日本のBMPCC4Kオーナーも工夫されています。

これまでは、海外のBMPCC4Kオーナーの工夫を見てきましたが、日本にも工夫されている方はいらっしゃいます。

yasu mizuさんの動画ではスタビに取り付ける工夫が満載で、とても勉強になります。

皆さんバッテリーには苦戦されているようで、軽くて容量の多いバッテリーを探して導入されています。
こちらでは、パソコン用のモバイルバッテリーを使われているとか、放熱効果なども工夫されているようですね。
スマホの使い方も秀逸で、専用アプリを使ってフォーカスまで合わせていらっしゃいます。
見るからに重そうなのですが、縦ブレもなく綺麗な映像を撮影されていらっしゃいます。

私は目指す所が違うので、真似できるとするとバッテリーなのでしょうね。
モニターフードも欲しいかな。
スタビをもし使うとすれば、昔のアナログスタビを持ち出すと思います。
重いの苦手なので、ベスト使ってアナログスタビ撮影も懐かしくて楽しそうです。
今は、三脚とスライダーが自分にはベストだと思っています。
それでも持ち運びが重たいので、カメラは出来るだけ軽くしたい。
そうすると、前回にやったソニー用のバッテリーを使う方法が一番ベストのような気もします。
皆さんの工夫をこれからも沢山見ていきたいです。

久々にFlycam撮影映像を見ました。

今日YouTubeのおすすめにFly camの映像が最近UPされた事を知りました。

Flycam RedKingの紹介だそうです。
なんかウルトラマンに出てくる怪獣のような名前です。
新しいFlycamが、どうなったのか興味津々で見ていました。
すると、結構良い感じで各所が変更されています。
今まで一番問題と思っていた、中心を決め締め込むネジが無くなり、ステディカムのように心棒の押さえを回すことで固定することが出来るようになっていました。
おもり部分は、どこかのスタビライザーと同じ様になりヘッドの部分と、その下の心棒部分にメモリが入り設定しやすくなっているようです。

さて実際の映像を見てみると、ちゃんとオチがありました。
殆どスタビライザー使う意味がないようなカットと、いざ使ったら、メッチャ揺れている映像でした。

こりゃFlycamに怒らられないか心配になりました。
Flycamには色々と便宜を図ってもらい、面白い商品をテストさせてもらいましたが、最初の頃は酷いものでした。
C5位から多くの人に支持されるようになりましたが、それも束の間、BGの出現で価格が暴落。
今誰でも使えるスタビライザーになってきています。
それでもアナログスタビライザーの浮遊感は好きで、かっちりとした映像にならないのが好みでもあります。

フイルムカメラが手に入った際には、また使ってみたいとも考える今日このごろです。

REMOVU K1がようやくやってきました。

昨年の10月の終わりにINDIEGOGO にてREMOVU K1と言う商品を作るための資金を集めていたので投資をしました。

この商品の詳細はこちらでご覧ください。

REMOVU K1はカメラ付きスタビライザーです。
以前にも同じようなROXORという商品を購入したことがあります。


この商品は、なかなか思うように使えず断念しました。
そんなこんなで、昨年10月終わりに投資したのですが、なかなか製品が出来上がらず本日送られてまいりました。
そこで早速開封動画を撮影しました。

 

今現在は、充電が終わってファームウエアの更新を終えたばかりで、このブログを書いています。

開封動画でもありますように、思っていたよりは良い感じの製品でした。

今回キックスターター製品と言うことで多少安く換えるのではと購入を決意したのですが、完成が伸び伸びになり
その都度、撮影計画も伸び伸びになり ウンザリしていました。

この商品とは別に360°カメラにも投資したのですが、商品が200個出来た時点で不具合が見つかり資金が底をついたようで企画倒れになりました。
結局は資金も戻らずじまい、そんな事があったので余計にイライラして待つ事となりました。

最終的には、アマゾンで売り出す1週間前に届く事となり、支払いも輸入消費税と建て替え手数料で別途2780円払わないといけなくなり
これなら最初からアマゾンで購入したほうが気分的にも良かったと思いました。

もう二度とキックスターター製品に手を出すことは無いでしょう。

話がそれましたが、このカメラはブログカメラとして売られているようです。
付属品が少なく簡単に撮影できるのが売りになっていて、これから使ってみてインプレしていきたいと思います。

関連の動画をリンクしておきます。

開封編

設定編

ミラーレス一眼オススメのBG(ブラシレスジンバル)スタビライザーは?まとめ。追記あり。

現在では、多数のBG(ブラシレスジンバル)が販売されています。
その中で、ミラーレス一眼レフカメラに向いているBGをまとめてみました。

最近では、三軸ブラシレスジンバルもメジャーになり、欲しいと思っているカメラマンも沢山いらっしゃるようですので、流行りのミラーレス一眼レフカメラ用をまとめています。
まずはこちらから

FILMPOWER製 Nebula4000 Lite ジャイロスコープ3軸スタビライザー
41kwDQK-ScL

ワンハンドのBGでは老舗のFILMPOWER製 Nebula4000 Lite ジャイロスコープ3軸スタビライザーです。

私もFILMPOWER製のカメラ付きBGを購入したのでオススメしたい所ですが、使ったことが無いのでよく分かりません。^^;


次に紹介するのは、日本のスタビライザー愛好家が支持するS-Monsterです。
このBGは日本のスタビライザー愛好家がNebulaを見て作成した製品(S-Monster)を愛好家の意見を取り入れて作った製品です。

詳しくはコチラをごらんください。
現在では随分改良が進んでいるようで、4軸の作成に勤しんでいらっしゃいます。

日本で作成されているので安心して購入することが出来ます。

 

次に、私も使用しているBeholderのMS1です。
私はDS1(Canon XC1)で使用しているカメラです。
ある程度の重さのカメラも使用できますが、ミラーレスならMS1で良い気がします。

購入はこちらで
ちなみに、少し高価にはなりますがエンコード仕様のEC1も発売の予定です。

360度グルングルン回るのが良いなぁ。

私がBGを購入するきっかけとなったBGはPilotfly H1ですが、現在では改良が加えられたH2が人気のようです。
ワンハンドだけではなく、色々とトランスフォームしそうです。

いま、気になっている安価なBGは、Zhiyun Crane stabilizer
設定が簡単そうで、安いのが一番です。
映像も綺麗に写ってました。

まだ色々あります。
CAME-Single

Feiyu Tech MG Gimbal

今回は、ミラーレス一眼レフカメラ用BGに特化してみましたが
BG全体を考えると、まだまだ色々あります。

一応価格が安いものを取り揃えてみましたよ。

貴方の味方になる一本を見つけられたら幸いです。

2018/04/23 追記 最近流行りのBGを追記します。

PILOTFLY Adventurer TEST

PILOTFLY H2-45Rジンバルは走ってもブレないか?

 

究極の手ブレ補正】PILOTFLY ZA2ついに販売開始【初回限定価格&特典DVD付】

Zhiyun Crane 2 高機能3軸ジンバルついに登場!「スゲェ」「やべぇ」連発!Zhiyun Crane2 Hands on【動チェク!】

Zhiyun Crane 2 Review – Legendary Gimbal

 

デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザー DMTH002 サンコーレアモノショップ

新品価格
¥98,000から
(2016/7/12 22:04時点)

VEROMAN スタビライザー ミニ三脚 ビデオカメラ デジタルカメラ GoPro

新品価格
¥980から
(2016/7/12 22:05時点)

デジタル一眼対応 超高性能両手グリップ3軸電子制御スタビライザー DSLRSTB3 サンコーレアモノショップ

新品価格
¥248,000から
(2016/7/12 22:06時点)

FEIYU MG 3軸 ハンドヘルド ジンバル ジャイロ スタビライザー Sony A7 A7? A7R A7R? A7S A7S? ILDC Panasonic GH4 シリーズ Canon EOS M3 Fujifilm E-M5のために 最大可搬質量:1070g 2.4G ワイヤレスリモコン FEIYU MG/G4 シリーズ ジンバル MG/G4/G4 GS/G4 QD/G4S/G4用

新品価格
¥86,800から
(2016/7/12 22:07時点)

【国内正規品】FILMPOWER製 Nebula4000 Lite ジャイロスコープ3軸スタビライザー

新品価格
¥96,800から
(2016/7/12 22:08時点)

DJI RONIN-M 小型軽量3軸ハンドヘルドジンバル RONMJP

新品価格
¥189,000から
(2016/7/12 22:09時点)

Canon XC10を一年間使って振り返る。

cropped-xc10.png

昨年の6月27日に我が家にやってきたCanon XC10ですが、とりあえず買って良かったと言うのが1年間使ってきての感想です。

最初の出会いは、こんな感じでした。

カタログでしか内容を見ることが出来ずに、色々と勘違いしていたこともありました。
購入して一番困った事は、Canon XF-AVCと言うファイル形式でした。
まず、私の持っているソフトは対応していない事。
これが一番のネックでしたね。
その後、対応したEDIUSやアドビプレミアのお試し版を使って編集していました。
以前からEDIUSには苦手意識があり、覚えるまでに時間がかかりました。
お試し期限が来たので、次はアドビプレミアのお試しでしたが、こちらは使っていたことがあったので、さほど問題なかったです。
ただ、それまで使っていたベガスプロに比べると、直感的操作が出来ないと感じました。
一番簡単で愛用していたCyberLinkのPowerDirectorが使えないのがとても困りました。
その問題も、今年7月には解決しそうです。
ファームウェア更新でなんとMP4録画できるようになるからです。
簡単な動画はこれで楽になりそうです。
ファームウェア更新と言えば、AF速度もUPするそうです。
XC10はピントに甘さがあるというか、思った所にピントが行かないのですよね。
液晶画面をタッチしても反応しなかったりして、焦ることもありました。
その辺が、どれくらい良くなるのかが楽しみでもあります。
そして、対応ソフトではブラックマジックデザインのDaVinci Resolve 12.5が出てきてくれたおかげで、カラーグレーディングがとても楽しくなりました。
その様子は、昨日の映像でもご覧いただけます。

このカメラは、かなり機能を特化し個性のあるカメラなのですが、思いの外YouTubeでも使っている人が少ないのかなぁと感じます。
私の勝手な思い込みかもしれません、しかし今やSONYやパナソニックのミラーレスが幅を利かせているので、XC10の影が薄いのかもしれませんね。

使っている者としては、ちょっと残念だけど逆にコアなファンとしていられるのが嬉しい気もします。

基本、私の動画は移動しながらのワンマン撮影なので機動力に重視した道具でなければなりません。そして高画質も欲しい所です。
そんな要求に答えてくれるカメラでした。
一つだけ残念なのはパワーズームで無い事位でしょうか。
まあ、これも割り切り方次第なんですけどね。
最初からレンズ交換が出来ない機種なので、その点では諦めが付いていますし
無理のないレンズ構成なので、映像に違和感を感じません。
何よりもビットレートが高いので、とても気持ち良い映像に仕上がります。

私は最初、使い方がわからなかったので、AV(絞り優先で)撮影していました。

しかし納得する絵にはなりません。
もちろんTV(シャッタースピード優先)でもダメでした。
何がダメって聞かれても、これって言えないのです。
そして、フイルムルックを念頭に撮っていたので勿論Canon Log24Pでの撮影をしていました。
この設定で撮影していると、夜間や複雑な光の状態では全然ダメなんですよね。
半年ほど、こんなものなのかなぁと疑問符を持ちながら撮影していました。
夜のライブハウスで撮影した物も不調に終わり、このカメラへの愛着も薄まって来た頃、カメラマンの友人の一言で道が開けたのです。

そうです、マニュアルで撮ればよかったのです。

カメラマンの友人は、自分はマニュアルでしか録ったことが無いと教えてくれました。
私は、いつも被写界深度を気にしていたので、AV(絞り優先)でしか撮影していませんでした。

それではと、M(マニュアル)モードで撮影してみると、今までとは全然違う映像が撮れ、これだーと思いました。
勿論、シーン毎の設定は必要ですが、これだけ違うのであれば苦ではありません。
それでもログで撮影していると、編集がとても大変になります。
カラーグレーディングに、かなり時間を割くことになるからです。
それを解決してくれたのがDaVinci Resolve 12.5でした。
しかしながら、このソフトでは4K出力が出来ません。(無料版だから)
それなら、HDで出力すればと思ったのです。
4K撮影をHD出力すると、普通のHD映像より格段によくなります。
まだまだ、4Kで見ることが出来ない方が多いので、その方が良いかもと思った次第です。
それは大正解でした、カラーグレーディングが格段に早くなりました。

そして、私が移動撮影するのに使っているのがカメラスタビライザーなのですが、このカメラになって軽くなり随分楽になりました。
最初は、FlycamC5に乗せてベストとアームで撮影していましたが、段々楽を求めるようになりFlycam Nano HDに乗せて手持ちで撮影、そして最近はBeholder DS1に乗せて手持ちで撮影するようになりました。

ベストとアームで撮影している頃は、素人とは思われないので、多くの人の中に入っても 避けてくださる利点がありました。しかしながら重くて重労働。持ち出しも大変でしたので手持ちでやりたいと、Nano HDを使い始め、その後、友人のBGを見せてもらって一目惚れしてDS1を購入。DS1になってからは、周りの人が意識せずにすれ違うようになりました。
ただ、どのスタビを使っても、歩き方が悪いのか上下の揺れは消えないままです。恥ずかしい。

そんな歴史を動画でご覧頂きましょう。

まずは、Canon XC10 とFlycamC5にベストとアームで撮影したテスト映像です。

次はCanon XC10 とFlycamNanoHDで撮影したテスト映像です。

これは、Canon XC10 とFlycamNanoHDで撮影した実践映像です。

これは、Canon XC10とBeholder DS1で撮影したテスト映像です。

これは、Canon XC10とBeholder DS1で撮影した実践映像です。

 

どうでしょうか?スタビによる映像の違いが分かりますでしょうか?

そして又このカメラの魅力でもあるFirst & Slow映像です。
最初にFirstでタイムラプス映像を御覧ください。

そして、Slowで1/4映像を御覧ください。

もちろん、三脚に乗せて普通のビデオカメラのように撮影すると、ズームも綺麗に撮影することが出来ます。

今年も始まった博多山笠の映像で御覧ください。

どうでしょうか?
Canon XC10の魅力が少しでも、おわかりになられたでしょうか?
まだまだ、下手くそなので勉強と練習を重ね、少しでも素敵な映像が撮れるよう精進します。
はやく、分割払い終わらないかなぁ。^^;

最後までお読み頂き、誠に有難う御座いました。

熊本頑張れ!



バラまつりの映像をDaVinci Resolve 12.5で編集しました。

 

今日は、海の中道海浜公園でバラまつりが始まったとのことで親孝行も兼ねて行ってきました。
朝一番で行ってきたのですが、途中雨が降ったのには驚きました。
いつもなら薔薇の写真を撮って来るのですが、母と一緒だったので動画のみとしました。

この映像では、今まで試した事を実践で使ってみました。
最初のシーンでは、被写体を回りこんでの撮影でしたが、相も変わらず上下動があります。バラ園ではとても綺麗な薔薇を見ることが出来ました。
後ろ下がりの撮影のほうが上下動無く撮れるということは後ろ下がりの方が足運びが良いのでしょうね。

犬の撮影はローアングル、そして三脚に取り付けてドローン風の映像も作ってみました。
そして、1/4撮影やタイムラプスは良い感じで撮れました。

ただタイムラプスは、偶然やってしまった失敗でした。
私の撮影は、毎回早く動かし過ぎなのでスローモーションの方が綺麗に見えるようですね。
それから、母の代わりにカートに乗ったので、スムーズな映像が撮れた場面も有ります。

2時間近く撮影したので編集が大変でした。
それも慣れないDaVinci Resolve 12.5でしたので時間がとてもかかりました。

このソフトは使えば使うほど凄さがわかります。
Canon Logのカラーグレーディングは最高に相性が良いようです。

スチルはRAWで撮って現像していましたが、Canon Logのカラーグレーディングはイマイチ気に入らなかったのです。しかし、DaVinci Resolve 12.5は凄いと感じます。
前回も書いたように、直感的にできるので説明書も読まずに使うことが出来ます。

普通のソフトではカラーグレーディングすると凄く時間がかかりますが、DaVinci Resolve 12.5は、とてもスムーズで気持ちよく作業が出来ます。
やはり専用ソフトとして培ってきた技術でしょうね。
Canon Logを初めて使われる方には是非オススメしたいですね。

 



エスティロ・カラメロさんのメイキング映像をUP


本日、第40回中洲まつりでのエスティロ・カラメロさん達の映像を撮影する中でメイキング映像を先にUPしました。

ダンスの様子は本編にてご覧頂きます。

彼女たちのラテン系の会話がとても楽しいですね。

久々にステディカムでの追っかけ映像です。

やはりこの使い方が一番スタビには合っているようです。

九州放送機器展2015に行ってきました。

九州放送機器展2015に行ってきました。
今回の目的は、Canon XC10の使い方でわからないことを聞くことや編集ソフトのメーカーを回って使いやすいソフトを探すことがメインで、後は機材などを色々見てきました。

その帰りには、東長寺にて福岡大仏を見たり、川端通りにて飾り山笠を見たりして帰ってきました。
素材として、撮影してきましたので後ほどUPいたします。

今回も、色々挑戦してきたのですが、それを全部UPすることが出来ないのが残念です。

四隅がケラれているのに気が付きましたでしょうか?

これは以前使っていたワイドコンバージョンレンズを使った映像です。
もちろん4K対応ではありませんが、YouTubeで見るくらいの映像であれば耐えられるかなと思いました。

たる型に変形している映像がそれです。

今日一番勉強になったのが、XC10をタブレットで使う方法でした。
家でいくらやってもラチがあかないので、聞いてきました。
ブースの方とあーでもないこーでもないと言いながらやってきたのですが、最終的には出来るようになりました。

しかし

その映像はコマ送りより遅い感じです。
これって確認だけの意味ですね。
まあ、出来ないよりは良いかと言う感じでした。

それから、これから対応するソフトはアドビとブラックマジックだそうです。
アドビは使っていたから使えると思いますが、ブラックマジックは結構難しそうです。でも、無料版があるので結局はこれを使うことになるかもしれません。
貧乏ですからね。
ダビンチはカラーグレーディングソフトだったのがバージョン12からは編集もできるようになったそうです。ちなみに価格は12万。これが高いか安いかと言うと以外にも安いかもしれません。
それは、メジャーアップデートでも無料で行われるからです。
ずっとお金を払い続けるソフトを考えると、どちらが良いかは使う人次第でしょうね。
ちなみにエディウスは3万円台で購入できるそうです。
私としては使いづらいから使いたくないですけどね。

それから、ステディカムでアームの調整の仕方を習ってきました。
結構目からうろこでしたね。勉強になりました。

一番失敗したと思ったのは、Tasucam DR-70Dに取り付けようと思って購入したショットガンマイクは、コードが短すぎて真正面を向かなかったこと。駄目じゃんと思っちゃいました。

会場を出て、最初に訪れたのが東長寺です。
ココでは、ワイドコンバージョンレンズを多用するかと思いきや、以外に付けなくてもいいかんじでした。どうしても入らないところだけ使いました。
やはり、曲がると違和感はありますね。

それから、山笠を撮影して回りましたが、途中Logを使ったので、彩度の弱い暗めの映像もあります。

カラーグレーディング用の素材です。試してみてくださいね。

この映像は只今YouTubeへUPしていることです。
今しばらくお待ち下さいね。

photo0_02285215

4K+ステディカム映像 ここまでやるか!役者も凄いがカメラマンも凄い。

01YouTubeの動画の中で、ステディカムを自在に扱い凄い映像を提供しているdevinsupertrampですが、日本人の私から見ると、ここまでやっていいんかい的な映像です。

しかしながら、彼らの映像は秀逸で、ステディカム愛好家の自分としては、眼を見張るものでもあります。
そして、映像が4Kになることで臨場感もUPしています。
まずは完成品からご覧ください。
まるで、ゲームの映像が現実に繰り広げられます。

いったい、この映像をどうやって撮影したかをメイキングで見ることが出来ます。
かなり無謀なことを行うので、問題行動のようにも受け取られます。
それを抜きにして考えると、演じる方も凄いと思いますが、このカメラマンは本当に凄いと思います。
カメラを揺らすこと無く屋根を走り演者にカメラを向けるのですから。

平坦な道ですら、揺らしてしまう自分が恥ずかしい。

それでは、メイキングをどうぞ。

どうでした?

彼らとしては楽しんで撮影していますね。
まあ、日本でこの撮影をするのは無理でしょうね。

彼らの最新作はこちら。

彼らは、ステディカム以外にも、色々な機材を使い躍動的な映像を撮影しています。

花畑園芸公園で桜を見てきました。

桜まつりが行われている、花畑園芸公園へ仕事を抜けだして行ってきました。
年に一度の大イベントだけあって、沢山の方がいらしていました。

休憩時間1時間でカメラスタビライザーを身にまとい、風に翻弄されながら撮影しました。
相変わらずの揺れっぷりです。

今年は、天候にも恵まれ素敵な桜を見ることが出来て本当に良かったです。

今回の動画では、初めてのナレーションを入れてみました。
おしゃべりソフトで入れようと考えていましたが、面倒くさいので結局自分が喋ったほうが早かったです。
ただ、PCに問題が出てフリーズの嵐。4時間も編集にかかってしまいました。
それからレンダリングに1時間40分 UPに40分ほど掛かってようやく完成した時には2;00を過ぎております。
久々に頑張りました。

もう、噛み噛みのナレーションですが、無いよりはいいかぁという感じになってます。
是非ご覧ください。

 

アイスクリーム型BGカメラスタビライザーS Monster Stabilizerの映像が初公開されました。

ken

日本のステディカム・フリークKen asanoさんが開発したアイスクリーム型BGカメラスタビライザー「S Monster Stabilizer」でで撮影された映像が公開されました。
BGカメラスタビライザーは、ここ数年で素晴らしい進化を遂げましたね。
これは、ドローンの開発と関係が深いです。
ドローンにカメラを取り付けるためにブレないジンバルを必要としセンサーやモーターモジュールが出てきて、それを手持ちにしたのが最初なのでしょう。
いつの間にか個人レベルでここまでのものが出来るようになっています。
つい数年前まではアナログのスタビライザーしかなく、練習を必要としたものですが、このBGカメラスタビライザーの登場で子供でも使える物となりました。
この先、どう進化していくのかが楽しみです。

ビデオSALONの4月号でも紹介されています。
http://www.genkosha.com/read/vs1504/index.htm

Ken asanoさんのYouTubeページはこちら。
https://www.youtube.com/channel/UCaMMPKuFLyDLRs0NG0Sq5fg

HPはこちら。
http://kenasano.net/archives/7773305.html

 

 

DYS HHG5D DSLR BL ジンバル with 3軸 ブラシレス ジンバル コントローラー

DYS HHG5D DSLR BL ジンバル with 3軸 ブラシレス ジンバル コントローラー
価格:208,862円(税込、送料込)