「オリジナル作品」カテゴリーアーカイブ

BMPCC4K+Tamron500mmF8レフレックスレンズで蓮を撮ってきました。

今までかつて、BMPCC4KとTamron500mmF8レフレックスの組み合わせで動画を撮影された方がいらっしゃったでしょうか?
まあ、この世の中、自分だけと言うのは中々無いことなので、きっといらっしゃるかもしれませんが
意外に綺麗に撮れると感じました。

友人からの情報で、望遠レンズが無いとキツイよとアドバイスされ、200mmF2.8や100-300mmも持っていくか悩んだのですが
今回は、普段遣いのパナライカとシグマの90mmマクロとこのレンズを持っていきました。
シグマの90mmマクロは紅葉撮影でも活躍したので最初から決めていましたが、望遠レンズが決まらず
やっぱりBMPCC4Kは単焦点レンズとの相性が良いと思いこのレンズを選んだ次第です。

実際に現場へ行くと、500mmは近すぎて、かなりのクローズアップとなりました。
ですが、90mmでは短いのですよね。
200mmF2.8 を持っていかなかったのは悔やまれました。

実際にレフレックスレンズで撮ってみると、久々に見るリングボケが懐かしく、二線ボケはちょっと気になりましたが
嫌いな絵ではありませんでした。
BMRAWでの撮影なので、メディアもかなり有効に使えて、改めてBMRAWの優秀な事に気が付きました。
それからバッテリーですが、1番最近に購入した互換バッテリー2個でいくらだったか、凄く安い価格だったのですが
とても長持ちして驚きました。
安いものでも良いバッテリーがあるものです。
外付けのバッテリーを使う必要がありませんでした。
最近は、スマホや小型のジンバルカメラばかりで撮影していて、全然使っていなかったので使えるか心配でしたが
意外に簡単に使えるのはBMPCC4Kの操作性の良さでしょうね。

今回、生素材のままUPしようかとも考えましたが、ダビンチを使ってグレーディングしています。

撮影場所は、福岡市中央区にある福岡城跡のお堀です。
以前、亀に食べられてしまって絶滅仕掛けましたが、色々な対策により、ココまで綺麗に咲くことが出来ました。
関係者の方に感謝ですね。

New SIRUI 35mm Anamorphic Lens届くのが待ち遠しいです。


2019年に造った比較映像 貴方はスマホカメラで撮った映像とシネマカメラで撮った映像の違いがわかるか?

2019年にフェイスブック上でスマホ&スタビを使った映像とシネマカメラ&スタビを使った映像2つを出し、どちらがどちらか?見分けがつくかと言う質問を投げかけてみました。

貴方には、違いがわかりますか?
YouTubeでは題名に出てしまうのでスグに分かると思いますが、スマホで見ている方には違いが感じられず間違えることもありました。

それを考えると、スマホで見てもらうような映像は、スマホで撮るのが一番良いのではと思う様になりました。

そうなると、シネマカメラの出番が少なくなり、困りものでもあります。

まあ、重たい機材を持ち歩き、大した作品も作れないのであればスマホで十分なんですよね。

何を拘る必要は無いのですが、カメラ好きとしてはシネマカメラを買うと、違った映像が撮れるのでは?と勘違いしていしまいます。

ようは、なんでも腕次第。

スマホでもシネマライクに編集するとそう見えるものです。

今年は、そのへんをよく考えて撮影しなければと思っています。

以前、作品を作るのであれば、余計な映像は撮らずに場面をイメージしてそのイメージだけ撮ってくるようにしたほうが良いとアドバイスを頂きました。

ただ、現場に行くと、あれもこれもって撮ってしまい、持ち帰ってから煩雑になった映像を、上手く使い切れずにどうしようと、途方に暮れる事が多々ありました。

絵コンテ描けないので、せめて映像の流れのイメージだけでも頭に入れて撮影することを心がけようと思います。


ビデオ編集の練習の為に素材を撮影してきました。

これからのブログ更新及びビデオ編集練習の為に、素材を撮影してきました。

今回練習する編集は基本的にフイルムルックです。
その為に、カメラの設定をCanonLogにして、シャッタースピードは1/50に固定。
フイルムレートは24が設定できないので、23.976fpsとしました。

 

とりあえず、使えそうな所だけ抽出してランダムに並べたものをYouTubeに公開しました。
グレーディングもしてませんが、一部だけ今日欲しい所がありましたので、階層作って並びだけ編集しています。
あとは撮って出しのデータです。
勿論ダビンチを使っての編集の練習ですので、設定はメディアに合わせてやっています。
メディアに合わせてやると、データの最適化をせずに編集することが出来ます。
まあ、自分は3分程度の動画しか作らないので出来るのだとは思います。


この素材を使って、カラーグレーディングやエフェクトなどの練習に使って、それをブログにしていきたいと思っています。

素材映像はこちらです。

撮影場所は福岡市の油山観音です。
私が大好きな場所でもあります。
以前はアナログスタビの練習場でもありました。
とても素敵な場所です。
ひばり観音もあり、美空ひばりさんのファンなら知らないと潜りと言われる場所です。
以前の方が私は好きでしたが、時の流れで変わってしまいました。
それも仕方が無い事なのかもしれません。

さて、この素材を用いて編集の勉強をしたいと思います。

久しぶりに撮影散歩しました。

今日は、随分と歩きました。
福岡の繁華街天神でバスを降り、博多PARCOの中にある石橋楽器へ行き
今年工事に入る天神のビルを撮影。(天神ビッグバンで建て替えられる予定)

博多ビバレインまで歩いて、アジア美術館にて篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHINを見る。
http://kishin-yokohama.com/
川端にある、はかたやでラーメン定食を食べる。


映画を見ようと、キャナルシティ博多へ行くが時間が合わず、福岡城へ行くことに。
その途中で、カモメの餌やりを見る。

その後、NHK福岡へ行き、8K映像を見る。
8K映像を見るには小さなモニターだったので迫力も感じられなかった。
チャングムをやっていて、10bitHDRの効果を感じることができた。
その後福岡城へ行き梅を愛でる。

途中で、生まれて初めてカワセミを見た。
光が当たっていてとても綺麗だった。
撮影しようとしたが、ランニングしている人に驚いて逃げてしまった。

その後、バスと徒歩で帰宅。
いつもはバイクか車なので、何ともない距離だが歩くと非常に疲れた。

ちなみに、この映像はダビンチリゾルブにてカラーグレーディング。
その際、プリセットを使って補正したものを好みにアレンジしてみました。


DaVinci Resolve 12.5.3を使って、CanonLog4K素材を編集YouTubeにUPしてみた。

DaVinci Resolve 12.5.3を使って、CanonLog4K素材を編集YouTubeにUPしてみました。

日本語のメニューも増え、一段と使いやすくなっています。

編集したデータでは余りノイズを感じませんでしたが、YouTubeにUPすることでザラつきが酷くなったようです。
このへん、もう少し考えて編集する必要があるようです。
やはり、光が回っていない素材を扱うのは難しいですね。
ちなみに、有償版ではノイズリダクション機能が付いています。

こちらの映像の場合、少しハイキーで撮影した為、暗くしたいところがそうも行かない感じでした。
スピード変更なども簡単なのが、このソフトの良さですね。
またBlackmagic Design Japanのチュートリアルビデオのお陰で、使い方がわからず使えなかった機能も使えるようになり
いままで、他のソフトと併用して使っていましたが、DaVinci Resolve とFusionの組み合わせで、とりあえず、やりたいことは出来るようになりました。
4KCanonLog素材をリニア編集して4KでYouTubeにもUP出来るようになって、より使いやすくなりました。
難を言えば、音声がWAVだけしか使えないのか?Mp3は認識しません。
以前は出来ていたはずがSonyハンディカムとのマルチカメラでは、ハンディカムの音声が使えませんでした。
これはHD素材を4Kのタイムラインに乗せたせいかもしれません。
まあ、CanonXC10の方が良い音なので、使えなくても問題はありませんでしたが、このへんはこれからのバージョンアップに期待します。
そこは、新しい企業を買収したようですので、音に関しても詰めてくることでしょうね。

 

BlackmagicDesign DaVinci Resolve 12.5 Studio DV/RESSTUD(対応OS:WIN&MAC) 取り寄せ商品

価格:119,663円
(2016/10/22 13:53時点)
感想(0件)