「YouTube映像紹介」カテゴリーアーカイブ

YouTubeで見つけたフォトショップネタ(Pencil DRAWINGS)

今回は、YouTubeで見つけたフォトショップのチュートリアルをご紹介します。

もう既に知ってある方も多いのでしょう。

今まで多くの似たチュートリアルを見てきたのですが、切り抜きが有るものが多く、ちゃんと見てなかったのかもしれません。

このチュートリアルでは、簡単な方法で出来るよう解説されています。

私としては、よくやり方を思い付くなぁと感心するばかり。

さて、チュートリアルを実際に自分でやりながら簡単に日本語で説明してみたいと思います。

友人のブログ写真をお借りして編集してみたいと思います。

1, まずPS(フォトショップ)に画像をダウンロードします。

2,画像解像度を300にします。

(この時点で、画像をある程度編集してから作業を行なっても良いかと思いますが、ここはそのままでやってみます。)

3, 次にCTRL+Jをクリックして画像をコピーします。

4,コピーした画像の上で色相・彩度をクリックして、彩度を0にします。

5,画像コピーをクリックして、おい焼きカラーをクリックします。

6,CTRL+Iをクリックします。(ネガポジ反転します)

7,フィルターのぼかし(ガウスを選びます)
ココが不思議な操作ですよね。
なぜ画像が現れるのかが不思議です。

8,ラインが良い具合に出たところに半径を合わせます。

9,ラインを濃くするために、レベルを出して左の濃い部分を右にずらします。

10, 次にペイントを筆の直径400PX 硬さ0% 不透明度が40%描写色は黒にして被写体をなぞると、陰の部分が薄くなります。

塗ったあとの状態(マスクが塗られていることがわかります。)


11,ここで、SHIFT+CTRL+ALT+Eで調整された画像が上のレイヤーに乗ります。


12,筆の直径はそのままに、硬さを100% 不透明度を80-100%描写色は白にして、いらない線を消します。


13,この画像では四角を薄くしてみました。
一応、ビデオ・チュートリアルではこんな感じで出来上がりとなります。


14,ここからは、私のアレンジで、元画像を複製してレイヤーの一番上に載せそのレイヤーをカラーにしました。
そうすることで、色えんぴつで書いた絵のようになります。

15,もう少し色がほしいと思ったので、彩度を上げることにより濃く書いた感じが出ました。


16,最後にもっと、濃くしようと言うことでレベルを入れ左の矢印を右に持ってくることで次のような絵になりました。


17,コチラが出来上がりです。

見た目に、面倒くさい感じもしますが、覚えると簡単で、途中の操作で色々な雰囲気に変えることが出来ます。
ぜひ一度やってみて欲しいレタッチ方法です。


Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K用の格安ストレージの作り方が公開されています。

Tomohiro OtaさんのYouTubeチャンネルに高性能BMPCC4K用の外部ストレージの作り方が紹介されています。

SAMSUNGのSSD T5が調子悪いだけに、こういう情報は有り難いですね。

詳しい内容は、映像をご覧ください。

 

 

登美丘高校バブリーダンスを踊ってみたが面白い。

昨年爆発的人気を得た登美丘高校バブリーダンスを踊ってみた映像が面白い。

昨年高校ダンス部日本一決定戦で準優勝になった登美丘高校のバブリーダンスですが
YouTubeには沢山の踊ってみた映像がUPされています。
その中から、いくつか紹介します。

小学生🎒最後のバブリーダンス

小学生のキレッキレなダンスも凄いのですが、映像制作された方も上手に作られていると感心した作品です。
バックの富士山が何とも言えませんね。とても良い時間を選んで撮影されています。

バブリー余興〜結婚式でバブリーダンス本気で踊ってみた〜

普通、大人数で踊られるバブリーダンスですが、3人で上手くまとめて踊られています。
流石、日本女子体育大学舞踊学専攻卒業生です。最後まできっちり演じきって戻られます。
赤い服の女性は、人一倍個性がある踊りで笑わせてくれます。

【TDC】アラサー集団が登美丘高校のバブリーダンス踊ってみた

アラサーの女性7人組のパフォーマンスですが、私個人としては、このくらいの年齢の方々の踊りが安心して見られますね。
とても良い感じで踊られています

 

【Ctrl+Alt+Del】ダンシング・ヒーロー ~バブリーRemix~ 踊ってみた【荻野目洋子】

 

美人4人組が笑顔で踊る優しいダンシング・ヒーローです。
やっぱり可愛いほうが良いかなー。笑えないけど、微笑んでしまいます。(^o^)

幼稚園の謝恩会でバブリーダンス

幼稚園の謝恩会で、ママさんが踊るバブリーダンスです。
若いママさん達はやりますねー。ビックリです。

50歳のバブリーダンス💃 凄い❗👍

若いお母さんだけが凄いのではありませんでした。
バブル時代をオンタイムで過ごされた50代のお嬢様方も負けてはいませんでした。^^;

【TDC】バブリーダンス 登美丘高校ダンス部 Tomioka Dance Club

最後は本家で口直し
今後の彼女たちは、さらなる高みを目指し練習を積むことでしょう。
今年のパフォーマンスも楽しみです。

色々映像を見て思ったのは、日本の女性は元気だということでした。

REMOVU K1がようやくやってきました。

昨年の10月の終わりにINDIEGOGO にてREMOVU K1と言う商品を作るための資金を集めていたので投資をしました。

この商品の詳細はこちらでご覧ください。

REMOVU K1はカメラ付きスタビライザーです。
以前にも同じようなROXORという商品を購入したことがあります。


この商品は、なかなか思うように使えず断念しました。
そんなこんなで、昨年10月終わりに投資したのですが、なかなか製品が出来上がらず本日送られてまいりました。
そこで早速開封動画を撮影しました。

 

今現在は、充電が終わってファームウエアの更新を終えたばかりで、このブログを書いています。

開封動画でもありますように、思っていたよりは良い感じの製品でした。

今回キックスターター製品と言うことで多少安く換えるのではと購入を決意したのですが、完成が伸び伸びになり
その都度、撮影計画も伸び伸びになり ウンザリしていました。

この商品とは別に360°カメラにも投資したのですが、商品が200個出来た時点で不具合が見つかり資金が底をついたようで企画倒れになりました。
結局は資金も戻らずじまい、そんな事があったので余計にイライラして待つ事となりました。

最終的には、アマゾンで売り出す1週間前に届く事となり、支払いも輸入消費税と建て替え手数料で別途2780円払わないといけなくなり
これなら最初からアマゾンで購入したほうが気分的にも良かったと思いました。

もう二度とキックスターター製品に手を出すことは無いでしょう。

話がそれましたが、このカメラはブログカメラとして売られているようです。
付属品が少なく簡単に撮影できるのが売りになっていて、これから使ってみてインプレしていきたいと思います。

関連の動画をリンクしておきます。

開封編

設定編

djiの勢いが止まらない。

ここの所、djiから新製品が続々と登場していますね。

一番最近の物では、Osmo Mobile2やRonin-Sです。
そして、トイドローン まで出そうとしています。

djiと言えばドローンとスタビライザーが有名ですが、プロ向けのものが多かったです。
ドローンは独壇場にありますし、スタビライザーもOsmoの登場で、一般ユーザーにも広がりを見せています。
そんな中、3機種が登場するということでプロユースから一般向けまで市場を独占する勢いがあります。

他社も、djiに続けと色々な製品が出てきていますが、ブランド力の強さを感じますね。
これから先、どうなっていくのかが楽しみです。

【送料無料】 DJI 【1月11日9時59分までポイント5倍!】DJI Osmo MOBILE 高精度スタビライザー (3軸ハンドヘルドジンバル/ブラック)

価格:27,550円
(2018/1/9 19:41時点)
感想(0件)

【DJI公式】Spark Fly more combo ミニドローン スパーク(アルペンホワイト)【送料無料】

価格:79,800円
(2018/1/9 19:42時点)
感想(6件)