「映写人」タグアーカイブ

YouTube Liveを初めてやってみました。映写人

映写人のコンテンツとしてYouTube Liveでゲーム実況してみました。

先日の予告通り、ゲーム配信してみました。
最初、ミスはありましたが、段々乗ってきて楽しい配信となりました。

今まで練習でFace bookLiveをやってきましたが、今回のYouTube Liveが一番良かったです。
このライブは夜にやりましたが、予行演習の為に昼間FacebookLiveで博多山笠の動画紹介をやったので、YouTube Liveは落ち着いて出来た気がします。

今回の反省点としては、手元カメラがイマイチ小さかったことと終わり方が悪かったですね。
最後上記の画像で終わるはずが自分が写り込んでいました。恥ずかしい。

YouTube Liveの方がFacebookLiveよりも音と映像が綺麗な気がしました。

今回は半分くらいしか出来なかったので、あと半分やってから、最初からのトライをやってみようかと考えています。
よかったら御覧くださいね。


映写人のコンテンツでゲーム実況やってみるか。

ここのところ、動画より静止画のコラージュにハマってしまって、まるっきり動画を忘れた状態になっています。
仕事が減り、今までやりたくても出来なかったことが出来る時間も増えたので、この際ゲーム実況でもやってみっかと思っています。

作年購入したATEM miniですが、最近Proなるものが出てきて、存在価値が減ってしまいました。
まあ、実際殆ど使ってなかったんですけどね。
あれが、全部ワイヤレスなら本当に使いやすいのでしょうけれど、コードの取り回しが大変だったので、やらなくなりました。^^;
それでは勿体ないと考えを変え、暇つぶしに初めたゲームの実況でも遊びでやるかと考えるようになりました。

そこで、まずFacebook Liveで練習してみることにしたのですが問題続出。
元々使わなくなった原因が、大型テレビをモニターにする予定だったのに使えなかったこと。
ATEMに音声を確認するジャックが無いこと。
HDMIを繋げられる普通のモニターを持っていないこと
FacebookLiveの映像が汚い事などが大きな原因でした。

それを解決するために、モニターはカメラ用の7インチモニターを使うこと。
大型テレビはゲーム用のモニターにすること
そして、ゲームの様子はビデオカメラで撮影しPCに取り込む事でした。

しかし、ここで問題は、ゲームの様子をビデオカメラで撮影することで画質が頗る悪いこと。
これを解決するには、ATEMに直接FireTVをキャプチャーさせることでした。
が、それも失敗でした。
著作権の関係上、直接キャプチャーできないように作ってありました。

ネットで何か方法が無いかと調べてみると、ありました。
Splitterを使うことで、キャプチャーできると書いてありました。

早速ネットで購入することに。
ここでも失敗を犯します。

紹介されていたSplitterを購入すればよかったのですが、少しでも安価で4K画質が使えるものを購入してしまいました。
これはただの、分岐用の装置でした。

仕方がないので、もう一度紹介されていた機種を購入して、使えるようになった次第です。

前に書きましたが、Facebook Liveは直接UPすると画質が悪い。
そこでOBS Studioと言うソフトを使って、一度キャプチャーしたものを録画しながら配信すると、とても綺麗な映像をストリーミングできるようになりました。
FacebookLiveの様子は、こちらでご覧頂けます。

これで一応の、対策は出来たのでYouTubeLiveでのゲーム配信に挑戦しようと決断したわけです。

結局、大画面テレビと7インチモニター ATEMmini 手元を写すためのビデオカメラ ゲーム機(FireTV)とマイクを用意して接続しゲーム配信します。

別にLiveでは無く収録で編集してからでも良いのですが、最近編集するのが辛くなっているのでLiveなら流しっぱでも良いかと考えています。
そういいながら、FacebookLiveでは収録が楽だと感じました。
何より話が下手くそだし、変なこと言ってしまうので、後々後悔しています。

それでも、この時期挑戦がスローガンなので、挑戦します。
ちなみにゲームは殆どやったことが無かったのですが、今年に入り時間が余るようになってからハマってしまいました。
それも車のゲーム(アスファルト8)のみなんですが、とにかく楽しい。
少しでも楽しさが、出せたら良いなと思っています。

もし、お時間あったら見てくださいね。
まだ、始めてませんけど^^;

それから、配信はTuka3desuTVではなく映写人です。
映写人のコンテンツが何も無いので、ゲーム実況チャンネル目指そうかな。(駄目ですよね)
とりあえず頑張ります。

出来れば、4月25日土曜日の夜からでも初められたらと思っています。


宇美八幡宮の映像をUPしました。

昨日薔薇を見た帰りに宇美八幡宮に寄って撮影してきました。
まず最初に、ちゃんとお参りを済ませてから撮影しました。
神様の通る真ん中も通りませんよ。(^O^)
以前から神社仏閣巡り映像を撮影していますが、どうしても本殿は撮りづらいですね。
先日ロンプク淳で紹介されていて、そういえば行ったこと無いのに気が付き、ついでに行ってきました。
どうしても子宝の神様なので、足が向かないのですよね。^^;
とても参拝客が多いのに驚きました。
ここにある2000年超えの樟が何本もあって、これを見るだけでも価値のある神社だと感じました。
本当に気を感じますよ。



映写人はTRD Beholder DS1 導入しました。

この度、映写人では天神ビッグバンを10年追っかけるために新しい機材を導入いたしました。

以前、映写人でも紹介したTRD Beholder DS1です。

町中で三脚を立てづらいのでスタビライザーを使って綺麗な映像を撮りたいと考えました。

それならアナログのスタビライザーでも良いのではと思われるでしょうが出来るだけ目立たない感じで撮影したいので、アイスクリーム型を選びました。

これまで福岡街歩きで沢山の映像を撮影してきましたが全然面白くないと自分自身思っていました。

それは、ただ風景を撮って回るだけの映像だったからです。

映像のプロの方には、自分の言葉を入れなさいとアドバイスを頂いておりましたがもともと、滑舌が悪く出てくる言葉がトンチンカンだったりするので、ためらって出来ませんでした。

今回Tuka3desuビッグバン宣言で、自撮りすることを決意いたしましたので可笑しな言葉でも自分の言葉で話を入れることにしました。

初めて開封動画や設定動画で自分自身を出してみたのですが、やはり恥ずかしいです。

2度見たくないのですが、10年は頑張りたいと思っています。

そんなこんなで、最初に撮影したのは開封動画です。

このスタビライザーを導入する上で色々な事がありました。

なぜTRD Beholder DS1を導入することになったかは以前のブログを御覧になった方はご存知と思います。

できるだけ目立たせないため、FilmPowerのRoxorを導入したのですが、あっという間に壊れてしまい修理のためにメーカーへ送りましたが一ヶ月経とうとしているなか、何の連絡もないままでいます。

これには憤りを感じ、自分でも買えるBG(ブラシレスジンバル)は無いかと探した結果TRD Beholder DS1が出てきた訳です。

早速Ebayで検索し、良さそうな物をポチったのです。

すると、ショップから製品に問題が有り20日程待って欲しいと言われました。

私としては、出来るだけ新しい製品が欲しかったので快諾しました。

そんなこんなしていると、ショップから靴下が送られてきました。???

何故に靴下を送ったのかと聞くと、プレゼントだといいます。

彼らは中国語を翻訳機能で英語にして私に話しかけてきますが、それを日本語に翻訳すると意味がぜんぜんわかりません。

仕方がないので、私が日本語を翻訳機能で中国語にして話しかけると意味がわからないらしく、お互いがギクシャクしてきました。

桜の時期でもあるし、私としては早く欲しいと思いだし、それを伝えるとDHLで送れば早くつくと言うので支払いをしようとすると何故かPayPalが使えず諦めました。

そこでEMSで送ってもらうことにしたのです。

しかし、日本から中国に送るときは3日デ届くのに中国からは8日かかりました。

もう、桜が散ってしまうのではという焦りと言葉が伝わらない苛立ちが相乗効果になって最初急いでいなかったのに今になって早く来いとイライラして待っていました。

そんなTRD Beholder DS1が届いて開封動画を撮影しました。

早速開封し始めると、別の箱が出てきました。

これは何だろうと開けてみてビックリ、専用充電器が入っていたのです。

不信感を感じていたショップが、気を利かして入れてくれたのです。

これには本当に驚きました。感謝感謝です。

そして、もう一つ驚いたことが。

本体を見てみると赤いノブが付いていたのです。

新しい機種は黒いノブのはずなんです。

その時、私は勘違いをしてしまいました。

初期型の製品を入れたので、埋め合わせに充電器が入っていたのではないかと。

喜んだだけに、崖から落とされた気分でした。

だが、開封を進める中で三脚のネジ穴が3/8だと言うことに気が付きました。

これは、新型の証拠なんです。

これで落ち込んでいた気持ちも晴れ晴れになりました。

次に設定動画を撮りました。

初めて設定して感じたことは、YouTubeで見ていた程簡単では無かったです。

それはそうですよね、アナログでは凄く時間がかかる設定です。

BGと言えでも、そんなに簡単なはずがありません。

凄く微妙な出し入れが必要なんです。

ただ面白いと思ったのは、アナログはとにかく並行に合わせますが、デジタルは何処の位置でも止まるように設定します。

なれると、こちらのほうが断然簡単だと感じました。

とりあえずバランスが会う頃には寝る時間に。

翌日はちょうど日曜日で休みだったので、早朝からテスト撮影に出かけました。

これがテスト動画です。

リモートコントローラーを別途に用意したのですが、アメリカのラジコン店にしかなく4000円位で買えると思っていたのですが送料なんかを加えると6000円を超えてしまいました。それでも1Mではなく2Mを選びました。

ジブなどで使うときにはその方が便利でしょう。

最初、本体にA型のUSBの差込口しか無いと思い込み、使えないのではと焦りました。

ショップの注意書きには、製品のバージョンによっては使えないものがあるということだったからだ。

古い製品が届いたと思ったのは、そのせいでもあった。

だけど、あとあと本体の横にMicroUSBの差込口があることに気が付き、やはり新型だと改めてホッとした瞬間でした。

私は、思い込みが激しいのが困り者です。

話が長くなりましたが、テスト撮影にも、このリモコンを使ってみましたが最初から失敗ばかりでした。

手持ちで撮影する場合には必要のないものでした。^^;

実際に撮影して色々覚えたのですが、真っ直ぐ歩くにはロックモードが綺麗に撮れるようですが曲がるときにはジョイスティックを使う必要があります。

フォローモードで撮影するときはジョイスティックでの可動はしないほうが良いですね。

スタビを使って撮影する時は、とにかくパンやチルトはゆっくりのほうが良いですね。

逆に超高速もありかも。

そして無意識に左右に振らないこと。すごく違和感がある映像になります。

できれば、パンやチルトでは無く、写している面と平行に移動するのが一番だと感じました。

そして、スタビを倒してみると、きつい場所でモーターがノイズを出すことがあります。

これは、モーターが無理して本体と共鳴しているようです。

それを解消するのには、少し位置を戻してやる事で音がしなくなりました。

また、使っているうちにノイズが消えたことが凄く不思議で、もしかして学習機能が備わっているのではと感じた次第です。

今までは、私もスタビを持つと走ってみたり細い道を通ってみたり、どこかで見たことがるテストをしていましたが

実際の撮影で、そういう事をすることは殆ど無いので、時分の撮影スタイルに合わせたテストをしてみました。

地味ですが、私と同じような思いの人もいるのではないかと考えました。

いよいよ、思っていた機材が揃ったので、福岡これからの10年を綺麗な映像で切り取って残して行きたいです。

今の時代を知らない子どもたちに残していきます。

皆様、これからも映写人をよろしくお願いします。

Tuka3desuTVは3分程度のダイジェスト版専用サイトにします。



「Spring will soon be here 」をYouTubeにUPしました。

Spring will soon be here

桜も開花し、いよいよ春がそこまでやって来ました。
今回の映像はFilm Lookと言われる撮影方法で撮影しています。
24PにてCanon Logを使って撮影。
編集でカラーグレーディングしました。
画面のサイズもシネマサイズに近いサイズです。

いつも同じ反省をしていますが、なかなか直らないですね。
もっとゆっくりカメラを動かさないとだめです。
そして、スライダーを使った割には、そう見えないところが困りもの。
唯一、椅子を前傾に置いた映像がスライダーを使った映像らしい映像でした。

今年は、沢山の方とコラボレーションして作品を作っていきたいと考えていてMarziaの曲とコラボさせていただきました。

前回のMarziaとのコラボは、「好き嫌い」でした。
今回の曲はイメージ的に春が来てウキウキした感じを出したかったのでMarziaの「If I Get Married」を選ばせて頂きました。
おかげさまで、春らしい感じになりました。
花は沢山咲いていましたが、とても寒く春とは思えない気温です。
そこでタイトルも春が来たではなく春が来ているにしました。

ちなみにMarziaの曲はこちらからダウンロードすることが出来ます。

Download Song http://marziagaggioli.bandcamp.com/al…
Song composed and performed by Marzia Gaggioli.

また、フェイスブックでもMarzia Fanと言うページも用意しております。
日本の皆さんが少しでも多くMarziaのFanになっていただけたらと願っています。