「こんな映像見つけた」カテゴリーアーカイブ

日本語でFusionのパーティクルを使ったチュートリアルをやっている映像を見つけた。

私もFusionのパーティクルを使ったチュートリアルをUPしていますが、独学のため本当にやりかたが合っているのかも分っていません。

今回、そんな私にも分かりやすく紹介してくれるサイトを見つけましたので、ご紹介いたします。

ここでは、かなり高度な説明がされているので、全然Fusionを使ったことが無い方には、ちょっと無理そうな気もします。

桜が、文字の上に降り注ぐのですが、文字の上で跳ねて、落ちていく描写を作ってあります。

私も、魚が看板にぶち当たって落ちるチュートリアルをやっていますが、一歩踏み込んだ説明がされていました。
一番参考になったのはpBounceは、二個使いすることで、シャワーのような動きを与えられるとの事。

それと、平の花びらをBender3Dを使うことで、形を平面から曲がった形にできること。
これは画期的でした。
どうやって平面の画像を立体的にしているのだろうと思っていただけに、うれしい情報でした。

文字に、花びらのシェイプをつけるところを紹介されていましたが、私の一番苦手とする3D加工。
流石にこれは、いまいち意味が分からなかったです。

そうなることは分かっても、やる意味が分からないというか?
まあ、知っていて損はありませんけどね。
車に映る背景などに使えるそうなので、素敵な情報であることは間違いないようです。

次に、pEmiterの使い方で、StartとEndのパラメーターを-LineRen.Start.XとLineRen.Start.Xをexpressionでリンクさせた意味が残念ながら私には理解できませんでした。

多分、ずっと続けて桜の花が降り続けるのだろうと思っていますが、いまいち理解不能でした。

その他、ライティングやカメラの撮り方など、沢山のチュートリアルだったのですが、一回見ただけでは厳しかったですね。
これから、何度か拝見して覚えていこうと思います。

今回の、こんな映像見つけたは、日本語でFusionのパーティクルチュートリアルを公開されたサイトでした。
とても勉強になりました。
有難うございました。


無料で使えるパーティクル素材を紹介するサイトを見つけました!!

ココからご覧になれます。

説明は、このサイトを御覧ください。

私も早速、ダウンロードして使ってみました。

ParticleIllusion

やばいです。
今までは、出来上がった素材を購入していましたが、ココでは自分で作ったものを素材として使えるので無限に作ることが出来ます。
もう、パーティクル素材買う必要無いのでは?

まさか、8K素材まで作れるとは????

これを出しているメーカーはなんとBorisFXです。
私は、サイバーリンクのPowerDirectorも使っているので親しみを持っていました。
昔は、体験版を使うとばつ印が出たりしていました。
そんな物を無料だなんて。
このところ、機材もそうですが、ソフトも破格値で出すところが増えてきましたね。
ありがたく使わせていただきましょうね。

ダウンロードしてみましょう

こちらのサイトでは、使い方も紹介していらっしゃいますので、参考にされてはいかがでしょう。
此位ちゃんと説明できる人になりたいものです。^^;

それでは、素材を使って動画をグレードアップしてくださいね。


YouTubeで見つけたフォトショップネタ(Pencil DRAWINGS)

今回は、YouTubeで見つけたフォトショップのチュートリアルをご紹介します。

もう既に知ってある方も多いのでしょう。

今まで多くの似たチュートリアルを見てきたのですが、切り抜きが有るものが多く、ちゃんと見てなかったのかもしれません。

このチュートリアルでは、簡単な方法で出来るよう解説されています。

私としては、よくやり方を思い付くなぁと感心するばかり。

さて、チュートリアルを実際に自分でやりながら簡単に日本語で説明してみたいと思います。

友人のブログ写真をお借りして編集してみたいと思います。

1, まずPS(フォトショップ)に画像をダウンロードします。

2,画像解像度を300にします。

(この時点で、画像をある程度編集してから作業を行なっても良いかと思いますが、ここはそのままでやってみます。)

3, 次にCTRL+Jをクリックして画像をコピーします。

4,コピーした画像の上で色相・彩度をクリックして、彩度を0にします。

5,画像コピーをクリックして、おい焼きカラーをクリックします。

6,CTRL+Iをクリックします。(ネガポジ反転します)

7,フィルターのぼかし(ガウスを選びます)
ココが不思議な操作ですよね。
なぜ画像が現れるのかが不思議です。

8,ラインが良い具合に出たところに半径を合わせます。

9,ラインを濃くするために、レベルを出して左の濃い部分を右にずらします。

10, 次にペイントを筆の直径400PX 硬さ0% 不透明度が40%描写色は黒にして被写体をなぞると、陰の部分が薄くなります。

塗ったあとの状態(マスクが塗られていることがわかります。)


11,ここで、SHIFT+CTRL+ALT+Eで調整された画像が上のレイヤーに乗ります。


12,筆の直径はそのままに、硬さを100% 不透明度を80-100%描写色は白にして、いらない線を消します。


13,この画像では四角を薄くしてみました。
一応、ビデオ・チュートリアルではこんな感じで出来上がりとなります。


14,ここからは、私のアレンジで、元画像を複製してレイヤーの一番上に載せそのレイヤーをカラーにしました。
そうすることで、色えんぴつで書いた絵のようになります。

15,もう少し色がほしいと思ったので、彩度を上げることにより濃く書いた感じが出ました。


16,最後にもっと、濃くしようと言うことでレベルを入れ左の矢印を右に持ってくることで次のような絵になりました。


17,コチラが出来上がりです。

見た目に、面倒くさい感じもしますが、覚えると簡単で、途中の操作で色々な雰囲気に変えることが出来ます。
ぜひ一度やってみて欲しいレタッチ方法です。


ATEMminiを使って、フェイスブックにてライブ試験放送をやってみた結果。

 

YouTubuで一度、使い方を見ただけで、どこまで出来るものかやってみました。

昨日、モニターとの相性が悪くモニターできないで困りましたが、モニターを変えることで解決することが出来ました。
しかし、今度は音声をモニターすることが出来ずに困りました。
モニターにイヤホンジャックが付いてるものであれば問題ないと思いますが、PCでモニターすることが出来ずに録画したものを再生するまで自分の声を聞くことが出来ずに困りました。
きっとやり方があるのでしょうね。

今回カメラ3台とPC、ピンマイクとギターアンプ出力からの音でした。

ライブ始まる前に、ミキサーで音の高さ調整をしたのですが、実際に音が聞こえないと不安ですね。
結局、ギターの音がバリバリに割れてました。
もう少しちゃんと設定してからじゃないと配信は無理です。

今まで一度もライブ配信やったことが無い人がやることですから、流石にYouTubuでの配信は怖くて出来ずに、友人たちだけに見てもられるようフェイスブックにての配信としました。
まあ、何も知らないでやった割には合格だったのかもしれません。

今回感じたことは、ラインの取り回しが大変な事。
カメラ2台とPC位なら簡単に使えると思いますが、カメラ3-4台となると、ラインの長さが必要となります。
今まで、短いラインしか使ってこなかったので、スイッチャー使うなら長いラインも必要となりあますね。

なんとかPCで音のモニタリングを出来るように勉強していこうと思います。

【DaVinci Resolve 16】動画編集講座始まりましたよ。

DaVinci Resolve動画編集講座は、YouTubeで定期的に行われているのですが、進化が早い為バージョンごとの講座が次々と行われていてバージョン16の講座が昨日から始まりました。

まだ初めて無い人から、使いこなしている方まで参考になる動画ですので、ぜひご覧ください。

 

【DaVinci Resolve 16】動画編集講座(1)|新規プロジェクトの管理

 

 【DaVinci Resolve 16】動画編集講座(2)|タイムラインに素材を並べる

バージョン11位からやってますが、随分変わったものです。
教えてもらわないとやったことが無いことも沢山あります。
これを見て勉強し、何でも出来るように成りたいですね。