「山笠」カテゴリーアーカイブ

博多祇園山笠2016 集団山見せの映像をUPしました。

博多祇園山笠2016 集団山見せの映像をUPしました。

平成28年7月13日、朝は大雨が降って博多祇園山笠2016集団山見せが開催されるか心配しましたが、昼から雨も上がり見に行ってきました。

集団山見せは13日の15時半からなのですが、1時間前に行かなければ一番前で見ることは出来ないと思い、13時半に中洲に到着しました。
中洲では、男衆が集まり今にも動きそうな感じでした。

折角BGで撮影すると言うことで、着いて走ることにしました。
しかしながら上下運動を止めることは出来ないと考えスローモーションでの撮影を試みました。
普段は1/4で撮影するのですが、流石に映像が720Pになることを考えると、画像が悪いと思い1/2で撮影することにしました。

出発から川端商店街の前まで来ると、まさかの電池切れ。
最近、まさかが多すぎます。
かなり計算違いが多いようです。

中洲流と一緒に走りながら電池を交換し、ようやく撮り始めたのが冷泉公園の前あたり。
メンバー交代のため、山を下ろしていました。ラッキー。
その後、普通の撮影に戻し走り始めましたが、沿道を走るため追いつきません。
後ろを追っかけて水かけられるのも困りますからね。
出発地点まで追っかけて撮ったのですが、編集での時間切れで端折りました。

出発地点ではラジオの収録をやっていて、滋賀から来た老夫婦が朝から酒を飲んでいたため完全に出来上がっていて、ハチャメチャな放送になっていました。
声が入らないように小声で笑わせていただきました。

いざ始まるとなると、せっかく早くから来て場所取りしているのに、ガンガン前に入られて邪魔なこと邪魔なこと。
人のことなぞ全然考えていません。
スタビを持って頭の上から撮らせてもらいました。
私の場所が、山が真横に来ていたので顔がイマイチ映らず残念。
良い場所はテレビ局が占領していました。
そして水かけられるしね。
私はかっぱを着て参戦していましたが全然水をかけられることも無かったので脱いでしまった時にやられちゃいました。^^;
もう、カメラが心配で必死に拭きましたよ。一応ビニールかぶせていたから大丈夫でしたがビニールの音がガサガサなってうるさい場面も出てしまいました。

一番山の東流では高島市長が台上がりをするので長回しをしましたが使える部分が少なかった。
途中からスローモーションにしてしまったのが残念。全然音が入ってないので臨場感が無いのですよね。
ですから、ビデオには東流しか出していません。

それから、集団山見せのスタートだけを、まとめてみました。
全部スローモーションです。

土居流だけ普通に撮影したので、音が入っていました。
その音を使って、1/2 1/4倍速に加工して、全部の音声として使いました。
無音だと迫力が全然無いですからね。
映像的な迫力はもう少し望遠で撮るべきだったかもしれません。
土居流は、編集で1/2のスピードにしてみました。
そうすることにより、映像も音も1/2になります。
最初からこうしたほうが楽だったのですが、少しでも綺麗な方が良いかとやってみました。
厳密に言うと、最初からスローモーションで撮ったほうが滑らかなのでしょうがどうしても画質が落ちます。
でもスローモーションで撮影すると無音なので、後からどうしようも無いことを考えるとカメラ一台での撮影時は普通に良い画像で撮影するほうが無難のようです。

集団山見せのスタートを全部撮り終えて、櫛田神社へ行きました。
既に桟敷席は沢山の人がいました。
私は中断の真ん中に座っていたのですが、流れの子どもたちに席を譲って欲しいと言われ、丁度雨も少し落ちてきていたので屋根のある場所に移動しました。
その後、桟敷席は埋め尽くされたのですが、気は回復しました。^^;
この場所には、FBの友人が2人いたそうです。
これだけ人が多いと気が付きませんね。
たまたま横にいた赤ちゃん連れの親子の家族三世代が恵比須流で山を舁くと伺ったので、少しアップで撮影してみました。
上手く写っていたら良いですけど。
そんなこんなでこんな映像となりました。

無事に4KでUPすることも出来て良かったです。
カラーグレーディングすると同じ設定なのに場面ごとに色が変わってしまって
結構大変でした。かえってグレーディングしないほうが良かったかも。

そんなこんなで、今年は山笠をたくさん見ることが出来て満喫しました。
いよいよ、明日早朝が本番ですが、多分寝ているでしょう。
ニュースで観たいと思います。^^;

《新品》 Canon デジタルビデオカメラ XC10 メモリーカードキット [ ビデオカメラ ]

価格:243,000円
(2016/7/14 20:45時点)
感想(0件)

博多祇園山笠 飾り山と子供山笠をUPしました。


今日は、博多山笠の飾り山を見に行ったのですが、たまたま子供山笠を行っていたので見学してきました。
子供の頃から、山のぼせになるよう鍛えられていますね。
雨が降ったためか川端商店街のアーケードには、とても多くの人がいて歩くのも大変なくらいでした。

飾り山だけ4Kで撮影し、他の映像はファームアップしたカメラテストでMP4を使っての撮影です。
4Kで撮影することが多くなっているせいか、MP4で撮影すると、なんかボケているような気がしてなりません。
ただ、映画のような雰囲気になったのは嬉しいかも。
絞りも絞り込んでいたはずなんですけどね、AFの設定をせずに使ったので、いつもとは違う感じの映像になったのかもしれませんね。
今、AF設定を見てみるとミドルになっていました。
そのせいかもしれません。

ファームアップした為に、今までのカメラセッティングが初期化されてしまっていて、メディアをフォーマットしようと思ったら、初期化のメニューが無くなっていて驚きました。次の項目に移動していたのを気づかなかったのです。
そして、アサインしたメニューも消えていたので、とても使いづらくなっていました。
使う前にチェックすることが大事ですね。

子供山笠には女学生のカメラマンも沢山いて驚きました。
学校での授業の一環なのでしょうか?
お母さん方はスマホでの撮影が多いようですね。
簡単に綺麗に撮れるから有難いですよね。
しかし、山笠の撮影には水をかけられることが多く、今日は雨も降ったり止んだりだったのでXC10壊れるのではと心配しました。
何と言っても水やホコリに弱いとされるカメラなので困ります。
スタビを使いながらカメラにタオルを被せてもスタビが正常に動いたのは驚きでした。
でも、人にぶつかったりするとイヤイヤしてあっち向いてしまいます。要注意です。

撮影から帰ってから取り敢えずダイジェスト版をTuka3desuTVにUPして、その後、映写人用の映像を作成し、レンダリングしながら、このブログを書いています。

なかなか終わりません。
時間が長いですからね。
YouTubeへも、どれくらいの時間でUPできるのかなぁ。
ダイジェスト版は、MP4データだったのでCyberLinkPowerDirectorで編集しましたが、映写人用は4K映像が混じっているのでAPで編集しました。
最近はResolveでカラーグレーディングしているので、APでは余り綺麗にならないのですよね。PGでやらないとダメなのでしょうね。
もう少しすると、レンダリングがおわります。
YouTubeへUPでき次第リンクして、このブログを完成させます。
ダイジェスト版はこちら。

CANON XC10 メモリーカードキット 業務用4Kデジタルビデオカメラ

価格:239,235円
(2016/7/3 23:57時点)
感想(0件)

映写人オリジナル作品「博多祇園山笠追い山馴らし2015」を発表

本日映写人オリジナル作品「博多祇園山笠追い山馴らし2015」を発表いたしました。

台風のために雨がふるかと思いきや、神様の助けもあって無事見ることが出来ました。

今回、Canon XC10にて4KCanon Logで撮影したデータとTascamDR-70Dで録音したハイレゾ音源データをEDIUS Pro8にて編集しYouTubeへUPいたしました。

IMG_3180 のコピー

途中、TascamDR-70Dの録音ボタンを押し忘れてCanon XC10のみの音の場面も有りますので聴き比べて下さい。

やはり、カメラで録音した音と録音機で録音した音を混合したほうが広がりがある気がします。
サラウンドでは無いですが、雰囲気はサラウンドのような感じになり、とても臨場感のある作品となりました。
やはり、カメラ単体での音では寂しい物があります。
今日はじめてTascamDR-70Dを実践で使いましたが、設定をMIXにしないで2チャンネルをパラで録り、編集でくっつけて広がりを出しています。
筐体を触りながらの撮影では有りましたが、摩擦音もなく内蔵マイクで良い音が録れました。
購入した甲斐がありましたね。

そしてとても役に立ったのが、自作ファーウィンドスクリーンです。
台風のため風も強かったのですが、風の音が聞こえません。
まあ、周りの音も大きいから気にならなかったのかもしれませんが合格だと思いました。
photo0_03244019

編集ではいろいろ問題が発生し、最後レンダリングで失敗し3回やりなおしました。

1回に1時間半なので、日をまたごすこととなりました。
この点は残念です。

この中の一回は、寝ながらの作業で、誤ってPCを止めてしまったようです。(_;

現在はこのブログを書きながら見張っています。
ちょうど1/5くらいですが、まだ残り1時間半と出ています。
すでに24分が経過中。
無事にレンダリングできるのか?
外は台風のため雨風が酷いです。

PCは長時間のレンダリングのため熱を持ち温風機とかし、冷房を入れる羽目となりました。
この長時間に耐えられるグラボで良かった。

quadro_k2200_011

だだいま、他の作業をしながら見張ってますが、40分が経過。
まだ、残り時間1時間と10分を提示しております。
作業は37%といったところです。

追い山馴らし2015を見て良かった場面は、上川端通の動く飾り山笠が白煙を履く場面でしたね。
2箇所で撮影したのですが、口から白煙を吐いてとても雄壮でした。
普通の山とは違い、倍近い重さが有り、担ぎ手も多いのですが重さに耐え切れず止まることがしばしばありシャッターチャンスも増えました。

明治時代は、あの大きさのものが主流だったらしいので、今より凄かったでしょうね。
当時は電線を棒でよけながら山をかいたそうです。
今回、何より良かったのは、雨がふらなかったことと水をかぶらずにすんだこと。
この撮影では、何度も水をかけられたことがあって、対策のためビニールをカメラにかけて撮影していました。
雨の心配もありましたからね。
まあ、小雨も降ったことで役には立ちましたが途中ビニール片が見えてしまったのは大きな失敗でもありました。

そして、三脚ではなく一脚で立ち位置も不安定な場所だった為に画面が揺れたのが残念。
4K映像でカメラが振れるのは厳禁ですからね。
その辺は素人撮影なので、お許し下さい。

さて、PCは作業時間が50分を経過し作業も丁度半分。
残り55分を提示しております。

私が、4Kハイレゾ撮影をやりたいと思ってから、随分と日も経ちようやく今日それが実現したわけですが、実際にやってみないとわからないことが沢山ありました。

一つ心配していた新フォーマットの編集ですが、EDIUS Pro8の体験版が対応していて良かったです。

これが無かったら、何も出来ないでモニターでだけの使用となったでしょう。
ソフトがあってくれたので編集もできYouTubeへの投稿も可能となりました。
残り17日、使い倒したいと思います。
その次は、アドビのプレミア体験が待っています。
ようやくEDIUSにも慣れ、作品らしくなってきた所で期日が来てしまい違うソフトに移るわけですが、これが結構大変なんですよね。
私としては、Vegas Proかパワーディレクターがこのファイルに対応してくれれば有難いのですが、SONYや一般向けのサイバーリンクでは対応がされないか遅れるでしょうね。
その後のことは、その時に考えることとして、今できる事をやっていこうと再確認しました。

さて、PCの作業の進行度合いは1時間を過ぎ、残り47分を提示
作業自体は60%弱を終えたようです。

このカメラを購入するにあたって、やりたいテストを色々と書き出していましたが、仕事と天候に阻まれ、なかなか進みません。

花火とシャボン玉の撮影も、やれないままです。
そんな中、YouTubeでは、色々実験が行われていますね。
その映像も、紹介していきたいですね。

まあ、専門的なことは私には出来ないので、他の人にやってもらい、私は素人らしい実験をやっていきたいです。

このブログを書いていると、PCに負担がかかって作業効率が落ちるので、終わるまで静観します。

おっと地震です、凄く長い時間揺れています。
大した揺れではなかったですが、震源地は何処だろう。
大分県が5弱でした。
福岡は3震度でした。
東北は毎日のようにこんな感じなのでしょうね。
外では台風の余波で雨戸に叩きつける雨音がします。
大分は雨で地盤が緩んでいるので、被害がなければよいですね。

そうしているうちにレンダリング終わりました。2時間弱かかりましたよ。(_;

さて、チェックしたらYouTubeにUPします。

こうしてみると、地震のように揺れていますね。
切ったはずの所が随分残っています。
編集途中で何度もソフトが落ちたせいですね。
メカニカルシャッター仕様で、ローリングシャッターに強いと書かれていましたが、やはりこんにゃくのような揺れ方ですね。
これは仕方のないことなのかなぁ。
もういいです、このままUPします。

UP自体は、あっという間に終わるのですが、YouTube側でのエンコードが同じくらい時間がかかるかもしれないですね。

映像の時間が長いからか5-6分のUP時間がかかっています。

終わりました。
YouTubeがわのエンコードが延々と行われると思います。
それでは、カスタム画像の制作に移ります。

東長寺前の白煙を吐いている山笠を写真にしたいと思います。

こんなん、出来ました。

photo0_03495728安物のレンズフィルターを使っているせいか、アンバーにふられているようなきがします。
ちゃんとホワイトバランスとってから撮影に臨まなければと反省しきりです。

おっと、外の風がすごくなってきましたので、このへんで終了したいと思います。

朝には、YouTube側もエンコードが無事に済んでくれると有難いのですけどね。

そのまま放置して寝ます。

あらら、3時半です。
2時間ほど寝れるかな。

それでは映像がUPされていることを願いながら、おやすみなさい。

九州放送機器展2015に行ってきました。

九州放送機器展2015に行ってきました。
今回の目的は、Canon XC10の使い方でわからないことを聞くことや編集ソフトのメーカーを回って使いやすいソフトを探すことがメインで、後は機材などを色々見てきました。

その帰りには、東長寺にて福岡大仏を見たり、川端通りにて飾り山笠を見たりして帰ってきました。
素材として、撮影してきましたので後ほどUPいたします。

今回も、色々挑戦してきたのですが、それを全部UPすることが出来ないのが残念です。

四隅がケラれているのに気が付きましたでしょうか?

これは以前使っていたワイドコンバージョンレンズを使った映像です。
もちろん4K対応ではありませんが、YouTubeで見るくらいの映像であれば耐えられるかなと思いました。

たる型に変形している映像がそれです。

今日一番勉強になったのが、XC10をタブレットで使う方法でした。
家でいくらやってもラチがあかないので、聞いてきました。
ブースの方とあーでもないこーでもないと言いながらやってきたのですが、最終的には出来るようになりました。

しかし

その映像はコマ送りより遅い感じです。
これって確認だけの意味ですね。
まあ、出来ないよりは良いかと言う感じでした。

それから、これから対応するソフトはアドビとブラックマジックだそうです。
アドビは使っていたから使えると思いますが、ブラックマジックは結構難しそうです。でも、無料版があるので結局はこれを使うことになるかもしれません。
貧乏ですからね。
ダビンチはカラーグレーディングソフトだったのがバージョン12からは編集もできるようになったそうです。ちなみに価格は12万。これが高いか安いかと言うと以外にも安いかもしれません。
それは、メジャーアップデートでも無料で行われるからです。
ずっとお金を払い続けるソフトを考えると、どちらが良いかは使う人次第でしょうね。
ちなみにエディウスは3万円台で購入できるそうです。
私としては使いづらいから使いたくないですけどね。

それから、ステディカムでアームの調整の仕方を習ってきました。
結構目からうろこでしたね。勉強になりました。

一番失敗したと思ったのは、Tasucam DR-70Dに取り付けようと思って購入したショットガンマイクは、コードが短すぎて真正面を向かなかったこと。駄目じゃんと思っちゃいました。

会場を出て、最初に訪れたのが東長寺です。
ココでは、ワイドコンバージョンレンズを多用するかと思いきや、以外に付けなくてもいいかんじでした。どうしても入らないところだけ使いました。
やはり、曲がると違和感はありますね。

それから、山笠を撮影して回りましたが、途中Logを使ったので、彩度の弱い暗めの映像もあります。

カラーグレーディング用の素材です。試してみてくださいね。

この映像は只今YouTubeへUPしていることです。
今しばらくお待ち下さいね。

photo0_02285215