録画設定

「レコード」タブでは、ビデオフォーマット、コーデック、解像度、およびダイナミックレンジやディテールのシャープネスなど、記録されたビデオにとって重要なその他の設定を設定できます。

レコード設定1

「レコード」設定タブの最初のページには、次の設定が含まれています。

コーデックと品質

「コーデックと品質」は、メニューは2つの行に分割されます。

一番上の行では、CinemaDNG RAWとApple ProResの2つのコーデックファミリーの中から1つを選ぶことができます。

たとえば、RAWコーデックファミリーで利用できる品質オプションは、「ロスレス」、「3:1」、「4:1」です。

ヒント 高圧縮を使用するコーデックを選択すると、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの記憶メディアに記録できるビデオの量が増えます。詳細については、「録画」セクションの「録画時間」の表を参照してください。

解決

この設定は ‘コーデック’設定と組み合わせて機能します。

これを使用して、目的の記録フォーマットの解像度を選択します。

たとえば、ProRes HQを使用してUltra HDクリップを録画する場合は、[コーデックと品質]メニューで[ProRes]と[HQ]を選択します。

解像度メニューで「Ultra HD」を選択します。

録画設定2

「レコード」設定タブの2ページ目には、次のオプションがあります。

ダイナミックレンジ

ダイナミックレンジのアイコンをタップして、「ダイナミックレンジ」の設定を調整します。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kには3つのダイナミックレンジ設定があります:

・ビデオ‚ Video

‘ビデオ’設定は、高精細ビデオのREC 709カラー標準に似ています。

これにより、直接配信や最小限の後処理に適した色空間で、圧縮されたビデオフォーマットに直接録画することで、より迅速に作業することができます。

・拡張ビデオ‚ Extended Video

「拡張ビデオ」設定は、「ビデオ」と「フィルム」ダイナミックレンジ設定の間で良好なバランスを提供します。

この設定では、「ビデオ」よりも広いダイナミックレンジが得られますが、明るいコントラストの変更を適用して、ハイライトで滑らかなロールオフを適用します。

「拡張ビデオ」は、標準の放送モニターでの使用に適しており、ポストプロダクションの時間が限られていて、気に入った「外観」でクリップを録画したい場合に便利な設定です。

・フィルム‚ Film

‘フィルム’設定は、最大のダイナミックレンジを維持し、ビデオ信号の情報を最大化して、DaVinci Resolveなどのカラーグレーディングソフトウェアを最大限に活用できるようにするログカーブを使用してビデオを撮影します。

注記 CinemaDNG RAWとProResを「フィルム」のダイナミックレンジで記録すると、画像は淡く表示され、タッチスクリーン上には表示されません。 これは、画像ファイルに標準表示に合うようにまだ格付けされていない多くのデータが含まれているためです。 ただし、フィルムのダイナミックレンジを記録している間は、標準のコントラストをシミュレートするように設計されたディスプレイLUTまたはルックアップテーブルを使用して、タッチスクリーンとHDMI出力でビデオをモニタできます。 詳細については、このマニュアルのLUTセクションを参照してください。

 

ウィンドウセンサー

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kは、「フル」センサーエリアを使用するように設定できます。さらに高いフレームレートの場合は、「ウィンドウ」モードを使用できます。これは、センサ全体からの画像を縮小するのではなく、特定のビデオフォーマットに必要なセンサピクセルの量だけを使用します。

HD ‘ウインドウセンサー’モードはカメラのセンサーの中心のみを使用するので、所与のレンズの視野は、関与する作物ファクターのために狭い。たとえば、20mmレンズを使用してウィンドウモードのセンサーモードでHDフッテージを撮影する場合、Pocket Cinema Camera 4Kの視野は40mmのレンズに相当します。

この設定は、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの最大解像度(Ultra HDまたはHD ProResビデオを撮影する場合など)以下で撮影する場合に使用できます。

最も速いフレームレートは、ウィンドウモードでHD映像を撮影するときに利用できます。

ヒント「ウィンドウセンサー」モードを使用している場合、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの「解像度」設定には「解像度 – センサーウィンドウ」というラベルが付けられています。

プロジェクトフレームレート

プロジェクトのフレームレートは、映画やテレビ業界で一般的に使用されるフレームレートの選択肢を提供します。

例えば、毎秒23.98フレーム。このフレームレートは、通常、ポストプロダクションのワークフローおよび配信要件で使用されている再生速度とオーディオ同期に一致するように設定されています。

23.98,24,25,29.97,30,50,59.94および60フレーム/秒を含む8つのプロジェクトフレームレートが利用可能です。

オフスピード録画

デフォルトでは、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kのプロジェクトおよびセンサフレームレートは自然な再生速度に合わせて調整されます。

ただし、「オフスピード録画」スイッチアイコンをタップすると、センサフレームレートを個別に設定できます。

 

オフスピードフレームレート

「オフスピード録画」が有効になっている場合は、「オフスピードフレームレート」の横にある矢印をタップして、
カメラのセンサーフレームレートを設定します。

センサフレームレートは、センサからの実際のフレーム数を1秒ごとに記録する数を設定し、フレームレートは設定されたプロジェクトフレームレートでビデオが再生される速度または速度に影響を与えます。

オフスピードフレームレートの詳細については、このマニュアルの「タッチスクリーン機能」セクションの「1秒あたりのフレーム数」を参照してください。

注記 各記録フォーマットとコーデックで使用できる最大フレームレートについては、このマニュアルの「記録」セクションの「最大センサーフレームレート」の表を参照してください。

録画に適したカード

この設定を使用して、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kが両方のスロットを使用中に最初に記録するストレージカードまたはドライブを選択します。

オプションは「CFast Card」、「SD Card」、「Fullest Card」です。 「CFastカード」または「SDカード」のいずれかを選ぶことは個人的な好みの問題ですが、いずれか一貫して使用すると、ストレージがいっぱいになると、最初に取り出すカードを知ることができます。

「Fullest card」は、1つのカメラプロジェクトを撮影するときにファイルを時系列でグループ化するのに役立ちます。

選択した設定は、CFastまたはSDカードを挿入したときに適用されます。 この設定は、ストレージマネージャに入り、カード名をタップしてアクティブに設定することにより、いつでも無効にすることができます

ただし、カードの取り出しと再挿入は現在の「録音用の優先カード」設定に戻りますので注意してください。

ヒント「最大カード優先」の設定は、記録媒体のサイズや使用されたデータ量ではなく、記録メディアが占める割合に基づいています。

カードがドロップフレームしたらレコーディングを止める

この設定を使用して、ドロップフレームが検出されたときのBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの動作を設定します。

「オフ」に設定されている場合、録画はフレームがドロップされた状態で続行されます。

「オン」に設定すると、ドロップされたフレームが検出された場合、カメラは録画を停止します。

これにより、ドロップされたフレームインジケータが見つからない場合に、使用できないフッテージを撮影する時間を無駄にすることを防ぐことができます。

ヒント フレームを落とさないようにする方法の詳細については、「ストレージメディア」を参照してください。

レコード設定3

「レコード」設定タブの3ページ目には、次の設定が含まれています。

 

タイムラプス

この設定は、タイムラプス機能を有効にして、次の間隔で静止フレームを自動的に記録します。

フレーム   2 – 10

     2 – 10 1 – 10、20、30、40、50

秒数     1 – 10

 

たとえば、10フレーム、5秒、30秒、5分ごとに静止画を記録するようにカメラを設定できます。

タイムラプス機能は、多くの創造的なオプションを提供します。たとえば、2フレームのタイムラプス間隔を設定すると、再生時に録画されたビデオが高速に再生されます。

録画ボタンを押して録画を開始します。ボタンをもう一度押して録画を停止すると、タイムラプスシーケンスはカメラに設定されているコーデックとフレームレートに一致する1つのクリップとして保存されます。つまり、録画した他のクリップと同様に、タイムプロダクションのタイムラインにタイムラプスシーケンスをドロップすることができます。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kはタイムラプスモードであることを「レコード」ボタンの上にアイコンで表示します

ヒント タイムラプスモードでクリップを録画すると、ビデオのフレームが記録されるとタイムコードカウンタが更新されます。

 

ディテールシャープニング

この設定を使用して、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの画像をシャープにします。鮮明化が有効になっている場合は、「デフォルト」、「中」または「高」を選択して鮮明化のレベルを増減します。

鮮明化を有効にすると、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4KのHDMI出力だけでなく、カメラに記録されたProResビデオにも適用されます。この設定は、ポストプロダクションの時間がないライブスタジオ制作のためのものです。

イメージをライブで放映します。後のポストプロダクションのために録画している画像は、「オフ」のままにしておくことをおすすめします。コーデックがCinemaDNG RAWに設定されていると、ディテールシャープニングが無効になります。

LUTをクリップに記録する

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kは、デフォルトではLUTには適用されません。
録画したフッテージを録画することもできますが、「録画するクリップを録画する」スイッチのアイコンをタップすることで、LUTを自分の映像に「焼き付ける」ことができます。
これは、ポストプロダクションでフッテージを格付けする時間がない場合や、フッテージをクライアントまたはエディタに直接渡す必要がある場合に便利なオプションです。詳細については、「3D luts」と「タッチスクリーンコントロール」のセクションを参照してください。