YouTubeにTHE BIG 4 – Kemper vs. Helix vs. AX8 vs. Bias Headと言うタイトルの動画がありました。

まずは動画を見て下さい。

ギターアンプのBig4と言うことなのですが、私が思っているアンプのBig4はマーシャル・フェンダー・VOX・メサブギーって感じなのですが、随分変わったものです。
まあ、考え方が違うアンプなのですよね。
シュミレーションアンプの中のBIG4という事なのでしょう。
実際に現場で使われるようになって、アンプの将来も変わっていくようです。
Kemperは、BABY METALのギターリストが使っているので知ってます。
このアンプをマイクで音を拾うのではなくLINEでP.A.に直接繋いでいると言う話を聞いています。
その他のアンプはYouTubeの動画で見たくらいですかね。
その違いを動画にしてあるのですが、個人的にはAX8の音が好きでした。
まあシュミレーションアンプなので色々なアンプの音を出せるので、どの機械もそのアンプの音に似せているはずなので調整の問題なのでしょうね。
ちょっと思ったのは、高音は皆同じに聞こえても低音はそれぞれ違うんだなぁと言うことです。
ただでさえ、バカ耳なので違いが分かる男ではありませんが、どれだけ似ているかと言うことよりも、どの機械の音が好きかとか、操作性、価格の問題となってくるのでしょう。
持ち運びの便利さも、もちろんありますね。
さて価格は?

>KEMPER 《ケンパー》Profiling Amp 【White】【あす楽対応】【送料無料!】

価格:249,000円
(2017/2/23 22:54時点)
感想(0件)

 

>【ポイント10倍】【送料込】LINE6/ラインシックス HELIX プロスペック・ギタープロセッサー【smtb-TK】

価格:235,440円
(2017/2/23 22:57時点)
感想(0件)

>Fractal Audio Systems AX8 [Multi-Effects Pedalboard] 【新製品AMP/FX】

価格:226,800円
(2017/2/23 22:58時点)
感想(0件)

>Positive Grid BIAS Head [Amp Match Amplifier]

価格:178,000円
(2017/2/23 22:59時点)
感想(0件)

と言うことでBias Headが一番やすくて、他は似たり寄ったりという所でしょうか。

形で言うと、LINE6 Helixだけがエフェクタータイプの床置になります。
どのアンプもPCに繋いでコントロール出来るようですね。

このように、機材もどんどん変わっていくのでしょうね。

私は、最近アンプで音を出すと家族に五月蝿いと言われるのでヘッドホンでしか使えません。
なのでアンプシミュレーターは有り難い機材となりました。