ブラックマジックデザイン各種アプリケーションアップロードされました。

私が使っているアプリケーション3つもアップデートされました。

メーカーHPからの転載

Blackmagic Camera 7.9 アップデート

今回のソフトウェアアップデートは、新製品Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K G2のサポートを追加。また、Pocket Cinema Camera 4K、6K、6K Proモデルの新しいユーザーインターフェース、フォーカスアシストの強度調整スライダーを追加。レンズおよびオートフォーカスの性能も向上。さらに、Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kの全モデルに、Blackmagic Design Zoom DemandおよびFocus Demandのサポートを追加。

このアップデートで、随分使いやすさが増したように思えます。

BlackmagicCamera7.9の新機能

  • Blackmagic Design Pocket Cinema Camera6KG2のサポートが追加されました。

以下のモデルには新機能があります。

Pocket Cinema Camera 4K、6K、6K Pro

  • 新しい更新されたユーザーインターフェイスが追加されました。
  • スライダーによるフォーカスアシスト強度調整のサポートが追加されました。
  • このリリース以降のソフトウェアアップデート後に保持されるカスタムプリセットとLUTのサポートが追加されました。
  • レンズとオートフォーカスのパフォーマンスが向上しました。

Pocket Cinema Camera 6K、6K G2、6K Pro

  • BlackmagicDesignのズームとフォーカスの要求のサポートが追加されました。

BlackmagicRAW2.5の新機能

  • Blackmagic Design Pocket Cinema Camera6KG2のサポートが追加されました。

DaVinci Resolve Studio 18ベータ5アップデート

このソフトウェアアップデートは、Blackmagic Pocket Cinema Camera6KG2のサポートを追加します。

このアップデートでは、AIとカメラジャイロスコープのメタデータを使用してBlackmagic Pocket Cinema Cameraクリップを安定させる機能も追加され、カットページ上のツールとのトリムエディターの相互作用が改善され、ネストされたタイムラインのオーディオ再生が向上し、オーディオレベル調整を行う際のレイテンシーが減少します。DaVinci Resolve 18 Beta 5は、Resolve FXサーフェストラッカーを使用する際のFusionページの安定性を向上させ、オンラインアップロード用のプログレスバーを追加します。

ATEMスイッチャー8.7.1 アップデート

今回のソフトウェアアップデートは、ATEM Mini Pro、ATEM Mini Pro ISO、ATEM Advanced Panelの製造上の改善をサポート。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve Studio 17.4.5 アップデート公開

久しぶりに、DaVinci Resolve の更新を見てみると、公開されていたのを気づかない時があったようです。

最近は、インスタグラムにハマってしまって、YouTubeも映写人も忘れていました。^^;

動画編集自体、あまりやらなくなっていました。

今回、ダウンロードして思ったのですが、ダウンロードに随分時間がかかるようになりましたね。

それだけ、人気が出たのでしょうね。

最初始めた頃は、全然使えないソフトだと思っていました。
バージョン10、位からカメラと連携出来るようになってきたのかな?

今や17ですからね。

月日が経つのも早いものです。

日本語マニュアルも出来たそうで、自分でマニュアルを日本語化していた頃が懐かしいです。


さて、今回のアップデートでは、オーディオトラックがネスト化されたタイムラインの分解を改善、Apple M1 MaxでBlackmagic RAW 12Kファイルのデコードが20%高速化。

また、Sony Veniceで撮影された6K/8Kクリップのデコードをサポート、3Dテキストおよびテキスト+フォントのテキスト処理が向上。さらに、リアルタイム処理されたAAFファイルや異なるフレームレートが混在するAAFファイルの読み込みを改善。

もう、私に関係する内容が無いようって感じですが
パフォーマンスを上げるためにダウンロードしてインストしてみました。

きっと、使える人には凄く使いやすくなったことでしょう。
まあ、私にとっても使いやすくはなっているのですが
オーバースペックにも感じています。

メーカーHPからの転載

DaVinci Resolve 17Studioについて

DaVinci Resolve17.4.5の新機能

  • オーディオ、プラグイン、自動化のためのネストされたタイムライン分解の改善。
  • Sony Venice2からの6Kおよび8Kクリップのデコードのサポート。
  • Appleシリコンでのより高速な12KBlackmagicRAWデコードおよび再生。
  • DaVinciYRGBプロジェクトで出力色空間を設定する機能。
  • DaVinciYRGBプロジェクトのドルビービジョントーンマッピングに対応しました。
  • シネマビューアを使用した後のレイアウトと更新の問題に対処しました。
  • Mac OSMontereyでText +フォントが欠落している問題に対処しました。
  • 特定のTrueTypeフォントから3Dテキストを押し出す際の問題に対処しました。
  • AAFをインポートする際のリタイムと混合フレームレートの問題に対処しました。
  • データバーンインで追加の出力をレンダリングする問題に対処しました。
  • インポートされたDolbyVision 2.9XMLメタデータから適用されないアドレス指定されたトリム。
  • Appleシリコン上の一部のレンダリングされたクリップのProRes422アーティファクトに対処しました。
  • Appleシリコンの一部の長いGOP形式の再生グリッチに対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

    もう、よくわからない内容が沢山並んでいます。^^;

    ちなみに、これで作った動画はインスタにあります。

フォローしていただけると有り難いです。

それでは、ダビンチライフを楽しんでくださいね。❤

 

 
https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve Studio 17.4.2 アップデート公開されました。

DaVinci Resolve Studio 17.4.2 アップデート

今回のアップデートでは、Fusionタイトルおよびエフェクトの再生パフォーマンスを改善。

また、Power Window調整時、地域設定の変更時、古いドライバーのWindowsコンピューターで作業する際のシステムの安定性が向上。

また、WindowsシステムにおけるH.264のレンダリング、VST3プラグインで作業する際やProTools用に書き出す際のパフォーマンスも向上したそうです。

ようやくWindowsでのパフォーマンスがアップされましたね。
良かったよかった。

メーカーHPより転載

DaVinci Resolve17.4.2の新機能

  • Fusionのタイトルとエフェクトの再生パフォーマンスが向上しました。
  • Windowsでオフラインで表示されるH.264クリップの一部に関する問題に対処しました。
  • 作成された日付への変更が保存されない問題に対処しました。
  • 編集ページにインストールされたトランジションの表示の問題に対処しました。
  • クラッシュしたVST3プラグインの起動時の再スキャンに対処しました。
  • 特定のシステム言語でVST3プラグインをスキャンする問題に対処しました。
  • 起動時にライセンスのないオーディオプラグインを再スキャンする問題に対処しました。
  • VST3プラグインによる動的遅延補正の問題に対処しました。
  • インスペクターで誤ってキャッシュされたVST3プラグイン名に対処しました。
  • 一部のプラグインアライアンスVST3プラグインが機能しない問題に対処しました。
  • ロックされたFairlightプラグインウィンドウの位置を保持する問題に対処しました。
  • FairlightページのトラックにEQアイコンが表示される問題に対処しました。
  • Fairlightページに表示されるBチェーングループの問題に対処しました。
  • Fairlightページの旗の色の選択を更新する際の問題に対処しました。
  • Linuxでのマルチチャネルオーディオ出力の問題に対処しました。
  • ドルビーアトモスマスターをインポートした後のプロジェクト保存の問題に対処しました。
  • ハンドル付きのProToolsへのエクスポートの問題に対処しました。
  • 属性を貼り付けた後にパワーウィンドウを移動する際の問題に対処しました。
  • 複数のレイヤーを合成する際の3Dキーヤーの問題に対処しました。
  • ResolveFXハレーションプラグインのグローに関する問題に対処しました。
  • ResolveFXフェイスリファインメントでパワーウィンドウを使用して問題に対処しました。
  • RCMのCanonシネマ色域の問題に対処しました。
  • 一部のFusionタイトルのテキストの配置に関する問題に対処しました。
  • 一部のOpenCLWindowsシステムでのパフォーマンスの低下の問題に対処しました。
  • 最新のREDSDKのサポート。
  • SonyRawクリップの解像度が正しく表示されない問題に対処しました。
  • 一部のMXFファイルをWindowsネットワークストレージにレンダリングする際の問題に対処しました。
  • easyDCPコンポジション名ジェネレーターの問題に対処しました。
  • メディア管理のオーディオクリップとビデオクリップの同期に関する問題に対処しました。
  • アドバンストパネルでパワーウィンドウを回転させたときのクラッシュに対処しました。
  • 異なるロケールを使用する一部のシステムでの起動時のクラッシュに対処しました。
  • Windows上の古いIntelグラフィックスドライバーでの起動時のクラッシュに対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve Studio 17.4 アップデート公開

DaVinci Resolve Studio 17.4 アップデート公開

私が見た限り、結構かゆいところに手が届くようになってきている気がします。
ソフトインストール後、新機能の紹介など出て親切な感じも醸し出しています。

詳細をクリックするとメーカーHPに行くのですが
英語表記なので、私には難しいかな。

続けるをクリックすると

この表示が出ます。

私が一番気になったのは、字幕の調整がしやすくなったこと

これは本郷に有り難いです。

他にも多くの機能が備わりました。
全然覚えられませんが、下記をご覧いただき
使える物をご利用ください。

アップルのM1チップに力を入れている感じもありますね。
こうなってくるとMacも使ってみたい気もします。

メーカーHP転載

今回のソフトウェアアップデートでは、M1 Pro/M1 Maxチップ搭載のApple MacBook Proモデルをサポートしたほか、テキスト+ツールに言語&レイアウトを追加するなど字幕機能も向上。さらに、非対称トリムおよび自動カラーマネージメントの強化、新しいResolveFX、Steinberg VST3オーディオプラグインのサポート、YouTubeビデオチャプターの書き出しなど、多くの機能を追加

無償バージョンの新機能に加え、DaVinci Resolve Studioには、Dropbox Replayの統合、DaVinci Resolve Speed Editorでマルチカムアングルを切り替えられる機能、ACES 1.3のサポート(色域圧縮を含む)も追加。さらに、ResolveFXにフィルムハレーションが新たに追加され、Windows Intelシステムのデコード&エンコードも高速化。

DaVinci Resolve 17Studioについて

DaVinci Resolve17.4の新機能

主な機能

  • Apple M1ProおよびM1MaxでハードウェアアクセラレーションされたAppleProRes。
  • MacOSMontereyでのDaVinciニューラルエンジンのパフォーマンスが向上しました。
  • サポートされているMacBookProでのネイティブHDRビューアと120Hzの再生。
  • ネイティブDropboxおよびDropboxReplayとレンダープリセットの統合。
  • マーカー、コメント、注釈をDropboxおよびDropboxReplayと同期します。
  • タイムラインマーカーをYouTubeビデオまたはQuickTimeチャプターとしてエクスポートします。
  • さらに多くのオーディオエフェクトにアクセスできるSteinbergVST3のサポート。
  • SDRおよびHDR選択による簡素化された自動カラーマネジメント設定。
  • 改善された3Dキーヤーとマットフィネスコントロール。
  • フィルムハレーションとカスタムミキサーを含む新しいResolveFX。
  • 結合されたグリフ、右から左へのテキスト、および垂直レイアウトのText +サポート。
  • 字幕は、背景のサイズを自動的に変更し、親のタイムラインに分解できます。

Apple M1ProおよびM1Max

  • Apple M1ProおよびM1MaxでハードウェアアクセラレーションされたAppleProRes。
  • MacOSMontereyでのDaVinciニューラルエンジンのパフォーマンスが向上しました。
  • よりスムーズな120HzUIとM1ProおよびM1Max MacBookProでの再生。
  • M1ProおよびM1Max MacBookProのネイティブHDRビューア。
  • MacOSのネイティブフルスクリーンモード。

ドロップボックス

  • DaVinciResolveプリファレンス内のDropboxログイン。
  • ドロップボックスとドロップボックスリプレイのプリセットをバックグラウンドアップロードでレンダリングします。
  • コメントと注釈をStudioのDropboxReplayと同期します。
  • StudioのDropboxとマーカーとコメントを同期します。

編集

  • 字幕とキャプションの背景は、テキストコンテンツに合わせて自動サイズ変更されるようになりました。
  • ネストされたタイムラインの字幕トラックは、メインタイムラインに分解されるようになりました。
  • 新しい字幕キャプションを追加すると、テキスト領域に自動的にフォーカスされるようになりました。
  • シンプルなタイトルとサブタイトルは、AppleSiliconシステムの方が高速です。
  • タイムラインの位置曲線の入出力機能が改善されました。
  • インプレースレンダリング操作の効果とグレードを含めるオプション。
  • スピードエディタを使用して、編集ページでマルチカム角度を切り替えます。
  • タイムラインギャップの選択をマークする機能。
  • Fairlightページで作成された非対称オーディオトランジションを編集します。
  • cmd / ctrlを使用して、ビデオとオーディオのトランジションを非対称にトリミングします。
  • Shift +マウスドラッグを使用して、オーディオクリップのゲインを微調整します。
  • オーディオクリップへのリタイム属性の貼り付けのサポート。
  • オーディオ同期を最初のタイムコード一致に制限するオプション。
  • インスペクタで各モードにカーソルを合わせて、複合モードをプレビューします。
  • インスペクターでクリップごとのインターレース解除品質を設定する機能。
  • 新しいスクエアアイリストランジション。
  • 形状遷移のカスタムアスペクト比制御のサポート。
  • ビューアのFusionツールのオーバーレイが改善されました。
  • インスペクターでのFusionエフェクトとText +の元に戻すサポートが改善されました。
  • エフェクトテンプレートのフォルダベースの編成のサポート。
  • 前/次のタイムラインタブに移動するための新しいカスタマイズ可能なキーアクション。
  • ミドルクリックでタイムラインタブを閉じる機能。
  • カットビューアのエフェクトパネルからジェネレータとタイトルをプレビューします。

  • カラーマネジメントプロジェクトの自動モードのサポート。
  • ACES 1.3、色域圧縮、および新しいCSC変換のサポート。
  • 新しいモード、より優れた選択/ストロークロジック、ライブフィードバックを備えた新しい3Dキーヤー。
  • 更新されたマットフィネスコントロールを備えた改良されたHSLおよびルマキーヤー。
  • トラッカーとマジックマスクのシングルアクションで前後を追跡します。
  • ノードのツールチップに、LUTとエフェクトタイプが存在することが示されるようになりました。
  • 新しいリンクをレイヤーミキサーとキーミキサーにドラッグすると、ノード入力が自動的に作成されます。
  • キーリンク上でカラーノードをドラッグすると、キーからRGBへの接続が作成されます。
  • 切り替えを高速化するために、個別のプライマリツールアイコンとセカンダリツールアイコンを追加しました。
  • ドルビービジョン分析またはトリムを使用したタイムラインクリップのクリップフィルター。
  • 無効にされたクリップは、タイムラインに灰色で表示されるようになりました。
  • カメラLUTおよびCDLをARRIMXFProResクリップに適用するためのサポート。
  • プリンタの点灯状態は、アプリケーションを再起動しても持続するようになりました。
  • タイムラインのマーカーに移動すると、マーカーの中央に自動スクロールするようになりました。

FXを解決する

  • フィルムハレーションは、スタジオでフィルムストックの反射と散布をエミュレートします。
  • エフェクトとグレードをより細かく制御して組み合わせるカスタムミキサー。
  • 編集とFusionの3D、HSL、Lumaキーヤーが改善されました。
  • 既存のキーヤーのノイズ処理とキーの改良が改善されました。
  • ソースとターゲットを整列する機能を備えたパッチリプレースメントが改善されました。
  • インタラクティブなプレビューとグレインフリーズオプションを備えたフィルムグレイン。

フェアライト

  • MacOSおよびWindowsでのSteinbergVST3オーディオエフェクトのサポート。
  • ミキサーでエフェクトを並べ替えたり、移動したり、複製したりする機能。
  • 部分的なフェードのあるクリップ範囲のコピーのサポート。
  • 片面オーディオトランジションがフェードとして表示されるようになりました。
  • Linuxでのマルチチャンネルオーディオ出力のサポート。
  • 波形表示は、トラックの高さが低く、ズームレベルが低い場合に表示されます。
  • タイムラインのキーフレーム選択をShiftキーを押しながらクリックしてcmdキーを押しながらクリックする機能。
  • 前または次のタイムラインマーカーに移動すると、マーカーが選択されるようになりました。
  • Fairlightミキサーのデフォルトの処理順序が改善されました。
  • 自動化曲線は、自動化が存在しない場合の現在の値を表示します。
  • 編集選択モードで編集カーソルが点滅します。
  • クリップインデックスの列の順序と検索動作が改善されました。
  • エディターキーボードとスピードエディターによるジョギング、スクロール、シャトルの改善。
  • Fairlight FXメーターは、サイズ変更可能なディスプレイと改良されたチャンネルラベルを備えています。
  • Blackmagicモニタリングデバイスを使用する際のオーディオパフォーマンスが向上しました。

融合

  • 結合されたグリフと右から左への言語レイアウトのText +サポート。
  • 改善された垂直Text +レイアウト、垂直グリフ、回転、および線の方向。
  • テキスト+文字のグループ化、間隔、下線、および境界線が改善されました。
  • Text +は、サポートされているフォントの文字ごとのスタイルセットをサポートしています。
  • Text +の古いスタイルの数値を含むOpenType機能のサポート。
  • キャラクターのスタイリングとアニメーションのための複数のText +の改善。
  • カーソルを合わせると、エフェクトパネルにツールの説明が表示され、ツールウィンドウが追加されます。
  • グリッドワープのデフォルトのトラッカー検索とパターンサイズが改善されました。
  • トラッカーオプションの新しい検索領域スケールスライダー。

コーデックとファイルI / O

  • YouTubeレンダリングプリセットのエンコード設定が改善されました。
  • タイムラインマーカーの色をYouTubeビデオチャプターとしてエクスポートするオプション。
  • タイムラインマーカーの色をQuickTimeチャプターマーカーとしてエクスポートするオプション。
  • QuickTimeおよびMP4クリップでのopusオーディオのデコードのサポート。
  • AppleSiliconでハードウェアアクセラレーションされたPanasonic8KAVCデコード。
  • ARRIARXクリップのデコード速度が向上しました。
  • ハードウェアアクセラレーションされたH.265は、Windowsの無料バージョンでエンコードします。
  • H.264は、StudioでサポートされているNvidiaシステムでプロファイルオプションをエンコードします。
  • H.264 / H.265は、サポートされているWindowsIntelシステムのビットレート制御をエンコードします。
  • Studioを使用したWindowsIntelシステムでのハードウェアアクセラレーションの高速化。
  • ZIP1圧縮を使用したEXRのレンダリングのサポート。
  • DCP / IMF構成の命名オプションにカスタム言語を追加する機能。
  • DCPの命名に承認されたオペレーター/評価/地域リストを使用する機能。
  • IOエンコードプラグインSDKでのマーカーのサポート。
  • SonyXAVCイントラクリップの再エンコードをバイパスする機能。
  • サードパーティのXMLワークフローのコメントメタデータの保持が改善されました。
  • ツールチップを使用したレンダリングジョブ名の表示が改善されました。

全般的

  • オーディオアイコンを右クリックして、メディアの音量、色、配信ページを調整します。
  • メディアストレージのシーケンシャル画像形式を静止画またはクリップとして自動識別します。
  • 名前を付けて保存を呼び出すときに、既存のプロジェクトを上書きするように求めます。
  • 使用情報ツールチップを使用したPostgreSQLデータベースのロックされたプロジェクトインジケーター。
  • プロジェクトマネージャーからPostgreSQLデータベースのクローンを作成する機能。
  • プロジェクトマネージャーからPostgreSQLアクセスキーをエクスポートする機能。
  • AAFをインポートするときに現在のタイムラインにインポートするオプション。
  • ビデオクリップのインスペクタープロパティにアクセスするためのスクリプトAPIサポート。
  • タイムライン上の再生ヘッドの位置を設定するためのスクリプトAPIサポート。
  • ビデオクリップのカラーバージョンを取得するためのスクリプトAPIサポート。
  • レンダリングジョブAPIにアップロードステータスを反映するためのスクリプトAPIサポート。
  • レンダリングジョブでネットワーク最適化を設定するためのスクリプトAPIサポート。
  • MacOSでのH.264マルチパスエンコードオプションのスクリプトAPIサポート。
  • MediaInノードにクエリを実行する際のスクリプトプロパティセットが改善されました。
  • Vimeoログインの問題に対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

 

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve Studio 17.3.2 アップデート公開

DaVinci Resolve Studio 17.3.2 アップデート公開されました。

今回のソフトウェアアップデートは、Blackmagic RAW 2.2をサポート、カラーワーパーツール使用時の安定性が向上、広色域カラースペースにおけるハイライトのレンダリングを改善。
また、Fairlightのクリップ名に関する機能の改善に加え、EQ・オートメーション調整のロードの信頼性、全体的なパフォーマンスおよび安定性も向上されたそうです。

詳細はメーカーHPからの転載

DaVinci Resolve 17Studioについて
DaVinci Resolve17.3.2の新機能
Blackmagic RAW SDK2.2のサポート。
カラーワーパー使用時の不安定性の問題に対処しました。
DaVinci WideGamutを使用する際の誤ったHDRハイライトに対処しました。
Fairlightタイムラインで記録されたクリップの命名の問題に対処しました。
リンクされたトラックでのキャッシュされたオーディオエフェクトの誤ったリロードに対処しました。
Fairlightで欠落しているEQおよびその他の自動化の問題に対処しました。
特定のAMDドライバーの誤ったFairlightSpaceview表示に対処しました。
Fusionトラッカー修飾子を使用した後の潜在的なフリーズに対処しました。
小さな画像でのFusion平面変換の問題に対処しました。
Appleシリコンシステムでのレンダリングのアップロードに関する問題に対処しました。
Appleシリコンシステムの従来のスタビライザーの問題に対処しました。
AppleシリコンシステムでのLUT生成に関する問題に対処しました。
特定のXAVCクリップをデコードする際のフレームの順序が狂っています。
不正な形式のCLFLUTのインポートに関する問題に対処しました。
一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



写真や映像ば楽しむバイ!

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。