DaVinci Resolve Studio 17.0 パブリックベータ6が公開されました。



メーカーHPからの転載
DaVinci Resolve Studio 17.0 パブリックベータ6が公開されました。

今回のソフトウェアアップデートでは、大規模なオーディオプラグインライブラリを搭載したシステムの起動時間を短縮。

インターレース方式のクリップおよびサブクリップの処理を改善。

複数の字幕を扱う際のタイムラインパフォーマンスが向上。

合成時の外部クリップマットの処理や、アップグレードしたプロジェクトにおけるサムネイルレンダリングも改善。

HDR輝度出力の管理が向上。スクリプトAPIを更新されたそうです。

大規模なオーディオプラグインライブラリを搭載したシステムの起動時間を短縮と言うのを期待しましたが、どうなんでしょう?
私、DAWソフトも同じPCでやっているため、結構な量のプラグインが入っており、以前から起動が遅いと思っていました。

ここ自体は早くなったのかもしれませんが起動時間が縮まった体感はありませんでした。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion



DaVinci Resolve 17.0 パブリックベータ5公開されました。


メーカーHP転載
今回のソフトウェアアップデートでは、ResolveFXキーヤーの挙動や、ResolveFXカラースペース変換を適用したHDRメディアの処理を改善。

また、オーディオレンダリングやプロキシメディアの表示に加え、デュアルスクリーンプリセット使用時のFusionツールの処理も改善されたそうです。

一通り見てみましたが、特にUIの変化は見られませんでした。
ただ、デスクトップアイコンが変わってました。

丸が、角丸正方形になってました。

 

使用感の変化は私にはわかりませんでした。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion




DaVinci Resolve17.0 パブリックベータ4が公開されました。


DaVinci Resolve17.0 パブリックベータ4公開

メーカーHP転載

今回のソフトウェアアップデートでは、LinuxにおけるDaVinci Speed EditorのUSB接続をサポート。

さらにIntel Xe MAXグラフィックスのサポートを追加、Windowsシステムでのパフォーマンスが向上。

また、トリム機能、タイトル作成、MIDIオーディオコンソールのコンフィギュレーション、サンプルレートが異なるオーディオのレンダリングも向上。Fusionに関しては、フロービュー操作、およびエディットページのインスペクタにおけるトランジションを改善。

さらに今回のアップデートでは、AAFのタイムコード計算を強化、AACオーディオを含むビデオのレンダリングを改善。

全体的なパフォーマンスおよび安定性の改善点も50種類以上あるそうです。

Blackmagic Video Assist 3.3.1 アップデート公開

今回のソフトウェアアップデートは、Blackmagic Video Assist 12G HDRモデルにおけるBlackmagic RAWメタデータのフレームアラインメントを改善されたそうです。

それから、おくればせながらATEMスイッチャー8.5.3 アップデートも公開されていました。
ATEM 2 M/E Advanced PanelおよびATEM 4 M/E Advanced Panelを改善されたそうです。

ここのところ、使う暇がなくテストしていないのが残念です。

そして、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの推奨CFastカード、SDカード、USB-Cドライブも12月1日に更新されていました。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/support/family/davinci-resolve-and-fusion


DaVinci Resolve Studio 17.0 パブリックベータ3が公開されました。




メーカーHP転載

今回のソフトウェアアップデートでは、DaVinci Resolve Speed EditorまたはDaVinci Resolve Editor Keyboard使用時のカラーページのスクロールサポート、Magic Maskの改善、ACESのフェイス修正および色温度、同期オーディオおよびFlexBusによるオーディオ処理の改善など、様々な改良点を追加。

また、Big SurにおけるH.265デコーディング、レンダーインプレイス、サブクリップ処理も改善。全体的なパフォーマンスと安定性の改良点は50種類以上だそうです。

バージョン17になって、知らない言葉が沢山出てきて、やり方も解らぬままでいます。
そろそろ、マニュアルも出てきて良さそうなんですけどね。
ここのマニュアル製作者は本当に大変でしょうね。



DaVinci Resolve 17.0 パブリックベータ2が公開されました。




Resolve 17.0 パブリックベータ2が公開されました。
17.1パブリックベータ1からのアップデートなので、随分バグが減ったのではないでしょうか?

メーカーHPからの転載

このアップデートでは、Windowsシステムのネットワーク・ドライブからインストールする際の信頼性を向上、英語以外の言語設定のシステムにおけるブラックで表示されるグレードのローディングを改善、カラーワーパーを使用する際にカラーピッカーの挙動の精度が向上。
Fusionでは、オプティカルフロートラッキング、デュアルスクリーンでのノードのペースト、コーナー配置、シェイプのレンダリング、時間的ノイズ除去が改善。DaVinci Resolve 17.0パブリックベータ2では、50以上の全体的な性能と安定性も向上されたそうです。

いつの間にかシネマサイズになってました。
気がつくのが遅いですね。
ベータ版になって、落ちることが多くなりました。
コレは毎回のことで、安定して使われたい方は、17.0は使われないほうが良いと思います。
今回のアップデートで、落ちることがすくなるなることを願っています。
いつまで、このPCで対応できるのかが心配ですが、バージョンが上がるたびに、その心配が減っていく気がします。