実写版イニシャルDを見た感想。

昨晩、アマゾンプライムで映画を見ました。
私の大好きなイニシャルDです。
私は、リアルタイムでイニシャルDを読んでいてテレビ版や劇場版も殆ど見ています。

そんな中、見ていない実写版があったので見てみた次第です。
こんな感じの映画でした。

ここからは、ウィキペディアから転載
インファナル・アフェア』シリーズのスタッフ陣を中心に実写映画化され、キャストには香港および台湾日本などアジア各地の若手俳優が起用された。撮影は全て日本で行われ、新潟県弥彦山スカイライン群馬県渋川市がその舞台となっている。2005年6月に香港などで公開された後、日本(ギャガ配給)では2005年9月17日から新宿ミラノ他全国で公開された。

カーアクションは主にタカハシレーシングが担当し、ドリフトや溝落としといった原作に登場したテクニックが再現されている。ストーリーは夏の間に須藤京一との決着をつけ、プロジェクトD加入を決意するまでをベースに構成。樹が秋名スピードスターズのリーダーで、立花祐一の息子となっている、高橋啓介が登場しないなど、登場人物の設定統合や変更が多くなされている。

なお日本での劇場公開においては日本語吹き替え版(主題歌も日本版に差し替え)上映が大多数で、オリジナル広東語(オリジナル楽曲使用)での上映はごく一部の劇場のみであった。

キャスト[編集]

  • 藤原 拓海
演 – ジェイ・チョウ(周杰倫)、野島健児
  • 藤原 文太
演 – アンソニー・ウォン黃秋生)、声 – 磯部勉
  • 茂木 なつき
演 – 鈴木杏
  • 高橋 涼介
演 – エディソン・チャン(陳冠希)、声 – 竹若拓磨
  • 中里 毅
演 – ショーン・ユー(余文樂)、声 – 川島得愛
  • 立花 樹
演 – チャップマン・トウ杜汶澤)、声 – 山口勝平
  • 立花 祐一
演 – ケニー・ビー鍾鎮濤)、声 – 金尾哲夫
  • 須藤 京一
演 – ジョーダン・チャン(陳小春)、声 – 咲野俊介
  • 岩城 清次
演 – リュウ・ケンホン(劉畊宏)、声 – 伊藤健太郎
  • 健二
演 – 阿部力
  • 美也
演 – 田中千絵
  • 池谷 浩一郎
演 – 植木紀世彦
  • 白石パパ
演 – 津村和幸
  • スピードスターズのメンバー
演 – 矢代和央
  • ナイトキッズのメンバー
演 – 脇知弘湯山大一郎坂井賢三郷志郎飯島壮
  • レッドサンズのメンバー
演 – 平野貴大安田暁加藤英一根本慎太郎原田健二、加藤雅人、永野信一郎、三木将太、石井岳則
  • エンペラーのメンバー
演 – 可野浩一郎中原裕也小林一英直井祐介中井宏之
  • 拓海のファン
演 – 小倉星羅橫山三奈子吉川まあ子村田千華子

スタッフ[編集]

  • 監督:アンドリュー・ラウ劉偉強)、アラン・マック(麥兆輝
  • 脚本:フェリックス・チョン(莊文強
  • 音楽:コンフォート・チャン(陳光榮)
  • カースタントコーディネイター:ジョセフ·チー(香港)、高橋勝大(日本)
  • 制作担当:彭立威(香港)、佐々木享(日本)
  • 助監督:余詩迪、李問、李子俊(香港)、西川誠也、田澤裕一(日本)
  • 日本側プロダクション協力:フェネック
  • ロケ協力:にいがたロケーションネットワーク、新潟県フィルムコミッション、柏崎インフォメーションボックス、高崎フィルムコミッション、榛名町観光協会、渋川市伊香保温泉観光協会 ほか
  • 現像:東京現像所、東方電影沖印(國際)有限公司

テーマソング[編集]

オリジナル版

  • テーマソング「Drifting/飄移」歌:周 杰倫
  • 挿入歌「All The Way North/一路向北」歌:周 杰倫

日本語吹き替え版

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何故か中国語で、設定も随分変わっています。
一番おもしろく変わっていたのは藤原拓海の父が、酔っぱらいで姉ちゃん好きなとこ。
ギャップがあって素敵な親父となっています。
親友の立花 樹は、原作と違いGS店長の息子で店の金を使い込む、いい加減な奴で藤原拓海と茂木 なつきの事で殴り合いの喧嘩もします。雰囲気は、とても良く似ています。
この映画ではヒロインが茂木 なつきで鈴木杏が演じていて日本語で話しているのを中国語で吹替しているようです。
援交をする役柄とあって流石に中国系の女優には断られたのかな。
内容も、随分変わっていて、バトルも何故か須藤 京一と藤原拓海そして高橋 涼介が3台一緒に走ります。
高橋涼介役は、ちょっと違う感じですね。
冷静沈着感が無いとっぽい兄ちゃんに見えます。
バトルで走る86のボンネットがカーボンになっていたりもします。
実写版だけに劇場版とは違う迫力も感じました。
設定は原作より面白い設定になっています。
しかしながら皆さんのコメントを見ていると、純粋なイニDファンには受け入れられていないようで、かなりのダメ出しをされていましたね。
私は、これはこれとして考えれば、面白かったです。

アマゾンプライム会員の方は無料で見ることが出来ますので、御覧ください。

頭文字D the movie (字幕版)

新品価格
¥300から
(2016/7/13 07:27時点)

トラックバック URL

http://eishya-jin.link/2016/07/13/%e5%ae%9f%e5%86%99%e7%89%88%e3%82%a4%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%abd%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%81%9f%e6%84%9f%e6%83%b3%e3%80%82/trackback/

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。