Bmpcc4K マニュアル メタデータの入力とカメラ・ビデオ出力

メタデータの入力

メタデータは、テイク番号、カメラ設定、その他の識別情報など、クリップ内に保存される情報です。ポストプロダクションで映像をソートして処理するときに非常に便利です。たとえば、テイク、ショット、シーン番号は必須の組織ツールですが、レンズ情報を使用して歪みを自動的に除去したり、VFXアセットをプレートに合わせたりすることができます。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kは、カメラ設定、タイムコード、日付、時刻などのメタデータを各クリップに自動的に保存します。カメラのスレートを使用して、多くの追加情報を追加できます。

スレート

メインビューからカメラのタッチスクリーンで左右にスワイプしてスレートを浮かせます。
スレートは「クリップ」タブと「プロジェクト」タブに分かれています。 「クリップ」タブにはクリップごとに異なる情報が含まれていますが、「プロジェクト」にはプロジェクト名、ディレクター、カメラ、オペレータIDなどのクリップ間の一般的な情報を入力します。

ヒント スレートに入力されたメタデータは、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4KのHDMI出力で「ディレクタービュー」に設定すると表示されます。詳細については、このマニュアルの「モニター設定」を参照してください。

 

‘クリップ’メタデータ

スタンバイモードでは、クリップメタデータの変更は再生モードとは異なります。スタンバイモードでは、カメラの録画準備が整うと、クリップメタデータが録画された次のクリップに保存されます。ただし、「最後のクリップを取る」ボタンは、最後に録画したクリップに「良いテイク」タグを適用します。 「再生」モードでは、すでに撮影したフッテージを見ているときに、「グッドテイク」ボタンが表示され、クリップメタデータは常に現在表示されているクリップにアタッチされます。

カメラが再生モードになっているとき、 ‘slate for’はスレートが適用されるクリップを識別し、 ‘good take’ボタンを表示します。スタンバイモードでは、スレートは「次のクリップ」用で、「最後のクリップ」ボタンが表示されます。

スレート

この設定では、現在「クリップ」に表示されているメタデータが適用されるクリップが表示されます。 「再生」モードでは、現在のクリップに適用され、「スタンバイ」モードでは、録画する次のクリップを参照します。

レンズデータ

これらの設定は、カメラに装着されている現在のレンズに関する情報を表示します。多くの電子レンズは、レンズモデル、絞り、焦点距離などの情報を自動的に供給します。この情報を提供しないレンズを使用している場合、または追加のデータを入力したい場合は、
この設定で鉛筆アイコンをタップすると、手動で情報を入力できます。これにより、以下の情報を含む「レンズデータ」メニューが表示されます:


付属のレンズから自動的に入力される情報を表示する「レンズデータ」メニュー、および手動で入力されたフィルタ情報

 

・レンズタイプ

レンズモデルを表示します。レンズタイプがここに自動的に表示されない場合は、この設定をタップして手動でデータを入力します。お使いのカメラには一般的に使用される多くのレンズ用の内部データベースが保存されていますので、手動でデータを入力する必要がある場合は、入力時にカメラが名前を自動的に提案します。これにより、データの入力がはるかに高速になります。

自動的に提供されない場合は、タッチキーボードを使用してレンズデータを入力してください

・アイリス

あなたのクリップの始めに絞り開口の設定を表示します。この情報は、使用されるレンズに応じてfまたはTストップで表示されます(自動的に入力された場合)。データを手動で入力するには、この設定をタップします。

・焦点距離

記録されたクリップの先頭にあるレンズの焦点距離の設定を表示します。自動的に供給される場合、ミリメートル単位で示されます。手動で焦点距離を入力するには、この設定をタップします。

・距離

記録されたクリップのレンズのフォーカス距離の設定を表示します。一部のレンズはこのデータを自動的に提供することができ、ミリメートル単位で提供されます。このデータは手動で入力することもできます。

・フィルタ

使用されている現在のレンズフィルターを表示します。データを手動で入力するには、この設定をタップします。カンマで区切って複数のエントリを作成できます。

フィルター情報は手動で入力する必要があります

 

注記「レンズデータ」メニューの「レンズデータのリセット」アイコンをタップすると、いつでもレンズデータをクリアできます。あなたの選択を確認するメッセージが表示されます。確認すると、現在装着されているレンズによって自動的に提供されるレンズデータで、すべてのレンズデータが消去され、再充填されます。これらのフィールドに手動で情報を入力した場合は、次にレンズをマウントするときにレンズデータをリセットする必要があります。そうしないと、手動で入力した値が残ります。

リール

現在のリールを表示します。
Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kは自動的にリール番号をインクリメントしますので、通常は手動で入力する必要はありません。あなたが新しいプロジェクトに移動し、リール ‘1’から再び開始したいときは、スレートのプロジェクトタブに入り、「プロジェクトデータをリセット」をタップします。

シーン

「シーン」インジケーターには現在のシーン番号が表示され、現在のショット番号とタイプも表示されます。このインジケータの数字は、常に現在のシーンを参照します。シーン番号の左右にある左右の矢印で調整するか、シーン番号をタップしてシーン番号エディタに入ります。シーン番号の範囲は1〜9999です。

シーン番号エディタでシーン番号に文字を追加することで、現在のショットを表示することもできます。例えば、23Aはシーン21を示し、ショット1はショットを示す。シーン番号にショットレターが追加されている場合、シーン番号エディタに入るたびに、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kは次のシーン番号とショットレターを提示します。たとえば、現在のシーン番号が7Bの場合、カメラは「8」と「7C」を示唆します。

シーン番号インジケーターは、右上隅に現在のショットタイプに関する情報を表示することもできます。ショットキーボードの右側にあるシーンナンバーエディタでこれらを選択できます。

使用可能なショットの種類は次のとおりです。

「シーン」メタデータを入力すると、カメラはタッチキーボードの左側にシーン番号の候補を表示する

テイク

「テイク」インジケーターは、現在のショットのテイク番号を示します。 テイク番号の左右にある矢印をタップするか、インジケータをタップしてテイク番号エディタに入ります。

ヒント ショット番号またはシーン文字が進むと、テイク番号は「1」に戻ります。

テイク番号エディタで説明を追加できます。 これらはテイクナンバーキーボードの右側にあり、以下のシナリオに対応しています。

P/U

「ピックアップ」これは、主要写真撮影がラップされた後に追加の素材を追加するための前回の撮影の再撮影を指します。

VFX

「視覚効果」視覚効果を使用するためのテイクまたはショットを指します。

SER

‘シリーズ。’ これは、カメラの走行中に複数のテイクが撮影される状況を指します。

「A」をタップすると、「スタンバイ」モードで「自動テイクアップ」を有効にします。 これにより、録音された各クリップのテイク番号が自動的に前に進みます。 有効にするとスレートのテイク番号の隣に小さな「A」が表示されます。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kは、「テイク」メタデータを入力すると、タッチキーボードの右側に追加のショットタイプのプロンプトを表示します

グッドテイク

ポストプロダクションで簡単にリコールできるように、良いテイクにタグを付けるには、「良いテイク」インジケータをタップします。このボタンは「再生」モードで現在表示されているクリップに「良いテイク」タグを適用します。カメラが「スタンバイ」モードで録画準備ができていれば、「最後の良いテイク」ボタンは、最後に録画されたクリップに「良いテイク」タグを適用します。

Int / Ext

スタンバイモードで次のクリップに、または再生モードで現在のクリップに ‘インテリア’タグまたは ‘外部’タグを追加するには、 ‘int’または ‘ext’をタップします。

昼/夜

スタンバイモードの次のクリップ、または再生モードの現在のクリップに ‘day’または ‘night’タグを追加するには、 ‘day’または ‘night’アイコンをタップします。 ‘

プロジェクトのメタデータ

プロジェクトのメタデータは、「スタンバイ」モードでも「再生」モードでも同じように動作します。このメタデータは常にプロジェクト全体を指し、クリップ番号には依存しません。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの ‘project’スレートタブ

プロジェクト名

現在のプロジェクト名を表示します。プロジェクト名を変更するには、鉛筆アイコンをタップします。

ディレクター

現在のプロジェクトのディレクターの名前を表示します。ディレクター名を変更するには、鉛筆アイコンをタップします。

カメラ

1文字のカメラインデックスを表示します。鉛筆アイコンをタップしてカメラインデックスを変更します。

カメラオペレーション

カメラのオペレータを表示します。鉛筆アイコンをタップして、カメラのオペレータ名を変更します。

 

カメラビデオ出力

HDモニタリング出力

カメラのフルサイズのHDMIコネクタは1080pのHDビデオを出力するので、モニタやコンシューマ向けテレビに簡単に接続して画像をプレビューできます。 この10ビット出力は、HDRとフル・カメラ・ステータスを示す画面オーバーレイにも対応しており、オン・セット・モニタリングに最適です。

カメラがジブアームやクレーンに固定されている場合や、車両に取り付けられている場合など、LCDへのアクセスが実用的でない場合は、HDMIのモニタリングが役立ちます。 モニタリング情報は、ディスプレイ設定メニューのHDMIオーバーレイオプションを調整することによって、HDMI出力に表示されます。 HDMIオーバーレイは、録画の詳細やカメラの設定などのフレームガイドと情報を提供します。 単にショットをモニターしたい場合は、クリーンなHDMI出力のために常にオーバーレイをオフにすることができます。

SDIにBlackmagic Micro Converter HDMIのようなコンバータを使用すると、信号をSDIに変換して、SDIモニタ、キャプチャデバイス、ブロードキャストスイッチャー、およびその他のSDIデバイスに接続することができます。 Blackmagic Pocket Cinema Camera 4KのUSBポート経由で、Blackmagic Micro ConverterのHDMIをSDIに接続することもできます。

Leave a Reply
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。