「DaVinci Resolve 15」カテゴリーアーカイブ

YouTubeに公開中のDavinciResolve 15の実践的な日本語解説はUZ LANDさんがお勧め

UZ LANDさんは、YouTubeにDavinciResolve 15の実践的な日本語解説を公開されています。

自分とは、ちょっと違うアプローチだったので、楽しく拝見しました。

 

この動画では、ノーマライズして編集したものをノーマライズしてLUTをかけるというもので
私は、ノーマライズしてLUTをかけたりかけなかったりして編集する感じなので、とても手が込んでると思いました。
最後の方に、擬似的に太陽を置いて、形を変える所も参考になりました。

日本でも多くの方がチュートリアルを作ってUPしてほしいです。
それを見て、勉強する方も多いので人の役にも立てますし、自分の勉強にもなりますよね。

私もそろそろ、やらなければと思いながら、重い腰が上がらず告知のみになってしまい申し訳ありません。^^;

UZ LANDさんは他にも役に立つチュートリアルを数本作っておられますので御覧ください。

また、本家のチュートリアルも進んでいるようですので、数本まとめて紹介させていただきます。


DaVinci Resolve 15トレーニングブック 決定版ガイドが公開中。

DaVinci Resolve 15を使っている人ならご存知と思いますが、無料で決定版ガイドがPDFでダウンロード出来ます。

以前から不可解なメーカーだと思っていましたが太っ腹と言うか何というか?

興味のある方をここをクリック

DaVinci Resolveは、殆どの機能を無料版で使えますしカメラを購入すると無料で付いてきたりもします。
BMPCC4Kにも無料添付されていますが、本来カメラを10万円以内で出す予定が無理となったので、ソフト付けちゃおうとなったらしいです。
BMPCCも半額で売り出されたことがあったり、DaVinci Resolve有償版も半額以下になったりと摩訶不思議なメーカーですね。
だから好きだとも言えるのですが、慌てて買っちゃうと損することもあります。
頑張って勉強しないと^^;

スティーヴ・ヴァイの「Dark Matter」制作の舞台裏。Davinci Resolveにて編集

スティーヴ・ヴァイの「Dark Matter」制作の舞台裏。Davinci Resolveがいかに同作に使用されたかを紹介が公開されました。

スーパーギタリストのスティーヴ・ヴァイのビデオクリップ「Dark Matter」の制作でダビンチリゾルブが使用されたそうです。
今まで他のビデオ編集ソフトを使っていらっしゃる方は、ダビンチリゾルブを使うのをためらうかたも多いと思います。
まだまだ、開発途中で使いものにならないのではと考える方もいらっしゃいます。
それでも現場で使われている映像を見れば、ダビンチリゾルブの実力も解るのでは。
もっと使う方が増えて、フィードバックされることで、ダビンチリゾルブがどんどん良くなることを願っています。

DaVinci Resolve 15.2.1アップデートが公開されました。

今回のソフトウェアアップデートでは、MXF OP1aレンダリング、キーボードショートカット、マッチフレーム実行時のフォーカス、10-bit DPX再生、オプティカルフローのイメージ処理、オーディオルーティング、Fusionトランスフォームツールのオフセットなど、様々な機能のパフォーマンスが改善。
また、ソフトウェアの安定性も向上。
すべてのDaVinci Resolve 15 Studioユーザーに推奨。

ここからダウンロード

 

アップデートは毎回すぐ行うのですが、以前のような酷い状態にはならなくなりましたね。
以前は、動かなくなることも結構ありました。
実際に早くなっている感覚は少ないのですが、バージョン12の頃に比べると断然良くなっています。
最近ようやくDeckLink Mini Monitor 4Kの使い方も分かってきて、55型4KTVにも綺麗に出力できるようになり編集も楽になりました。
只1つ問題もあって、大画面で編集するとスマホで見たときなどでは見る感覚が随分違うことに気が付きます。
大画面では、被写体が大きく見えるので小さめに撮ったりするのですが、スマホのような画面だと、目立たなくなったりもします。
その辺は普通の大きさのモニターで確認する必要があると感じています。

最近編集に便利なアイテムを色々探しているのですが、今使っている左手キーボードはとても有効で好きなキーにショートカットをアサインできるので自分が使いやすい小型パネルにすることが出来ます。
私が使っているのはロジクールのG13です。
それが何故か大暴騰しているのに気が付きました。
私が買った時は1万円そこそこだった気がするのですが、アマゾンでも3万-4万円 楽天では5万-6万円になっています?
何事が起こったのでしょうね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LOGICOOL アドバンスゲームボード G13r
価格:52910円(税込、送料無料) (2018/11/30時点)

楽天で購入

まだ色々メーカーはありますので調べてみてはどうでしょう。

そしてマウスにはエレコムのEX-G(トラックボール)を使っているのですが、いまいちボールの動きが悪いので、今回下記のエレコムのボールが大きいタイプのトラックボールを導入することにしました。
このトラックボールは動きを3段変える事ができるそうなので、パラメータを少しだけ動かしたい時などに使えるのではと期待しています。
このトラックボールが来たら、新しいページで紹介します。

とにかく予算がないので、少しでも安く快適にソフトが使えるように考えていきます。
良いアイデアがあったら教えてください。

キャナルシティ博多の「噴水とプロジェクションマッピングショー」を撮ってきました。

今回は、Bmpcc4Kを使って夜景を撮ろうとキャナルシティ博多へ行ってきました。
丁度、噴水とプロジェクションマッピングショーをやっていたので、Bmpcc4KとCanonXC10で撮影しました。
Bmpcc4Kで使いきったバッテリーでXC10は余裕で動くのでサブ機に使いました。

まずは、Bmpcc4Kで撮ったショーの様子です。

一応コントラストと彩度は調整していますが、色味は変えていません。
編集する前の映像を見ても、そこで見ているような感じで自然でした。
音も良い感じで入っています。

今まで数回、ダンスの撮影などで、暗いところで撮影してみたのですが正直言ってあまり良くありませんでした。
今回は、思いの外良かったと思います。
サンタが出てきたところは少し飛んでしまいましたが、その他はいい感じでした。

次にCanon XC10の映像です。

元々、暗い場所が苦手なカメラだと思っていましたが、やはりBmpcc4Kと比べると荒い気がします。
Bmpcc4KはProRes422HDで撮影し、XC10はXF-AVC422Logで撮影しました。
レンズの画角やシャッタースピードの差もあるとは思います。
XC10の映像のほうが、潰れた感じがするところが多く見られる気がします。

iPhone8Plusで撮影した写真は、ド派手な感じになりました。
これはこれで面白いですね。


とても面白いショーでは有りましたが、長時間の撮影はご遠慮くださいと言うことで、ハイライトシーンをUPしたしだいです。
Bmpcc4Kは、色々と制約の多いカメラですが、撮っていて楽しさを感じるカメラだと思います。