HSTC(ホンダ・セレクタブル・トルク・コントロール)を肌身で感じた瞬間。

HSTC(ホンダ・セレクタブル・トルク・コントロール)ってご存知ですか?

私も良くわからないので、メーカーHPを転載いたします。

Honda セレクタブル トルク コントロール

加速時の後輪スリップを抑制し、安定感をもたらす

後輪への駆動力レベルを必要に応じて任意に選択し、加速時の安定感を高めるHonda セレクタブル トルク コントロール。前・後輪の車輪速センサーが算出した後輪のスリップ率がライダーの選択した所定のレベル以上となった場合、ECUが後輪のタイヤがスリップしたと判断し、燃料噴射量を最適にコントロール。エンジントルクを最適化して後輪スリップを抑制し、すべりやすい路面や加速時の安心感を高めている。システム作動はインジケーターの点滅で知らされ、左ハンドルのスイッチでON/OFFの選択ができる。
はい、それがどうしたと言われそうですが、先日肌身で体験できたので、記録として残します。

それは、買い物へ行った帰りの出来事でした。
車が混んできたと思ったら、先で工事車両が停まっていました。

普段なら、おとなしく車の後尾に停まっているのですが
その時は魔が差して、するするとすり抜け、最前列の車の前まで出たのですが、流石に申し訳なく感じて左隅の水路の蓋の上に停車しました。

すぐ、信号が変わったのでフルスロットルで、その場を離れようとした瞬間、後輪がスライドし始めました。
普通ならすぐ、スロットル戻してグリップを待つのですが
不思議なことに、それ以上パワーも出ず、ピクピクと動く感じで降臨がグリップするまで、チョロチョロと出ました。
本当に不思議な感覚。
今まで体験したことがない感覚でした。
その映像が、ドラレコに残っていたので検証してみました。

映像では殆どわからないのですが、エンジン音を聞いてみるとフルスロットルしたはずが、音がこもっているのですよね。

そして、映像スピードを半分にして検証してみると、ピクピク動いた瞬間、カチカチという音が聞こえています。
そして、グリップした瞬間からエンジン音が伸びています。

この感覚は、体験してみないとわからないですね。
ABSが、停まる時に必要な安全機構でスリップしないようにブレーキングするのに対してHSTCは、走り出しなど後輪にトラクションがかかりすぎた時(前輪の動きに対して動きすぎる時)にアクセルを制御してスリップさせないように走る機能なので、目的は違っていても、動き的には似ているのかもしれないですね。

もし、この機能が無かったとしても、無事に走り出せたと信じたいですが、まかり間違ってテールスライドしながら転倒して、後続車に引かれるというシチュエーションがあったかもしれません。
それを考えると、とても必要な機能だと感じました。

最近では、HONDAはPCXにもトラコンを装備したそうで、流石HONDAという感じですね。



バイクブログ13本UPして、色々思ったこと。

今年の4月11日に、バイクブログを始めてから、13本UPしました。
そんな中、色々思うこともあったので、お話させていただきます。

一本目は、私が話すよりお店の方の説明だったので、そこそこの閲覧数がありました。
その後は、視聴数も少ないですが、バイクブログを始める前から比べると多くなった方ですね。
昨年の、ゲーム実況に比べたら全然多いです。

視聴数で、どういう傾向が見られるかと言うと、部品の取り付け物は人気ありますね。
意外なのは、風景の綺麗な場所でバイクの撮影をした映像は、見てもらえない。^^;
そして、究極なのは、ただ走るだけの映像は意外と人気あると言うことです。

タダでさえ面倒くさがりの私としては、12話までの映像作りは地獄でした。
本当、よくここまでやってきたなぁと思いました。

最後の最後13話で、私が得意とするトリッパ映像。
これで、一生懸命作った映像より見てもられるのであれば、今後もコレで行こうかなと思いました。

結局は、自分が乗っている気分になれる映像って楽しいのですよね。
私もそうでした。

そして、ツーリング動画であれば、行った先の楽しさや、人との交流映像が楽しいですね。
ぼっちツーリングの私には、撮れない映像ばかりです。

撮影時に一番困ったのが、綺麗な音が録れない。
自前のレコーダー使ったりしたのですが、風切り音が凄くて声が全然聞き取れない。
モトブログやっている人達の道具なんかを見ましたが、安いマイクをGoProにつないだだけなんですよね。
ヘルメットがボロいのか?
確かに安価なヘルメットなので、そうなのかもしれません。

そして目線カメラが良いと言うことで、13話では、Insta360GO2を多用しました。
いつもより、綺麗な映像だったので、字幕なんぞつけたくないと思い、ただ走るだけの動画にしました。

これは、編集も殆どしないしUPするだけなので、本当に楽。
これからもInsta360GO2を使っていこうと思います。

何故かGoProだけは、着けたくない。
あんなデカイものをヘルメットに着けて走るなんて、私には無理。
出来るだけ、シンプルにやりたい。

最初の装備品と変わった物は、インカムです。
中華物の一番人気の機種でしたが、コレには感動。
電池が全然減らない。
以前のインカムもどきはすぐ電池切れで一日もたなかったですからね。

もし声を入れる時は、アフレコにします。
喋りながらバイクを運転していると、やっぱり注意散漫になります。
色々な装備品を扱いながら運転することになりますから。

これから撮って行く動画のアイデアは沢山あったのですが
最初に予定していた、綺麗処を呼んでの撮影も、スケジュールが合わず実行できていないし。
実際、自分が思ったバイクになったのは、昨日でした。(2021年6月2日)

ですから、これから私流のMF15を紹介する動画を撮っていきたいと思っています。
私、動画で話すの苦手だし、うまく喋ることが出来ないので
出来れば、字幕だけで行きたいと思っています。
そのまえに、イメージ動画も撮りたいしね。

やっぱり、私には登録などのお願いはちょっと厳しいです。
そこまでやって、見てもらおうなんて全然思ってなかったですが
せっかくやるのであれば見てもらいたいと言う気持ちもあって、頑張りましたが
精神的に病んで来そうなので、自分流で動画作っていこうと思いました。

結局、私にはモトブログもそうですが、YouTuber的動画作成は向いていないと言う事でした。^^;
なんか新しいタイプの動画を作れないかと思案中。
こんなに、苦労してやるつもりは最初からなかったですしね。
良いアイデアあったら教えて下さい。
下記に、13本全部リンクしてみました。
良かったご覧ください。

第一話[ モトブログ始めました]MF15Forza 納車説明

第二話[モトブログ]MF15Forzaドラレコ取り付け(Blueskysea DV988)

第三話[モトブログ]MF15Forza(Semspeed 6段調整 ブレーキ クラッチ ショート レバー /パーキングブレーキレバー取り付け)

第四話[モトブログ]宗像大社にてお祓いの為のプチツーリング(MF15Forza)

第五話「バイクも良いけどお馬もね」モトブログ?(MF15Forza)

第六話[モトブログ ]エンデュランスマルチバー取り付けとトップカバーをダイソーの工具で加工してみた。「MF15Forza」

第七話[モトブログ]MF15Forzaオーナー必見!!コレを知らないと泣きを見る。(電源取り出しと蓋の開閉のやり方伝授)

第八話[モトブログ]呼子・加部島・糸島半島ロケハンの旅(前半)

第九話[モトブログ]呼子・加部島・糸島半島ロケハンの旅 後半

第十話[モトブログ]バックモニターを取り付けた話。(MF15Forza)

第十一話[モトブログ]脳筋女ヤトさん紹介の五重塔へ行ってみた!!「Forza250MF15]

第十二話[モトブログ]福岡市内のランドマークでバイクの撮影をしました。「Forza250MF15]

MF15 Forza250走る #13



DaVinci Resolve Studio 17.2.1 アップデートが公開されました。

DaVinci Resolve Studio 17.2.1 アップデート

メーカーHPからの転載

今回のソフトウェアアップデートでは、ネットワークストレージデバイスを使用する際の再生パフォーマンス、およびカラーパネルを使用する際のHDRパレットの応答性を改善。
また、長尺のタイムラインにおけるオーディオ再生の信頼性、ノーマライズした32-bitオーディオの波形表示の正確性、WindowsシステムにおけるMKVクリップの再生も改善。

詳細はこちらから

DaVinci Resolve 17.2.1の新機能

  • ネットワーク ストレージ デバイスでの再生パフォーマンスが向上しました。
  • ビデオ監視デバイス使用時の起動パフォーマンスが向上しました。
  • Fusion テンプレートをスキャンするときの起動パフォーマンスが向上しました。
  • コントロール パネルを使用して HDR プロパティを変更するときのラグに対処しました。
  • 正規化された 32 ビット オーディオのクリップされた波形の問題に対処しました。
  • ラウドネスの正規化動作が正しくない問題に対処しました。
  • FlexBus プロジェクトでの 192 KHz でのオーディオの録音に関する問題に対処しました。
  • Windows で MKV クリップを再生するときのオーディオの途切れに対処しました。
  • ラウンド トリップ ワークフローの AAF 内の誤ったリンクされたオーディオ名に対処しました。
  • 大きなタイムラインを再生するときの一時的なオーディオ ドロップアウトに対処しました。
  • DRT タイムラインをインポートするときのメディアの再リンクに関する問題に対処しました。
  • 再起動間で MIDI I/O 設定が保持される問題に対処しました。
  • 虹彩と形状の遷移の方向を反転する問題に対処しました。
  • プロジェクトのリロード時に複合クリップのリモート グレードが失われる問題に対処しました。
  • 一部の画像シーケンスでの誤った Fusion ローダーの動作に対処しました。
  • Fusion ビューアの LUT での誤ったプレビュー結果に対処しました。
  • drfx バンドルでの LUT ファイルのロードに関する問題に対処しました。
  • テンプレートの新しいコンテンツの更新に関する問題に対処しました。
  • アプリケーションの再起動間で UI レイアウトが保持される問題に対処しました。
  • 字幕サイドカー ファイルを新しいフォルダーにエクスポートする際の問題に対処しました。
  • コラボレーションでインアウト範囲を無視するレンダリング ジョブの問題に対処しました。
  • メディア管理で Arri Raw MXF クリップをトリミングする問題に対処しました。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

    ダビンチで、音を扱うのが難しいと思っているので、少しでも使いやすくなっているのは、とても有難いバージョンアップだと思いました。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



日本の女性ロックバンドが熱いNo2  NEMOPHILA

先日は、LOVEBITESの話題が結構人気だったようなので、今回はNEMOPHILAについてお話します。

今回の、お話はNEMOPHILAサードシングル「DISSENSION」が海外の方たちに受けていると言うお話です。
まずは、その曲をお聞き下さい

YouTubeでの彼女たちの活動は、カバーが主ですが、ちゃんとライブやシングルも出していて、そのサードシングルが、結構来ているようで、画作りもカッコよく作られています。

作詞:She-knows 作曲/編曲:秋山健介さんと言うことで、かなり力の入った曲になっています。

ヴォーカルのMayuさんも、今回かなり過激なファッションで、座り姿からステージ入りして、マイクを取り上げスクリームから入る演出が曲にマッチして良い感じに始まります。

むらたたむさんのダブルバスドラとギター・ベースのイントロも今までに無い雰囲気を醸し出しています。

海外のリアクションを見ると、最初のスクリームの時に画面が揺れながらアップになっていくところを目をまん丸くしてみているようですね。

そして、途中でスクリームからクリーンボイスになるところも、好まれている要因のようです。
クリーンボイスなんだけど、言葉の端々に歪みが生じるような歌い方がとても素敵です。

そして、メンバー全員で歌うところも、トランジションが効いていて面白がっているようですね。

今回初めて、メンバーの事も調べたのですが、むらたたむさんがママになったのには驚きでした。
そういえば、活動途中で、カバー曲の本人が叩くシリーズがあって、たむさんがいないなーとは思っていたのですけどね。
代わりにプリプリの富田京子さんやSHOWYAのミッタンが出ていて、それも良かったです。

FAIRY

Diamonds

話が飛びましたが、途中のギターソロですが、とてもコンパクトにまとめて格好良いソロですね。
最後のアームダウンが結構難しそう。

最後も、スクリームで綺麗にまとまりました。
外国の方って、こういう感じが好きなんですね。
こんなに受けるとは思いませんでした。

メイキング映像

メイキング映像を見ると、撮影時の楽しそうな感じがよくわかります。

ちなみに、彼女たちのカバーした曲を何曲かリンクしておきます。

【Cover】マキシマムザホルモン / 絶望ビリー 演奏してみた♪

【Cover】KISS / Detroit Rock City 演奏してみた♪

 

Cover】NiziU/Make you happy 演奏してみた♪

 

【Cover】BABYMETAL/メギツネ 演奏してみた♪

【Cover】X JAPAN / 紅 English Version演奏してみた♪

はい、ジャンル色々ですね。
有名所だけをピックアップしてみました。
他にも色々あるので、御覧くださいね。

最近のガールズバンドは実力もあるので、どんどん海外で売れて欲しいものです。



DaVinci Resolve Studio 17.2 アップデートを公開されました。

DaVinci Resolve もいよいよ、メジャー入した感がありますね。ダウロードしてソフトを開くと上記の画面が出てきます。

詳細をクリックすると、上記のサイトへ移動しDaVinci Resolve 17の魅力を寸分無く説明してくれます。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/whatsnew

DaVinci Resolve Studio 17.2 アップデート(メーカーHPより転載)

今回のソフトウェアアップデートでは、起動時間が短縮され、デフォルトの保存設定をライブ保存に変更。
また、Fairlightタイムラインでクロスフェードを直接適用・管理できる機能や、Fairlightミキサーでトラック処理の順をコントロールできる機能をサポート。
さらに、Fusionテンプレートバンドルのサポートも追加され、WindowsマシンにおけるAV1クリップのデコードおよび全プラットフォームにおけるMKVクリップのデコードもサポート
。また、タイムラインの個別のクリップの名前変更や、オーディオのみのレンダリングを行う際のハンドル設定にも対応したそうです。
詳しくは、こちらから

私がとやかく、ここに書くよりも上記サイトをご覧頂いたほうが、時間の節約にもなるし、内容がわかりやすいと思います。

ようやく、自他ともにメジャー入りを果たしたので、こういうサイトを作って宣伝を強めているのでは無いですかね。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



写真や映像ば楽しむバイ!

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。