Bmpcc4K マニュアル 設定 オーディオ設定

オーディオ設定

「オーディオ」タブでは、カメラのオーディオ入力とモニター設定を調整できます。
Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kのオーディオ設定は2ページにまたがっており、チャンネル1と2の間で分割されています。

各オーディオチャンネルを別のソースにマッピングしたり、ゲインコントロールなどのさまざまな設定を調整したりすることができます。

オーディオ設定1

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの「オーディオ」タブの最初のページには、次の設定が含まれています。

チャンネルソース

「チャンネル1ソース」と「チャンネル2ソース」ボタンを使用して、各オーディオチャンネルのオーディオソースを選択します。以下は各チャンネルのソース設定の説明です。

・Camera LeftまたはRight

カメラの内蔵マイクから録音します。

・Camera Mono

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kのマイクの左右チャンネルに内蔵されているオーディオチャンネルを1つ作成します。

・ XLRライン

カメラのXLR入力を使用してラインレベルの音声を録音します。

・XLR Mic

カメラのXLR入力からマイクレベルの音声を録音します。ファンタム電源が有効で、XLR入力が「mic」に設定されている場合は、ここに「+ 48V」インジケータが表示されます。また、ファンタム電源のマイクを外したときに48Vスイッチがオフになるようにすることも重要です。

・3.5mm Left – Mic

3.5mm入力の左チャンネルのみをマイクレベルのオーディオとして使用します。

・3.5mm右 – マイク

3.5mm入力の右チャンネルのみをマイクレベルのオーディオとして使用します。

・3.5mm Mono-Mic

マイクレベルのオーディオとして、3.5mm入力からの左右チャンネルのモノミックスを作成します。

・None

オーディオチャンネルを無効にします。

チャンネル1/2レベル

レベルメーターは、正しいオーディオレベルを設定するのに役立ちます。

チャンネル1/2ゲイン

これらのスライダーを使用して、選択したチャンネル1と2のソースの録音レベルを調整します。

オーディオ設定2

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの[オーディオ]タブの2番目のページには、次の設定が含まれています

ヘッドホン音量

このスライダは、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの3.5mmヘッドフォンジャックに接続されたヘッドフォンの出力レベルを調整します。オーディオスライダを左右に動かしてレベルを調整します。

スピーカーの音量

このスライダは、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの内蔵スピーカーの出力レベルを調整します。オーディオスライダを左右に動かしてレベルを調整します。

XLRファントムパワー

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4KのXLR入力は、48Vのファンタム電源を供給できるので、自己電源ではないマイクを使用することができます。カメラが「XLR」オーディオ入力に設定されている場合は、「ファンタム電源」スイッチアイコンをタップしてファンタム電源を有効にします。

NOTE ファンタム電源をオンにする前に、XLRケーブルを接続するのが標準的な方法です。ファンタム電源のマイクを接続しなくても、ファンタム電源をオフに切り替えることも重要です。ファンタム電源モードでもファンタム電源を必要としない機器を接続すると、このモードではカメラから電荷が出力されるため、機器が損傷することがあります。 Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kのファンタム電源を切った後、ファンタム電源を切るとかなりの時間がかかります。
他のマイクやXLRオーディオ機器を接続する前に、ファンタム電源をオフにする場合は、数分待つことをお勧めします。