「4K」カテゴリーアーカイブ

博多山笠追い山ならし 2019年7月12日 承天寺前 東長寺前をUPしました。

今年も博多の風物詩「博多山笠追い山ならし」へ行ってきました。

本来ならBMPCC4KとCrean lab3を持っていくはずでしたが、この祭りは水がガンガンかかるので、ビビってInsta360ONEとRemovuK1での撮影となりました。

帰ってきて、Insta360ONEの映像を編集していたのですが、いつ終わるかわからないので、RemovuK1の映像を編集してUPしました。

この位の尺が見やすくて良いですね。

足元しか写っていない映像は、水に写るはずでしたが、イマイチわかりませんでしたね。^^;

このまつりが終わると、本格的な夏がやってきます。

今年は、日陰に入ると涼しくて良かったです。


DaVinci Resolve 15.2.1アップデートが公開されました。

今回のソフトウェアアップデートでは、MXF OP1aレンダリング、キーボードショートカット、マッチフレーム実行時のフォーカス、10-bit DPX再生、オプティカルフローのイメージ処理、オーディオルーティング、Fusionトランスフォームツールのオフセットなど、様々な機能のパフォーマンスが改善。
また、ソフトウェアの安定性も向上。
すべてのDaVinci Resolve 15 Studioユーザーに推奨。

ここからダウンロード

 

アップデートは毎回すぐ行うのですが、以前のような酷い状態にはならなくなりましたね。
以前は、動かなくなることも結構ありました。
実際に早くなっている感覚は少ないのですが、バージョン12の頃に比べると断然良くなっています。
最近ようやくDeckLink Mini Monitor 4Kの使い方も分かってきて、55型4KTVにも綺麗に出力できるようになり編集も楽になりました。
只1つ問題もあって、大画面で編集するとスマホで見たときなどでは見る感覚が随分違うことに気が付きます。
大画面では、被写体が大きく見えるので小さめに撮ったりするのですが、スマホのような画面だと、目立たなくなったりもします。
その辺は普通の大きさのモニターで確認する必要があると感じています。

最近編集に便利なアイテムを色々探しているのですが、今使っている左手キーボードはとても有効で好きなキーにショートカットをアサインできるので自分が使いやすい小型パネルにすることが出来ます。
私が使っているのはロジクールのG13です。
それが何故か大暴騰しているのに気が付きました。
私が買った時は1万円そこそこだった気がするのですが、アマゾンでも3万-4万円 楽天では5万-6万円になっています?
何事が起こったのでしょうね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LOGICOOL アドバンスゲームボード G13r
価格:52910円(税込、送料無料) (2018/11/30時点)

楽天で購入

まだ色々メーカーはありますので調べてみてはどうでしょう。

そしてマウスにはエレコムのEX-G(トラックボール)を使っているのですが、いまいちボールの動きが悪いので、今回下記のエレコムのボールが大きいタイプのトラックボールを導入することにしました。
このトラックボールは動きを3段変える事ができるそうなので、パラメータを少しだけ動かしたい時などに使えるのではと期待しています。
このトラックボールが来たら、新しいページで紹介します。

とにかく予算がないので、少しでも安く快適にソフトが使えるように考えていきます。
良いアイデアがあったら教えてください。

福岡市動植物園へ行ってきました。

丁度バラまつりがあっていたので毎年恒例の薔薇写真を撮ってきました。

今年は花が咲くのが早く、殆ど満開でギリギリだったかもしれません。
パナの4Kビデオカメラで沢山のバラの花の動画を撮り、帰りにRemovuK1で撮影してきました。
ここでは、K1の映像を撮って出しで使っています。
編集はDaVinci Resolve 15 Studioパブリックベータ 3で文字入れと繋だけやりました。

今日は、風も涼しく気持ちよかったので、久しぶりに動物園にも足を伸ばしてみました。

レッサーパンダは相変わらずの人気ぶり。
笹を食べているところでしたが、とても可愛かったです。

そして一番のアイドルはコツメカワウソです。
映像には入っていませんが移動は管の中を目にも留まらぬ速さで走り回ってました。
最初に行った時は寝ていたのでそのままスルーしたのですが、帰りにカメラを構えるとターンや紐芸を見せて楽しませてくれました。

以前に比べると、動植物園も随分人気が出てきたようですね。
車椅子でも移動できるような施設に生まれ変わり、1日楽しめる場所となっています。
是非福岡へお越しの際は、動植物園にも来て欲しいです。

おすすめ4K映像「Monster Energyシリーズ」

私が大好きな4K映像を紹介します。
Monster Energyシリーズの中でも、とても豪勢な映像となっている「#Doonies2 [Official 4K]」の紹介です。

Monster Energyシリーズは、何と言っても映像が綺麗です。
そして、私にとっては夢の世界。
車・バイク・女性と格好良さが満ち溢れています。
何よりも撮影好きな私としては、どうやって撮ったのかが気になります。
撮影方法はヘリ・ドローン・車・バイク・手持ち・固定と色々あります。
ヘリやドローン撮影でバイクのジャンプする高さをカバーしていて、スローもションでライダーの動きもよくわかります。
どのシーンを切り取っても、ポスターになるような映像で感動します。
最後にNG映像や撮影風景が出たりするので、とても興味が湧きます。

もう一つ、このシリーズでは日本も登場する映像があります。
ドリフトシーン満載の映像は、頭文字Dを彷彿させます。

#BATTLEDRIFT – Vaughn vs. Daigo

他にも沢山の素敵な映像がありますので、又紹介したいと思います。

 

CFD SSD Turbo BoostでSSD爆速化?

今回も、こんな映像見つけたシリーズです。
「超爆速!SSDの16.7倍スピード!Core i7 8700Kメインマシン CFD SSD Turbo Boost導入・パフォーマンス計測」

私は、出来るだけ安価でハイスピードマシーンが出来ないかとYouTubeで情報を探していた時に、このシリーズの映像を見つけました。

内容といたしましては、CFDのSSDを購入して、購入者特典のSD Turbo Boost導入すると、導入する前とは16.7倍のスピードが出て動画編集がサクサク動くようになるという夢のようなお話です。

CFDのと言うよりもCFDが販売している、東芝製のSSDと言うことらしいですね。
それに購入者特権でソフトをダウンロード出来るサービスを提供しているそうです。
ディスク高速化ソフト「SSD Turbo Boost」ダウンロードページ
http://www.cfd.co.jp/ssd_turbo_boost/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CFD 2.5インチ SSD CSSD-S6T960NMG1Q 960GB
価格:40316円(税込、送料別) (2018/5/13時点)

 

 

このソフトの内容を、メーカーHPの転載で御覧ください。

1.SSD_TURBO_BOOST 本体

キャッシュメモリを活用しSSDとCPUの間の連携を滑らかにし、高速化するソフトです。
CPUとメモリに比べるとディスク装置は速度が遅いです。これはSSDにおいても同じです。
このためCPUとメモリは、ディスクの応答待ちで止まるという現象を起していました。本ソフトはこれを解決します。
余剰メモリを最大限利用して、SSDの処理を待つ事なくCPUに次の仕事を振り、処理能力を最大にします。

私は、こんな美味しい話があるのかと、早速購入しようと色々調べてみることにしました。

このソフトは、本来プチフリバスターと云うらしく、おためし版もあるようなので試してみました。

http://www.dnki.co.jp/pfb3/nox1/

お試し版で試した結果。
ベンチマークはこんな感じです。

使用前

使用後

使用前

使用後


うーんどうなんでしょう?
多少数値は変わっていますが、ブラマジのスピードテストでは数値は上がっても使えない物が出てきています。(216P50DNGRAW)

お試し版だからか、自分の設定が悪いのかは解りません。
とりあえず、自分のPCでは結果が出ませんでした。

そして実際の口コミでも、数値は上がっても実感できないとの声が多いですね。
ベンチマークの意味が無い感じもしますが、上手に使える人には良いものなのかもしれません。
やはり、ソフトで速度をUPさせるよりはハードでUPさせたほうが効率は良さそうです。

興味の有る方は、上手に使えば効果は出るかもしれませんよ。
お試しあれ。