「Blackmagic Camera」カテゴリーアーカイブ

アナモルフィックレンズがやってきた。(SIRUI 35mm f1.8 1.33X アナモルフィックレンズ )



INDIEGOGOで資金集めをしていた、SIRUI 35mm f1.8 1.33X アナモルフィックレンズ が予定よりひと月遅れでやってきた。
何でも、先行発売されたものにマウントの不具合があったということで遅れたうえに、中国の連休が重なって余計に遅れたようです。

INDIEGOGOでは、今まで煮え湯を飲まされたことも有り、どうするか悩みましたが、BMPCC4Kにアナモルフィックの設定があるだけに使ってみたかったということもあります。
今まで、本等のお金持ちしか使うことが出来なかったレンズが、私達の手元に来るように安価に開発されました。
ブラックマジックデザインもそうですが、一桁も二桁も安い機材が提供されるようになって、私でさえ使えるようになったことは本当に有り難いです。

実際に触ってみると、高級感がある質感でリングも程良い粘りで動きます。

保護レンズや、UV ND  PL クローズアップレンズ レンズフード他がセットになったものが売ってあったので、とりあえずポチっておきました。

早速BMPCC4Kに取り付けて、モニターを見てみました。

設定は、2.8Kアルモルフィックです。
すると、画面が広がって見えます?
私が想像していたのは、アナモルフィックレンズを使うと縦長の絵になるので、この設定でシネマサイズになるのかと思っていました。
まだちゃんと使いもせずに、これを書いているので間違っているかもしれませんが、普通の設定のほうがまともに見えます?
そういうものなのでしょうか?
ダビンチリゾルブの設定もいまいちわかってない状態で編集してみました。

ここでは、アナルモルフィックレンズ特有のフレアが出るかやってみました。

自分の車でやってみると、近すぎて上手くいきません。
そこで道に走っている車を撮ってみました。

この時、スタビライザーの絞りを使って撮っていたのですが、いきなり電池切れ(^_^;)
こんなものです。

いつも最初に使うときは何かが電池切れします。
これが電池を使うものの性ですね。
仕方がないので手持ちで撮りました。

スタビライザーには苦労して取り付けました。
流石に、パナライカと違って、しっとりしたリングの動きです。
パナライカをバカにしているわけではないですが
正直そう思いました。このレンズのほうがトルクが有るのですよね。
シネマレンズ特有の物だと思います。

話が完全にそれましたが、とりあえず横一線の青い筋(フレア)は出ました。
ただ、絵が横広がりになっているのは何故?
これから勉強していきたいと思います。
とりあえずのファーストインプレッションでした。

下記のサイトで勉強したところ
ダビンチリゾルブでクリップ属性を1.3☓アナモルフィックにすることが必要だと知りました。

 

 

車の幅が普通になりました。
調べてみると、1.33☓のアスペクト比は、24:1がベストということなので
4K24:1で撮影する必要があるのですね。
使い方を間違っていました。(^_^;)
何でも勉強が必要です。


Blackmagic Camera 6.9.1 &ATEMスイッチャー8.2.1 アップデートアップデート公開

Blackmagic Camera 6.9.1 アップデート(メーカーHP転載)

今回のソフトウェアアップデートは、Blackmagic Pocket Cinema Camera の全体的なパフォーマンスを向上・強化だそうです。

このソフトウェアパッケージを使用すると、Blackmagic Cameraを最新のソフトウェアリリースに更新して、新機能、バグ修正、その他の機能強化を行うことができます。

ソフトウェアインストーラーはデスクトップビデオまたはUltraScopeアプリケーションをインストールしなくなりました。BlackmagicDesign Webサイト(https://www.blackmagicdesign.com/support)から個別にダウンロードする必要があります 

Blackmagic Cinema CameraまたはProduction Camera 4KでThunderbolt経由でUltraScopeを使用するには、Blackmagic UltraScopeソフトウェアをダウンロードしてインストールします。サポートされているカメラでMedia Expressを使用する場合は、Blackmagic Desktop Videoソフトウェアをダウンロードしてインストールします。

ソフトウェアの更新を実行する前に、デバイスが主電源に接続されていることを確認してください。Blackmagic Camera Fibre Converterを更新するには、更新中に、SMPTEファイバーではなくURSA 12V電源を使用してカメラからユニットに電力が供給されていることを確認する必要があります。

Blackmagic Camera Battery Gripを取り付ける前にカメラを更新してください。

カメラ4.0以降からBlackmagic Camerasをアップデートする場合、プリセットとLUTはこのアップデート中に削除されるため、カードにエクスポートすることをお勧めします。

Blackmagic Camera Setup 6.9.1の新機能

Pocket Cinema Camera 6Kおよび4Kの新機能

  • Pocket Cinema Camera 4Kおよび6Kのスタジオカメラ機能を追加します。
  • スタジオカメラの機能は次のとおりです。
    • HDMI接続によるカメラ制御。
    • リモートレンズコントロール。
    • オンエアの赤いタリー表示。
    • 緑のタリー表示をプレビューします。
    • DaVinci Resolve原色補正。
    • リモートカメラ設定。
    • リモートタイムコード同期。
    • Blackmagic RAWのリモートレコードトリガー。
    • LCDのプレビューと集計インジケータ。
  • カラーバーを表示した後に+ 48Vファンタム電源が再度有効にならない問題を修正しました。
  • さまざまな安定性と改善。 購入したばかりの頃から考えますと、随分レスポンスが良くなった感じがあります。
    画面も軽くタッチして変更できるようになったし、とても動きが良いですよね。下記は、実際にインストールしているときのスクショです。


    ソフトを立ち上げると上記の画面が出てきます。


  • アップデートするか聞いてきます。
    アップデートが始まると70%位で間があくのでドキドキしてしまいます。

    出来上がりのサインが出ます。ファームウエアのバージョンが示されます。


Blackmagicの製品アップデート情報に驚愕

本日、Blackmagicの製品アップデートが発表されました。

  • DAVINCI RESOLVE 16が製品版になるかと思いきや、16.1パブリックベータ1になりました。
  • Blackmagic Camera 6.5アップデートでは、ポケシネ4Kのアップロードありませんでした。

  • Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kが発売されました。

  • デスクトップビデオ11.3が公開されました。

 

DaVinci Resolve 16.1ソフトウェアについて メーカーHPからの転載

無料のDaVinci Resolve 16.1には、DaVinci Resolve 16.1 Studioと同じ高品質の処理がすべて含まれており、無制限の解像度のメディアファイルを処理できます。ただし、プロジェクトのマスタリングと出力はUltra HD解像度以下に制限されます。DaVinci Resolve 16.1は、WindowsおよびLinuxでは単一の処理GPU、最新のMac Proでは2つのGPUのみをサポートします。

複数のGPU、4K出力、モーションブラーエフェクト、時間的および空間的ノイズ低減、インターレース解除、HDRツール、カメラトラッカー、複数のResolve FX、3D立体視ツール、リモートレンダリング、外部データベースサーバーのサポートなどの機能が必要な場合複数のユーザーが同じプロジェクトで同時に作業できるようにするコラボレーションツールは、DaVinci Resolve 16.1 Studioにアップグレードしてください。

施設が拡大し、より高度な作業を行う場合は、アップグレードすることを決定してください。

DaVinci Resolve 16.1の新機能

*のマークが付いた機能は進行中であり、最終リリースの前に変更される可能性があります。

カット

  • 最大9台のカメラのライブマルチビューで、タイムライン上の現在のショットの同期クリップカッタウェイを表示する同期ビンビュー

  • タイムコードとカメラ番号のメタデータを分析することにより、1台のカメラからのショットを自動的にグループ化するサポート

  • キーボード上の希望のカメラ番号を押すことができ、スクロールダイヤルでカットアウェイの長さをライブで調整できる、Sync Binマルチビューからのライブ上書き

  • 同期ビンビューからタイムラインを拡張して、タイムラインの次の編集を簡単に見つける機能

  • クリップのタイムコードベース、オーディオ波形ベース、インポイントまたはアウトポイントベースの同期を実行するクリップウィンドウの同期

  • 再生ヘッドの位置に基づいて最も近い編集ポイントがどこにあるかを示すタイムライン上のスマートインジケーター

  • 実行時間が長すぎる編集を検出するためのタイムラインインジケータを備えた退屈な検出器

  • フラッシュフレームとジャンプカットのタイムラインインジケーターを備えたジャンプカット検出器

  • クローズアップは、DaVinci Neural Engineによって強化され、クリップ内の顔を自動的に識別し、被写体をクローズアップするためにショットを再フレーム化します

  • ツールバーでのブレードアクションのサポート

  • DaVinci Resolve Editor Keyboardで、スクロールベースとジョグベースを動的に切り替える新しいブレンドスクロールモードのサポート

  • DaVinci Resolve Editorキーボードのスクロールダイヤルを使用して、最も近い編集ポイントに目的のトランジションをすばやく見つけて適用する新しいトランジションダイアログのサポート

  • DaVinci Resolve Editorキーボードのスクロールダイヤルを使用して画像の四分円を簡単に選択することにより、画像編集で画像をすばやく適用するための画像モードでの新しい画像のサポート

  • Alt / Option +タイムラインクリップオーバーレイのドラッグによるスライド編集の実行のサポート

  • メディアプール内のビンの追加とビン間でのクリップの移動のサポート

  • ビューアでソースメディアを選択してプレビューするときのサムネイルクリップのホバー動作を改善

編集

  • フレームカウントタイムコードプロジェクト設定を使用している場合でも、クリップベースのフォーマットで埋め込みタイムコードを常に使用することをサポート

  • タイムラインの複数の編集ポイント間でトランジションをコピーして貼り付ける機能

  • トラック名とトラック番号のバーンインとレンダリングタグのサポート

  • 調整クリップのメディアプールへのドラッグのサポート

  • インスペクターでの調整クリップの名前変更のサポート

  • キーボードショートカットを使用した個々のパネルの表示または非表示のサポート

  • FinderまたはExplorerからFinal Cut Pro 7 XMLファイルを開いてメディアまたはタイムラインをインポートするサポート

  • 人物の検出と分類のためにクリップを分析するときのパフォーマンスが向上しました

  • 位置キーフレームに滑らかさを適用するときのイージング動作の改善

  • マルチカムクリップを同期し、オーディオ波形を使用してビデオとオーディオクリップを同期するときの結果を改善*

  • クリップ選択がある場合のブレードの動作の改善

融合

  • メディアプールでスーパースケールが適用されたメディアの読み取りのサポート

  • 複数の入力レイヤーを持つコンポジションのメモリ管理の改善

  • マルチGPUシステムでのメモリ管理の改善

  • 単一GPUシステムでの視聴者の対話性と再生パフォーマンスの改善

  • レンダーオールセーバーのステータス表示の改善

  • 色域オプションとしてのACEScgのサポート

ResolveFX

  • ResolveFXストップモーション

  • ResolveFXおよびOpenFXプラグインがアルファチャネルを処理および変更できるようになりました

  • ビデオ監視出力で現在のクリップに適用されているフラグの表示をサポート*

  • ギャラリーに保存されているバージョンから共有ノードグレードを更新するオプションのサポート

  • パワーウィンドウオプションメニューから既存のウィンドウに追加することにより、パワーウィンドウを貼り付ける機能

  • ノードナビゲーションを色補正ノードに制限し、ミキサーノードとスプリッターおよびコンバイナーノードを回避するための、色の下のユーザー設定のサポート

  • 1976 u’v ‘ビューと、追加の参照色域を表示する機能を備えたCIEスコープの改善

  • DaVinci Neural Engineによって強化されたカラーマッチ処理の改善

  • タイムラインワイプフレームを表示メニューから前後に移動し、関連するショートカットを使用する機能

  • ライブプレビューが有効な場合のギャラリーからのタイムラインクリップグレードのプレビューのサポート

フェアライト

  • DaVinci Resolve Studioのプロジェクトレベルで96 KHzおよび192 KHzのサンプルレートをサポート

  • Fairlightミキサーのメインバスのクリッピングインジケーターのサポート

  • リバーブやその他のテールエフェクトを備えたオーディオクリップのオプションメニューから延長バウンステール持続時間を有効にするサポート

  • リバーブおよびその他のテール効果のテール持続時間しきい値のカスタマイズのサポート

  • トラック入力を手動でパッチするときに、オーディオトラックの挿入を自動的に有効にするサポート

  • タイムラインのロードおよび切り替え時のパフォーマンスの改善

  • ネストされたタイムラインの波形プロファイルを生成するときのパフォーマンスが向上しました

  • FairlightFXプラグインのメーターのピークホールドおよび減衰動作を改善

  • 他のウィンドウの上に個々のオーディオエフェクトウィンドウを表示および保持するためのサポート

メディアと配信

  • コンテンツを変更せずに非圧縮クリップのレンダリングを高速化するためにビデオエッセンスを保持する機能

  • ProRes IMFのデコードとエンコードのサポート

  • DNxUncompressed half float形式のデコードとエンコードのサポート

  • QuickTimeクリップでのIMA4形式のオーディオのデコードのサポート

  • フレームまたはクリップを処理できない場合にレンダリングを停止する設定のサポート

  • 浮動小数点TIFFイメージのデコードのサポート

  • DPX 10ビットRGBAファイルのデコードのサポート

  • AMDグラフィックスカードでGPUアクセラレーションを使用してH.264およびH.265クリップをデコードするときのパフォーマンスが向上しました

  • DaVinci Resolve Studioで50fpsをサポートするPanasonic SHV 8Kへのエンコードの改善

  • Pro Toolsのビデオとオーディオのみのエクスポートを無効にする機能

  • アダプティブオーディオトラックを個別のモノラルチャンネルとしてレンダリングする機能

  • 配信ページプリセットを使用してタイムラインをPro Toolsにエクスポートするときに字幕をエクスポートする機能

  • Pro Toolsエクスポートプリセットを使用する場合、同期オーディオクリップの埋め込みオーディオタイムコードのレンダリングをサポート

  • ARRI SDK Full Res debayerを使用してARRIRAWクリップをデコードする際の、CUDAシステムでのGPU加速ディベイヤー処理のサポート

  • アップロードされたビデオの説明、可視性、およびパスワードを設定するためのオプションを備えたVimeoレンダリング設定の改善

  • 不適切なオーディオトラック設定でIMFまたはDCPパッケージをエクスポートする際の警告のサポート

  • スパンされたAVCHD MTSクリップのデコードのサポート

  • JPEG 2000クリップをデコードするときの再生速度の改善

  • 長いwavファイルをメディア管理するときのパフォーマンスの改善

  • 単一のマルチチャンネルオーディオトラックを個別のwavファイルとしてレンダリングするときの動作を改善

  • ProRes 4444の再生パフォーマンスの改善

  • 単一フォルダー内の複数のPanasonic P2ショットを個別のクリップとして識別およびインポートするためのサポート

全般

  • DaVinci Resolve Studioの追加ディスプレイでのフルスクリーンビューアーのサポート

  • Play Slowコマンドを使用して、現在の再生速度を半分、半分、1 / 4、1 / 8の速度で再生する機能

  • クリップ属性で48fpsクリップの代替フレームを繰り返し、24fpsのキャプチャと再生をエミュレートする機能

  • 可変フレームレートのQuickTimeファイルの再生品質の向上

  • Macシステム上の任意のメディアストレージの場所でのバッファーなしI / Oの無効化のサポート

  • WindowsおよびLinuxシステムでのALACファイルのデコードのサポート

  • プロジェクトマネージャでプロジェクトをOption / Alt右クリックして、ディスクデータベースのプロジェクトを最適化するオプションのサポート

  • [ファイル]メニューからプロジェクトノートにアクセスして編集するためのサポート

  • データベースを共有してアクセスキーを生成するときに、プロジェクトサーバーアプリケーションから優先ネットワークインターフェイスを選択するためのサポート

  • 一般的なパフォーマンスと安定性の改善

macOSの最小システム要件

  • macOS 10.14.6 Mojave

  • Fusionを使用する場合は、16 GBのシステムメモリが推奨され、32 GBが推奨されます

  • Blackmagic Design Desktop Videoバージョン10.4.1以降

  • CUDAドライバーバージョン418.105

  • NVIDIAドライバーバージョン-GPUの必要に応じて

  • RED Rocket-X Driver 2.1.34.0およびファームウェア1.4.22.18以降

  • RED Rocket Driver 2.1.23.0およびファームウェア1.1.18.0以降

Windowsの最小システム要件

  • Windows 10アップデート

  • Fusionを使用する場合は、16 GBのシステムメモリが推奨され、32 GBが推奨されます

  • Blackmagic Design Desktop Videoバージョン10.4.1以降

  • NVIDIA / AMD / Intel GPUドライバーバージョン– GPUの必要に応じて

  • RED Rocket-X Driver 2.1.34.0およびファームウェア1.4.22.18以降

  • RED Rocket Driver 2.1.23.0およびファームウェア1.1.18.0以降

Linuxの最小システム要件

  • CentOS 7.3

  • 32 GB以上のシステムメモリを推奨

  • Blackmagic Design Desktop Videoバージョン10.4.1以降

  • NVIDIA / AMDドライバーバージョン– GPUの必要に応じて

  • RED Rocket-X Driver 2.1.34.0およびファームウェア1.4.22.18以降

  • RED Rocket Driver 2.1.23.0およびファームウェア1.1.18.0以降

MacでのPostgreSQLデータベースサーバーのアップグレード

DaVinci Resolve 12.5.2まで、MacインストーラーはPostgreSQLバージョン8.4.2に同梱されていました。macOS Sierra 10.12以降、PostgreSQLバージョン8.4はサポートされなくなりました。最新のOSにアップグレードする場合は、macOSをアップグレードする前に、PostgreSQLデータベースサーバーをバージョン9.5.4にアップグレードする必要があります。PostgreSQLのインストールがアップグレードされ、データが移植されたら、macOSのアップグレードに進むことができます。

MacでのPostgreSQLバージョンのアップグレードを簡素化するアプリを提供しています。アプリと手順は次の場所にあります。

/ライブラリ/ Application Support / Blackmagic Design / DaVinci Resolve / PostgreSQLのアップグレード

フォルダ。DaVinci Resolve 12.5.3以降、新規インストールにはPostgreSQLバージョン9.5.4が含まれます。

Legacy FairlightプロジェクトのWindows上のDaVinci Resolveへの移行

:ダヴィンチにレガシーフェアライトDR2のプロジェクトをインポート解決、Windowsシステム上で次のユーティリティをダウンロードしてインストールするために downloads.blackmagicdesign.com/DaVinciResolve/Fairlight-Project-Importer.exe ユーティリティをインストールした後、あなたがする」オプションが表示されますDaVinci ResolveのFairlightメニューの「Fairlightプロジェクトのインポート」。

MacにDaVinci Resolveソフトウェアをインストールする

DaVinci Resolve Installerアイコンをダブルクリックし、画面の指示に従います。

WindowsでのDaVinci Resolveソフトウェアのインストール

DaVinci Resolve Installerアイコンをダブルクリックし、画面の指示に従います。

LinuxにDaVinci Resolveソフトウェアをインストールする

DaVinci Resolve Installerアイコンをダブルクリックし、画面の指示に従います。

MacからDaVinci Resolveソフトウェアを削除する

システムからDaVinci Resolveを削除するには、[Resolveのアンインストール]アイコンをダブルクリックします。

WindowsからDaVinci Resolveソフトウェアを削除する

システムからDaVinci Resolveを削除するには、[プログラムと機能]コントロールパネルに移動し、[DaVinci Resolve]を選択して、[アンインストール]をクリックし、画面の指示に従います。

LinuxからDaVinci Resolveソフトウェアを削除する

システムからDaVinci Resolveを削除するには、インストーラーの実行後にアンインストールオプションを選択します。

追加情報

プラットフォームの詳細なサポートについては、最新のDaVinci Resolve構成ガイドを参照してください。サードパーティ製ハードウェアの認定ドライバーバージョンも含まれます。www.blackmagicdesign.com/supportから入手できます 。

また、Blackmagic Designビデオハードウェアで監視するには、最新のBlackmagic Designデスクトップビデオソフトウェアをダウンロードしてインストールする必要があります。デスクトップビデオはwww.blackmagicdesign.com/supportから入手できます。

 

 

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

6144 x 3456解像度のスーパー35センサーおよびEFレンズマウントを搭載したPocket Cinema Camera 6Kは、大型のEFフォトレンズを使用でき、浅い被写界深度で背景をぼかしたシネマライクな美しいショットが得られます。解像度に余裕があるため、編集やカラーコレクションを行う際に再フレーミングが可能です。つまり、6Kで撮影を行い、その後にポストプロダクションでズームおよび再フレーミングできるので、1台のカメラで品質を損なわずにワイドショットやクローズアップも作成できます!


今回はポケシネ6Kに驚きました。
いやーこれは隠し玉でしたね。
4Kと同時に出たならば、こちらを買っていたと思います。残念。

福岡市植物園でスタビライザーの練習と新しく仕入れたレンズの様子を見てきました。

昨日仕入れたPanasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT ASPH./POWER O.I.S. H-FS12060とBMPCC4Kの組み合わせでCRANE 3 LABを使って撮ってきました。

モーターが使えなくなり、ズームとフォーカスをコントロール出来ないのは残念でしたが、軽くてよかったです。
レンズが軽いと、あんなに楽なんですね。
ピント合わせに手を取らないのも有り難い。

今回も24/60のスローモーションで撮ってきました。
見ているとトロいですが、ヌメーっとした所が好きです。

私はオペレーションに難があるので、これは有り難い機能です。

レンズに関しては、強い発色をするレンズだと思いました。
シグマの時は、サチュレーションをかけても、そんなに濃くはならない気がしました。
F4.0 やF8位で撮ってみたのですが、結構ボケますね。

今日みたいなシチュエーションだと、絞りきったほうが良いのかもしれませんが、ゴチャゴチャってなるので開放に近く、少し絞ってライカらしさを出してみたいと、やってみましたがどうだったのでしょう?

写真は以外に綺麗でしたよ。

今回は、出来るだけ軽い設定でやりたかったので、外付けのバッテリーやSSDも乗せていません。
ULTRAHDの12:1で撮影しました。
24/60 だったので、あっという間にメディアも満杯。
残念ながらSDカードでは収録不可でした。
CFast2.0 64GBでの撮影となりました。
出来れば、この形が一番楽で良いですね。
収録時間が短いのが残念です。

24Pでも撮影しましたが、やっぱり難有りのオペレーションでした。
ちょっと左右に振るだけでカクっと曲がってしまいます。
設定の問題なのかな?

これは絶対Djiの方が良さそうです。
道具は使い方次第なので、自分が合わせないと駄目ですね。
文句を言わず練習あるのみだと思いました。

今日の福岡市植物園は、LINE PAYで300円での入場が出来ました。
もう3回利用しましたが有り難いですね。


DaVinci Resolve 15.3でのBlackmagic RAW の処理の仕方が間違っていました。

昨日、UPしたBlackmagic RAW の映像ですが、扱い方を間違っていたようです。

昨日は、DaVinci Resolve 15.3でのBlackmagic RAWデータは、只単にLUTを当てただけでUPした映像です。
まあ、TEST映像サンプルなので間違いではないのですが、RAWデータの処理という点では、やり方を知らなかっただけに間違いと言えるのではないでしょうか?

本来、RAWは現像処理が必要となりますよね。
そこで、カラータブに行ってカメラRAWタブでデコードに使用そしてドロップダウンメニューでクリップを選択し、クリップのBlackmagicRAW設定を調整しなければなりません。

左下にあるのがカメラRAW設定の場所です。
クリップにルックを適用する前に、クリップをニュートラルにしてバランスを取る作業をします。
この画像でもわかるように、スコープにある三原色がほぼ同じ高さで似た形になってますね。
それだけカメラのニュートラル性能が高いのではと素人目でも判断できました。
これは、殆どの映像で同じ感じを持ちました。

また全体的にプロジェクト設定で行いたいときは、プロジェクト設定のカメラRAWタブを開いて設定してあげると良いそうです。
この作業を全く知りませんでした。
たまたまカメラの設定を勉強するためにマニュアルを読んでいると、BMRAWの事が書いてあったのに気がついた次第です。
気がついてよかった。

私、BMPCC4Kを購入したきっかけは、DaVinciと親和性の良いカメラが欲しいと思っていました。
以前あった弁当箱の4Kカメラを購入しようと思っていたのですが、新製品が続々出てきたので様子見していました。
まさかこんなに良いカメラになって出てくるとは思っても見ませんでした。
実際買ってみると、結構不便な所が多くありましたが、それが又楽しさを増しますね。
不便さと言うものは、人に考える力を与えると思います。

今の高級一眼レフは、誰が撮っても綺麗に映るのが当たり前のようになっている気がして触手が動きません。
Blackmagicのカメラは内容をFirmwareで変えても、機種として変化するスピードが遅いですよね。
有名ブランドのカメラは、バンバン出てすぐ型落ちするのも嫌いです。
そんなこんなで、BMPCC4Kを購入しました。
DaVinciまでついて15万円しないなんて破格値です。
BMRAWが実装されて、またまた素敵なカメラに変身しました。
もし、このカメラじゃなかったら価格は全然違うけど、PanasonicのAU-EVA1が良いなぁ。
理由は、セミナーに行った時、BlackmagicDesinのエディターの話で自社のビデオカメラも勿論良いけどPanasonicのAU-EVA1もニュートラルなバランスがとても良いので、コントラストとサチュレーションを変更するだけで良い映像を得ることが出来るそうです。
他メーカー製は、以外にこれが出来ないと話をしてくれました。
BMPCC4Kも、今回の撮影でニュートラルな映像を得ることがわかり、もっと好きになった感じです。
こうなると、可哀想にXC10の影が薄くなってきました。
使っていて、LOG映像をカラコレすると何か違う?
擬似的な色になっている気がしていました。
BMPCC4Kを使うことで、それが確信に変わりました。
まあ、XC10も使い方だと思っているので、使っていきますけどね。
極力BMPCC4Kで撮影したいと思った次第です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K 〔CINECAMPOCHDMFT4K〕[BMPCC4K]
価格:154834円(税込、送料無料) (2019/3/10時点)

楽天で購入

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Panasonic AU-EVA1 4Kメモリーカード・カメラレコーダー(レンズ別売)〔選べる購入特典有り〕
価格:806760円(税込、送料無料) (2019/3/10時点)

楽天で購入