバスをドラッグアンドドロップして、トラックインデックスの順序を自由に変更できるようになりました。この順序は、メーター、ミキサー、フェーダーパネルに反映されます。

単一のスクロール可能なビュー、または調整可能な分割点で示される固定セクションの分割ビューから選択できます。

メーターの減衰、ピークホールド、および表示モードの構成。

Fairlightメーターは、FlexBusプロジェクトでVUレベルとピークレベルを組み合わせたデジタルVUモードになりました。

プロジェクト設定から、フェアライトの下で、IEC 60268-18、デジタルVUを選択するか、独自のカスタムレベル、スケール、および減衰を定義できます。

ミキサーでのプラグイン管理の改善

パン、EQ、ダイナミクス、サードパーティのプラグインの設定をミキサーのトラックとバスの間でコピーできるようになりました。

これは、複数の方法で呼び出すことができます。

  • プラグインダイアログまたはパン、EQ、ダイナミクスのミキサーグラフのコンテキストメニュー。
  • ホットキーShift+Control+CおよびShift+Control + V(MacOSではShift+コマンド)。
  • フルチャンネル設定用のミキサーストリップヘッダーコンテキストメニュー。

改善されたPython3サポート

スクリプト用にインストールされたPythonバージョンの自動検出が更新され、Python 3.3から3.10(および将来のバージョン)のデフォルトのインストールがチェックされるようになりました。

設定されている場合、PYTHONHOME環境変数(または、両方がインストールされている場合は明示的なPYTHON3HOMEとPYTHON2HOME)が考慮されます。DaVinciResolveとFusionStudioで使用されるバージョンを明示的にオーバーライドするには、ベースフォルダーを指すようにFUSION_Python3_Home(以前のFUSION_Python36_Home)を設定できます。

式アニメーションのカスタムポリモディファイヤ

カスタムポリモディファイヤを使用して、Fusionマスクとストロークをすばやく作成およびアニメートできるようになりました。

一般的な式に加えて、カスタムポリゴンは次の関数と変数をサポートしています。

  • (px、py)ソースポリゴンの現在のポイント。
  • ポリゴン上のポイントの変位を表示します。
  • 現在のポイントのインデックス(ゼロベース)のindexとnum、およびポイントの総数。
  • getx(disp)、gety(disp)は、特定の変位からポリライン値にアクセスします。
    • 変位と時間のgetx_at(disp、time)、gety_at(disp、time)。
    • 追加の入力には、get2、get3のバリエーションを使用します。
  • get [rgba] [bdwm](x、y)を使用して、オプションの黒/複製/ラップ/ミラーリングされた結果で画像チャネルにアクセスします。

StudioのWindowsおよびLinuxでの10ビットビューアのサポート。

[設定]の[一般]で、DaVinciResolveStudioでWindowsおよびLinuxのビューアで10ビット精度を有効にできるようになりました。有能なNvidiaまたはAMDグラフィックカード、最新のドライバー、および10ビット対応のディスプレイが必要になります。

StudioのWindowsおよびLinuxのリモートモニタリングにビデオ出力をストリーミングします。

DaVinci Resolve Studioは、ビデオモニタリング出力をリモートのBlackmagicDesignビデオモニタリングデバイスにストリーミングする機能をサポートするようになりました。これには以下が必要です。

  • Nvidiaグラフィックカードを搭載したWindowsおよびLinuxStudioシステム。
  • BlackmagicDesignモニタリングデバイスを搭載したRemoteStudioクライアント。
  • WindowsおよびLinuxクライアントには、Nvidiaグラフィックカードが必要です。

ストリーミングサーバーでは、[一般]の[DavinciResolvePreferences]でリモートストリーミング接続を許可できます。デフォルトでは、TCPポート16410がストリーミング接続に使用されます。

クライアントで、MacのアプリケーションフォルダーまたはWindowsのスタートメニューからDaVinci Resolveフォルダーに移動し、DaVinciRemoteMonitoringアプリケーションを実行します。サーバーマシンのIPアドレスを設定します。クライアントマシンでDeckLinkまたはUltraStudioカードを構成し、開始を押します。

これで、ストリーミングサーバーは着信接続プロンプトを受け入れ、その監視出力のリモートクライアントへのストリーミングを開始できます。

現在、リモートストリーミングは、視聴者のカット、編集、カラーリング、配信を反映しています。ステレオオーディオをストリーミングし、クライアント側にオーバーレイやスコープを表示しません。Mac OSクライアントは、8ビット4:2:0ビデオ形式に制限されています。

 

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



ブラックマジックデザイン各種アプリケーションアップロードされました。

私が使っているアプリケーション3つもアップデートされました。

メーカーHPからの転載

Blackmagic Camera 7.9 アップデート

今回のソフトウェアアップデートは、新製品Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K G2のサポートを追加。また、Pocket Cinema Camera 4K、6K、6K Proモデルの新しいユーザーインターフェース、フォーカスアシストの強度調整スライダーを追加。レンズおよびオートフォーカスの性能も向上。さらに、Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kの全モデルに、Blackmagic Design Zoom DemandおよびFocus Demandのサポートを追加。

このアップデートで、随分使いやすさが増したように思えます。

BlackmagicCamera7.9の新機能

  • Blackmagic Design Pocket Cinema Camera6KG2のサポートが追加されました。

以下のモデルには新機能があります。

Pocket Cinema Camera 4K、6K、6K Pro

  • 新しい更新されたユーザーインターフェイスが追加されました。
  • スライダーによるフォーカスアシスト強度調整のサポートが追加されました。
  • このリリース以降のソフトウェアアップデート後に保持されるカスタムプリセットとLUTのサポートが追加されました。
  • レンズとオートフォーカスのパフォーマンスが向上しました。

Pocket Cinema Camera 6K、6K G2、6K Pro

  • BlackmagicDesignのズームとフォーカスの要求のサポートが追加されました。

BlackmagicRAW2.5の新機能

  • Blackmagic Design Pocket Cinema Camera6KG2のサポートが追加されました。

DaVinci Resolve Studio 18ベータ5アップデート

このソフトウェアアップデートは、Blackmagic Pocket Cinema Camera6KG2のサポートを追加します。

このアップデートでは、AIとカメラジャイロスコープのメタデータを使用してBlackmagic Pocket Cinema Cameraクリップを安定させる機能も追加され、カットページ上のツールとのトリムエディターの相互作用が改善され、ネストされたタイムラインのオーディオ再生が向上し、オーディオレベル調整を行う際のレイテンシーが減少します。DaVinci Resolve 18 Beta 5は、Resolve FXサーフェストラッカーを使用する際のFusionページの安定性を向上させ、オンラインアップロード用のプログレスバーを追加します。

ATEMスイッチャー8.7.1 アップデート

今回のソフトウェアアップデートは、ATEM Mini Pro、ATEM Mini Pro ISO、ATEM Advanced Panelの製造上の改善をサポート。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve Studio 17.4.5 アップデート公開

久しぶりに、DaVinci Resolve の更新を見てみると、公開されていたのを気づかない時があったようです。

最近は、インスタグラムにハマってしまって、YouTubeも映写人も忘れていました。^^;

動画編集自体、あまりやらなくなっていました。

今回、ダウンロードして思ったのですが、ダウンロードに随分時間がかかるようになりましたね。

それだけ、人気が出たのでしょうね。

最初始めた頃は、全然使えないソフトだと思っていました。
バージョン10、位からカメラと連携出来るようになってきたのかな?

今や17ですからね。

月日が経つのも早いものです。

日本語マニュアルも出来たそうで、自分でマニュアルを日本語化していた頃が懐かしいです。


さて、今回のアップデートでは、オーディオトラックがネスト化されたタイムラインの分解を改善、Apple M1 MaxでBlackmagic RAW 12Kファイルのデコードが20%高速化。

また、Sony Veniceで撮影された6K/8Kクリップのデコードをサポート、3Dテキストおよびテキスト+フォントのテキスト処理が向上。さらに、リアルタイム処理されたAAFファイルや異なるフレームレートが混在するAAFファイルの読み込みを改善。

もう、私に関係する内容が無いようって感じですが
パフォーマンスを上げるためにダウンロードしてインストしてみました。

きっと、使える人には凄く使いやすくなったことでしょう。
まあ、私にとっても使いやすくはなっているのですが
オーバースペックにも感じています。

メーカーHPからの転載

DaVinci Resolve 17Studioについて

DaVinci Resolve17.4.5の新機能

  • オーディオ、プラグイン、自動化のためのネストされたタイムライン分解の改善。
  • Sony Venice2からの6Kおよび8Kクリップのデコードのサポート。
  • Appleシリコンでのより高速な12KBlackmagicRAWデコードおよび再生。
  • DaVinciYRGBプロジェクトで出力色空間を設定する機能。
  • DaVinciYRGBプロジェクトのドルビービジョントーンマッピングに対応しました。
  • シネマビューアを使用した後のレイアウトと更新の問題に対処しました。
  • Mac OSMontereyでText +フォントが欠落している問題に対処しました。
  • 特定のTrueTypeフォントから3Dテキストを押し出す際の問題に対処しました。
  • AAFをインポートする際のリタイムと混合フレームレートの問題に対処しました。
  • データバーンインで追加の出力をレンダリングする問題に対処しました。
  • インポートされたDolbyVision 2.9XMLメタデータから適用されないアドレス指定されたトリム。
  • Appleシリコン上の一部のレンダリングされたクリップのProRes422アーティファクトに対処しました。
  • Appleシリコンの一部の長いGOP形式の再生グリッチに対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

    もう、よくわからない内容が沢山並んでいます。^^;

    ちなみに、これで作った動画はインスタにあります。

フォローしていただけると有り難いです。

それでは、ダビンチライフを楽しんでくださいね。❤

 

 
https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve Studio 17.4.2 アップデート公開されました。

DaVinci Resolve Studio 17.4.2 アップデート

今回のアップデートでは、Fusionタイトルおよびエフェクトの再生パフォーマンスを改善。

また、Power Window調整時、地域設定の変更時、古いドライバーのWindowsコンピューターで作業する際のシステムの安定性が向上。

また、WindowsシステムにおけるH.264のレンダリング、VST3プラグインで作業する際やProTools用に書き出す際のパフォーマンスも向上したそうです。

ようやくWindowsでのパフォーマンスがアップされましたね。
良かったよかった。

メーカーHPより転載

DaVinci Resolve17.4.2の新機能

  • Fusionのタイトルとエフェクトの再生パフォーマンスが向上しました。
  • Windowsでオフラインで表示されるH.264クリップの一部に関する問題に対処しました。
  • 作成された日付への変更が保存されない問題に対処しました。
  • 編集ページにインストールされたトランジションの表示の問題に対処しました。
  • クラッシュしたVST3プラグインの起動時の再スキャンに対処しました。
  • 特定のシステム言語でVST3プラグインをスキャンする問題に対処しました。
  • 起動時にライセンスのないオーディオプラグインを再スキャンする問題に対処しました。
  • VST3プラグインによる動的遅延補正の問題に対処しました。
  • インスペクターで誤ってキャッシュされたVST3プラグイン名に対処しました。
  • 一部のプラグインアライアンスVST3プラグインが機能しない問題に対処しました。
  • ロックされたFairlightプラグインウィンドウの位置を保持する問題に対処しました。
  • FairlightページのトラックにEQアイコンが表示される問題に対処しました。
  • Fairlightページに表示されるBチェーングループの問題に対処しました。
  • Fairlightページの旗の色の選択を更新する際の問題に対処しました。
  • Linuxでのマルチチャネルオーディオ出力の問題に対処しました。
  • ドルビーアトモスマスターをインポートした後のプロジェクト保存の問題に対処しました。
  • ハンドル付きのProToolsへのエクスポートの問題に対処しました。
  • 属性を貼り付けた後にパワーウィンドウを移動する際の問題に対処しました。
  • 複数のレイヤーを合成する際の3Dキーヤーの問題に対処しました。
  • ResolveFXハレーションプラグインのグローに関する問題に対処しました。
  • ResolveFXフェイスリファインメントでパワーウィンドウを使用して問題に対処しました。
  • RCMのCanonシネマ色域の問題に対処しました。
  • 一部のFusionタイトルのテキストの配置に関する問題に対処しました。
  • 一部のOpenCLWindowsシステムでのパフォーマンスの低下の問題に対処しました。
  • 最新のREDSDKのサポート。
  • SonyRawクリップの解像度が正しく表示されない問題に対処しました。
  • 一部のMXFファイルをWindowsネットワークストレージにレンダリングする際の問題に対処しました。
  • easyDCPコンポジション名ジェネレーターの問題に対処しました。
  • メディア管理のオーディオクリップとビデオクリップの同期に関する問題に対処しました。
  • アドバンストパネルでパワーウィンドウを回転させたときのクラッシュに対処しました。
  • 異なるロケールを使用する一部のシステムでの起動時のクラッシュに対処しました。
  • Windows上の古いIntelグラフィックスドライバーでの起動時のクラッシュに対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion